« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/30

成田高校、センバツ出場へ…

以下2本のエントリーは、備忘録代わりとして、都合でカキコが延び延びになっていたので。
第58回秋季関東地区高校野球大会は、千葉県からは秋の県大会で優勝した成田高校、準優勝した市立船橋高校が出場、市立船橋は1回戦で真岡工に0-1で惜敗したが、成田は以下のスコアでもわかるように快進撃を重ね優勝しました。

1回戦(11月4日)
春日部共栄 000000510 6
成田     000020313 9
【春】金子雄、難波―金子幹
【成】唐川―古跡
[HR]成田・古跡、西田
西田のサヨナラ3ランで初戦突破!1年生エース・唐川が11奪三振完投!

準々決勝(11月5日)
土浦日大 0001000000 1
成田    0001000001 2
【土】武内―仲田
【成】唐川―古跡
エース唐川が連投、6回まで5安打1失点、7回以降は三者凡退と好投。延長10回1アウト2塁から相手の遊撃手エラーで二塁走者川村がサヨナラのホームを踏み、2試合連続サヨナラ勝ち!

準決勝(11月6日)
東海大相模 000001100 2
成田     10201000  5
【東】高山、藤田―鈴木
【成】川村―古跡
2試合連続サヨナラ勝ちで勢いに乗る成田は唐川を温存、川村が6安打2失点と好投。

決勝(11月7日)
高崎商 010001000 2
成田  100010001 3
【高】石川―真砂
【成】荒木―古跡
またしても、9回、石井スリーベース、川村犠牲フライで4試合中3試合サヨナラ勝ちで初優勝を決め、明治神宮野球大会・高校の部に出場を果たす。

明治神宮野球大会・高校の部 1回戦(11月12日)
成田   001002100 4
履正社 00212021  8
【成】唐川、川村―古跡
【履】魚谷―土井
神宮本球場で11時試合開始なので管理人が観戦しようと思えば行けたのだが、アジアシリーズ優先なので見送り。打線がつながらず、何だかな~という試合だったようですが。「千葉の年」はとどまることを知らない。関東大会では成田のほか高崎商、東海大相模、横浜がベスト4なのでここらへんがセンバツ出場当確ではないかと。千葉県勢では2004年の拓大紅陵以来となる。マリーンズ6冠、ジェフ千葉ナビスコカップ優勝のあとは、ジェフ千葉年間優勝、柏レイソル入れ替え戦2年連続完勝でJ1残留、箱根駅伝で順天堂大学(スポーツ健康科学部のさくらキャンパスが印旛村にあり、JR・京成酒々井が最寄り駅)が優勝するくらいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉の社会人野球 監督交代

かずさマジック監督に橋本浩二氏
 社会人野球のかずさマジック(千葉県君津市)は10月31日、新監督に橋本浩二氏が就任した、と発表した。橋本氏は熊本県立八代東高卒業後の91年に前身の新日鉄君津野球部に入部。主に遊撃手として活躍し、主将だった00年の都市対抗野球大会でベスト4入り。2000年秋からコーチを務めていた。露無博文前監督は同球団ゼネラルマネジャー補佐に就任した。
JFE東日本 蔵元修一氏が次期監督に就任へ
 社会人野球のJFE東日本は25日、蔵元修一氏が次期監督に就任すると発表した。蔵元氏は79年、慶大から川崎製鉄千葉(現JFE東日本)に進み、81年には川崎製鉄水島(現JFE西日本)に移籍。川崎製鉄水島では82年から4シーズン監督を務め、84年に初の都市対抗大会本大会出場を果たした。須合哲哉監督は退任し、社業に専念する。
(いずれも毎日新聞より引用)
-------------------------------------------------------------
んー、今年は「千葉の年」といわれている割には社会人野球はいまひとつで、日本選手権ならともかく、都市対抗野球にどちらも出場できなかったのは何年ぶりだったか、川鉄千葉-JFE東日本、新日鉄君津-かずさマジックの二大政党制という千葉の社会人野球であるが、サウザンリーフ市原とか谷沢野球コミュニティとか、森田健作氏が作ろうとしている千葉メイキングなど新興勢力が出つつあり、管理人的には都市対抗の南関東の地区割りを千葉・埼玉の1チームずつに分割すべきだと思うのだが。
まぁ、プロ入り選手もJFE東日本は2003年のスワローズ・久保田智、かずさマジックは2002年のホークス・飯島一彦(現・球団営業スタッフ)以来ないのだし、両チームが切磋琢磨し合うことによって都市対抗野球出場、そしてプロ入り選手が出ることめざして!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/11/27

11/26,27のマスターズリーグ結果

東京   000012000 3
名古屋 200000000 2
東:遠藤-河野-○五月女-松沼弟-S増本
名:西本-稲葉-郭源治-●星野-小島-野中
観衆発表 17800人

ナゴヤドームで試合開始17時なのは、中日ドラゴンズのファン感謝デーがおこなわれたあとのためで、ドラゴンズ現役VS名古屋エイティーデイザーズのドリームマッチもあり、福留が投げたらしい。
2回、大豊の2点タイムリーで名古屋が先制したが、中盤に東京が逆転、蓬莱昭彦が4安打1打点の活躍をみせ、投げては河野博文、五月女豊、松沼雅之、増本宏のリレーで完璧な継投をみせた。名古屋は今季初白星を逃し3連敗。くわしい記事はこちら
-------------------------------------------------------
札幌 000030000 3 
福岡 000000000 0
札:○星野-橋本-新浦-S小野
福:北別府-三浦-●柴田-加藤-小林-永射-木村
観衆発表 8300人

久留米市野球場
札幌は5回、羽生田忠克・石井雅博の連続タイムリーなどで3点を先制し、投げては先発星野伸之が好投。今季初登板の橋本清ら4投手による完封リレーで3連勝。2位東京に並び、首位大阪を追撃。福岡は開幕4連敗で、つぎの12月4日、佐世保野球場での名古屋戦はどちらが勝っても初勝利ということになる。前座試合として欽ちゃん球団・茨城ゴールデンゴールズVS地元クラブチーム・佐世保ドリームスターズ戦がおこなわれる。くわしい記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/26

指定管理者制度

(11月26日 千葉日報 14面)
―引用はじめ―
千葉マリンスタジアム指定管理者 ロッテ球団が内定
千葉市は25日、千葉ロッテマリーンズの本拠地・千葉マリンスタジアム(美浜区)の指定管理者にロッテ球団が内定したことを明らかにした。球団は収益増に向けた自主事業や、よりきめ細かなファンサービスなどが可能になる一方、管理や事業収入面で責任を負うことになる。期間は来年4月から5年間。
同スタジアムは県有地に建設され、建物は市が所有。管理・運営はこれまで、市が第3セクターの千葉マリンスタジアムに委託してきた。2004年度の委託料は2億3800万円。利用料など市の収入は2億6500円に対して、委託料を含めた支出は3億2000万円に上り、5500万円の持ち出しだった。
一方、球団は昨年から売店の売り上げやなどの収入面、ファンサービス面で球場を直接管理することを希望。市が球団と千葉マリンの2団体から事業計画書を提出してもらい検討を行うとともに、市と2団体で今後のあり方を協議してきた。
この結果、球団が直接管理したほうが望ましいと判断。市は委託料を廃止し、球団はスタジアムの入場料や売店、広告などで収入を確保するとともに、千葉マリンに施設管理を委託する。
千葉マリンには役員を含めて31人の社員がいるが、業務減少に伴い球団は管理要員などで希望者を受け入れる方向。千葉マリンも新規事業を開拓し、全員の雇用を確保する方針という。
同スタジアムは県との取り決めで、1年のうち興行で使用できるのは90日間。整備日を除く210日間はアマスポーツに開放され、使用料はこれまでと変わらない。
―引用終わり―
--------------------------------------------------------
プロ野球では、神戸市(厳密には外郭団体の公園緑化協会)が所有し、管理運営をオリックス野球クラブに委託しているスカイマークスタジアム、県営宮城球場=フルキャストスタジアム宮城の管理運営を楽天野球団に移譲しています。(管理許可により、楽天野球団は球場を自由に使用できるほか、球団グッズや飲食物の販売、広告料も楽天野球団の収入になります)ですから、マリンの管理運営を球団に委託する形を考えていたのですが、そうなれば球団の増収にもなりますし、イベントなどやりたいこともできますから。
Jリーグではフクダ電子アリーナが指定管理者制度を導入していますが、シミズオクト・東洋グリーンが母体で東日本ジェイアール古河サッカークラブ(ジェフユナイテッド市原・千葉の運営会社)はなぜか入っていないし、逆にカシマスタジアムは鹿島アントラーズが指定管理者制度に内定したようです。
マリーンズは韓国・済州島で納会をやったり、大盤振る舞い更改を予告しています。シーズンオフになっても景気のよい話題が続いているようですねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/11/24

マリーンズ本&優勝グッズ

IMG_0883IMG_0885IMG_0886
きのうのエントリーでカキコしましたが、とりあえづ優勝&日本一グッズはそろいました。
まずマリーンズ本ですが、
サンデー毎日増刊号「疾走!千葉ロッテマリーンズ絶対優勝!」
ぴあ 千葉ロッテマリーンズコンプリートブック
サンケイスポーツ特別版・Gallop臨時増刊「速報・ロッテ日本一」
日刊スポーツグラフ「2005日本シリーズ速報・おめでとう!千葉ロッテ日本一」
「週刊ベースボール」11月13日増刊 第56回 日本シリーズ決算号
「週刊ベースボール」別冊初冬号 千葉ロッテマリーンズ完全V
(ほかにNumber,スポーツヤアなど)
DVDでは、
『BUILDING OUR DREAM ! 2005 千葉ロッテマリーンズ 激闘録』
「夢の翼!~2005千葉ロッテマリーンズ激闘の真実~」
千葉ロッテマリーンズ 優勝記念DVD BOOK
それと、「マリーンズ優勝グッズが買えない」でもカキコしましたが、優勝パレード&ファンフェスタの頃にはようやく入手できる状況になったので、パリーグ優勝記念・日本一記念Tシャツ(ビールかけTシャツ)、記念ハンドタオル、日本一記念ます(タペストリーは断念しました。何せ、マリーンズボールパークでは無いものの在庫問い合わせするひとがつぎからつぎへと…ですから。)
これで思い残すことはありませんが、DVD全部見る時間があるかどうか、ですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/11/23

来季のファンクラブ

(スポーツ報知より引用)
ファンクラブの来季改名を発表
来季から球団ファンクラブの名称を「TEAM 26」とすることを発表。千葉マリンへの来場やチケット購入でたまるポイント(Mポイント)で、チケットとの交換が可能になる制度を導入する。また、無料会員制度、上級会員制度を開始。ホームページで会員専用ページが利用できるようになるほか、割引チケットの前売りも行われる。詳細は来年1月ごろに発表、2月末から入会受付を開始する予定だ。
-------------------------------------------------------------
マリーンズファンクラブは千葉移転の年から継続入会していますが、初期は年会費2500円で内野自由席(2階席)に入場料割引(2000→1400円)ビジターゲームも入場料割引できて、内野自由席招待券が2枚ついて、会員誌、ロッテリア食事券、記念品がついていました。(中学生以下のジュニアマリーンズは当初からマリンの内外野自由席無料入場)
今のユニフォームになった95年は3000円に値上げされたものの、ユニフォームシャツが記念品に加わるなど画期的で、以後マリンでのユニフォームシャツを着ての応援が定着することになり、割引対象が内野A指定席・外野席に拡大。ピンバッジサービスも開始。(記念品が3点のうち1点をチョイスできる)2001年からは会員証がクレジットカードタイプから現在のリライトカードに変わり、マリーンズクラブ&レディスマリーンズの年会費が3500円に値上げ、現在に至っています。
ファンクラブの新サービスはわかり次第考えますが、管理人のような濃いマリサポなら上級会員に入るのかな?5000円~10000円の範囲内なら出せるけど。詳細はこちら
ついでながら、きょうマリーンズボールパークでカレンダーの予約ついでに優勝記念グッズの買い足し。これでDVD3種類すべて揃いました。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2005/11/22

11/21 契約更改

13 浅間 敬太 560←520
19 田中 良平 620←660
21 内  竜也 720←720
55 杉原  洋 460←460
56 木興 拓哉 460←450
(追記・11月22日分)
68 早坂 圭介 600←500
58 青野  毅 500←470
44 喜多 隆志 850←1016
61 寺本 四郎 550←580
(金額は推定 単位万円)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/21

ドラフト後のマリーンズ・未来図

んー、来季からパ・リーグプレーオフのやりかたが変わり、第2ステージにおいてレギュラーシーズン1位には無条件に1勝のアドバンテージ、興行権は第1,2戦が上位チームに、第3,4戦が下位チームにあるということで(ほかに勝率1位が2球団あったときはそのシーズンの対戦成績、昨季の順位順などにより第1ステージを行う)何が何でも来季はレギュラーシーズン1位を目指すしかないわけですが、コバマサ選手会長の言う「マリンでのボビー胴上げ」は実現するのか?
で、ドラフト後のマリーンズの未来図を管理人は考えてみたわけで。
投手・・・よほどのことがない限り俊介・宏之・直行・久保・サーフの先発ローテ、プラスアルファでジョニー、コミーで、晋吾は先発か中継ぎのいずれかと思われるが、古谷&川崎のルーキー左腕コンビの起用法は如何に?
藤田・薮田・コバマサの勝利の方程式は揺るがないが、コバマサにしても5~6年ストッパーをやってきているわけだし、後継ストッパーを考えないといけないが、
内はどうかな?
確かにKATTさんのおっしゃるとおり、投手31名、野手33名(捕手6名、内野手14名、外野手13名)と投手が5割近くを占め、あんまりバランスのいいチーム構成とは思えないゆえに、柳田・藤井宏海を野手転向する以外にないわけで。
トライアウト何人獲るのか?
捕手・・・里崎&橋本のツイン正捕手で行くでしょうが、プラス辻も。
内野手・・・福浦・堀・西岡・小坂・今江でカタイものの、故障の癒え具合にもより、オフのオーバーホールは大事にやらないといけないが、根元の出番が早くなりそう。どういうデビューになりそうか?控えも渡辺正人、早坂、塀内といるのだが。
外野手・・・外国人は現状維持という前提で話をすすめるが、イ・スンヨプが要求している守備機会保障はレフトを守らせる以外にないわけで、そうなるとベニーはDHか?ほかはサブロー・フランコで、大塚アキラ・モロは守備固めでもじゅうぶんなくらいですが、大松&竹原の2年目コンビが出てくるかどうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

11/19,20のマスターズリーグ結果

札幌 000021000 3
福岡 000000000 0
札:○津野-八木沢-新浦-S小野
福:大野-右田-●柴田-小林-加藤-安仁屋
観衆発表 11230人

年に1度の広島市民球場開催。福岡ドンタクズのメンバー大半は大野豊-達川光男のバッテリーに安仁屋宗八、三村敏之、片岡光宏、木下富雄、長内孝、西田真二(四国アイランドリーグ・愛媛マンダリンパイレーツ監督)などカープOBで占めているが、対戦相手の札幌アンビシャスも古葉監督、川口和久投手がおり、とくに古葉監督はカープファンにとって、カープに初の栄光をもたらし、かつ黄金時代を築き上げた点では、広島には今も古葉信者が多いという。札幌は先発津野浩が好投(マリーンズ時代はよく中継ぎで投げていた)。打線もマサ隊長こと高橋雅裕が5の5。6回にタイムリー安打を放ち、あとは八木沢荘六(マリーンズ初代監督)、小野和幸(元マリーンズ投手コーチ、現・四国アイランドリーグ・徳島インディゴソックス監督)でシメ、マリーンズOB大活躍といったところで、開幕敗戦のあと連勝。福岡いまだ勝ちがない。くわしい記事はこちら
----------------------------------------------------------------
大阪 112000010 5
東京 101000000 2
阪:○村田-高柳-近田-S山崎
東:●松岡-増本-西崎-大川-斉藤
[HR]大阪:南牟礼1号[ソロ]
観衆発表 26700人

アジアシリーズの激闘から1週間経った東京ドーム。
管理人にとって行きたかったが、ファンフェストが終わってから行っても試合開始には間に合わないとみてタイマー録画。帰宅後ビデオ観戦しましたが、大阪ロマンズは何せ、静岡・草薙球場にて巨人阪神OB戦があった関係で川藤春団治とか亀山つとむ、中田良弘、真弓明信らがそちらへ行ってしまい、何というか、いてまえ魂というか、バファローズ勢が活躍。先発村田辰美は4回2失点も2勝目。村上隆行3打点。モーやん小川亨も2安打。南牟礼トヨゾー2回にソロホームランを放つなど、開幕3連勝で単独首位。東京ドリームスは西多摩倶楽部監督就任が決まった松岡弘先発も1回0/3,2失点。3回代走の松沼兄やんがけん制アウトなど、打線が沈黙してしまった。
くわしい記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/20

優勝パレード&ファンフェスト

v1v2v3v4v5
例年この時期はファン感謝デーがおこなわれ、管理人は毎年大サイン会の整理券目当てに早朝出発して列に並び、写真撮影会などに出たものですが。なぜに東北楽天ゴールデンイーグルスのファン感はファンクラブ会員以外から1000円取るのか?理解できませんが。
ことしはなにせ、前人未到の6冠達成なんで、優勝パレードのついでに規模を大幅に縮小してやるので、県庁前と幕張ベイタウンと2つコースがあったが、幕張ベイタウンのみに参加してからマリンへ行くということになり、海浜幕張駅に11時20分頃到着。マリーンズボールパークではとりあえづDVD(『BUILDING OUR DREAM ! 2005千葉ロッテマリーンズ激闘録』)、パリーグ優勝記念Tシャツ(ビールかけTシャツ)、パリーグ優勝記念ハンドタオルを購入(タペストリーは売り切れ、DVD残り2種類とともにネット購入します)ホテルフランクスニューオータニ幕張の間あたりに陣取り、12時頃パレード通過!!おおかた選手がこちらの方角を向いてクレタのでよかった(^_^)何せ、NPB12球団のなかで2球団。パ・リーグ6球団中1球団にしかゆるされない特権なのだから。
そのあとマリンへ民族大移動もいたるところ人大杉・人大杉!!マリンでは2階席に入場するのがやっとでして、堂本県知事、鶴岡千葉市長の表彰とか、ボビーの演説とか、ペナントを持っての場内一周とか、コバマサ選手会長の、連覇してボビーをマリンで胴上げしてみせますとの演説が印象的で、そのくらいでしたが、なんでMVP応援団が一塁側ベンチ上にいるのだ?!まぁ、「俺たちの誇り~」とか「千葉!ロッテ!マリーンズ!」とか定番モノで盛り上げましたが。スコアボードにあるジャンボユニフォームはサイン寄せ書きのうえ千葉県庁・千葉市役所前に展示される予定ですが、あすはフレンドパーク! 
------------------------------------------------------------------
千葉で初のVパレード 24万人が歓喜
31年ぶりのプロ野球日本一を達成した千葉ロッテマリーンズの優勝パレードが20日、千葉市で行われた。「ありがとう」「ロッテ最高」。川崎から本拠地移転後14年目の快挙に、ファンは歓喜の声を響かせた。
パレードは市中心部と、千葉マリンスタジアムがある幕張地区の2カ所で実施され、計約24万人(主催者発表)が詰め掛けた。
幕張地区では、沿道マンションに「次は世界チャンピオンだ!」の垂れ幕が。ボビー・バレンタイン監督や日本シリーズMVPの今江敏晃選手ら約70人を乗せたオープンバスに向け紙吹雪が舞った。応援団と公募されたファン計約120人も車列に加わった。
バレンタイン監督はスタジアムでの優勝報告セレモニーで「世界一のファンがいて、夢を実現することができました」と日本語を織り交ぜてあいさつした。(共同ニュースより)

| | コメント (1) | トラックバック (33)

2005/11/18

マリーンズ・大学&社会人ドラフト指名選手

3巡目 根元 俊一 内野手 東北福祉大(←花咲徳栄)
4巡目 川崎 雄介 投手  ホンダ熊本(←九州東海大←宮崎南)
5巡目 古谷 拓哉 投手  日本通運(←駒大←駒大岩見沢)
6巡目 相原 勝幸 投手  富士大(←沖縄水産)

こちらで予測した通り、めでたく根元&古谷両獲りに成功したわけで、柳田に続いて川崎と3人も左腕投手を指名。(加藤)康介はシーズン通じて先発ローテにいた試しがなく、浅間・成瀬も出てきてほしい左腕ですが、藤田も長年中継ぎ専門で酷使されがちなだけに、淡い期待を抱くのですが。古谷は契約金6000万、年俸1000万(いずれも推定)で早速契約。
相原は下手投げをやめて上手投げに変えたという、文字通りの変り種投手。(渡辺)俊介とともにツインアンダースローとして売り出すべきですが。
根元は華があるというか、仙台六大学野球ではタイトルホルダーの常連。明治神宮野球大会でもファイターズ希望枠の創価大・八木からホームランをかっとばすなど、ポスト・堀にうってつけというか、西岡&今江。そして渡辺正人・早坂・塀ちゃんに続く存在と期待は大きいのですが、喜多隆志(&澤井良輔)の二の舞いはいかんぜよ!
それにしても、四国アイランドリーグから一人も指名選手がなかったのは、ねえ…。
石毛宏典代表「これが現実かなと感じている。選手の頑張りもわれわれのサポートする努力も足りなかった。選手がプロになる土壌づくりを今後も築いていきたい」
栂野も、ねえ…。済美の福井投手もそうですが、シコースキーを追い出してでも野口、豊田(石井貴も?)などを獲りにいったりしてジャイアンツなるところは選手層が厚く一軍戦に出られないと嫌われるようでは、ねえ…。マリーンズも投手陣の層が厚くなって内&浅間も一軍で投げられそうもないんで、大きなことは言えないんですけど。
大学&社会人ドラフト指名選手全員一覧はこちら

| | コメント (3) | トラックバック (15)

2005/11/16

【TB企画】プロ野球マスコット2005年度の活動を振り返る

12球団回顧企画について、パ・リーグ6球団はひととおり参加しましたが、時間があまりないので、セ・リーグ6球団はスルー(企画されましたみなさん、ごめんなさい(^_^;)。管理人の回答ですが、
マリーンズ版はこちら。ホークス版はこちら。ライオンズ版はこちら。合併球団版はこちら。ファイターズ版はこちら。イーグルス版はこちら
やなっちさんが企画しましたマスコット版ですが、特別に回答することにしました!
1.今シーズン、一番応援していた球団はどこですか?
千葉ロッテマリーンズ
2.今シーズン、生観戦でよく見かけたマスコット
当然、マリーンズのマーくん・リーンちゃん・ズーちゃん・クール
3.今シーズン、テレビ観戦でよく見かけたマスコット
2.に同じ
4.パ・セ全試合、マスコットに関するネタで一番印象深かった出来事
マーくんの首が取れてしまったこと。ナマで見ていてショックだった
5.今シーズンほんまによう頑張った!と思うマスコット(2つまで)
Mr.カラスコ いわずもがなでしょう。
ファイティー もうすこしナマで見たかったが…。
6.もう、ちょっとだけ球場内外で積極的に活動してほしいと思うマスコット(2つまで)
つば九郎
マリンに来てほしかった…。
7.「来年生で見てみたい」と思うマスコット(2つまで)
スライリー
来季、交流戦で広島市民球場に行きたいが…。
8.今シーズン、球団マスコットのMVPは?
Mr.カラスコ
あんたにゃ負けたよ(byマーくんファミリー)
9.あなたのブログの球団マスコット関連ネタで今シーズン傑作の記事
「フルスタ宮城見聞録」
10.今の球団マスコットに望むもの
ファイティーみたく、球団のエゴというか、都合で引退させるなよ!
11.2005年度プロ野球流行語大賞(2つまで)
「ボビーマジック」
「26番目の選手」
12.今シーズン、一番褒めたい選手・チーム(各1)
千葉ロッテマリーンズ/初芝清
これしかないでしょう!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

野球好きブロガー生息図

ichikenさんの鯛が酢・おミルクにて、「真・野球好きブロガー生息図」の企画をやっております。
当ブログも(旧)「野球好きブロガー生息図」に参加していましたが、当ブログ名でもおわかりですが、いまはやりの“平成の大合併”により、12月5日に「いすみ市」が誕生する関係上再登録した次第です。
マリサポプロガーのみなさんの参加が相次いでいますので、未登録の方は是非参加されてみては?上記リンク先のコメント欄にフォーマットがありますのでそれを利用して参加申請してくださいませ。
bb-ma

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005/11/14

もうすぐ大学&社会人ドラフト

高校生ドラフト         契約日  契約金 年俸(いずれも推定)
1巡目 柳田 将利 投手  10/28 8000 700 
2巡目 林  啓介 投手  11/1  5000 600
3巡目 末永 仁志 投手  11/6  4000  500
4巡目 細谷  圭 内野手 11/3  3000  500
------------------------------------------------------
11月18日の大学&社会人ドラフトは希望枠を行使しないため、3巡目からの指名となりますが、日本通運・古谷拓哉投手(駒大岩見沢→駒大→)、東北福祉大・根元俊一内野手(花咲徳栄)の両獲りを目指す模様。個人的には四国アイランドリーグからの獲得も面白いのですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/13

アジアシリーズ・優勝!初代王者!

PB130286
サムスンライオンズ    001000002 3
千葉ロッテマリーンズ 10220000  5
サムスン:●ペ・ヨンス -安志晩-姜永植-権五俊-呉昇桓
マリーンズ:○渡辺俊-藤田-薮田-小林雅
[HR]マリーンズ:渡辺正[2ラン]
MVP:ベニー

観衆 37078人

ナイターのためスカパー観戦だったが、1回西岡ツーベース、今江デッドボール、サブローフォアボールで2アウト満塁。マティー犠牲フライで先制。
俊介。6回8安打1失点といまひとつで、サムスンの拙攻にもたすけられたこともあったが。
3回今江安打、マティーツーベースのあと、ベニー2点タイムリー!4回西岡フォアボールのあと渡辺正人レフトスタンド目がけてツーランホームラン!「俊介が投げると打線の大量援護がある法則」がアジアシリーズでも発動!!あとは7回藤田、8回薮田、ラストイニングコバマサが4安打2失点。最後は空振り三振と、最後の最後までコバマサ劇場、というのは、ねえ…。
千葉ロッテマリーンズ、コナミカップ・アジアシリーズ 初代王者!!
ボビー胴上げ、ペナント授与式、マリサポによる白い紙テープ投げ入れ…。
3月2日、姫路球場での合併球団とのオープン戦から11月13日のアジアシリーズ決勝まで256日。オープン戦、レギュラーシーズン(パ・リーグ公式戦、パ・セ交流戦)プレーオフ第1,2ステージ、日本シリーズ、コナミカップ・アジアシリーズのトータル165試合104勝57敗4分の激闘をいつまでも忘れません。優勝パレードには行きますが、また来季のオープン戦までマリサポのみんなと応援できる日が待ち遠しいです!!

| | コメント (4) | トラックバック (52)

11/12,13のマスターズリーグ結果

福岡 002010200 5
東京 22000002  6
福:大野-北別府-小林-●加藤
東:遠藤-村上-五月女-松沼兄-河野-松沼弟-○松岡-S増本
観衆発表 9200人

横浜スタジアムでおこなわれたが、アジアシリーズがなければ管理人が観戦していたかも。それにしても斉藤明夫サン。なぜに古巣での試合なのにアジアシリーズ@Jスポーツ中継の解説なのか?
福岡は7回、藤本博史・佐々木誠のタイムリーで一時は逆転したが、東京は8回安部理の2点タイムリーでひっくり返し、抑えで投げるはずの斉藤明夫がいないので増本宏で逃げ切り、開幕連勝!!福岡は加藤伸一が打たれる誤算で初戦勝利がスルリと逃げていったとさ。くわしい記事はこちら
-----------------------------------------------------
札幌   130401210 12  
名古屋 000000100  1
札:○星野-八木沢-新浦-津野-藤城
名:●鈴木孝-山内-稲葉-郭-与田-小島-野中
観衆発表 6830人

ナゴヤドームではなく、中日ドラゴンズファーム本拠地&練習場というべきナゴヤ球場で開催。札幌はブリザード打線が爆発し、19安打12点と名古屋を圧倒。今季初勝利をあげた。名古屋は開幕連敗となった。くわしい記事はこちら
-----------------------------------------------------
大阪 0010300001 5
福岡 0000100000 1
阪:○村田-高柳-小田-中田-近田-野田-S山崎
福:池田-●三浦-柴田-加藤-木村
観衆発表 11214人

マリーンズVSホークスの激闘プレーオフから1ヶ月経とうとするヤフードーム。
3回福本タイムリーで先制。5回福間・本西タイムリー。併殺をとろうとしてのエラーもあり、この回3点はビッグイニングとなった。その裏福岡は浜名安打、坊西タイムリーで1点返すが、南牟礼ファインプレーとか村上の隠し球といったアッと驚くプレーもあった。6回、近田が左右投げを披露。スイッチヒッターの松永をフォアボールのみの対戦であったが。大阪は9回代打川藤だめ押しタイムリー、山崎慎太郎が無死満塁のピンチをしのぎ切り、大阪連勝、福岡はいまだ未勝利。20日の東京VS大阪ははやくも首位攻防となり、NPB同様二都決戦か?!くわしい記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/12

アジアシリーズ・生観戦記

bb2005
↑@ショウさん。アジアナンバーワンめざして!
PB120280
チャイナスターズ:●張力-趙全勝
マリーンズ:黒木-○小宮山-S小林雅
観衆 26564人

管理人が生観戦した唯一の試合ですが、三塁側S指定席にて観戦。チケット料金は、日本絡みの試合はバックネット裏・エキサイトシートが7000円。S指定(カメラマン席の上あたり)4500円。A指定(内野前部)3500円。B指定(内野後部)2200円。バルコニー席3000円。自由席(外野席&2階席)1500円。日本絡みでない試合はバックネット裏・エキサイトシートが2500円。自由席(内野1階席。2階席は閉鎖)1000円(自由席子供500円)ちょっと高めですが、それを物ともしないのがマリサポ。何せライト側はもとよりレフト側外野席までマリサポで埋まるのだから夢のような光景です。内野席は三塁側もマリサポで3分の2近く埋まり、中国側の応援は青年(留学生?)2人が「加」「油」のパネル(加油は、中国語でがんばれという意味)に五星紅旗を手に通路を駆け回るくらいで、マリーンズはいつも通りのマリサポの応援でして、マリンがそっくり移動したような。スコアボードの写真でも分かりますが、
オーロラビジョン下部に虎党がきょうも…。
バレンタイン監督の続投が決まって安堵しましたが、きょうのスタメンをみて絶句…。
早坂 塀内 フランコ ベニー 大松 竹原 井上 辻 正人 (ジョニー)
? ? ? 
サブロー、西岡、今江、里崎らはいちおうベンチ入りしているようでしたが、
試合後のボビー
「(若手には)このような大舞台で大勢のファンの前でプレーする経験を積んでもらいたかった」
チャイナスターズは連敗で決勝進出の可能性が消滅した“消化試合”とはいえ、中国側の神経を逆なでしているようで、何だか、ねえ…。確かに大松・竹原をみたいのはやまやまだけど、ねえ…。
1回のジョニーの立ち上がり。安打、三振、進塁打で2アウト2塁から盗塁悪送球で先制されるという、苦しまぎれのピッチングで、3回セカンドライナーを1,2塁走者が離れていたのでトリプルプレーとなったが、その打球がジョニーの足に当たり、そのイニングあたりで降板。あとはコミーが投げたが、5イニング3安打。みずからの悪送球エラーもあったが、みごたえはあり、塀ちゃんはいいところなかったが、早坂の攻守はよかった。西岡・今江らを抜くことは容易ではないが、これからの期待ふくらませる存在ではないか?
打線はエンジンがかかってきた5回、正人フォアボール、早坂安打、マティーフォアボール、ベニー走者一掃タイムリーツーベースで3-1と逆転!これが唯一の見せ場で、ラストイニングはコバマサでしめくくった。
昨年9月に北京で中国選抜がマスターズリーグ選抜と対戦し18-7と大勝。チャイナスターズは当時のメンバーの一部が参加していたので、全戦完敗といいところがなかったが、監督は74年のV戦士のひとりで、カブス、マリナーズの監督でもあったジム・ラフィーバー。ライトスタンドでもラフィーバーをたたえる横断幕が出ていたのが印象的でした。ニッカンスコアはこちら
サムスン・ライオンズが興農ブルズを4-3で破り、13日(18時試合開始)の決勝の対戦相手はサムスン・ライオンズと決まりました。「俊介が投げると打線の大量援護がある法則」がアジアシリーズでも発動するかどうか?
ズバリ勝つしかないでしょう!! I BELIEVE!

| | コメント (4) | トラックバック (32)

2005/11/11

アジアシリーズ・連勝スタート!

bb2005
↑@ショウさん。アジアナンバーワンめざして!
サムスンライオンズ    000002000 2
千葉ロッテマリーンズ 30012000  6
サムスン:●バルガス-安志晩-姜永植-権五俊-呉昇桓-任洞珪
マリーンズ:○小林宏-小野-藤田-薮田-小林雅
[HR]マリーンズ:橋本[ソロ]
観衆 27305人

マリサポが待っていたコナミカップ アジアシリーズ2005!!
1回西岡スリーベース、今江先制タイムリー!
マティーフォアボール、サブロータイムリー!
イ・スンヨプおととしまでの古巣相手に、犠牲フライ。
4回たすくホームラン、5回サブロー犠牲フライと着実に追加点。
宏之6回6安打2失点も晋吾のあとはYFKリレーで逃げ切りといつもと変わらない試合運びで、初戦を制しました。ニッカンスコアはこちら
ニッカンのやくみつる画伯の「負けられない試合がこっちにもあった!!」とか、
ライトスタンドに阪神タイガースファンとおぼしき集団がいたの、って…。
------------------------------------------------------------
千葉ロッテマリーンズ 1200315 12
興農ブルズ         0000010  0
マリーンズ:○清水直
ブルズ:●陽建福-郭勇志
[HR]マリーンズ:ベニー[ソロ][3ラン]
観衆 18911人

この試合のみ、マリーンズが先攻・三塁側ベンチ・ビジターユニフォーム。
したがって、マリサポが黒ユニでの応援のはずがホームユニにみえた…。
この試合も西岡フォアボールのあと盗塁、エラーで三塁へ。今江犠牲フライで先制!
2回大塚アキラ2点タイムリー、5回マティー・サブロータイムリー!
7回イ・スンヨプ2点タイムリー、ベニー2打席連続アーチ!この時点で12-1。
7回の時点で10点差以上ならコールドという試合規定でコールド勝ちとなり、
千葉ロッテマリーンズ 2勝
サムスンライオンズ、興農ブルズ 1勝1敗
チャイナスターズ 2敗
と、マリーンズの決勝進出(13日,18時試合開始)が決まりました。
ニッカンスコアはこちら
管理人多忙につきJスポーツの中継をタイマー録画みながら2試合まとめてカキコしましたが、12日のチャイナスターズ戦は生観戦します!ジョニー黒木が先発登板します。

| | コメント (1) | トラックバック (26)

2005/11/10

アジアシリーズ放送ガイド

10日の三星ライオンズ(韓国)戦はテレビ朝日系列で19:00~20:54。
11日の興農ブルズ(台湾)戦はTBSテレビ系列で18:55~20:54。
12日のチャイナスターズ(中国)戦は日本テレビ系列で13:00~14:55
(最大延長15:25)
13日の決勝は日本テレビ系列で18:00~20:54
(試合終了まで放送。マリーンズが決勝進出しない場合放送はありません)
Jスポーツ2(307ch)で試合開始15分前から試合終了まで放送
(2回リピート放送あり)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005/11/09

パ・リーグ2006年日程発表

3/25(土) ホークス (ヤフードーム)
3/26(日) ホークス (ヤフードーム)
3/28(火) ファイターズ (千葉マリン)
3/29(水) ファイターズ (千葉マリン)
3/30(木) ファイターズ (千葉マリン)
3/31(金) ライオンズ (千葉マリン)
4/1 (土) ライオンズ (千葉マリン)
4/2 (日) ライオンズ (千葉マリン)
4/4 (火) 合併球団 (大阪ドーム)
4/5 (水) 合併球団 (大阪ドーム)
4/6 (木) 合併球団 (大阪ドーム)
4/7 (金) イーグルス (千葉マリン)
4/8 (土) イーグルス (千葉マリン)
4/9 (日) イーグルス (千葉マリン)
4/11(火) ホークス (千葉マリン)  
4/12(水) ホークス (千葉マリン)
4/13(木) ホークス (千葉マリン)
4/14(金) ライオンズ (インボイス西武ドーム)
4/15(土) ライオンズ (インボイス西武ドーム)
4/16(日) ライオンズ (インボイス西武ドーム)
4/18(火) イーグルス (フルキャスト宮城)
4/19(水) イーグルス (フルキャスト宮城)
4/21(金) ファイターズ (札幌ドーム)
4/22(土) ファイターズ (札幌ドーム)
4/23(日) ファイターズ (札幌ドーム)
4/25(火) 合併球団 (千葉マリン) 
4/26(水) 合併球団 (千葉マリン)
4/28(金) イーグルス (千葉マリン)
4/29(土) イーグルス (千葉マリン)
4/30(日) イーグルス (千葉マリン)
5/2 (火) ホークス (ヤフードーム)
5/3 (水) ホークス (ヤフードーム)
5/4 (木) ホークス (ヤフードーム)
5/5 (金) 合併球団 (千葉マリン)
5/6 (土) 合併球団 (千葉マリン)
5/7 (日) 合併球団 (千葉マリン)
(パ・セ交流戦)
6/24(土) ライオンズ (長野オリンピックスタジアム)
6/25(日) ライオンズ (長野オリンピックスタジアム)
6/27(火) ファイターズ (千葉マリン)
6/28(水) ファイターズ (千葉マリン)
6/29(木) ファイターズ (千葉マリン)
7/1 (土) ホークス (千葉マリン)
7/2 (日) ホークス (千葉マリン)
7/4 (火) イーグルス (フルキャスト宮城)
7/5 (水) イーグルス (フルキャスト宮城)
7/6 (木) イーグルス (フルキャスト宮城)
7/8 (土) 合併球団 (スカイマーク)
7/9 (日) 合併球団 (大阪ドーム)   
7/11(火) ファイターズ (東京ドーム)
7/12(水) ファイターズ (東京ドーム)
7/15(土) ライオンズ (千葉マリン)  
7/16(日) ライオンズ (千葉マリン)
7/17(月) イーグルス (千葉マリン)
7/18(火) イーグルス (千葉マリン)
(オールスターゲーム 7/22(土)神宮,7/23(日)宮崎サンマリン)
7/25(火) ホークス (ヤフードーム)
7/26(水) ホークス (ヤフードーム)
7/27(木) ホークス (ヤフードーム)
7/28(金) 合併球団 (スカイマーク) 
7/29(土) 合併球団 (大阪ドーム)
7/30(日) 合併球団 (大阪ドーム)
8/1 (火) ライオンズ (千葉マリン) 
8/2 (水) ライオンズ (千葉マリン)
8/3 (木) ライオンズ (千葉マリン)
8/4 (金) ホークス (千葉マリン)
8/5 (土) ホークス (千葉マリン)
8/6 (日) ホークス (千葉マリン)
8/8 (火) イーグルス (秋田・こまちスタジアム)  
8/9 (水) イーグルス (秋田・こまちスタジアム) 
8/12(土) ファイターズ (札幌ドーム)
8/13(日) ファイターズ (札幌ドーム)
8/15(火) 合併球団 (千葉マリン)
8/16(水) 合併球団 (千葉マリン)
8/17(木) 合併球団 (千葉マリン)
8/18(金) ファイターズ (千葉マリン)
8/19(土) ファイターズ (千葉マリン)
8/20(日) ファイターズ (千葉マリン)
8/22(火) ライオンズ (インボイス西武ドーム)
8/23(水) ライオンズ (インボイス西武ドーム)
8/24(木) ライオンズ (インボイス西武ドーム)
8/25(金) イーグルス (フルキャスト宮城)
8/26(土) イーグルス (フルキャスト宮城)
8/27(日) イーグルス (フルキャスト宮城)
8/29(火) ホークス (千葉マリン)
8/30(水) ホークス (千葉マリン)
9/2 (土) 合併球団 (大阪ドーム)
9/3 (日) 合併球団 (大阪ドーム)
9/5 (火) ライオンズ (千葉マリン)
9/6 (水) ライオンズ (千葉マリン) 
9/9 (土) ホークス (ヤフードーム) 
9/10(日) ホークス (ヤフードーム)
9/12(火) イーグルス (千葉マリン) 
9/13(水) イーグルス (千葉マリン)
9/15(金) ファイターズ (札幌ドーム)  
9/16(土) ファイターズ (札幌ドーム)
9/17(日) ファイターズ (札幌ドーム)
9/18(月) 合併球団 (千葉マリン) 
9/19(火) 合併球団 (千葉マリン)
9/23(土) ファイターズ (千葉マリン)  
9/24(日) ファイターズ (千葉マリン)
9/26(火) ライオンズ (インボイス西武ドーム)
9/27(水) ライオンズ (インボイス西武ドーム)
------------------------------------------
んー、マリーンズ主催68試合がすべて千葉マリンスタジアムということで、北陸シリーズは打ち切り。個人的には鹿児島とか倉敷マスカットスタジアムなどでやって欲しかったが。かつて仙台(フルキャストスタジアム宮城)とか秋田など地方試合が多かった頃を考えると、地元ファンとして、強気の方針ではないか?と思うところはあります。観戦計画はゆっくり考えますが。それと、マリンでのスワローズ主催試合がないのは、別に交流戦でマリンでも試合自体はできるので主催試合をやる必要はなくなったということですかねえ。
関西マリサポにとってビジターの合併球団戦は今季はスカイマークスタジアム7,大阪ドーム3の割合だったのが、スカイマークスタジアム2,大阪ドーム8と逆転。大阪ドームは交通の便がよいものの、外野席で観戦&応援していて外野へ飛んだ打球がわからないという欠点がありますが。

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2005/11/08

ゴールデングラブ賞 マリーンズから5選手

      パ・リーグ           セ・リーグ
投手  松坂大輔(ライオンズ)   黒田博樹(カープ)
捕手  城島健司(ホークス)    矢野輝弘(タイガース)
一塁手 福浦和也(マリーンズ)   シーツ(タイガース)
二塁手 西岡剛(マリーンズ)    荒木雅博(ドラゴンズ)
三塁手 今江敏晃(マリーンズ)  岩村明憲(スワローズ)     
遊撃手 小坂誠(マリーンズ)   井端弘和(ドラゴンズ)
外野手 SHINJO(ファイターズ)  福留孝介(ドラゴンズ)
     サブロー(マリーンズ)   赤星憲広(タイガース)
     大村直之(ホークス)    金城龍彦(ベイスターズ)
----------------------------------------------------------------
マリーンズからのゴールデングラブ賞は2003年に福浦が一塁手で選ばれて以来2年ぶりで、それ以来の福浦、4年ぶり4度目の小坂を除き3選手が初受賞。ゴールデングラブ賞の常連小坂は別として西岡&今江の守備の良さはプレーオフで実証済み。サブローの守備範囲の広さといい強肩ぶりは定評がありますから。ただし、優勝したことによる余禄で受賞できたのもいえなくはないわけで、「ゴールデングラブ賞が“守備のベストナイン”などというのは名ばかりで、このように、打撃成績や目立つ度合いで選ばれるケースが、過去に数え切れないほどある」(玉木正之著・プロ野球の友=新潮文庫)ゴールデングラブ賞もシーズンMVP、ベストナイン、新人王の記者投票と同様に経験5年以上の経験があるプロ野球担当記者に投票資格がありますが、おめでとうございます。

| | コメント (3) | トラックバック (15)

2005/11/07

来季のパ・セ交流戦日程

5/9 (火) タイガース (甲子園)
5/10(水) タイガース (甲子園)
5/11(木) タイガース (甲子園)
5/12(金) カープ (千葉マリン)
5/13(土) カープ (千葉マリン)
5/14(日) カープ (千葉マリン)
5/16(火) ベイスターズ (平塚)
5/17(水) ベイスターズ (横浜スタジアム)
5/18(木) ベイスターズ (横浜スタジアム)
5/19(金) ドラゴンズ (千葉マリン)
5/20(土) ドラゴンズ (千葉マリン)
5/21(日) ドラゴンズ (千葉マリン)
5/23(火) タイガース (千葉マリン)
5/24(水) タイガース (千葉マリン)
5/25(木) タイガース (千葉マリン)
5/26(金) ジャイアンツ (千葉マリン) 
5/27(土) ジャイアンツ (千葉マリン)
5/28(日) ジャイアンツ (千葉マリン)
5/30(火) スワローズ (千葉マリン)
5/31(水) スワローズ (千葉マリン)
6/1 (木) スワローズ (千葉マリン) 
6/2 (金) カープ (尾道・しまなみ) 
6/3 (土) カープ (広島市民)
6/4 (日) カープ (広島市民)
6/6 (火) ドラゴンズ (ナゴヤドーム)
6/7 (水) ドラゴンズ (ナゴヤドーム)
6/8 (木) ドラゴンズ (ナゴヤドーム)
6/9 (金) ジャイアンツ (東京ドーム)
6/10(土) ジャイアンツ (東京ドーム)
6/11(日) ジャイアンツ (東京ドーム)
6/13(火) ベイスターズ (千葉マリン)
6/14(水) ベイスターズ (千葉マリン)
6/15(木) ベイスターズ (千葉マリン)
6/16(金) スワローズ (神宮)
6/17(土) スワローズ (神宮) 
6/18(日) スワローズ (神宮) 
-----------------------------------
個人的には神宮(全日本大学野球選手権と重ならない限りデーゲームだと思う)、広島市民球場に行きたいが。共通予備日が6月19日~22日までと平日にしたのが改良点なだけで、マリンのG&T戦の席割り特別扱いはやめることと、セ・リーグの球場でもファンクラブ割引で入れてほしい(セ・リーグのフランチャイズ球場のチケット料金は概ね高めなので。)
それと、鎌ヶ谷での合同トライアウトには前田・長崎・於保・杉山・ユウゴー・立川選手が参加。バレンタイン&古賀監督が視察していたらしい。とカキコしたら、シコースキー戦力外!立川ともども戻ってきてほしいが。

| | コメント (1) | トラックバック (8)

2005/11/06

11/5 名古屋VS大阪

大阪   010004000 5
名古屋 000200001 3
阪:村田-山本和-中田-○野田-小田-S山崎
名:西本-山内-●野中-小島-星野
観衆発表 6200人

浜松市営球場にて。くわしい記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/05

【TB企画】あなたの「2005×26=無限の夢」

やまだ書点さんのエントリーに賛同する形で回答します。
1.今シーズン、一番印象深い勝利
3/27 VSイーグルス戦 26-0
躍進マリーンズの原点ともいうべき試合。
2.逆に、一番印象深い敗戦
9/22 VSホークス戦 1-7
清水直行最悪の出来、初芝様引退セレモニーに涙!
3.引き分け含む全試合の中で一番印象深かった試合
9/19 VSホークス戦 9-5
5点差をひっくり返したことで、ホークスに引導を渡し、4連戦を3連勝したことにより、1勝のアドバンテージを許さず、プレーオフでの劇的優勝につながることにとなるのですが。
4.よく頑張った!と思う投手3名まで
渡辺俊介
管理人観戦試合では登板が多く、15勝4敗はすばらしいのひとこと。なぜMVPではないのか?
小野晋吾
危険球退場のショックからシュートの持ち球を生かし、セットアッパーとしてよみがえる。
薮田安彦
中抑えとしてすばらしいのひとこと。パ・セ交流戦優勝決定戦での岩村・ラミレス、日本シリーズで金本・今岡連続三振は震えが来ました。
5.よく頑張った!と思う野手3名まで
今江敏晃
レギュラーシーズンでの首位打者争い、日本シリーズでの大ブレイクはさすが。
西岡剛
小坂をうわまわる守備&盗塁技術。パ・リーグを代表するリードオフマンへ。
里崎智也
捕手として打撃・リード・強肩・パフォーマンスはすばらしかった。
6.もうちょっと頑張れよ…と思う選手3名まで
清水直行
プレーオフ&日本シリーズでのピッチングはよかったが、レギュラーシーズンでのピッチングは問題が…。
小林雅英
セーブ王はよいが、ボール先行だとか、ランナーをためてのピッチングはどうかと思うが。
平下晃司
数少ない優勝経験があった選手だが代打要員として上げて欲しかった。
7.「来年楽しみだなぁ」と思う選手3名まで
竹原直隆 大松尚逸
イースタンVに貢献!ぶっちゃけ、外国人&サブロー&大塚の壁は厚いのだが、西岡&今江に続く存在に。
早坂圭介
プレーオフ優勝決定試合で彼の活躍がなければ今日の栄光はなかったと思う。日本シリーズ&ベストプレーヤーマッチでの塀ちゃん(塀内久雄)にも同じことがいえるが。
8.マリーンズ流行語大賞(3つまで)
I BELIEVE
ボビーマジック
26番目の選手
9.2005年マリーンズのMVPは?
渡辺俊介
NPBでのMVPとして認知されなかった以上チームMVPだけでも認知すべきでしょう。
10.リーグ優勝、及び日本一の際のビールかけでのMVPは?
清水直行
「○○で、撮られちゃって下さい!」といいながら、いきなりコヨーテを唱和するあんたってやつは…。
11.マリーンズ以外で讃えたい!と思う選手・チーム各1
杉内俊哉/福岡ソフトバンク・ホークス
捲土重来の四字熟語がこれほど似合う男はないでしょう!自爆テロから一転して沢村賞・MVP・ベストナインの三冠をゲットするのですから。そんな杉内を最後の最後でプレーオフでマリーンズは打ちくずしましたから。
レギュラーシーズン1位、そしてグッド・ルーザーは揺るぎないのですから。
12.来季の千葉ロッテマリーンズの目標
バレンタイン監督の続投が大前提ですが、レギュラーシーズン1位でのプレーオフ制覇をもっての連覇。
*他球団バージョンは“千葉ロッテマリーンズ応援ブログ”と銘打っている以上当ブログでの回答はまずいので、「いすみマリーンズ アネックス」にて回答させて戴きます。
-------------------------------------------------------------------
【TB企画】あなたの「2005×26=無限の夢」
●企画の主旨●
日本一の栄冠をつかんだ我らが千葉ロッテマリーンズ。
その2005年をファンのみんなで楽しく振り返りましょう!
●参加方法●
下掲の「テーマ」に答えた記事を作成し、元記事にTBして下さい。
受付確認替わりにTBを返させて頂きます。
・元記事 やまだ書点の万葉Blog (管理人:やまだ書点):
http://blog.livedoor.jp/marine_yamada/archives/50174353.html
・トラックバックping-URL:
http://app.blog.livedoor.jp/marine_yamada/tb.cgi/50174353
回答期限は11/18(金)23:59:59とし、それまで頂いたTBの内容でで集計いたします。
もちろんこれ以降のTBも歓迎しますが、集計には反映されませんので予めご了承下さい。
集計結果はできるだけ速やかに企画元にて発表させていただく予定です。
●テーマ●
「振り返る」のが目的ですので、極力「理由」もお書き添え下さい。
0.(他球団ファンでご参加の方へ)好きな球団はどこですか?
1.今シーズン、一番印象深い勝利
2.逆に、一番印象深い敗戦
3.引き分け含む全試合の中で一番印象深かった試合
4.よく頑張った!と思う投手3名まで
5.よく頑張った!と思う野手3名まで
6.もうちょっと頑張れよ…と思う選手3名まで
7.「来年楽しみだなぁ」と思う選手3名まで
8.マリーンズ流行語大賞(3つまで)
9.2005年マリーンズのMVPは?
10.リーグ優勝、及び日本一の際のビールかけでのMVPは?
11.マリーンズ以外で讃えたい!と思う選手・チーム各1
その他今年のマリーンズに一言などお書き添えいただけるとなお嬉しいです。
●注意事項●
・自虐ネタは笑える範囲内でお願いします。
・単なる誹謗中傷にあたる内容、著しく他人を傷つけたり不快にさせる内容、質問の答えとは逸脱した内容の回答はご遠慮下さい。マリーンズだけでなく他球団、選手、ブロガーの方いずれを対象にしたものでも、企画元管理人が違反と判断した場合予告なくTBを削除させていただく可能性がありますので予めご了承下さい。
・自分のブログを持っておられない方はコメント欄を利用してご参加下さい。内容の注意事項に関してはTBと同様でお願いします。また違反時の対処も同様に予告なしで削除させて頂きますのでご注意下さい。
・他球団ファンの方のご参加も歓迎いたします。
・どなたにも気軽にご参加いただけるようテンプレートをコピーして文末に貼り付けて下さるようお願いします。
企画元:やまだ書点の万葉Blog (管理人:やまだ書点)
http://blog.livedoor.jp/marine_yamada/

| | コメント (1) | トラックバック (20)

2005/11/04

久保新人王!ベストナインマリーンズから4選手

        パ・リーグ          セ・リーグ
最優秀選手 杉内俊哉(ホークス)   金本知憲(タイガース)
(MVP)  
最優秀新人 久保康友(マリーンズ)  青木宣親(スワローズ)
(新人王) 
ベストナイン
投手     杉内俊哉(ホークス)    黒田博樹(カープ)
捕手     城島健司(ホークス)    矢野輝弘(タイガース)
一塁手    ズレータ(ホークス)    新井貴浩(カープ)
二塁手    堀幸一(マリーンズ)    荒木雅博(ドラゴンズ)
三塁手    今江敏晃(マリーンズ)  今岡誠(タイガース)     
遊撃手    西岡剛(マリーンズ)    井端弘和(ドラゴンズ)
外野手    和田一浩(ライオンズ)   金本知憲(タイガース)
        宮地克彦(ホークス)    青木宣親(スワローズ)
        フランコ(マリーンズ)   赤星憲広(タイガース)
指名打者  松中信彦(ホークス)
----------------------------------------------------------------
マリーンズからのベストナインは2001年にボーリックが指名打者で選ばれて以来4年ぶりで、4選手全員が初受賞。堀がはじめてとは意外(サブローでなくマティーというのは、ねえ…)ですが、票数などはあすの新聞で発表されますが、投手は10勝投手が6人も出た関係で分散されたのでは?マリーンズ4人、ホークス5人、ライオンズ1人ということで、やっぱりレギュラーシーズン1位でプレーオフを制しないとだめですねえ。(ちなみに昨季はホークス4人、ファイターズ3人、ライオンズ・バファローズ・ブルーウェーブ各1人)例年シーズンMVP、ベストナイン、新人王の記者投票の発表は日本シリーズ終了2日後でしたが、今季はプロ野球コンベンション表彰式@札幌ドームでの発表ということで、翌日のベストプレーヤーマッチ@札幌ドームの内野指定席購入者にはスタンドなどで見学できるなどファンに対してオープンな姿勢は評価に値します。(このほか、日本野球機構スタッフ部門賞として池田重喜・千葉ロッテマリーンズ寮長らが受賞)新人王は50年・荒巻淳,55年・榎本喜八,69年・有藤通世,74年・三井雅晴,97年・小坂誠以来マリーンズから8年ぶり6人目です。久保は後半戦失速したものの、管理人はプロ入り初勝利&初完封@フルキャストスタジアム宮城はみていますし、ルーキーイヤー10勝は恥じるものではない実績といえましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (22)

2005/11/03

11/3 東京VS札幌(生観戦)

札幌 000000220 4
東京 00151000  7
札:●川口-津野-星野-藤城-八木沢-新浦-小野
東:西崎-○増本-村田-江夏-大川-S斉藤
[HR]東京:駒田1号[2ラン]
観衆発表 24500人

プロ野球のシーズンオフにおこなわれるマスターズリーグ。管理人が行けるのはじつはこの試合(東京ドーム)だけで、12日(東京VS福岡@横浜スタジアム)はアジアシリーズ、20日(東京VS大阪@東京ドーム)は優勝パレードがあるので。
例によって大沢親分のあいさつからはじまり、始球式は若松前スワローズ監督(打者役が山内一弘・元オリオンズ監督=79~81年)。
東京・西崎、札幌・川口の両先発。立ち上がりはいい。
3回蓬莱、屋鋪の連打でチャンスをつくり、辻のタイムリーで先制。4回1アウト満塁から池山2点タイムリー、駒田2ランで7-0と勝負を決め、6回村田兆治が登板!開幕第2戦の始球式でみたことがありましたが、マスターズリーグでの登板を生でみるのははじめて。130Kmの後半はいくつかあったし、石毛・石井浩郎・大塚光二と三者凡退!その裏代打張本が安打!張さんが凡打だったら場内「喝!」の大合唱だったが、安打を打ったことにより逆に「あっぱれ~」の大合唱に。代走弘田澄男!村田ともども74年のV戦士がここに。さすがに2イニング目はしんどかったようで2失点だったが満足しました。ヒーローインタビューは池山隆寛・駒田徳広・辻発彦の3選手。
くわしい記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/02

ロバート・ホワイティング氏の夕刊フジの記事

(管理人注・このエントリーは11月3日未明にカキコしています)
当ブログにコメントを寄せていただいていますKATTさんからの情報ですが、
日本一決定翌日の夕刊フジのロバート・ホワイティングさんの特別寄稿です。
―引用はじめ―
【ロバート=ホワイティング氏・特別寄稿 夕刊フジ10/28日版、第3面より】
●31年ぶりの日本一に輝いたロッテ。万年Bクラスのチームを蘇らせたのはボビー・
バレンタイン監督の卓越した指導力だ。親交が深い作家、ロバ-ト・ホワイティング
氏が夕刊フジに特別寄稿した。

=ロッテ日本一 ボビーの人柄の賜物=
○なぜ、ロッテ?
 2004年にバレンタイン監督がロッテのユニホームを着ることを決断したとき、アメ
リカ人の多くはこういぶかった。
 「なぜ今、地球を半周して、閑古鳥の鳴くロッテの監督を引き受けるのか。一度は
解任されたチームなのに」
 理由はいくつかあった。ひとつは上司に言われたことを積極的に実行しようとする
日本人本来が持つ、きまじめさだ。
 「打撃練習で10本連続の右打ちを命じる。失敗すると、選手は僕のところに謝りに
来る。そういうところが好き」
 監督の言うことは忠実に守ろうとする国民性。チームを意のままにコントロールで
きる組織の存在がボビーの心を強く揺さぶった。

○もうかる集団への脱皮
 もともと日本のプロ野球は親会社の宣伝媒体。赤字が出るのが当然の体質だった。
だが、バブルがはじけ、巨人人気にかげりが出た今、単体でもうかる企業に変身させ
なければ生き残れない。バレンタインの発案で集客につながるアイディアの出せるブ
レーンをアメリカから呼び寄せ、女性や子どもが応援に来たくなる集団に変身させた。
 そのPRの先頭に立って、ファンに気軽にサインし記念写真におさまったのが監督
自身。今季観客動員は100万人を突破。「最もファン・サービスのいい球団」になっ
た。

=通訳の存在も=
○大言壮語
 陽気なボビーにも別の一面がある。自分を大監督と自負し、メジャーでは大物選手
としばしば衝突。目立ちたがり屋で度重なる舌禍もあった。
 メッツのピアザ捕手にホモ疑惑が持ち上がったとき、騒ぎを静めるどころか、「そ
ろそろメジャーもゲイに寛容になってもいい時代が来たんじゃないか」と、暗にピア
ザのゲイ説を肯定する発言をして周囲を仰天させたこともある。
 そうした性癖は今も顔をのぞかす。
 ただ、幸運なのは言葉が通じない日本ではこうした危ない談話が“賢い通訳”のお
かげで表に出ないですんでいることだ。

=選手に試合する喜びと楽しみ与え=
○選手掌握術
 常に選手の間に入って笑いを誘い、モチベーションを高めていく。日本のプロ野球
に長く続いた伝統ともいえるキャンプでの猛練習や根性論。敗戦の際、特定の選手を
名指しで叱咤(しった)するなどの日本流を次々と排除した。一方で、試合の趨勢を
決める大事な場面で若手を積極的に起用した。
 「選手は観客が見つめる中、大事な局面で使われると自分自身が重要な選手になっ
た…と感じ、結果的にいい仕事ができるようになっていく」という。有名選手のいな
いチームは、試合をすることを全員が喜び、楽しむ集団に変わった。

=夢は真のWシリーズ=
○バレンタイン監督の夢は…
 日米の差。あるとすればボンズ、Aロッドらの超スーパースターが日本にはいない
ことだけで、守備のうまさ、スピード、投手の質は遜色(そんしょく)がない。日本
のプロ野球選手のうち、少なくとも100人はメジャーで通用するとバレンタインは断
言する。今、ロッテがナ・リーグ西地区に所属した場合、少なくとも年間5割は勝て
ると信じている。
 究極は、日本と米国の野球機構が将来、一緒になって、ニューヨークの小学生が、
NY時間の午前5時にロッテの試合をテレビで見る時代が来ることだという。日本、
中国、韓国と台湾を巻き込んだ真のワールドシリーズ実現に向け、日米を知る野球人
として尽力する。それがボビーの夢。
 「リトル・リーグができることを、大人ができないわけがない」-。

[プロフィール]
ロバート・ホワイティング … 作家、1942年10月21日、米国ニュージャージー州生
まれ、63歳。1977年、「菊とバット」でデビュー。日米の野球の違いを描いて来日助っ
人のバイブルになった。その後、「和をもって日本となす」(1989年)、「東京アン
ダーワールド」(2000年)などがベストセラーに。メジャーに挑戦するイチローや松
井の実像を描いた「イチロー革命」(2004年)の中でもバレンタイン監督を取り上げ、
米タイム誌などにしばしば寄稿している。
―引用終わり―
--------------------------------------------------------
ロバート・ホワイティングさんについては、「和をもって日本となす」の角川文庫・2分冊版は所持していますが、アメリカ人からみたニッポン野球批判は心を打つものがありました。1990年の出版時点では想定外の日本人選手がメジャーリーグでプレーすることと、外国人監督の就任などがあり、ニッポン野球の見方も変わってきたといえるのではないでしょうか。とカキコしたら、直行のメジャーポスティング、イ・スンヨプのトレード要求?伊良部みたく「行きたいのならどうぞ」というわけにはいかないし、難しい、ねえ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタイン監督が正力松太郎賞を受賞

プロ野球の発展に最も貢献した球界関係者に贈られる「正力松太郎賞」 に2日、千葉ロッテマリーンズを31年ぶりの日本一に導いたボビー・バレンタイン監督が選ばれた。
正力賞は1977年に制定されて以来、今年で29回目で、受賞者は延べ31人目。表彰式は4日に札幌市で行われるプロ野球コンベンションで行われ、金メダルと賞金500万円が贈られる。
バレンタイン監督は、米大リーグのテキサス・レンジャーズ監督として、ア・リーグの最優秀監督に輝いた実績を持つ。ニューヨーク・メッツの監督を務めた経験もあり、日本のプロ野球を独自のサービス精神で盛り上げたことも大きく評価された。(読売新聞)
-----------------------------------------------------------------
おめでとうございます。去就はまだ不透明ですが、外国人でははじめての受賞とか。玉木正之さんの「プロ野球大事典」(新潮文庫)によりますと、
「もっとも、プロ野球に貢献した人物が、セ・パ両リーグからただひとり選ばれるプロ野球最高の賞である―とPRされているが、三度の三冠王を獲得した落合博満や、アメリカ人選手として三冠王を受賞したブーマーやバースは、なぜか受賞していない。品行方正にしてガイジンにあらず…」
とありますが、こうした慣例を破っての受賞だけに、ボビー流の采配などが球界の共感を呼んだという点では革命的といえましょう。過去の受賞者はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/11/01

こんなことあんなこと11/1

1.ボビーやっぱり残留?
バレンタイン監督が「オファーに耳を傾けないのはどうか」「光栄だが、いま自分の頭にはない」としながらも「マリーンズを愛しているし、今の仕事が気に入っている」とのこと。オファーに唯々諾々と応じることはボビーを信じて戦ってきたマリーンズナイン、マリサポを裏切ることにつながることを察知しているのか。まさか、メジャー球団の背後に広岡某が介在しているというのか?
2.バース・デイで3度マリーンズが
もうすぐはじまりますが、TBS「バース・デイ」でマリーンズが3度もとりあげられるとは。しかも初芝様!
3.イワオさんがファイターズ二軍打撃コーチに
ちばテレビ、Jスポーツ解説者、プレナ幕張2Fdugoutオーナーでおなじみの大村巌さんが表題の通り。鎌ヶ谷で会いましょう!(笑)お店はどうするの?解説は、倉持氏ひとりではさびしいので澤井良輔くんはどうか?問題は、一軍で微々たる成績しか残してないのと、話術が未知数ということですが。
4.シーズンオフはアジアシリーズが終わってから
11月ということで、今シーズンを振り返ろうというエントリーが他球団ファンブログにおいて立ち上げられていて、こちらとか、こちらとか、こちらとか、こちらなど。
われわれマリサポにとってシーズンオフはアジアシリーズが終わってからと認識しているので、当ブログでもやりたいのですが、しばらくお待ちください。といいつつ、ほかのマリサポプログで待たずに立ち上げればこちらも立ち上げるつもりですが。
(11/2追記)とカキコしたら、やまだ書点さんにて、エントリーがカキコされていましたので、いずれ回答します。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »