« 西岡盗塁王、コバマサ最優秀救援投手… | トップページ | マリーンズ・勝利&ホームランランキング »

2005/09/29

選手会の構造改革案とは

いつも当ブログにコメントを寄せていただいている
KATTさんから次の記事メールをいだたきましたので。
2005/9/14(水)毎日新聞朝刊・第二面「発信箱」より
==========================================================================
【大作への疑問   運動部・冨重圭似子】
 あまりに膨大な提案書なので、熟読するのに時間がかかった。日本プロ野球選手会
が8月31日に公表した「構造改革案」は、ドラフトやフリーエージェント(FA)
改革、レンタル移籍、ポストシーズン導入などプラン満載で85ページに及ぶ。
 この大作、よく練られた案もあって読み応えはあるものの、根本的な方向性に疑問
がわく。
 選手会は欧州のサッカーリーグのようにしたいそうだ。自由競争を導入し、ビッグ
クラブが牽引して大リーグに拮抗するプロ野球を目指すという。徹底的に戦力均衡を
図る米プロフットボール(NFL)型は、基盤の弱いチームに合わせるから縮小均衡
になるだけ、と散々だ。12球団の共存か競争か、でいえば選手会は共存派だったは
ずなのに、競争派に転向したようにも見える。
 欧州のサッカーリーグには、厚みと広がりがある。三つ四つの下位リーグがあり、
シーズンごとに入れ替わるから下位チームのファンも目が離せない。リーグ戦以外に
も一発勝負のカップ戦があるから、弱小チームのファンもときには歓喜を味わえる。
順位次第でチャンピオンズリーグやUEFA杯などの国際大会に出場できる。強くて
も弱くてもファンはそれなりに楽しめる。
 日本のプロ野球は、二つのリーグに6球団ずつしかない小さな閉じたサークルだ。
その中で強大球団と弱小球団を固定化するような方策は、弱小チームのファンからカ
タルシスを感じる機会を奪うことにならないか。10年に一度はどのチームも優勝争
いできる程度の戦力均衡を図るほうが、安定発展への近道だと思う。
==========================================================================
詳細はこちら
たしかにワールド・ベースボール・クラシックの参加を認めるなど、ファンと共に戦う選手会はどこにいったのか?など最近の選手会の方針には首を傾げますが。高校生ドラフト展望をカキコしたかったですが、宮田編成部長いわく「名前は一切出さない」と隠密戦術をとっているため誰を獲るべきなど軽々しく口をだせないし。銚子商の遠藤投手、福田選手など志望届を出していますが、獲るかどうかは別問題ですから、ねえ…

|

« 西岡盗塁王、コバマサ最優秀救援投手… | トップページ | マリーンズ・勝利&ホームランランキング »

コメント

私はNFL型が理想だと思います。

今の大リーグを見ても、結局カネのある球団が強いという構造になっていますが、これは本来あるべき姿とは違うのではないかと思うのですよ。

投稿: りんかん | 2005/09/29 21:18

>りんかんさん
わたしもそう思います。
JリーグはNFL型に近い姿ですが、戦力均衡といい、地域密着が巧くいっているほうがいいのではないかと。

投稿: マリンライナー | 2005/09/29 21:36

 選手会は地域密着で戦力均衡化すれば、自分たちの年俸が下がることを恐れているのでしょう。去年のストライキ以来、選手会はファン寄りの立場と認識していましたが、どうやら自分たちのことしか考えていないことが明確になりつつあります。
 選手会が次回ストライキを行使しても、世論の支持が得られるか微妙ですね。
 私は必ずしも戦力均衡に賛成ではありませんが、放映権をリーグ一括管理にして、弱小球団の経営安定化を図るべきだと思います。

投稿: 厩戸王子 | 2005/10/02 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選手会の構造改革案とは:

» 【雑感】選手会の「構造改革案」に思う [そろそろ「マリーンズが好きだ」とカミングアウトしようか]
今日10/1(土)は、PO第1ステージのチケット予約のファンクラブ特電が19:00から受付開始だったけど、全然繋がらない('A`) 3時間かかってようやく繋がったら指定席は既に完売。諦めました。 ところで、読売を自由契約になったこの人。正直、西武が獲得の方針という報道に... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 23:33

« 西岡盗塁王、コバマサ最優秀救援投手… | トップページ | マリーンズ・勝利&ホームランランキング »