« 王ジャパン夢かなう、里崎ベストナイン | トップページ | シーズン2006 開幕一軍予想 »

2006/03/21

オープン戦、8勝6敗1分で終了

P3210118
E:岩隈-山村-青山-小倉-福盛-小山
M:加藤-バーン-田中良-小林雅
[ホームラン]M:パスクチ1号[ソロ]
観衆 11232人

P3210094
試合前に新入団選手と、暮れに行われたNPBジュニアトーナメント準優勝(初芝先生が監督だった)の千葉ロッテマリーンズジュニアチームのお披露目が行われました。
オープン戦の最初と最後がイーグルス戦で、加藤康介先発というのは妙ですが、3回まで2安打に抑えていたのが、4回ホセ・フェルナンデスへのフォアボール、吉岡安打、山崎、リック・ショートをどうにか打ち取ったが、藤井に逆転タイムリーを打たれたのは悔いが残るところで、5イニング2失点では先発ローテにぎりぎり残れるかどうか。
バーン登板に驚いたが、中3日で開幕投手には無理があり、どうかな?
これまた藤井タイムリーで1失点のあと、ワールド・ベースボール・クラシック優勝!!
7回パスクチホームラン!8月のみの確変現象をシーズン通じて持続してもらいものですが。8回“あずましい”平下ツーベースを足がかりに大松の打席で福盛ワイルドピッチで同点に追いつき、9回コバマサが沖原・礒部と2者連続三振でシメると、未来の大砲・竹原ツーベース、青野送りバントなどで一打サヨナラのチャンスも渡辺正人、モロ連続三振と唯一の引き分け。8勝6敗1分でオープン戦を締めくくりました。
ワールド・ベースボール・クラシックに出場していた俊介・直行・宏之・薮田神・藤田・里崎・西岡・今江の8人のサムライがパ・リーグ開幕時に戦列復帰できるという、そのよろこびが大きい。
「倍返しをはねつける開幕戦@ヤフードーム」までもうすぐ。
今季も「136試合、絶対に負けられない戦いがそこにはある」
の精神で応援していきたい。

|

« 王ジャパン夢かなう、里崎ベストナイン | トップページ | シーズン2006 開幕一軍予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/9192014

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦、8勝6敗1分で終了:

» 私は非国民?! [青空の下。[aozora no moto.]]
WBC決勝よりも、マリンの劇場。 日本中が注目していたWBC決勝戦。午前11時からの放送に、日本中が注目していたことでしょう。夕方以降、もうあらゆるニュースがWBCばっかりです。 王監督を胴上げしたい、という念願も叶ったようですし、シャンパンファイトの様子もさんざん放送されまくりでした。そんな中に薮田や今江が混じっているのが、なんだかとても喜ばしいと思いました。 しかし、そんな喜ばしい瞬間を見たのは、夜になってからでした。なぜなら・・・ 午後1時前にはマリンにいましたので。 ... [続きを読む]

受信: 2006/03/22 00:44

» イーグルス3−3マリーンズ [りょうまんのマリーンズ観戦日記]
今日もメール速報観戦。 先発ローテーション入りが試される加藤のピッチングに注目の今日の試合。 まずまずといったところでしょうか。 絶好調の井上、今日もヒット! もう開幕スタメン確定か? それにしてもWBCでの西岡の活躍。 この大会を通じてますますで....... [続きを読む]

受信: 2006/03/22 07:53

» その強さを誰かに伝えたくなる WBC世界一 [なにかれ貿易]
この数日間、本当に胸躍る気持ちで過ごしていました。 こんな気持ちは、いつぶりでしょうか。 本当に「夢と感動をありがとう。」その言葉しかありません。 王監督と選手には、心からお疲れ様と言いたいです。 試合終了後、キューバの選手がイチローと記念撮影をしていましたが 試合が終われば、彼らはおのぼりさん。 メジャリーガーのイチローと 写真に収まる笑顔が実に嬉しそうで そして、イチロー本人も完全... [続きを読む]

受信: 2006/03/22 13:34

» 3/21(Tue) Marines 3, Eagles 3 [Best Before End の日常]
オープン戦の最終戦、マリンは絶好の野球観戦日和になりました。 新人選手の発表の最中に到着。 数年前、紹介でコケてみせた西岡を思い出しました。 代表して柳田が挨拶。 先発は M加藤 - E岩隈。 出遅れが心配された岩隈は初回のみで降板、ほんの調整という感じでしょう... [続きを読む]

受信: 2006/03/22 15:44

« 王ジャパン夢かなう、里崎ベストナイン | トップページ | シーズン2006 開幕一軍予想 »