« 晋吾またも好リリーフ! | トップページ | あすから大一番・9連戦 »

2005/09/15

マリーンズ経済効果389億円

私事ですが、銀行に所用があって、待ち合わせのときに読んだ日経新聞に以下の記事が書かれていましたので、駅で購入しました。
------------------------------------------------
(9月15日 日本経済新聞 37面)
―引用はじめ―
千葉ロッテ日本一なら経済効果389億円・ちばぎん総研が試算
千葉銀行系シンクタンクのちばぎん総合研究所(千葉市、額賀信社長)はプロ野球パ・リーグ千葉ロッテマリーンズの今シーズン通じての県内経済波及効果を試算した。レギュラーシーズン首位で日本一になった場合の効果は389億円。優勝セールなどの直接効果に加え、関連産業の従業員の所得増や消費の伸びにもつながるとみている。
試算は3月から8月末までの今シーズンの観客動員など実績に、シーズン終了までの見通しを加え、千葉県が公表している最新の「産業連関表」に基づいて今月2日時点で実施した。
389億円のうち、優勝セールや球場内外での飲食売り上げ増など直接需要が250億円(約64.2%)を占める。残りが直接効果以外の関連産業人員の所得増や消費による効果。
昨年の同様の試算に比べると約23.5%(金額ペースで74億円)増え、うち半分弱が観客動員増に伴う鉄道会社やチケットの増収による。チームの好調や5~6月のセ・パ交流戦が、8月末までの1試合平均観客数を昨年比で2割強押し上げた。9月はさらに8月までの平均実績から3割の伸びを見込むという。
優勝セールを開催する百貨店やスーパー、商店街が県内各地で増えることで、昨年試算を16億円上回る効果があるとも分析する。
試算の前提条件は、プレーオフ第2ステージと日本シリーズをフルに戦うこと。レギュラーシーズンを2位で終え日本一になった場合は、本拠地での開催試合数減少などで経済波及効果が32億円目減りすると見込んでいる。
千葉ロッテマリーンズの今季経済波及効果試算
1…シーズン1位・日本一 2…シーズン2位・日本一 3…プレーオフ敗退
経済波及効果総計 1…389 2…357 3…160
直接需要 1…250 2…230 3…103
うち主な内訳
優勝セール 1…101 2…101
球場内外での飲食など売り上げ増 1…67 2…67 3…62
チケット収入増 1…20 2…18 3…12
宿泊売り上げ増 1…14 2…9 3…3
直接需要以外の効果 1…139 2…127 3…57
(注)ちばぎん総合研究所による。単位億円。日本シリーズの対戦相手は阪神タイガースを想定。中日ドラゴンズの場合経済波及効果は8億円減少するという。
―引用終わり―
--------------------------------------------------------
タイガースやホークスが○○しても関西や九州にもそれなりの経済波及効果はありますが、マリーンズはそれ以上ではないでしょうか。このほか、スポーツ面には豊田泰光氏の連載「チェンジアップ」には、増える「マニュアル店員」と題してなぜピンチになると内野手全員がマウンドに集まるのか。投手に対するアドバイスの仕方、2アウトライナーなし、サインなど出るはずのないカウントでサードコーチャーを見るのは儀式にすぎず、儀式にがんじがらめでよいのか。などが書かれています。

|

« 晋吾またも好リリーフ! | トップページ | あすから大一番・9連戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/5959803

この記事へのトラックバック一覧です: マリーンズ経済効果389億円:

» 日本一の経済効果は389億円 [SHO-CHAN'S ぶろぐ ~どんなときも俺たちがついてるぜ~]
JR船橋駅にて 日本経済新聞にマリーンズの今シーズン通じての千葉県内経済波及効果が出てました 優勝を狙うチームにふさわしい話題です シーズン1位で日本一になると経済効果は389億円!!! まあ、大きいのか小さいのか、いまいちピンとこない数字ですが...... [続きを読む]

受信: 2005/09/16 02:18

« 晋吾またも好リリーフ! | トップページ | あすから大一番・9連戦 »