« 11/26,27のマスターズリーグ結果 | トップページ | 成田高校、センバツ出場へ… »

2005/11/30

千葉の社会人野球 監督交代

かずさマジック監督に橋本浩二氏
 社会人野球のかずさマジック(千葉県君津市)は10月31日、新監督に橋本浩二氏が就任した、と発表した。橋本氏は熊本県立八代東高卒業後の91年に前身の新日鉄君津野球部に入部。主に遊撃手として活躍し、主将だった00年の都市対抗野球大会でベスト4入り。2000年秋からコーチを務めていた。露無博文前監督は同球団ゼネラルマネジャー補佐に就任した。
JFE東日本 蔵元修一氏が次期監督に就任へ
 社会人野球のJFE東日本は25日、蔵元修一氏が次期監督に就任すると発表した。蔵元氏は79年、慶大から川崎製鉄千葉(現JFE東日本)に進み、81年には川崎製鉄水島(現JFE西日本)に移籍。川崎製鉄水島では82年から4シーズン監督を務め、84年に初の都市対抗大会本大会出場を果たした。須合哲哉監督は退任し、社業に専念する。
(いずれも毎日新聞より引用)
-------------------------------------------------------------
んー、今年は「千葉の年」といわれている割には社会人野球はいまひとつで、日本選手権ならともかく、都市対抗野球にどちらも出場できなかったのは何年ぶりだったか、川鉄千葉-JFE東日本、新日鉄君津-かずさマジックの二大政党制という千葉の社会人野球であるが、サウザンリーフ市原とか谷沢野球コミュニティとか、森田健作氏が作ろうとしている千葉メイキングなど新興勢力が出つつあり、管理人的には都市対抗の南関東の地区割りを千葉・埼玉の1チームずつに分割すべきだと思うのだが。
まぁ、プロ入り選手もJFE東日本は2003年のスワローズ・久保田智、かずさマジックは2002年のホークス・飯島一彦(現・球団営業スタッフ)以来ないのだし、両チームが切磋琢磨し合うことによって都市対抗野球出場、そしてプロ入り選手が出ることめざして!

|

« 11/26,27のマスターズリーグ結果 | トップページ | 成田高校、センバツ出場へ… »

コメント

昨日、かずさマジックの納会に参加して、橋本監督からチーム再建の方針に関する話を聞いてきました。(TBを張っておきますので、詳細はこちらを御参照方)

それから、かずさは拓大紅陵からピッチャーを採りました。(まだ公式発表がないので名前は出せないのですが)
銚子商の遠藤を採ったJFEの向こうを張ってというわけでもないでしょうが(笑)。

投稿: りんかん | 2005/12/08 00:58

>りんかん(支局員)さん
そうですね。かずさマジックのことしのひどさをみてみると、来年はよほどのことがない限り、都市対抗出場はまたのまた夢になりかねないかと・・・。とりあえづ、東京スポニチ大会に2チームとも出場するでしょうから、みてみないとわかりませんねぇ。

投稿: マリンライナー | 2005/12/08 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉の社会人野球 監督交代:

» 新監督と新主将に話を聞く [社会人野球情報室]
今日は昨日のエントリの続きである。昨日、私はかずさマジックの納会に参加してきたが、その途中で橋本新監督がステージに上がっての所信表明があった。そこでは今期のかずさが戦う集団として機能していなかったこと・来期かずさの戦力の中では投手陣を重点的に強化してい...... [続きを読む]

受信: 2005/12/08 00:59

« 11/26,27のマスターズリーグ結果 | トップページ | 成田高校、センバツ出場へ… »