« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/30

サンデー晋吾復活!

P4300150
E:●藤崎-吉田-青山-河本-小倉
M:○小野-藤田-薮田-S小林雅
[ホームラン]E:山崎武3号[ソロ]
観衆 25114人

きょうの先発・小野晋吾投手は2000年4月23日から7月9日まで毎週日曜登板で9連勝をあげ、サンデー晋吾と呼ばれて6年。久保・宏之・バーン・直行・俊介・晋吾と先発ローテが固定されるとしたらサンデー晋吾復活となりますが、バッテリーは現ドラゴンズ・清水将海(きょうのジャイアンツ戦で途中出場!)でなく橋本将(たすく)と必ず組んでおり、きょうもたすくとのバッテリーでした。
1回西岡初球スリーベースで幕開け、堀の犠牲フライで先制!
2回山崎武司ホームランで同点も、その裏今江センター前安打、たすく・パスクチ連続フォアボール、大松ファーストゴロの間に今江ホームイン、
西岡センター前タイムリー安打で勝ち越し!
3回ベニーフォアボールのあと、マティバントヒットにはサプライズ!
今江タイムリーツーベース、大松押し出しデッドボール、西岡犠牲フライと3点入り
、4回今江サードゴロの間に福浦ホームインと追加点!
晋吾6回まで被安打4,7回堀エラーがもとで2失点は痛かったが、インボイス西武ドームで松坂と互角に渡り合う好投以来の好調をキープ。
8回藤田・薮田のリレーで2アウト1,2塁にこぎつけたが、沖原のライトフライを打ち取ったはづがパスクチ落球タイムリーエラーで2点差…。
ラストイニングコバマサもお約束の?4者凡退で幕引き。
ヒーローインタビューは晋吾&西岡。5連勝中で、福岡で3タテして昨年の12連勝を目指すと強気な発言。あさってからのヤフードーム3連戦。対ホークス戦今季未勝利なので1つでも勝ってこちらから「逆倍返し」をしてやりたいところですが、ホークス先発予定が新垣・和田・高橋秀聡に対しマリーンズが久保・宏之・バーン?の先発見込み。すべてJSportsESPN(300ch)で放送のほか、2日はTVQ九州放送、3日はRKB毎日放送など九州・沖縄のTBS系列局、4日はNHK総合テレビ全国ネット中継です。

| | コメント (0) | トラックバック (24)

2006/04/29

俊介、危険球退場も2勝目

P4290136
E:●金田-谷中
M:○渡辺俊-内-薮田
[ホームラン]M:堀2号[ソロ]パスクチ2号[3ラン]
観衆 23573人

ひさびさのマリンですが、早速「やるしかないねんTシャツ」(黒地)を購入。
ファンクラブ割引で前売り券が購入できるようになったためか、カモメの窓口の行列は短めでしたが、リニューアルオープンしたDゲートのマリンスタジアムグッズショップ
「マリーンズ ストア ホームプレート」は入場制限するほど混雑していて中の様子は窺い知れませんでした。
三塁側の外野寄りにオープンしたラーメン小次郎で
ネギチャーシューラーメン(700円)の昼食は美味しかった!
----------------------------------------------------------
本県出身・渡辺投手(千葉ロッテ)に県民栄誉賞(下野新聞)
福田富一知事は27日、野球の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で優勝した日本代表メンバーの渡辺俊介投手(都賀町出身、千葉ロッテ)に、県民栄誉賞を贈ることを決めた。来月にも渡辺投手に会い、日光彫りの記念盾を手渡す。
知事は同日、県商工会議所連合会の簗郁夫会長を委員長とする選考委員会に、渡辺投手を県民栄誉賞の候補者とすることについて諮問。委員会では「県民に勇気を与えてくれた」「今後も活躍して栃木をPRしてもらいたい」として、全会一致で同賞を贈ることが決まったという。
----------------------------------------------------------
里崎の徳島県特別功労賞に続き、栃木県民栄誉賞を受賞したばかりの俊介先発。
今季は3月29日に勝利投手になって以来勝てないピッチングが続いていたが、
6回までノーヒットノーランピッチング!!
7回先頭打者の鉄平に対しメットに当たるデッドボール。
2階内野自由席のバックネット裏にて観戦していたのではっきりわかったのですが、
危険球退場は不可解としかいいようがなく、パ・リーグはセ・リーグとちがい頭部死球即危険球退場というわけではなく、中村球審がいかなる基準で判断したかどうかはわかりませんが、鉄平が当てにいったかもしれず、応援仲間も同意見で、ブーイングやら怒号やらが飛び交い、すでに6点のリードだったので中継ぎ投手陣はブルペンで肩を作っていたかどうか。あわてて内の緊急登板も高須ショートゴロゲッツー、礒部をファーストゴロに打ち取り、ファイターズ投手陣がヤフードームでやってのけたノーヒットノーランリレーの再現を期待しましたが、8回山崎武司、憲史の連打も河田ズシ(寿司と書いてひさしと読む)三振は内容がよく、沖原ライトフライに打ち取りました。
打線も1回堀ソロアーチ、4回今江タイムリーツーベース、サブロー犠牲フライ、6回パスクチ3ランホームランと、ひさびさに「俊介が投げると打線の大量援護がある法則」が効き、福浦4の4。
ラストイニング薮田神登板も平石・森谷連続三振は胸のすくものでしたけど、高須・礒部連打、ホセ・フェルナンデスフォアボールで満塁も山崎武司ショートゴロに打ち取り、
完封リレー!
ヒーローインタビューの俊介。「鉄平クン、すみませんでした」は、
「結果はどうであれ勝てばいいんです」に続く名言でした。
JSports1(306ch)12:45~(解説・伊原春樹)
あすの予告先発
P4290133P4290131

| | コメント (4) | トラックバック (28)

2006/04/28

やるしかないねんTシャツ欲しい

イーグルス 000000001 1
マリーンズ 01010001X 3
E:●朝井
M:○清水直-藤田-S小林雅
観衆 10105人

先発清水直行投手がプロデュースした「やるしかないねんTシャツ」があすマリンスタジアム特設ブースで10時から販売されます!(2500円)
その期待に答えるかのように7イニング無失点、被安打6,4奪三振。
2回ベニーショートライナー、とはいえ沖原捕れず内野安打、
里崎タイムリーツーベースで先制!三塁狙うもアウト。
暴走となんとかは紙一重というけど、ねぇ…。
4回福浦レフト前安打を平石追い切れずこの間二塁へ。
ベニータイムリー安打、8回にもたすくタイムリー安打と追加点。
8回藤田、ラストイニングコバマサもホセ・フェルナンデスツーベース、
山崎武司、憲史をどうにか打ち取ったが沖原タイムリー安打で完封リレーならず。
平石を三振に打ち取り、3月30日以来の貯金1!
あす、あさってと管理人2階内野自由席にて観戦予定です。

明日の予告先発 マリーンズ:渡辺俊介
           イーグルス:金田政彦
JSportsPlus(308ch)12:45~(解説・黒江透修)
日本テレビ 13:30~15:30(解説・中畑清)
ミヤギテレビ 13:30~15:30(同上、最大延長17:00)

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2006/04/27

土居龍太郎&南竜介、マリーンズへようこそ

山北茂利投手(28歳)と
横浜ベイスターズ 土居龍太郎投手(25歳)、南竜介外野手(24歳)との
交換トレードが成立しました。(球団公式サイトより引用)
小坂の一件以来、無味乾燥なプレスリリースで済ますのはいかがなものかと思うが、
Jリーグみたく過去の個人成績、本人のコメントくらい載せて戴きたいけど。
山北は貴重な左腕でしたが、川崎&古谷の両ルーキー(成瀬も)の台頭などがあり、
ベイスターズも左の中継ぎが不足気味で佐久本くらいか?
(土肥、高宮、吉見と先発はいます)
ほんのわずかの間でしたけど、ドラゴンズ以来のセ・リーグ復帰ということで、
ベイスターズでがんばってください。交流戦でまたあいましょう!
龍太郎(りょうたろう。イーグルスの竜太郎とまぎらわしいが)というか、土居龍太郎は、高知高時代に県大会決勝で寺本四郎のいた明徳義塾に敗れ、法大を経て03年自由枠でベイスターズの一員となり、昨季は5月7日にマリーンズとの交流戦に先発登板したことがあり、同月26日のホークス戦でプロ入り初勝利をあげています。
マリーンズの松坂世代は、寺本・久保・竹原・瑞季に続き5人目ということになります。
南は、清水直行の高校の後輩(報徳学園)で98年夏の甲子園出場、00年ベイスターズの一員となり、シーレックスの試合でみたことがありますが、なんといっても強肩のイメージがあり、ゴールデングラブ賞ホルダーのサブローが身近にいるのでチャンスはあるかも!ということで、マリーンズへようこそ。活躍を期待しています!

明日の予告先発 マリーンズ:清水直行
           イーグルス:朝井秀樹
JSportsPlus(308ch)18:00~(解説・水上善雄)
TBCラジオ(1260)18:00~(解説・初芝清

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2006/04/26

小林宏之、1ヶ月遅れの開幕飾る

合併球団  000000000 0
マリーンズ 00010400X 5
Bs:●前川-加藤-中山-本柳-松村
M:○小林宏
観衆 22918人

ワールド・ベースボール・クラシックでの肩肘の違和感から出遅れていた小林宏之が、パ・リーグ開幕から1ヶ月が経過したきょう、ようやく今季初先発。浦和での調整具合から先発ローテ復帰は時間の問題ではあったが、ふたをあけてみれば、4回の村松内野安打、5回の北川ツーベースの2安打のみ完封という、
これまでにないすばらしい内容の好投!!
4回ベニーレフト前安打を里崎が送り、サブロー先制タイムリー!!
6回福浦・ベニー連打、合併球団のピッチャーが前川から加藤大輔にかわり、里崎タイムリー安打、今江送りバントを加藤が悪送球タイムリーエラー、サブローショートゴロをバックホームフィルダースチョイス、辻センター前タイムリー安打と追加点は4点のビッグイニングとなり、3度目のトライで借金完済5割、4位浮上!!
セラフィニ古巣マリーンズ戦で投げることなく登録抹消!?
もう俺たちのサーフでなくなってしまったので、
どこで何をしようと気にすることもないんですけど、
オバミュラーとかいう謎の外国人投手が入団したので居場所がなくなりそうだし、
マリーンズも、前デビルレイズのジャスティン・ミラー投手のテスト中ですが、
入団の可能性が極めて高くなったとのこと。
右投手とはいえ、これでセラフィニの穴は埋まった!

| | コメント (0) | トラックバック (27)

2006/04/25

スミイチで勝つ!

合併球団  000000000 0
マリーンズ 10000000X 1
Bs:●デイビー
M:○久保-S小林雅
観衆 13674人

清原がダルビッシュデッドボール騒ぎのあと、
「守るべきものを命を懸けて守りたいと思う。もし、そういうことがあれば、命を懸けてマウンドへ走っていき、そいつを倒したいと思う」といったとかいわないとかで、個人的には清原発言には断固反対ですが、
「周囲から非難、制裁を受けても。もう5年、10年も野球をできるわけじゃないですから」
欽ちゃん球団かマスターズリーグでも野球を続けられるわけで、
初芝先生のツメのアカでも煎じて飲ませたいくらいですけど。
その清原が4番指名打者で戦列復帰ですが。
先発久保。1回谷・平野恵一連打のあと、中村ノリの打球が
センター・サブローの前にワンバウンド。すわ!3連打か!
スタートを切っていなかった谷のボーンヘッドもありセンターゴロ。
清原を鎧袖一触で三振、北川ファーストゴロに打ち取ると、その裏。
西岡がピッチャー返しの安打のあと盗塁、日高の悪送球で三塁へ。
福浦のショートゴロの間に西岡ホームインの1点を守りきったわけで、
久保8イニングを被安打4,8奪三振の好投!!
とくに4回の中村ノリ・清原・北川三者三振は凄過ぎ!!

ラストイニングコバマサも4者凡退ではなく、
清原・北川連続三振、塩崎セカンドゴロと幕引き!!
今度こそあすも勝って5割。4位浮上へ!

明日の予告先発 マリーンズ:小林宏之
           合併球団:前川勝彦
GAORA(302ch)18:00~(解説・大塚光二)
JSports1(306ch)翌日13:00~(同上)
ラジオ日本(1422)17:40~(解説・内藤尚行)
岐阜ラジオ(1431),ラジオ関西(558)17:55~(同上)

*ココログ4/26午前2~6時メンテのため、
トラックバックできない場合もありますので、
「いすみマリーンズ アネックス」にも同一文章アップしました。こちら参照。

| | コメント (1) | トラックバック (8)

2006/04/24

4月24日現在の一軍登録メンバー

     登録      抹消
4.21 堀  幸一   バーン

投手 藤田、小宮山、久保、清水直、薮田、内、加藤、小野、小林雅、渡辺俊、川崎
捕手 里崎、橋本、辻
内野手 フランコ、堀、西岡、今江、福浦、渡辺正、塀内、青野
外野手 諸積、サブロー、大松、大塚、井上、ベニー

明日の予告先発 マリーンズ:久保康友
           合併球団:デイビー
GAORA(302ch)18:00~(解説・橋本清)
JSports1(306ch)翌日13:00~(同上)
チバテレビ 18:15~21:30(解説・倉持明)
ラジオ日本(1422)17:40~(解説・山本功児
岐阜ラジオ(1431),ラジオ関西(558)17:55~(同上)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/23

康介4失点、借金返済ならず

マリーンズ  000000100 1
ファイターズ 02100100X 4
M:●加藤-内-藤田
F:○江尻-武田久-トーマス-Sマイケル・ナカムラ
[ホームラン]F:セギノール5号[ソロ]新庄5号[ソロ]
*18日に2号ソロを放った際「28年間思う存分野球を楽しんだぜ
今年でユニフォームを脱ぎます打法」以降打法命名はない。
観衆 20638人

「あと1つ勝てば5割でマリンに帰れる」めざして康介先発だったが…。
5イニング2/3,4失点…。両チーム共に7安打なんですが、
新庄の引き立て役になってしまった…。つぎの登板はあるのか?
ラッキーセブンに3安打出たが、ベニータイムリー安打の1点のみ。
インボイス西武ドーム→フルキャストスタジアム宮城→札幌ドームと
続いてきた長期ロードは5勝3敗。マリンの合併球団戦は2連戦のみ。
ラジオ日本マリーンズナイターの中継もあり、(25日は山本功児前監督解説!)
久保、宏之の先発予想ですが、あちらのセラフィニは敗戦処理登板予定か?

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2006/04/22

ノーヒッター八木を攻略!接戦制す

マリーンズ  200000010 3
ファイターズ 000010010 2
M:○小野-薮田-S小林雅
F:●八木-建山
観衆 18589人

きのう俊介で痛い星を落としたうえに、ヤフードームで10イニング“ノーヒットノーラン”をやってのけた希望枠ルーキー・八木智哉をぶつけてきたが、すでにオープン戦で対戦しているのでまったくの初モノというわけではないし、塀ちゃん・大松と打撃不振のマティがスタメンからはずれ、一軍復帰したばかりの堀が2番セカンド、青のトッポ、もとい、青野が8番DH,大塚アキラが9番センターのスタメンがズバリ!
1回西岡センター前安打のあと盗塁、
福浦・里崎・ベニーの3連打で2点先制も投手戦。
晋吾。前回の松坂との投手戦を演じた効果なのか、7イニングを被安打5,
5回マシーアス犠牲フライの1失点のみと、これまでにない好投
8回里崎のだめ押しタイムリーツーベースが出たものの、
その裏薮田神登板もガッツ小笠原タイムリーで1点差に。
ラストイニングコバマサもお約束の?4者凡退で幕引き。

明日の予告先発 マリーンズ:加藤康介
           ファイターズ:江尻慎太郎
GAORA(302ch)12:58~(解説・光山英和)
テレビ北海道 14:00~16:00(解説・駒田徳広)
HBCラジオ(1287)12:50~(解説・金石昭人)

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2006/04/21

俊介、F戦連勝止まった…

マリーンズ  010000010 2
ファイターズ 01120000X 4
M:●渡辺俊-川崎-内-小宮山
F:○橋本-トーマス-S武田久
[ホームラン]M:大松4号[ソロ]
観衆 13162人

新庄引退騒動が話題ですが、初芝先生の現役引退表明はシーズン最終盤であり、いつまでも初芝先生とプレーしていたい、いつまでも初芝先生を応援し続けたいという思いがプレーオフ、日本シリーズと勝ち進む要因であったことは間違いない。
それに対し、新庄のそれは何も意味づけを感じられないものであり、シーズン開幕から1ヶ月もたってないのに引退表明するのはどうかと思うのだが。当の新庄は俊介に通算6打数無安打とかでスタメンから外れたが。(7回代打出場もセカンドゴロ)
マリーンズ4連勝。きょう勝てれば5割到達、同率4位ということで対ファイターズ戦10連勝と相性のいい俊介先発であったが、2回サブロー犠牲フライで先制!しかし…。
俊介立ち上がり悪く2回満塁から森本ひちょり押し出し、田中賢介併殺取れず逆転され、3回木元、4回小田それぞれタイムリー安打で突き放される…。
1,2,3回とツーベースが出たものの、得点につながったのはサブロー犠牲フライのみで、のべ7安打ではさすがに「俊介が投げると打線の大量援護がある法則」
効き目はないのか…。
そんななか、8回大松がマリサポの待つライトスタンドへ特大のソロホームランに続き、福浦安打で反攻に出たが、ベニー併殺打…。9回今江安打も後続を絶たれる…。
2002.4.8 (千葉マリン)3-7●
     5.22(東京ドーム)3-4
     8.17(東京ドーム)2-1
     9.23(東京ドーム)5-4
2003.7.1 (東京ドーム)5-9
     7.27(東京ドーム)8-1○
     9.16(東京ドーム)16-4○
2004.4.18(東京ドーム)13-2○
     5.17(千葉マリン)6-4○
     6.16(千葉マリン)8-0○
     6.30(札幌ドーム)5-4○
     8.6 (札幌ドーム)7-5
2005.4.9 (千葉マリン)10-2○
     8.8 (千葉マリン)4-3○
     9.3 (千葉マリン)2-0○
     9.28(札幌ドーム)1-3
2006.3.29(千葉マリン)5-2○
と続いていた俊介の対ファイターズ戦連勝が途切れてしまった…。
連勝はいつかは止まるものといってはそれまでですが。
あすはノーヒッター八木との対戦なものの、
バーンが堀と入れ替わったあたり、小林宏之のサンデー登板はあるのか?

明日の予告先発 マリーンズ:小野晋吾
           ファイターズ:八木智哉
GAORA(302ch)12:58~(解説・光山英和)
HBCラジオ(1287)12:50~(解説・金石昭人)
北海道テレビ 12:55~15:30(解説・栗山英樹、岩本勉)
最大延長17:25 朝までファイターズ 翌日2:45~5:00

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2006/04/19

大松尚逸、フルスタで連発!

マリーンズ 201337010 17
イーグルス 020000000 2
M:○清水直-川崎
E:●一場-小山-青山-藤崎
[ホームラン]M:サブロー3号[ソロ] 福浦1号[2ラン]
大松2号[2ラン] ,3号[3ラン]

観衆 9780人

3月28日のマリン開幕戦で勝利投手になったのを最後に4月4,12日とまさに見殺し状態での連敗が続いていた直行であったが、1回西岡・青野と連打、福浦ファーストゴロがフィルダースチョイスのあと、里崎タイムリー安打で2点先制をもらったものの、2回山崎武司・憲史・益田の3連続ツーベースで同点にされたが、3回から7回までわずか2被安打と、あとで書く打線の援護もあってなかなかの好投でヒーローインタビューへ。
「チームに勢いが出てきたので、きっちりゲームメイクのできるピッチャーになりたい」。
3回里崎タイムリースリーベース、4回サブロー・福浦とホームランが出て、昨年9月24日、4月7日と煮え湯を飲まされてきた栄養費男・一場を殲滅!!
5回。ベニーにサヨナラ3ランを打たれた小山登板。里崎ツーベース、
今江犠牲フライのあと、売り出し中の大松尚逸。
マリサポの待つライトスタンドへ特大の2ランホームラン!!

6回。満塁から今江・サブローと連続タイムリー安打。
大松尚逸。2打席連続これまたマリサポの待つ
ライトスタンドへ特大の3ランホームラン!!

Gの人となったイ・スンヨプを穴埋めして余りある未来の大砲だとおもうし、
竹原・青野らが大松に続く存在でありたい。
このあと福浦にもタイムリー安打が出てきょうも3安打猛打賞、打率.421に。
心残りはマリーンズが誇るお祭り男&徳島県特別功労賞男・里崎。
ホームランを打てばサイクル安打であったことと、あと9点取ってほしかった(笑)が、
そこまで言ってはぜいたくですかねぇ。
8,9回の2イニングはルーキー左腕川崎雄介がプロ入り初登板は鉄平にセンター前安打を打たれた後は後続を絶つ好投と、ますまずの出来。藤田がへばり気味で、古谷もファームでいいので川井、山北あたりは危機感を持つべきでしょうかね。
(おことわり)こちらにカキコした通り、個人的事情もあって20日夜カキコできるかどうか微妙なのでとりあえづ21日の予想される先発投手、放送ガイドをカキコします。
(4/21追記 こちらにカキコした通りの用件が終了しましたので修正します)

21日の予告先発 マリーンズ:渡辺俊介
           ファイターズ:橋本義隆
GAORA(302ch)17:58~(解説・光山英和)
HBCラジオ(1287)17:57~(解説・岩本勉)
STVラジオ(1440)17:57~(解説・広瀬哲朗)
北海道テレビ 朝までファイターズ 翌日3:25~5:00
*昨季までは道央圏のみ放送であったが、今季から全道放送に拡大。

| | コメント (2) | トラックバック (20)

2006/04/18

福浦、フルスタで4割越え!

マリーンズ 113003000 8
イーグルス 100000200 3
M:○バーン-藤田-内
E:●山村-吉田-青山-藤崎
[ホームラン]M:橋本1号[ソロ] サブロー2号[ソロ]
E:山崎武2号[ソロ]
観衆 10094人

昨季のフルキャスト宮城でのマリーンズ戦はすべて週末だっただけに管理人も2度遠征しましたが、今季は週末が8月25~27日のみですべてナイターなので、19時半以降に子供料金で入場できる「おばんですチケット」で観戦するのもよいでしょう。東京行き最終新幹線は21時40分発やまびこ70号なのでフルスタを21時10分頃出なければならず、試合終了まで観戦&応援するのなら夜行バスに乗ることになるのですが。
ビジネストラベルさんのツアーバスでは3700円で行けるし、個人的にはJR夜行快速列車「ムーンライト仙台」の通年運行を望みたいが。
青野が8番セカンド、大松が9番ライトのスタメン。
1回福浦タイムリーツーベースで先制。(この試合3安打猛打賞で打率4割越え。ヒーローインタビュー!)2回たすくホームラン、3回ベニータイムリー、青野プロ入り初打点となるタイムリー、西岡押し出しフォアボール。6回サブローホームラン、ベニータイムリーツーベース、今江サードゴロの間にホセ・フェルナンデスの緩慢な守備もありベニーホームイン。
バーン。9日のマリンの同一カード以来の先発ですが、6イニング1/3をホセ・フェルナンデスの犠牲フライ、山崎武司ホームランの3失点被安打7,与四死球も前回の7から2に減らすなどよくなっているという印象。藤田が高須にタイムリー打たれたものの、8,9回と2イニング投げた内もよかったし。やまけんがいない間は右のセットアッパーとして期待十分!!
連敗すれば最下位の可能性もあっただけに3連勝。借金2に減らし、大松&青野一軍昇格以降は明らかにいい流れになっていて、「ノムさんはまた直行を見殺しにさせる気か」といいたげな予告先発ですが、先日の涌井同様、栄養費男・一場も息切れする頃でしょう。

明日の予告先発 マリーンズ:清水直行
           イーグルス:一場靖弘
スカイ・A(285ch)17:45~,22:15~(解説・村上隆行)
TBCラジオ(1260)18:00~(解説・駒田徳広)
YBC山形放送ラジオ(918)18:30~(同上)
NHKラジオ第1(東北6県のみ)18:00~21:30(解説・与田剛)

| | コメント (1) | トラックバック (17)

2006/04/17

里崎、徳島県特別功労賞を受賞!

WBC優勝・里崎選手に特別功労賞 知事発表、26日に表彰式(徳島新聞)

徳島県は、野球の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でベストナインに選ばれるなど、日本代表の世界一に貢献した千葉ロッテの里崎智也捕手(29)=鳴門市出身、鳴門工高-帝京大出=に特別功労賞を贈ることを決めた。同賞の受賞は3月の名古屋国際女子マラソンで初優勝した鳴門市出身の弘山晴美選手に次いで2人目。表彰式は26日に県庁で行う。飯泉嘉門知事が17日の定例記者会見で発表した。
授賞の理由について、知事は「里崎選手は日本チームの中心選手として活躍し、松坂大輔投手、イチロー外野手らとともにベストナインに選ばれた。県民に夢と希望を与え、郷土の誇りとなった」と話した。
里崎選手は、王ジャパンの正捕手として、投手を巧みにリードしたほか、2次リーグのメキシコ戦で本塁打を放つなど打撃面でも活躍した。WBC優勝は、昨年の日本シリーズ、アジア王者に続くビッグタイトル獲得となった。
同賞は、弘山選手の初優勝を機に、スポーツなどで目覚ましい功績を挙げ、今後も活躍が期待できる県人を顕彰するために創設された。
これからも頑張る 里崎智也選手の話 表彰していただき、光栄です。これまでお世話になった徳島県内の方々に感謝の気持ちでいっぱい。これからも県民の一人として、この賞に恥じないよう頑張っていきたい。
----------------------------------------------------------
26日に徳島県庁で授賞式があるとのことですが、当日マリンで試合があるので、その日のマスクはたすく&辻にまかせ、里崎本人が徳島までとんぼ帰りするのか、本人欠席で両親が代理で出るのか、そのあたりはわかりませんが、これで全世界だけでなく、徳島県においてもマリーンズが誇るお祭り男の名をとどろかせたわけで、故郷からの受賞、ほんとうにおめでとうございます。(以下4/27追記)
----------------------------------------------------------
日本代表・里崎選手に県特別功労賞 知事、両親へ伝達(徳島新聞)
野球の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でベストナインに選ばれるなど、日本代表の世界一に貢献した千葉ロッテの里崎智也捕手(29)=鳴門市出身、鳴門工高-帝京大出=に26日、徳島県の飯泉嘉門知事から特別功労賞が贈られた。同賞の受賞は3月の名古屋国際女子マラソンで初優勝した鳴門市出身の弘山晴美選手に次いで2人目。
県庁での贈呈式には、シーズン中で出席できない里崎選手に代わり父貞夫さん(58)と母悦子さん(58)が出席。飯泉知事が「今度は追われる立場。大いに活躍を」とエールを送り賞状と記念品(ノートパソコン、プリンター)の目録を手渡した。
両親は「運が強いのか大事な場面で活躍する。目立つことを考えて必死になってやっているようだ」と話し、「先日、札幌ドームでのヒーローインタビューでしきりにスタンドに手を振っていたので、誰かいたのって聞いたら、愛きょうを振りまいてオールスターに投票してもらおうと思ってとの答えだった」とのエピソードも披露。これには知事が同席していた竹内資浩県議会議長と笑いながら「私たちも見習わないと」と顔を見合わせた。
両親によると、里崎選手は「年末にはぜひお礼と報告にうかがいたい」と話しているという。
----------------------------------------------------------
千葉ロッテの里崎選手、里帰りで知事訪問 県特別功労賞受賞のお礼
(毎日新聞・徳島版)
県出身の千葉ロッテマリーンズ、里崎智也選手(30)が27日、帰郷し、飯泉嘉門知事を表敬訪問した。里崎選手には3月にあったワールド・ベースボール・クラシック(WBC)での活躍をたたえ、県特別功労賞が贈られており、訪問は受賞の答礼が目的。「来季はチームの優勝を」と活躍を誓っていた。
里崎選手は県庁1階で、女性職員から花束を手渡された後、飯泉知事を訪ね、サインなどを書いた黒色のバットを贈った。飯泉知事が「徳島の誇りであり、充実した1年だったと思います。来季も素晴らしい活躍を期待しています」と話すと、「世界一になるなど充実した1年だったが、チームがBクラスに終わったことには責任を感じている」と応えた。
里崎選手はWBCで本塁打を放つなど、日本チームを優勝に導き、パ・リーグのベストナインに選ばれた。プロ野球でも、打率2割6分4厘、17本塁打、56打点の記録を残したが、千葉ロッテは4位だった。
(以上1/3追記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月17日現在の一軍登録メンバー

     登録      抹消
4.15 大松 尚逸  パスクチ
     青野   毅  早坂 圭介
4.16 川崎 雄介  高木 晃次

投手 藤田、小宮山、久保、清水直、薮田、内、加藤、小野、小林雅、渡辺俊、
バーン、川崎
捕手 里崎、橋本、辻
内野手 フランコ、西岡、今江、福浦、渡辺正、塀内、青野
外野手 諸積、サブロー、大松、大塚、井上、ベニー

明日の予告先発 マリーンズ:バーン
           イーグルス:山村宏樹
スカイ・A(285ch)17:45~,22:15~(解説・村上隆行)
NHKBS1 18:05~(解説・与田剛)
TBCラジオ(1260)18:00~(解説・駒田徳広)
YBC山形放送ラジオ(918)18:30~(同上)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/04/16

久保今季初勝利!

P4160127
M:○久保-S小林雅
L:●涌井-宮越-正津
[ホームラン]M:ベニー4号[ソロ] 今江2号[2ラン] 里崎2号[ソロ]
観衆 20821人

スコアボード撮影時ピンボケでよく見えませんが(^_^;
今季唯一となる管理人のインボイス西武ドーム観戦。これまた運のいいことにカメラマン席のすぐ上あたりにすわれましたが、レフトスタンドはともかく、
三塁側内野席もマリサポでいっぱい。
前日のいい流れをきょうに持ち込むかのように2回ベニー先制アーチ!
3回ツーアウトから西岡デッドボールを足がかりにサブローライト前安打、福浦ショート内野安打、ベニーセンター前へ2点タイムリー安打、4回マティのセンターライナー、一見赤田のファインプレーに見えたがワンバウンドしたとのジャッジで二塁へ。
今江2ランホームラン!
6回マリーンズが誇るお祭り男・里崎ソロアーチと効果的に追加点。
先発久保。随所に西岡や今江のファインプレーが飛び出すなど、
5回1アウトまでノーヒット、7回まで2被安打と好投していたが、
8回赤田内野安打、佐藤トモアキデッドボール、ナカジ・カブレラタイムリー、和田ベンちゃん2点タイムリースリーベースであっという間に2点差…。G.G.佐藤三振、石井義人センターフライに打ち取る。
ラストイニングコバマサ。高木浩之フォアボールも赤田サードゴロ、
代打江藤三球三振!で幕引き。
インボイス西武ドーム名物「西武には負けられない、魂を込めて戦え~」
唱和する機会がなかったが、管理人2年連続で
久保の今季初勝利を観戦することができました。
P.S.ライオンズのマッチカードプログラム「L ism」を売っている場所が見つからず試合終了後買えたが、マリーンズ版(32ページ)の半分の16ページしかなく読み物が少ないがファーム情報はあった。(マリンでは球場内外でよく売っているのに)
「Blue Winds」はM☆splashと比べて芸がないという印象。

| | コメント (2) | トラックバック (20)

2006/04/15

大松プロ初満塁アーチ、小坂1000本安打・・・

マリーンズ 000000437 14
ライオンズ 100200200 5
M:加藤-内-○薮田-小林雅
L:西口-●三井-田崎
[ホームラン]M:大松1号[満塁] プロ入り初!!
L:中島3号[ソロ]カブレラ3号[2ラン]江藤1号[2ラン] 通算350号
観衆 23237人

ビジター応援デーということもあり、有休取ってでも行きたかった試合ではあった。
もう後がない加藤康介の先発であったが、
1回ナカジ先制アーチ、4回カブレラ2ラン被弾。
6回まで西口の前に1安打と抑えられていた打線はラッキーセブン、
里崎・塀ちゃん連打、サブローフォアボール。
たすく三振のあと、パスクチ・早坂と入れ替わりで一軍登録された(青野も)
大松尚逸、一時逆転となるプロ入り初アーチは満塁ホームラン!!
西武ドームでプロ入り初アーチが満塁といえば辻俊哉を思い出す。
2002年7月2日の5回、大沼から放ち、ヒーローインタビュー(きょうも)にも出ました。
竹原とセットであればよかったが、ともに未来の大砲となるのは確実な素材です。
その裏、康介はG.G.佐藤に安打を打たれたところで内へスイッチ。
江藤智にプロ通算350号となる逆転2ランを打たれるが、おかわり君、2006年のパの怪物キャッチャー・炭谷銀仁朗を連続三振に打ち取ったのはさすが!
8回、レオ投は西口から三井にかわり、福浦。ナカジエラーで出塁。ベニーライト前安打、辻俊哉タイムリースリーベースに里崎犠牲フライで逆転してしまえばきょうの試合はもらった!とばかりに9回青野プロ入り初安打のあと福浦犠牲フライ、大塚アキラ・里崎タイムリーツーベース、サブローの打席で炭谷パスボールで里崎ホームイン、モロタイムリースリーベースと打つわ打つわ…。
薮田神、前夜のリベンジ勝利投手で連敗ストップ!!
オマケですが小坂誠、ハマスタにて9回、木塚からツーベースを放ち、
プロ入り通算1000本安打達成!!
正直言ってマリーンズで達成してほしかった…。

管理人インボイス西武ドームにてあす観戦します。昨季同様勢いのあるマリーンズなら4000円なりのベンチサイドシートで観戦したかったが、3000円なりの内野指定席(3塁側)でガマンです…。
CSプロ野球ニュースにて74年V戦士・弘田澄男氏出演中!

明日の予告先発 マリーンズ:久保康友
           ライオンズ:涌井秀章
JSportsPlus(308ch)12:30~(解説・橋本武広)
NACK5(79.5)12:55~16:00

| | コメント (1) | トラックバック (22)

2006/04/14

晋吾、よく投げた・・・

マリーンズ 000001000 1
ライオンズ 00010001X 2
M:小野-●藤田-薮田
L:○松坂
[ホームラン]M:塀内1号[ソロ]L:中村2号[ソロ]
観衆 11642人

小野晋吾6イニング1/3を5被安打。失点はおかわり君のホームランのみ。
松坂を敵に回してのこれまでにない悔いのない好投だったと思う。
それにしても、塀ちゃん。よく打ったが、薮田神がねぇ…。
福浦と首位打者を争うG.G.佐藤。よう打つわ!
あすの先発康介。マリーンズ低迷につながるきっかけとなったあの試合
リベンジのためにも、負けたらもう先発のチャンスがないと思い知れ!

明日の予告先発 マリーンズ:加藤康介
           ライオンズ:西口文也
JSportsPlus(308ch)13:00~(解説・大塚光二)
NACK5(79.5)13:25~16:00

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2006/04/13

こんなはずじゃなかった

ホークス  300030000 6
マリーンズ 001000000 1
H:○寺原-篠原-吉武-三瀬-藤岡
M:●渡辺俊-高木-内-藤田-小宮山
[ホームラン]H:松中4号[3ラン]
観衆 16557人

いま話題のパソコンテレビGyaOでのマリーンズ戦中継をお試し視聴してみました。解説は澤井良輔さん、原井和也さん、球団職員。実況はbayfm78(千葉のFM局)でおなじみの島村幸男さんDJ KOUSAKUさんで、ライオンズナイター顔負けのビンビンにマリーンズ贔屓ですから、マリサポのみなさんにとっては見応えあり!!
(逆にビジターチームファンは音声消したほうがいいんですけど)
表題の通り、俊介が天敵松中にいきなり3ラン…。
3回の今江のタイムリー安打だけで、「俊介が投げると打線の大量援護がある法則」が必ずしも発動するとは限らず、わずか5安打。マリンのホークス戦で、直行&俊介で勝てないのは異常としかいいようがない…。
このあとマリーンズはインボイス西武ドーム→フルキャストスタジアム宮城→札幌ドームと長期ロードに出ます。マリンでの試合はゴールデンウィーク直前までないわけで、
松坂・西口・涌井のレオローテに対し晋吾・久保・バーン。
管理人観戦予定の日曜は小林宏之が今季初登板するかどうか。
小僧、もとい松坂に完全試合orノーヒットノーランされそうな予感がしてならない(^_^; 
ライオンズナイター@かわのをとやさん、がんばって出番増やしてね…。

明日の予告先発 マリーンズ:小野晋吾
           ライオンズ:松坂大輔
JSportsPlus(308ch)17:30~(解説・伊原春樹)
NHKBS1 18:05~(解説・武田一浩)
文化放送(1134)17:50~(解説・山崎裕之)

| | コメント (1) | トラックバック (15)

2006/04/12

直行また見殺し

ホークス  300000001 4
マリーンズ 000100000 1
H:○新垣-S馬原
M:●清水直
[ホームラン]H:ズレータ5号[ソロ]
観衆 14980人

0604121937311
↑チバテレビキャプチャ映像より
チバテレビにて3回裏より観戦。初芝先生の解説をじっくり聞くことができましたが、
倉持さんと比べてやや甘口かな、って感じ。チームの現実を捉えているのは、
さすがというか、現役引退されたばかりなだけに情が入るというか。
直行の雨天スライド登板は聞かないが、
1回大村・本間と立て続けに走者を出し、
松中・ズレータの連打が響いたというか、
2回以降は5被安打9奪三振と悪くないだけに、
新垣から4安打しか打てず、
4回西岡ツーベースを突破口に福浦タイムリー安打のみ。
「俊介が投げると打線の大量援護がある法則」に期待するしかないが。

明日の予告先発 マリーンズ:渡辺俊介
           ホークス:寺原隼人
JSportsESPN(300ch)18:00~(解説・橋本清)
RKBラジオ(1278)17:59~(解説・浜名千広)
KBCラジオ(1413)17:57~(解説・川崎憲次郎)

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2006/04/11

雨天中止の為スライド登板

12日の予告先発 マリーンズ:清水直行
            ホークス:新垣渚
JSportsESPN(300ch)18:00~(解説・松沼博久)
チバテレビ 18:15~21:30(解説・初芝清)!!
RKBラジオ(1278)17:59~(解説・浜名千広)
KBCラジオ(1413)17:57~(解説・森中千香良)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/04/10

4月10日現在の一軍登録メンバー

    登録      抹消
4.8 早坂 圭介  堀  幸一
4.9 橋本  将   垣内 哲也

投手 藤田、小宮山、久保、清水直、薮田、内、加藤、小野、小林雅、渡辺俊、バーン、高木
捕手 里崎、橋本、辻
内野手 フランコ、西岡、今江、福浦、渡辺正、塀内、早坂
外野手 諸積、サブロー、大塚、パスクチ、井上、ベニー

明日の予告先発 マリーンズ:清水直行
           ホークス:新垣渚
JSportsESPN(300ch)18:00~(解説・斉藤明夫)
チバテレビ 18:15~21:30(解説・倉持明)
TVQ九州放送 18:30~20:54 (解説・若菜嘉晴)
RKBラジオ(1278)17:59~(解説・浜名千広)
KBCラジオ(1413)17:57~(解説・初芝清

*浜名さんは確かにマリーンズOB,というよりホークス色が濃いのであれですけど、初芝先生が福岡向けの放送ということでホークス寄りで喋らされるのは、ねぇ…。こちらからインターネット放送(音声配信)でも聴くことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/09

バーン移籍後初勝利!

Img_1002
E:●朝井-青山-福盛
M:○バーン-藤田-薮田-S小林雅
[ホームラン]M:フランコ1号[ソロ]
観衆 22955人

きょうは某応援仲間たちと一緒に観戦。試合終了後某所にて祝勝会をおこなったので、
UPが遅くなりました。
1回サブローフォアボール、福浦ライト前安打、ベニー併殺くずれの間に先制。
先発バーン、1回いきなりフォアボール2つだす立ち上がりも吉岡三振。3回まで高須デッドボールのみのとまあまあの出来でしたが、4回またフォアボール2つ。山崎タイムリーツーベースで同点に追いつかれ、カツノリサードゴロも沖原の打席でワイルドピッチとやらずもがなの失点のあと、サードゴロに打ち取ったその裏、西岡フォアボールのあと盗塁。サブロー、ホセ・フェルナンデスの横を抜けるタイムリーツーベースで同点!
5回、助っ人トリオで唯一ホームランのなかったマティ、ライトスタンド直撃の逆転ソロアーチのあと、今江・早坂とデッドボールがあって不穏な空気。西岡フォアボールで満塁と朝井を攻め立てるもサブローライトフライと“満塁で点が取れない症候群”が頭をよぎったが、6回福浦“習志野高校のチャンステーマ”に応えるかのように3安打猛打賞となるセンター前安打、ベニーもライト前安打と続き、マティライト前へタイムリー安打!ここで朝井から青山にスイッチ。今江送りバント、たすく敬遠、パスクチ打ち取られ、代打井上純タイムリー内野安打!
7回カツノリフォアボール、沖原サードフライの時点で藤田登板も鉄平・高須連打、リック・ショート2点タイムリーと打ち取れず1点差に。薮田にスイッチのはづが「マウンドに行った井上コーチが、一度ファールラインを跨いで戻った後の交代ということで、認められず」(公式サイトより引用、この件に関する審判の説明はなかった)ホセ・フェルナンデス併殺打でことなきを得たのですが。
その裏サブローセンター前安打、福浦の打席で青山のけん制悪送球で一気に三塁へ。センター前タイムリー安打で2点差に拡げ、8回薮田三者凡退。ラストイニングコバマサ。益田にツーベースを打たれるも鉄平・高須を打ち取り、YFKリレーで幕引き!バーン・マティがお立ち台へ。
バーン6イニング1/3を1安打といえば聞こえがよいが8四死球はいただけず、イーグルスの拙攻に助けられた形でしたが、何はともあれ移籍後初勝利。NHK総合テレビのマリン中継では03年4月26日ライオンズ戦で清水直行で勝って以来の勝利試合(ビジターでは昨年6月26日の合併球団戦がありましたが)。

| | コメント (1) | トラックバック (14)

2006/04/08

ベニーサヨナラアーチ!!

イーグルス 0000002020  4
マリーンズ 0010010023X 7
E:インチェ-青山-福盛-●小倉-小山
M:久保-薮田-○小林雅
[ホームラン]M:サブロー1号[ソロ]ベニー3号[3ラン]
観衆 17747人

V10
きょうは内野指定席で観戦しようと決めていたので、フィールド・ウィング・シート(1塁側)券が入手でき、その勢いであす9日とゴールデンウィークにかかる29,30,5月5,6,7日の内野自由席券を前売り一括購入。これでカモメの窓口行列対策はバッチリ!とチケットを仕舞おうとしたら、デジカメ忘れたことに気付いたorz したがってスコアボードリアル画像や後述する歓喜のシーンの画像はありません(^_^;
あとで知りましたが、西岡が「7日の遊撃守備でのクロスプレーで、スパイクを受けた右ひざの痛みが引かなかったため、大事を取」り欠場。早坂が堀と入れ替わりで一軍登録。雷雨で25分遅れでプレイボール。
最近の試合において先発投手が投壊することが多い現状にあって立ち上がりが気がかりですが、きょうの先発久保の立ち上がりはよかった。6回まで4安打無失点。
今季初安打が出て吹っ切れたサブローが3回、今季初アーチ!
6回ベニータイムリーは57イニングぶり。1日のライオンズ戦での2回西岡以来のチームとしてのタイムリー安打となり、これで逃げ切れるはづが7回吉岡・礒部・山崎と3安打で一瞬のうちに同点に。
8回から薮田神登板。その裏井上純、福浦安打で1アウト1,3塁と福盛を攻め立てるもベニー併殺打。9回(川口)憲史を併殺打に打ち取るはづが福浦エラー、藤井2点タイムリーでぶっちゃけ、負けを覚悟していましたが、その裏小倉が登板。里崎三振のあと今江安打、パスクチタイムリーツーベース、渡辺正人センターフライで代走モロタッチアップから三塁へ。塀ちゃんライト前安打同点タイムリー!!で延長戦へ。
10回表コバマサが登板。ホセ・フェルナンデスに安打を打たれるも吉岡をサードフライに打ち取るとその裏、サブローツーベース、福浦敬遠で小山に交代。
ベニーの打球がレフトスタンドへキタ━(゚∀゚)━!! サヨナラ3ラン(^_^)V!!
マリーンズのサヨナラ勝利は昨季は5月21日のドラゴンズ戦、9回1アウト3塁から今江の打席で岡本のワイルドピッチ、大塚アキラホームインで決めた1試合だけですが、サヨナラアーチは04年9月11日のファイターズ戦、延長11回垣内が井場から左中間スタンドへサヨナラソロアーチを放った試合(管理人観戦!)以来ということになります。
ヒーローインタビューを終えたベニーがライトスタンドの前でマーさまファミリーと一緒に万歳三唱をするお決まりの光景の前後、フィールド・ウィング・シートの近くにまで来て握手の嵐でしたが、7回の渡辺正人の打席で、礒部が取ろうとしたファールフライをフィールド・ウィング・シートの観客がひょいと取ったりして(結局、渡辺正人はフォアボール)やんやの拍手を浴びたりしてファンと選手の距離が近いというか、一体になるというのはこういうことなんだなと思いました。
あすはNHKで全国ネット中継があります!

明日の予告先発 マリーンズ:バーン
           イーグルス:朝井秀樹
NHK総合 13:05~16:15(解説・与田剛)
JSports2(307ch)12:45~(解説・本西厚博)

| | コメント (1) | トラックバック (17)

2006/04/07

どっちが最下位のチームかわからん

イーグルス 140070100 13
マリーンズ 000000000  0
E:○一場
M:●加藤-小宮山-高木-内
[ホームラン]E:フェルナンデス5号[2ラン]
観衆 10548人

こちらでも取り上げた“遅刻チケット”ですが、
マリーンズも4月の平日ナイター限定で726チケットを発売。
午後7時26分以降に内野自由席2300円のところ1400円。
26の大安売りもここまできたか…。詳細はこちら
パソコンテレビGyaOにおいて、マリーンズ主催試合生中継&ダイジェスト中継を開始しました。(きょうの解説が澤井良輔さん!!)
諸事情でスカパーの見れないひとには最適かも。
茂原を18時40分発の特急わかしおに乗れば30分で海浜幕張に着くので、726チケットでの観戦も可能ですが、行かなくて正解かどうかわからんが、表題の通り…。
栄養費男・一場に4安打完封。康介5失点、コミー7失点…。
あす、あさってマリンに行きますが、重症だな…、こりゃ。

明日の予告先発 マリーンズ:久保康友
           イーグルス:インチェ(林英傑)
JSports2(307ch)12:45~(解説・黒江透修)

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2006/04/06

ルーキーごときに・・・

マリーンズ 000000000 0
合併球団  01402001X 8
M:●小野-高木-内-藤田
Bs:○平野佳
[ホームラン]Bs:ガルシア2号[2ラン]
観衆 16060人

…うーん、なんだかねぇー。
表題の通り、合併球団の自由枠ルーキー・平野佳寿に
5安打完封とは、ねぇ…。
いいとこ探しするとすれば、サブローが今季初安打を放ったくらいか?
しかも9回ツーアウトから…。
これ以上何も申すことはありません。はい。
関西マリサポにとってつぎのマリーンズ戦は
5月9~11日の対タイガース戦(阪神甲子園球場)。

明日の予告先発 マリーンズ:加藤康介
           イーグルス:一場靖弘
JSports2(307ch)18:00~(解説・水上善雄)
チバテレビ 18:15~21:30(解説・倉持明)
とちぎテレビ 19:00~21:30(同上)
ラジオ日本(1422)17:40~(解説・有本義明)
岐阜ラジオ(1431),ラジオ関西(558)17:55~(同上)
TBCラジオ(1260)18:00~(解説・初芝清

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006/04/05

お祭り男・里崎で連敗脱出!

マリーンズ 0001001032 7
合併球団  1002002000 5
M:渡辺俊-○薮田-S小林雅
Bs:吉井-加藤-菊地原-大久保-●萩原-歌藤
[ホームラン]M:ベニー1号[ソロ],2号[2ラン] 里崎1号[3ラン]
Bs:北川1号[2ラン]阿部真2号[2ラン]
観衆 18217人

4回、4番復帰のサブローの犠牲フライで同点としたものの、
その裏の北川ひーやんといい、8回阿部(ま)のホームランが余計だった…。
きょうもまた、加藤・菊地原・大久保のKKOリレーにつながれたものの、
7回加藤からベニーが、9回大久保からベニー・マティ連打のあと、
マリーンズが誇るお祭り男・里崎の同点3ランキタ━(゚∀゚)━!!
思わぬところで「俊介が投げると打線の大量援護がある法則」が発動するとは。
「結果はどうであれ勝てばいいんです!!」というか、
薮田は危なかったようであったが、
大塚アキラの反応が素速かったのか代打水口のセンターゴロ?もあり、
サヨナラの芽を摘み取ると延長戦で萩原が出てきたので、
「この試合はもらった!」福浦安打のあとベニー決勝2ラン!
その裏コバマサは村松安打、中村ノリフォアボールもあったが、
北川ひーやんをショートゴロで幕引き、連敗脱出!
ヒーローインタビューの里崎。「シーズンもはじまったばかりだし、(マリサポの)
みなさんもいっしょにたたかいましょう!」のあとに
「試合後、俊介と2人で京セラドーム大阪の前でライブをやります。
2人で歌います。みなさん、ぜひ来てください」
とやれば、
関西マリサポには大ウケだったんじゃないだろうねぇ。
P.S.ニッポン放送解説者・初芝先生がきのう東海ラジオガッツナイター
ハマスタの5時間ゲームを解説されたかと思えば、きょうはKBCジャンボナイター
もとい、ホークスナイターで東京ドームのFH戦をやるとは、ねぇ…。

明日の予告先発 マリーンズ:小野晋吾
           合併球団:平野佳寿
JSportsESPN(300ch)17:45~(解説・五十嵐章人)
NHKラジオ第1 19:30~21:30(解説・鈴木啓示)
ラジオ関西(558)17:55~(解説・野田浩司)

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2006/04/04

関西初戦は今季初完封敗戦

マリーンズ 000000000 0
合併球団  00000100X 1
M:●清水直
Bs:○デイビー-菊地原-加藤-S大久保
観衆 18302人

マリーンズは関西でのオープン戦がなかったので、きょうが関西での今季初のマリーンズ戦。昨年甲子園での日本シリーズ第4戦以来です(成瀬善久投手の母校・横浜高校センバツ優勝!!=野球部応援サイトはこちら。)
関西マリサポが待っていた大阪ドーム!(京セラドーム大阪とはまだ呼ばないらしい)
先発直行の立ち上がりはよく、5安打1失点(村松タイムリーのみ)
完投だけなら聞こえがよいが、打線は4回塀ちゃんツーベース、福浦フォアボール、ベニー安打で1死満塁のチャンスをつくったが、マティ内野フライ、里崎セカンドゴロと続かず。5回も井上純・今江連打も西岡ピッチャーライナー、塀ちゃんセカンドゴロとこれまたあと一本が出ず、8,9回と菊地原・加藤・大久保のKKOリレーにつながれ4連敗。試合時間2時間9分。したがって帰宅時には終わっていたorz
中村ノリ・ガルシア・ブランボーをノーヒットも、
清原またスタメン落ち…。逃げたな?(笑)
「俊介が投げると打線の大量援護がある法則」が
連敗ストップの特効薬になりうるかどうか?
----------------------------------------------------------
渡辺俊が清原との対戦を熱望(日刊スポーツ)
5日に先発するロッテ渡辺俊が清原との対戦を熱望した。社会人時代の00年、巨人の春季キャンプに招待で参加。渡辺俊の投球を見た清原から「いずれプロで対戦するだろうから頑張れよ」と激励を受けた。
清原が故障で2軍で調整中に対戦した際には完ぺきに封じ、その対戦が渡辺俊の自信になっている。清原は左足の故障でこの試合のスタメンから外れ、渡辺俊は「明日(5日)は出てきほしいですけど」と話し、試合前には清原の元へあいさつに出向いていた。

明日の予告先発 マリーンズ:渡辺俊介
           合併球団:吉井理人
JSportsESPN(300ch)17:45~(解説・野田浩司)
ラジオ関西(558)17:55~(解説・山沖之彦)

| | コメント (1) | トラックバック (15)

2006/04/03

プロ野球ai人気投票、西岡が1位!

V9
プロ野球aiの最新号ですが、西岡&早坂のトーク、
今年はこの選手に注目!に竹原。
マリーンズジーロングキャンプ特集。
選手のブログで10倍楽しく!として直行、西岡公式サイトの紹介。
いま光っているヒーローたち 人気投票では、
西岡剛ついに1位!
5位 清水直行,8位 今江敏晃,10位 渡辺俊介,
19位 里崎智也,25位 小林宏之,38位 サブロー,(41位 小坂誠)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4月3日現在の一軍登録メンバー

     登録      抹消
3.28 清水 直行  黒木 知宏
3.29 渡辺 俊介  橋本  将
3.30 小野 晋吾  山北 茂利
3.31 加藤 康介  神田 義英

投手 藤田、小宮山、久保、清水直、薮田、内、加藤、小野、小林雅、渡辺俊、バーン、高木
捕手 里崎、辻
内野手 フランコ、堀、西岡、今江、福浦、渡辺正、塀内
外野手 諸積、サブロー、大塚、垣内、パスクチ、井上、ベニー

明日の予告先発 マリーンズ:清水直行
           合併球団:デイビー
JSportsESPN(300ch)17:45~(解説・橋本清)
サンテレビ 18:00~(解説・真弓明信)
ラジオ関西(558)17:55~(解説・山沖之彦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/02

レオに3タテ喰らう

Img_0996
L:○涌井-三井-小野寺
M:●バーン-高木-内-小宮山-藤田
観衆 18018人

開幕後初マリン!内野自由席引換券持参でカモメの窓口へ。行列がなくすいており、400円のモツ煮を買っていつもの2階内野自由席へ。ボビーズバーは気が向けば出入り自由ということがわかったのでいずれ来ます。
マリーンズビジョンに流れるロッテのCM新作は高橋尚子さんが代走で出るというもの
「DHよしこ」のつぎは「ピンチランナーQちゃん」?
欽ちゃん球団の、片岡安祐美選手がらみで東スポに出たくらいですから、小出義雄師匠も数年前に鹿児島キャンプ訪問したのを目撃した身としては、獲得もありそうな話…。35年前の飯島秀雄伝説の再来か!?
マリンに付き物の強風を生かしてないというか、1回ナカジ先制タイムリーだけで終わるはづが和田ベンちゃんの内野フライを里崎落球でやらずもがなの失点…。
インフィールドフライではないのか?
2回里崎犠牲フライ、5回福浦押し出しフォアボールの2点のみ。
そのあとと、7回満塁のチャンスをベニーが打てなかったのがすべてだったのか、
暖かくないと打てないのか?
何から何までやらずもがなの失点が痛かったが、7回内が細川・赤田を三振に打ち取ったこと、9回藤田が三者凡退に打ち取ったことだけが光ったといいたいし、バーンも不運な当たりもあったりして前回のヤフードームでの炎上劇からみればましな出来だったので次回登板に期待したい。
管理人初マリンは残念な結果に終わったが、
京セラドーム大阪の対合併球団3連戦ではチームの再起を!
4日から7日までラジオ関西(AMKOBE,558)でも中継がありますので、
球場に行けない関西マリサポはラジオで応援を!

| | コメント (3) | トラックバック (13)

2006/04/01

薮田神打たれ、逆転敗戦

ライオンズ 400000021 7
マリーンズ 040000100 5
L:○西口-星野-石井貴-S小野寺
M:久保-●薮田-内
[HR]L:和田2号[ソロ]
M:堀1号[ソロ]
観衆 23004人

先発久保いきなり4失点も、2回里崎ライト前安打を突破口にベニー、パスクチ、西岡とタイムリー安打が出て堀犠牲フライで同点としたが、3回以降久保・西口の投手戦に。
7回堀の勝ち越しとなるホームランが飛び出し逃げ切れるかと思ったが、
8回登板の薮田が誤算。2アウト1、3塁までにこぎつけたが、前夜ヒーローインタビューの片岡易之に2点タイムリーツーベースを打たれたのがすべてでした。9回内竜也登板も和田ベンちゃんにとどめを刺されるホームランを打たれ、よもやの連敗。あすはバーンにまかせるほかないが、管理人開幕後初マリンです。内野自由席引換券持参で駆け付けますが、お天気が心配…。
「待ってろ!!未成年バッテリー」
明日の予告先発 マリーンズ:バーン
           ライオンズ:涌井秀章
JSportsPlus(308ch)12:45~(解説・斎藤明夫)
NACK5(79.5)12:55~16:00

| | コメント (0) | トラックバック (12)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »