« 管理人・マリサポ史 その4 | トップページ | 12/17 福岡VS大阪 »

2005/12/18

管理人・マリサポ史 その5

管理人のマリサポ史 その5
ブログ開設、マリサポ歴20年にして優勝!!

年が明けて2005年、7度目の鹿児島キャンプ見学旅行に出かけたが、バレンタイン監督以下野球にたいする取り組みが変わってきていて、いままでは何かやってくれるはず、と期待もたせながら結果は…。であったが、今年ばかりはプレーオフどころか、優勝を狙えるのではないか…。と感じさせるものはあった。
そして、当ブログ「いすみマリーンズ」を開設した。インターネット上の日記はいままでもあったが、コメント・トラックバック機能が付いたことでネット上のコミュニティがひろがること。日々の雑感から趣味の話題まで取り扱い分野が広範囲ということで、当初はマリーンズの話題を交えながら日々つぶやき&気まぐれ日記のつもりだったが、
「千葉ロッテマリーンズ応援ブログ」をキャッチフレーズにする以上、自分なりの試合批評をカキコしていくことになり、現在はセカンドブログ「いすみマリーンズアネックス」も開設している。いずれマリーンズだけではなく管理人の趣味などを取り扱うホームページを開設するつもりです。
東北楽天イーグルスとの開幕戦は26点大勝した2試合目から今季初自己観戦。4月上旬の6連勝、ゴールデンウィーク前後の12連勝と快進撃がはじまり、これまた優勝したパ・セ交流戦をはさんでパ・リーグの首位を2ヶ月近く守り続けた。
なによりも荒木重雄・企画広報部長(現・事業部長)らによる革命的ファンサービスが大きかったのではないか。ファンサービスを尊重するバレンタイン監督の考えとも一致し、マリーンズ応援団とのコラボレーションというべき
「26番目の選手」をはじめとして、いかに野球に関心のないひとを野球観戦というか、マリーンズ応援に向かわせるかという一点では大成功だし他球団でも応用可能だと思う。
パ・セ交流戦はマリン以外は横浜スタジアム、ナゴヤドームと行ったが、対戦チームのファン気質もさることながら、チケット料金の高さに面食らったので、来季はファンクラブ割引サービスをやってほしいのだが。
マリーンズが強くなるにつれ、実数発表になった観客動員数がうなぎのぼりに激増したため、ファミマのぴあ端末にて前売りチケットを購入したのが総観戦数の3分の2に及んだり、カモメの窓口で長時間並んでチケット購入するのがやっとで、後述するプレーオフはなんとか観戦できたものの日本シリーズはナマ観戦が不可能となり、何とかならないものだろうか。
福岡ソフトバンク・ホークスとのシーズン1位争いのすえ、シーズン2位に終わり、プレーオフはマリンでの第1ステージ(VSライオンズ)からとなり、ナマ観戦はおおいに感激した。ヤフードームでの第2ステージ(VSホークス)はスカパーにかじりついての観戦となったが、衝撃の第3戦優勝決定の第5戦はマリサポ歴20年のベテランマリサポとして、涙なしでは語れないくらい感慨深いものがあった。
阪神タイガースとの日本シリーズは完勝!!いずれも独りビールかけを敢行(爆)
イースタン制覇、ファーム日本一、アジアシリーズ制覇の前人未到の6冠達成!!
優勝パレード&ファンフェストにも行ったが、それはそれでまたひとつ感慨深いものがあり、来季は何が何でもシーズン1位にこだわってゆきたい。そして数多くのマリーンズファン、他球団ファンとも交流できたし、マリサポゆえの楽しみ方を探ってゆきたい。
(おわり)

|

« 管理人・マリサポ史 その4 | トップページ | 12/17 福岡VS大阪 »

コメント

これを読んでて管理人さんは私より3、4つ下だとわかりました。長かったですな。本当にここまで来るのに・・・。
来季は今季よりおそらく苦しい戦いになるでしょうから、精一杯応援しましょう。

投稿: 厩戸王子 | 2005/12/19 19:12

>厩戸王子さん
わたくしの力作、読んでいただきましてありがとうございました。
そうですね。お互いに応援していきましょう。

投稿: マリンライナー | 2005/12/21 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/7673399

この記事へのトラックバック一覧です: 管理人・マリサポ史 その5:

« 管理人・マリサポ史 その4 | トップページ | 12/17 福岡VS大阪 »