« 2005千葉ロッテマリーンズ・年間各賞 | トップページ | 1/2 東京VS札幌 »

2006/01/01

元日のスポーツ紙記事から

あらためまして、マリサポのみなさん、あけましておめでとうございます。
「いすみマリーンズ」「いすみマリーンズ アネックス」ともどもよろしくおねがいします。
ことしの目標はレギュラーシーズン1位にこだわります!
うちはスポーツ報知をとっているので、とりあえづニッカン・スポニチ・サンスポをコンビニで購入(デイリー・トーチュウは期待薄なので買わず)ワールド・ベースボール・クラシックへの俊介に対する期待の大きさがうかがえますが、何せ、バッテリーが6人も出場するのですから、オープン戦ではどう戦ったらいいのか。
キャンプ日程はオーストラリアのジーロン市にて第1次キャンプが行われるため、28日に日本を出発、2月1日に現地でキャンプイン。15日鹿児島入り。鹿児島にて第2次キャンプは17日から。(ファームは2月1日から12日まで鹿児島市、13日から薩摩川内市で行います)したがって管理人の鹿児島キャンプ見学旅行は昨年で打ち切り(^_^;
-------------------------------------------------------
ニッカン…ロッテ渡辺俊、V2&世界一へ強い思い
「日本のエース」ロッテ渡辺俊介投手が日本一早く、今日1日に千葉マリンで元日始動する。3月の国別対抗戦ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表では王監督から直々にエースの指名を受けている。「開幕」が約1カ月早まることも承知の上。「各球団のエースクラスが集まる。こんな経験はなかなかできないし、楽しみの方が大きい」。元日始動は、V2、さらに世界一にかける強い気持ちの表れだった。
すでに12月26日には、埼玉県行田市のスポーツジムで自主トレを開始した。11月のアジアシリーズ後も表彰式や取材の合間を縫って、ほぼ無休でトレーニングを積んできた。1日5日からは社会人時代を過ごした千葉県君津市のグラウンドで本格的な練習をスタートさせる予定だ。同じくWBC日本代表の今江も、千葉マリンで元日始動する。
--------------------------------------------------------
スポニチ…ボビー「連続日本一」千葉市民に手紙で約束
ロッテのボビー・バレンタイン監督が自身も住む千葉市美浜区の「幕張ベイタウン」住民に手紙で連続日本一を約束していたことが31日分かった。
地元住民が千葉市などと企画、交渉して実現にこぎつけた昨年11月の優勝パレード。「私がニューヨークで見たことのあるパレードとそん色のないものだった」と沿道のマンション住民を約600キロ分の紙吹雪が降らせてくれたことに感謝。「来シーズンもこのような素晴らしいパレードを行うことができること以上に楽しみなことはありません」と決意を記している。
球団を通して住民代表者に渡ったこの手紙は、現在、ベイタウンの公民館に展示されている。昨年まで賃貸マンションで生活していたバレンタイン監督は、新たに同地区でマンションの購入も検討中だ。千葉マリンまで自慢のマウンテンバイクで約15分という環境も気に入っているという。「アジア王者にはなったが、まだやり残したことがある。千葉マリンでまだ胴上げをしていない」と“故郷”の誇りを胸に、ボビーは06年も戦う。
--------------------------------------------------------
サンスポ…“スタジアム留学”…千葉マリン球場で英語を勉強しよう!!
千葉マリンに行って英語を学ぼう。ロッテが千葉マリンスタジアム内を英語で案内するツアー“スタジアム留学”を検討している。ツアーの途中でボビー・バレンタイン監督(55)が登場して“Do you know me?”な~んてことがもあるかもしれない。

昨年は野球だけでなくファンサービスでも「日本一」と評価されたロッテが、06年は語学教育に乗り出すプランが浮上した。野球好きの子供たちを英語で球場施設を案内し、その後はベースボール・イングリッシュを教える。球団職員のラリー・ロッカ氏が講師を務める予定だ。
「球界が国際化してきている。こどもたちが好きな野球を題材に、英語を勉強してくれれば」と球団関係者。球場を案内するとともに、「RBIは打点です」など教えてくれる“ミニ授業”も行われるもようだ。
実現すればリクエストは必至なのが「ボビー先生」。日頃から、ゆっくりていねいに話す監督の英語は聞き取りやすく、ユーモアたっぷりと選手にも好評。日本語もほぼマスターしており、優勝旅行のハワイでも「楽しいデース」と話す外国人に対し「楽しかった(過去形)だよ。君が言っているのは『It is』で、この場合は『It was』だ」と指導していた。英会話学校の外国人講師も真っ青の指導力だけに、英語力はグングン身によく付く?
ロッテ戦に見に行って英語も学んじゃおう。熱狂的ファンを持つバレンタインロッテにまた一つ、名物が生まれそうだ。
--------------------------------------------------------
スポーツ報知…米国に渡辺俊介 WBC必勝ローテ王監督決めた
3月に開催される国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」で日本代表は、世界一への最大の難関と見られる準決勝に渡辺俊介投手を先発させる意向であることが31日までに分かった。王貞治監督は、順当にいけば米国との対戦となる準決勝をヤマ場と想定。先発3本柱の中からサブマリンの変化球が効果的と判断し、決勝は松坂、上原を中心とした投手陣の豪華リレーで頂点を目指す。
初の世界制覇へ向けて、日本代表・王監督が描いていた先発ローテーションは、渡辺俊が主役だった。「シーズン中から(渡辺俊に)『君を中心に考えているから』と伝えていました」すでに9月にサブマリンを日本のエースに指名していた指揮官にとって最大の焦点は、どこで起用するかだった。
韓国、台湾、中国との1次リーグは油断さえしなければ突破できると判断。米国、カナダ、韓国が予想される2次リーグも厳しい戦いにはなるものの、松坂、黒田、上原ら国際経験が豊富な投手を繰り出せば、勝ち抜けると読んでいる。問題は決勝トーナメントの準決勝。この一戦を勝たなければ、世界一は見えてこない。
パワーヒッターを相手にしたとき、通用するのは速球派ではないことを王監督は脳裏に焼き付けていた。「昔は大友(工)さん。最近では川尻が日米野球で好投したからね。サイドスローでコントロールのいい投手が(米国を)苦しめていた」1953年の日米野球で、サイドスローで巨人のエースだった大友が9回7安打1失点で日本人投手初の完投勝利。98年には川尻が9回途中まで無失点に抑えた。
最大のヤマ場となる準決勝。その相手として米国が濃厚なことで、指揮官の決意は固まった。ドミニカ共和国との対戦が有力な決勝は、松坂、上原らの投手陣を総動員する。94年の10月8日、巨人と中日が同率首位で並んだ最後の決戦。斎藤雅、槙原、桑田と先発3本柱を惜しみなく投入してVをもぎとった巨人と同じような戦い方になってくる。
「渡辺俊のような特殊性は、国際試合には必要となる」と王監督。グリフィー、ボンズら、そうそうたるメジャーリーガーが並ぶ準決勝の米国戦をサブマリンに任せることで、世界一へのローテーションは整ってくる。

|

« 2005千葉ロッテマリーンズ・年間各賞 | トップページ | 1/2 東京VS札幌 »

コメント

あけましておめでとうございます。
今年も熱い・楽しい試合を期待したいですね。
今年も宜しくお願いします。

投稿: マリンかもめ | 2006/01/01 17:33

コメントありがとうございました。
WBCの是非は別として、俊介の活躍は唯一楽しみにしてます。

一応各球団ベストメンバーを組んだといわれるアテネの時にナゼ選ばれなかったかは未だに納得いかないのですが、きっと通用すると思います。

今年もよろしくお願い申し上げます。

追伸
チャラ夫情報もありましたら、よろしくお願いします。

投稿: ミスチルファン1974 | 2006/01/01 18:29

あけましておめでとうございます。
いつも特化したニュースを詳しく伝えてくださってありがとうございます。
私の方で追いきれないものは大体マリンライナーさんの方で扱っていただいているので・・・

今年はどういう年になるかわかりませんが、ヲチは続けていくつもりです。
よろしくお付き合い下さいね。

投稿: makoto0172 | 2006/01/01 20:18

>マリンかもめさん
ことしはマリーンズ連覇、レイソルJ1復帰が目標ですから。
これからもよろしくおねがいします。
>ミスチルファン1974さん
いつもありがとうございます。
コメント欄のとおりですが、俊介投手はシドニーにも出ていましたから、実力通り発揮しますから、檻、もとい合併球団戦でも容赦しませんから!
>makoto0172さん
もう小坂はいないですものね。ちばテレビの年越し特番に出演した若手のみなさんに賭けるほかありませんが。
これからもよろしくおねがいします。

投稿: マリンライナー | 2006/01/01 23:57

あけましておめでとうございます。
今年は完全Vを目指したいですね!

そして俊介、WBCでどんな活躍をしてくれるのか楽しみです

投稿: yomikaki | 2006/01/02 12:04

ご挨拶が遅れた上にまだTB1件返して無いですね…。
ごめんなさい(×1,000,000,000,000)。
昨年は本当にお世話になりました。今季もその圧倒的な情報量を求めてお世話になりますので宜しくお願いします。

投稿: BlackMarines | 2006/01/05 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/7943155

この記事へのトラックバック一覧です: 元日のスポーツ紙記事から:

» 2006年のご挨拶 [仰木マジックと僕のプロ野球観戦記]
年が変わりました。皆様色々なつながりがありますが、ブログを通じた勝手な言い分を書かさせていただいたり、球場でお会いしたり、席を融通していただいたり、いろいろ昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。個人的抱負としては1.ブログ系では今年も観...... [続きを読む]

受信: 2006/01/01 18:33

» 1/1ロッテ“スタジアム留学”・他ニュース [サーカス的野球観戦(記事部)]
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 マリーンズ関連: まず公式にボビーの挨拶・和服姿が上がっています。 ボビー ご近所に連続日本一を約束:ベイタウン内にボビーの手紙が展示してある模様。 ... [続きを読む]

受信: 2006/01/01 20:14

» 謹賀新年 [読書発電所]
あけましておめでとうございます。 昨年はBLOGを通じて、いろんな出会いがあった一年でした。 今年もたくさんの人たちと楽しくBLOGができますように。 また皆さんのご多幸をお祈りしております。 そしてマリーンズV2!...... [続きを読む]

受信: 2006/01/02 12:02

» 謹賀新年 [Party?Party!@neppie.com]
1日遅れてしまいましたが… あけましておめでとうございます! 昨年はブログでお... [続きを読む]

受信: 2006/01/02 16:09

» あけましておめでとうございます [やまだ書点の万葉Blog]
今年も、「やまだ書点の万葉Blog」をよろしくお願い致します。 [続きを読む]

受信: 2006/01/02 23:32

« 2005千葉ロッテマリーンズ・年間各賞 | トップページ | 1/2 東京VS札幌 »