« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006/07/31

7月31日現在の一軍登録メンバー

     登録      抹消
7.25 竹原 直隆
7.27 小野 晋吾  南  竜介
7.28 黒木 知宏  塀内 久雄
7.29 久保 康友  竹原 直隆
     橋本  将   田中 雅彦

投手 神田、藤田、小宮山、久保、清水直、薮田、小野、小林雅、渡辺俊、小林宏、
バーン、高木、黒木、成瀬
捕手 里崎、橋本、辻
内野手 フランコ、堀、西岡、今江、青野
外野手 代田、サブロー、大松、ワトソン、大塚、パスクチ
----------------------------------------------------------
明日の予告先発 マリーンズ:清水直行
           ライオンズ:ギッセル
JSportsPlus(308ch)18:00~(解説・黒江透修)
チバテレビ、テレ玉 18:15~21:30(解説・倉持明)
BS朝日 18:15~20:55(同上、最大延長21:55)
文化放送(1134)17:50~(解説・山崎裕之)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/30

成瀬勝ち運なく、今江の一発のみ!

マリーンズ 000100000 1
合併球団  00000200X 2
M:●成瀬-黒木
Bs:オバミュラー-前川-○ユウキ-加藤-S菊地原
[ホームラン]M:今江8号[ソロ] Bs:下山2号[ソロ]
観衆 20016人

宮城球場などの屋外ならともかく、ただでさえ空調の効いている大阪ドームなのだから、7,8月の夏場はデーゲームでやってもおかしくないのに、なぜにナイターなのか。土曜ナイターならナンボ試合が長引いても帰りの電車の都合がつく限り可ですが、いくらなんでも日曜ナイターは子供の夏休み中とはいえ、勤め人にとって翌日が厳しいんで来季は日程再考すべきだと思うんですケド>オリックス野球クラブ殿
きのう母校・横浜高校が夏の甲子園出場を決めた成瀬先発に対し、合併球団はオバミュラーひさびさの先発。5月7日の試合では5イニング3安打無失点と手も足も出ず、きょうも3回までノーヒットに抑え込まれていたが、4回2アウトから前日ベンチの
今江がレフトの「大阪市信用金庫」のあたりをオーバーフェンスキタ━(゚∀゚)━!!
5回青野内野安打、大松・サブローフォアボールで1死満塁のチャンス!も西岡三振、里崎ライトフライと満塁で点が取れない。逆に成瀬が6回、下山にレフトオーバーフェンス、大西ツーベース、水口三振も北川決勝点となる左中間タイムリー安打、清原三振とアンラッキーな点の取られ方で、横浜高の1年後輩・涌井の前日のそれと似たような負け方(それはそれで、ライオンズとのゲーム差が縮まるのは悪いことではない)ではあったが、5回まで2安打に抑えていたのでピッチングに悔いなし!
7回中村ノリライト前安打のあと、ジョニー黒木キタ━(゚∀゚)━!!
三塁側、レフトスタンドからの万雷の拍手は成瀬に対するねぎらいの、ジョニーに対する粘投の拍手だったのだろうか、塩崎送りバント、谷センターフライ、下山三振!8回大西フォアボールも水口併殺打に切り抜けたが、9回堀三振のあと青野ツーベースと粘りをみせたが、辻ショートゴロ、パスクチレフトへの打球があわや逆転2ランの大ファール!も三振と寸止め。甲子園のタイガースとは逆に高校球児に明け渡していたマリンに戻ります。8月にはいってライオンズ・ホークスと厳しいマリン6連戦ですが、とりあえづプレーオフ圏の3位狙いで!

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2006/07/29

代田ひとり舞台!

M_161
M_158
M:○久保-神田-藤田-S小林雅
Bs:●吉井-高木-ユウキ-金子
[ホームラン]M:西岡4号[ソロ]
観衆 23866人

(管理人注・これは30日午前11時にカキコしています)
というわけで、大阪往復の24時間弾丸ツアーが無事終了しました。
8時21分発わかしお6号で出発、新幹線で12時半頃新大阪に到着。
「東のお台場冒険王、西のオーサカキング」にも行かず、なんばパークスにて、
「野村監督の野の字もない」南海ホークスミュージアムをのぞいたあと、
大阪ドームに15時頃着いたが、レフト10番ゲートの階段下まで列ができていて、
「ありえねぇー!」16時開門も入場に10分以上もかかり、レフトスタンド1階席があっという間に埋まり、立ち見観戦も、プレーボール直前に地元の某応援仲間と会い、とりあえづ用意された?席に座ることができました。
管理人にとって大阪ドーム観戦は、04年8月29日、礒部のサヨナラホームランで敗戦して以来で、「近鉄でないバファローズ」の本拠地になって、「京セラドーム大阪」に改変させられてからはじめてです。佐野正幸さんではないが、どこか大阪近鉄バファローズ時代とはちがう雰囲気が漂い、自分の家が売りに出されて、他人が住んでいるような感覚で、球場も持ち主によって変わるものだと痛感したことはなかったです。
宮城球場モードというか、なにゆえ太鼓がえらく鳴り響いて、トランペットなしの応援だったかわかりませんが、声はよく通っていましたよ。で、北川・清原・中村ノリ・谷のクリーンアップに、「この試合はもらった!」というのはわたしだけ?(byだいたひかる-これがこの試合のキーワードです)
先発久保は松下電器時代に投げなれている大阪ドームのマウンドであるが、マリーンズにプロ入りしてから大阪ドームは初登板。1回、村松・清原安打で2死1、2塁のピンチを中村ノリセンターフライでしのいだあと、2回、ワティレフト前安打、マティタイムリーツーベースで先制もその裏、後藤ツーベース、森山タイムリーで同点。
3回、村松スリーベース、北川デッドボールでノーアウト1,3塁のピンチを清原・中村ノリ連続三振!谷セカンドゴロのあと、
4回、西岡ライトの「わかさ生活」のあたりをオーバーフェンス!
その裏大西同点タイムリー。
5回たすくフォアボール、青野送りバントのあと、
代田決勝点となるレフト前タイムリー!
7回堀ツーベースをたすくの代打里崎が送り、青野犠牲フライ、代田フォアボールのあと盗塁、サブローレフト前タイムリー!マリーンズが5点以上の得点は6日、ベニー決勝アーチを放ったイーグルス戦以来。
久保6イニング10安打という毎回走者を出す苦しいピッチングながら2失点に抑え、序盤の炎上ぐせはなかったのが効き、7回神田、8回藤田が抑えると、ラストイニングコバマサ。3試合連続リリーフ失敗を避けたいがために薮田神降臨でもよかったが、大西安打、村松セカンドゴロもゲッツーにできず、北川タイムリーツーベースで2点差も清原・中村ノリ連続三振で幕引き!4,6日の宮城球場以来の連勝!!
先述の某応援仲間と勝利のよろこびをわかちあえたことが大きく、野球人生初となる代田のヒーローインタビューには感動しました。バファローズ、スワローズと99~01年3年連続ウエスタン&イースタン両リーグ盗塁王。03年マリーンズの一員となったが、最終戦の走塁の際左ひざ半月板、じん帯損傷でいったん自由契約となり、再度のトライアウトで05年マリーンズに復帰しただけに、野球を続けられるよろこびを噛み締めているのではないでしょうか。
大阪駅桜橋口22時50分発「プレミアムドリーム82号」を
東京駅でわかしお1号に乗り継ぎ帰宅することができました。
成瀬の母校・横浜高校が東海大相模を15-7で破り、2年ぶり12度目の夏の甲子園出場を決めましたが、その勝運にのって成瀬は6月14日以来の勝利投手を狙いたい。

きょうの予告先発 マリーンズ:成瀬善久
           合併球団:オバミュラー
JSportsPlus(308ch)17:45~(解説・野田浩司)
JSports2(307ch)翌日0:30~4:30(同上)

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2006/07/28

青野よく打った!連敗ストップ!

マリーンズ 010100001001 4
合併球団  000100002000 3
M:渡辺俊-藤田-神田-小林雅-薮田-バーン-○高木-S黒木
Bs:平野佳-加藤-ユウキ-菊地原-●大久保-金子
[ホームラン]M:ワトソン3号[ソロ] 青野3号[ソロ]
観衆 24323人

スカイマークスタジアム、もとい、グリーンスタジアム神戸でのマリーンズ戦は8日の試合ときょうしかないので、グリーンスタジアム神戸での合併球団主催試合が来季20試合に激減し、マリーンズ戦が組まれるかどうかわからないし、そのうえ連敗ストップ、2試合連続サヨナラ敗戦のショック脱出もかかっているものの、4勝しか勝ってない俊介先発、2試合完投勝利を献上している平野佳寿を打ちくずせるかどうか?!
2回、ワティ先制アーチ!4回、西岡・里崎・ワティ3連打と無死満塁としたが今江併殺打の間に追加点と満足いかない試合展開でしたが、俊介のピッチングも6イニング5安打1失点。合併球団の拙攻もあったにしては、前回のグリーンスタジアム神戸での登板同様、惜しくないピッチング内容だったのではないでしょうか。
7回代打水口をフォアボールで出すと藤田へ。森山送りバントのあと神田登板。代打清原で盛り上がったが鎧袖一触で三振、村松をレフトフライに打ち取り、8回も抑えると、9回ツーアウトから今江・マティ連打、代打大松レフト前タイムリーとひさびさの追加点!安心してコバマサへ。日高安打、塩崎・下山と打ち取ったが、まさかまさかの罠というか、落とし穴があろうとは!大西・村松・北川と3連打で2点のリードと俊介の5勝目があっという間に吹っ飛んでしまった!中村ノリをライトフライに打ち取り、延長戦へ。
10回薮田神降臨!2死満塁のピンチも大西サードゴロに打ち取り、11回バーン、高木がみせた粘りのピッチングにこたえるかのように、12回辻俊哉、堀と代打攻勢も打ち取られ、青野が打たないことにはマリーンズの勝ちがなくなってしまうところへ、
マリサポの待つレフトスタンドへキタ━(゚∀゚)━!!
その裏高木が日高をレフトフライに打ち取り、ジョニー黒木キタ━(゚∀゚)━!!
グリーンスタジアム神戸と因縁浅からぬジョニーにとってはマリサポに対するボビーの粋な配慮か。森山ショートゴロ、下山センター前安打、
唯一ベンチに残っていた代打びっくり箱的山をショートゴロに打ち取り、
マリーンズ5連敗ストップ!!あす管理人大阪ドームへ弾丸ツアー行ってきます!!
(あすの試合批評は30日午前カキコします)ビジター応援デーでもありますんで、
管理人の目の前で恥じることのない戦いを!

明日の予告先発 マリーンズ:久保康友
           合併球団:吉井理人
JSports2(307ch)17:45~(解説・山沖之彦)

| | コメント (2) | トラックバック (32)

千葉経大附・甲子園出場

高校野球千葉大会・決勝
千葉経大附 0100000202 5
拓大紅陵  0000000210 3
(延長10回)
【千】竹島、内藤―川島、福田
【拓】永棟、石原―松丸
[ホームラン]拓大紅陵:大前

シード校が続々敗退したり、間隙を縫ってノーシード校が勝ち進むなど例年通りの戦国千葉の面目躍如でして、川島亮&伊与田一範の母校・千葉経大附VS手嶌智・佐藤幸彦・和田孝志・立川隆史の母校拓大紅陵の決勝戦が千葉マリンスタジアムで。延長戦のすえ千葉経大附が2年ぶり2回目の甲子園出場を決めました。
千葉経大附といえば松本吉啓監督の長男・松本啓二朗(早大2年)を擁して夏の甲子園に出場した一昨年。とくに3回戦でダルビッシュ有擁する東北と対戦し、延長10回3-1で投げ勝ち、準決勝で準優勝した済美の前に2-5とついえたが千葉県勢で最高の戦いぶりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006/07/27

2試合連続サヨナラ負けはぁ・・・

マリーンズ 000001000 1
ホークス  000000002 2
M:小野-藤田-●小林雅
H:斉藤和-○藤岡
[ホームラン]H:ズレータ20号[2ラン]
観衆 30036人

きょうも晋吾VSカズミの投手戦!
6回サブロータイムリーツーベースで先制!
晋吾7イニング1/3を4安打好投、8回藤田が大村・川崎ムネリン封じ!

ラストイニングコバマサ。柴原ライイトライナーまではよかった。が、松中安打、ズレータ無情にもレフトスタンドへ…。ぶっちゃけ、2試合連続サヨナラ負けをカキコするのは気が重いのう。18連敗時の雰囲気に似てきたが、岡田監督ぢゃないケド、右でん部の腫れものにガス壊疽が感染した松中を指し、「オールスターはベンチやったのに、元気やったな。試合に出られるやないか。だまされた」。あすはグリーンスタジアム神戸(注:管理人の辞書には、スカイマークスタジアムと、京セラドーム大阪という文字はない)ですが、あさってはこちらで予告したとおり、管理人大阪ドームへ弾丸ツアー行ってきます!(行きは新幹線、帰りはドリーム号
高校野球千葉予選は、初戦でセンバツ出場・成田を破った勢いできた市立稲毛拓大紅陵に1-8の7回コールドで力尽き、川島亮&伊与田一範(03年マリーンズを現役引退後は会社員らしい)の母校・千葉経大附が延長11回サヨナラ勝ち(2-1)で福浦&えちうらの母校・習志野を破り、手嶌智・佐藤幸彦(編成担当)・和田孝志(チームスタッフ)・立川隆史(台湾誠泰コブラズコーチ)の母校拓大紅陵とあすマリンで決勝戦。

明日の予告先発 マリーンズ:渡辺俊介
           合併球団:平野佳寿
JSportsPlus(308ch)17:45~(解説・本西厚博)
JSports2(307ch)24:00~(同上)

| | コメント (0) | トラックバック (29)

2006/07/26

あぁ、最終戦以来のサヨナラ負け

マリーンズ 000000010 1
ホークス  000010001 2
M:●小林宏-薮田
H:○和田
[ホームラン]H:辻武史1号[ソロ] プロ入り初アーチ
観衆 31266人

小林宏之VS和田毅の投手戦!
8回里崎ツーベース、サブロー安打でつなぎ、大塚アキラ会心の同点タイムリーも、
ラストイニング川崎ムネリン安打、ズレータ敬遠で薮田登板も柴原フォアボールで1死満塁。ガス壊疽でベンチのはづの松中が代打で出てきてライト犠牲フライで撃沈。
薮田といえば昨季札幌ドームでの最終戦で田中賢介にサヨナラ2ランを打たれており、
それ以来のサヨナラ敗戦。その札幌ドームでひちょりサヨナラタイムリーとあって、
プレーオフがだんだん遠くなってゆく…。

明日の予告先発 マリーンズ:小野晋吾
            ホークス:斉藤和巳
JSportsESPN(300ch)17:45~(解説・浜名千広)
福岡放送 19:00~20:54(解説・長池徳士、新浦寿夫)
*ジャイアンツVSカープ戦の差し替え中継のため、
試合展開により21:24まで延長あり
RKBラジオ(1278)17:59~(解説・稲尾和久)
KBCラジオ(1413)17:57~(解説・西村龍次)

| | コメント (0) | トラックバック (24)

2006/07/25

後半戦開幕!しかし・・・

マリーンズ 000002010 3
ホークス  10003020X 6
M:●清水直-高木-バーン
H:○新垣-篠原-吉武-S馬原
[ホームラン]M:里崎12号[ソロ]
観衆 31236人

王監督抜きのホークスと、福浦&ベニー抜きのマリーンズはどちらが勝負になるのか!?直行VS新垣の投手戦も、5回伏兵・田上秀則(たのうえ・ひでのり)の満塁の走者一掃タイムリーツーベース、7回にもだめ押される2点タイムリーツーベースとひとり暴れられてしまった。
マリーンズはファーストマティに、代田・大塚アキラ・ワティの外野布陣で臨んだが、ファースト青野、外野サブローのほうが無難だと思うんですケド。6回大松・堀連続タイムリー、8回里崎レフトへのソロアーチなどで追い上げ、ラストイニング馬原のオールスター第2戦での劇場再現(シーツ・アレックス連打、藤本敦士決勝タイムリー)をもくろんだが、代田・西岡・大塚アキラ連続三振…。あぁしんど。
↓左腕和田毅ということで竹原&青野のスタメンはあるのか!?

明日の予告先発 マリーンズ:小林宏之
            ホークス:和田毅
JSportsESPN(300ch)17:45~(解説・若菜嘉晴)
福岡放送 19:00~20:54(解説・長池徳士、新浦寿夫)
*ジャイアンツVSカープ戦の差し替え中継のため、
試合展開により21:24まで延長あり
RKBラジオ(1278)17:59~(解説・加藤伸一)
KBCラジオ(1413)17:57~(解説・藤原満)

| | コメント (0) | トラックバック (25)

2006/07/24

7月24日現在の一軍登録メンバー

     登録     抹消
7.19         福浦 和也

投手 神田、藤田、小宮山、清水直、薮田、小林雅、渡辺俊、小林宏、バーン、
高木、成瀬
捕手 里崎、田中雅、辻
内野手 フランコ、堀、西岡、今江、塀内、青野
外野手 代田、サブロー、大松、ワトソン、大塚、パスクチ、南
----------------------------------------------------------
明日の予告先発 マリーンズ:清水直行
            ホークス:新垣渚
JSportsESPN(300ch)17:45~(解説・若田部健一)
TVQ九州放送 18:30~20:54(解説・藤本博史)
NHKBS1 18:05~(解説・武田一浩)
RKBラジオ(1278)17:59~(解説・浜名千広)
KBCラジオ(1413)17:57~(解説・西村龍次)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/07/23

オールスター第2戦

サンヨーオールスターゲーム第2戦~サンマリンスタジアム宮崎
セ・リーグ 010201021 7
パ・リーグ 002020000 4
セ:内海(G)-黒田(C)-朝倉(D)-○永川(C)-藤川(T)-Sクルーン(YB)
パ:斉藤和(H)-●涌井(L)-八木(F)-福盛(E)-馬原(H)-小林雅(M)
[ホームラン]セ:アレックス(D),シーツ(T) パ:森本(F)
MVP 藤本敦士(T)
優秀選手 アレックス(D),シーツ(T),森本稀哲(F),中島裕之(L)
新人賞 森本稀哲(F),内海哲也(G)
有料入場者数 29777人

きょうのマリーンズ選手の活躍は?
小林雅英:
9回登板。金城レフトフライ、鳥谷レフト前安打、岩村レフトオーバーツーベース、イ・スンヨプライト犠牲フライ(^_^;、シーツセンターフライ
西岡剛:スタメン1番セカンド レフトフライ、サードファールフライ、ライト前安打二盗成功!三盗失敗(^_^;
里崎智也:スタメン6番キャッチャー ファーストファールフライのあと3回の守備から日高に交代
今江敏晃:5番サードフェルナンデスに代わり7回守備より出場 ライトフライ

前日水入りで順延となっていたサンマリンスタジアム宮崎での第2戦。
ニッポン放送(MBSラジオ)で初芝先生&代打八木様の解説が面白かった。
3回大村ツーベースのあとひちょりレフトスタンド一直線の逆転アーチ、
5回ひちょり、西岡と連打のあとあっと驚くダブルスチールも、西岡三盗失敗に初芝先生「いまのは暴走ですね」と手厳しいコメント。ナカジツーベースのあとカブレラタイムリーでまた逆転!今季の西岡は魔送球といい魔走塁が多いんですケド。
それにしても、「アレックス、アンディ、藤本敦士、空気嫁!!」ただそれだけ。
8回の藤川球児VS清原の真剣勝負はそれはそれで、「2死満塁2-3からフォーク?ケツの穴、小さいな。○○○○ついとるのか」発言以来根に持っていたもので。ストレートで勝負したこと自体発言に態度で応えたことにほかならず、清原にとっても恐れ入るしかなかったのだろう。
ラストイニングコバマサ登板は想定内であったが、以上の結果でして、なんだかねぇ。
またしても、ことしのオールスターもパ・リーグはひとつも勝てず、初芝先生「心残りですけど、ボビーは勝負にこだわりますからねぇ」。なんだか里崎とひちょりにパ・リーグの美味しいところをすべて持っていかれたようで、マリーンズ的には出場していた選手は宮崎から福岡へ直行だと思うが、ベニー&福浦抜きのうえにいきなりヤフードーム3連戦は厳しい戦いが予想されるが、シーズン1位orプレーオフ出場の可能性を求めて後半戦を戦ってゆきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (23)

2006/07/21

オールスター第1戦

サンヨーオールスターゲーム第1戦~明治神宮野球場
パ・リーグ 010000000 1
セ・リーグ 01100100X 3
パ:松坂(L)-●吉井(Bs)-平野佳(Bs)-菊地原(Bs)-武田久(F)
セ:川上(D)-○三浦(YB)-石川(S)-木田(S)-岩瀬(D)-藤川(T)-
Sクルーン(YB)
[ホームラン]パ:里崎(M),セ:青木(S),岩村(S)
MVP 青木宣親(S)
優秀選手 里崎智也(M),新庄剛志(F),岩村明憲(S),三浦大輔(YB)
有料入場者数 30488人

きょうのマリーンズ選手の活躍は?
小林雅英:
出場なし
里崎智也:スタメン6番キャッチャー ライトスタンド直撃先制ホームラン、センターフライ、センターフライ、センター前安打(クルーンから!!)
今江敏晃:スタメン7番サード ライト前安打、セカンドフライ
西岡剛:9番セカンド本間満に代わり5回守備より出場 三振

新庄のひとり舞台にさせないぞ!!とばかりにマリーンズが誇るお祭り男・里崎智也が2回、過去2度の交流戦で煮え湯を飲まされてきた川上憲伸からライトスタンド直撃先制ホームランを放ち、今江ライト前安打で追い討ちをかけたが、柴原・本間打ち取られ、逆にその裏、松坂がイ・スンヨプに同点タイムリーツーベースを打たれ、3回青木、6回岩村とここ神宮球場をホームとするスワローズ勢が一発攻勢。
ラストイニング藤川球児がカブレラ・小笠原を連続三振に打ち取ったところで161km男クルーンキタ━(゚∀゚)━!! マリーンズとの交流戦で1試合しか登板していないが、その試合でタイムリーを放った里崎がセンター前安打を放ち、マリーンズが誇るお祭り男の面目躍如をみせ、優秀選手賞ゲット!!元マリーンズ・現イーグルスのホセ・フェルナンデスに同点弾の期待がかかったが、MAX159kmの三振に打ち取られ、パ・リーグからみれば2年越しの3連敗となり、あすのサンマリンスタジアム宮崎ではパ・リーグの勝利がかかっているが、リードした試合展開でコバマサのラストイニング登板をみてみたいモンです。
----------------------------------------------------------
あすのサンマリンスタジアム宮崎オールスター第2戦放送ガイド
TBSテレビ 18:00~(解説・衣笠祥雄、佐々木主浩)
*ネット局 HBCテレビ、青森テレビ、IBC岩手放送、テレビユー山形、東北放送、テレビユー福島、新潟放送、信越放送、テレビ山梨、チューリップテレビ、北陸放送、静岡放送、CBCテレビ、毎日テレビ、山陽放送、山陰放送、RCCテレビ、テレビ山口、あいテレビ、テレビ高知、RKBテレビ、長崎放送、熊本放送、大分放送、宮崎放送、南日本放送、琉球放送
TBSラジオ(954)17:30~(解説・田淵幸一、槙原寛己)
*ネット局 HBCラジオ、青森放送、IBC岩手放送、秋田放送、山形放送、TBCラジオ、ラジオ福島、新潟放送、信越放送、山梨放送、北日本放送、北陸放送、福井放送、静岡放送、CBCラジオ、和歌山放送、ABCラジオ、山陽放送、山陰放送、RCCラジオ、山口放送、西日本放送、四国放送、南海放送、高知放送、RKBラジオ、長崎放送、熊本放送、大分放送、宮崎放送、南日本放送、琉球放送
文化放送(1134)17:30~(解説・藤原満、松沼雅之)
*ネット局 STVラジオ、茨城放送、栃木放送、東海ラジオ、KBS京都、ラジオ大阪、KBCラジオ、ラジオ沖縄
ニッポン放送(1242)17:40~(解説・初芝清、八木裕)
MBSラジオ(1179)17:45~(同上)
ラジオ日本(1422)17:40~(解説・水野雄仁)
*ネット局 岐阜ラジオ、ラジオ関西

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2006/07/20

フレッシュオールスター

フレッシュオールスター~東京ドーム
セ・リーグ 401102000 8
パ・リーグ 012000100 4
セ:○山口(SR)-高宮(SR)-佐藤(C)-高木(S)-吉見(D)-玉置(T)-福田(G)
パ:●古谷(M)-金子(SK)-松村(SK)-松崎(E)-金森(F)-西山(H)-松永(I)
[ホームラン]セ:中村一生(D)パ:岡田貴弘(SK)
MVP  飯原誉士(S)
優秀選手 中村一生(D),脇谷亮太(G),岡田貴弘(SK),松崎伸吾(E)
観衆 21836人

きょうのマリーンズ選手の活躍は?
古谷拓哉
:1,2回登板 飯原誉士安打、松本高明安打、脇谷亮太三振、武内晋一三振、新井良太先制タイムリーツーベース、中村一生(2000年東海大浦安夏の甲子園準V戦士,国際武道大から同僚の高橋光信に次ぐ2人目のプロ野球選手)レフトポール直撃2ランホームラン、高橋勇丞三振、小宮山慎二ショートゴロ、木村昇吾ショートゴロ、飯原安打、松本センターフライ
根元俊一:スタメン2番ショート 三振、レフトオーバータイムリーツーベース、サードゴロ、レフトフライ
竹原直隆:ライトツーベース、ライトフライ、三振、フォアボール
金澤岳:8番キャッチャー炭谷銀仁朗に代わり7回代打出場、そのままマスクかぶる
三振、セカンドフライ

んー、古谷は連打の後の連続三振はよかったけど、そのあとの痛打で流れがセ・リーグ選抜に行ってしまったような。根元はよかった。3回のレフトオーバータイムリーツーベース、マリーンズ戦でいいバッテイングをされる片岡易之の犠牲フライでパ・リーグ選抜が追い上げたが、その前の失点につながるエラーが優秀選手賞を逃した要因か?竹原は物足りなかったし、金澤が最後の打者というのは、ねぇ…。
MVPに輝いた飯原誉士選手は、オープン戦でみたときにただ者じゃないと思ったが、スワローズの外野レギュラーの一角を占める勢いで、マリンでの交流戦では未来の左腕エース・成瀬善久からタイムリー安打を放ったこともあった。政治&選挙評論家で大のスワローズファンとして知られる福岡政行先生が野球部長の白鴎大学出身。
ということで、つげちゃんさん、おにぎりまるさん、応援してやってください(謎)
福浦はやっぱオールスター出場は無理とわかり、ホークス・大村直之外野手が代替選手として出場するため、マリーンズからのオールスター出場選手は小林雅英、里崎智也、西岡剛、今江敏晃の4選手が確定しました。
----------------------------------------------------------
あすの神宮球場オールスター第1戦放送ガイド
フジテレビ 18:00~20:54(解説・江本孟紀、大矢明彦、高木豊、加藤博一、
                   大久保博元、金村義明 最大延長22:24)
*ネット局 北海道文化放送、岩手めんこいテレビ、秋田テレビ、さくらんぼテレビ、仙台放送、福島テレビ、新潟総合テレビ、長野放送、富山テレビ、石川テレビ、福井テレビ、テレビ静岡、東海テレビ、関西テレビ、岡山放送、山陰中央テレビ、テレビ新広島、テレビ愛媛、高知さんさんテレビ、テレビ西日本、サガテレビ、テレビ長崎、テレビくまもと、テレビ大分、鹿児島テレビ、沖縄テレビ、BSフジ
フジテレビ739 25:00~(上記地上波の録画中継)
TBSラジオ(954)17:50~(解説・元木大介)
*ネット局 HBCラジオ、CBCラジオ、MBSラジオ、RKBラジオ、琉球放送
文化放送(1134)17:50~(解説・西本聖)
ニッポン放送(1242)17:30~(解説・田尾安志)
*ネット局 STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、秋田放送、山形放送、TBCラジオ、ラジオ福島、茨城放送、栃木放送、新潟放送、信越放送、山梨放送、北日本放送、北陸放送、福井放送、静岡放送、東海ラジオ、KBS京都、和歌山放送、ABCラジオ、山陽放送、山陰放送、RCCラジオ、山口放送、西日本放送、四国放送、南海放送、高知放送、KBCラジオ、長崎放送、熊本放送、大分放送、宮崎放送、南日本放送、ラジオ沖縄
ラジオ日本(1422)17:40~(解説・柴田勲)
*ネット局 岐阜ラジオ、ラジオ関西

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2006/07/19

またしても打てん中止

きょうのマリンでの対イーグルス戦は15時雨天中止発表。
代替日程の正式発表はまだですが、おそらく9月14日の予備日になると思われます。

ライオンズ  52勝35敗2分 .598
ホークス   50勝38敗2分 .568 2.5
ファイターズ 49勝40敗   .551 1.5
マリーンズ 46勝41敗   .529 2.0
合併球団  37勝52敗1分 .416 10
イーグルス 30勝57敗    .345 6

福浦自身「ショックです。医師からは骨がつくまで2~4週間かかると言われました」(スポーツ報知より)ということで全治2~4週間でオールスター出場は無理でしょう。左手甲ということは利き腕ですからねぇ…。とりあえづ代役青野希望ですが、パスクチは見たくないような…。シーズン1位orプレーオフ出場の可能性を求めて、貴重なオールスター休みをチーム建て直し期間に充当したいものです。
当ブログ「いすみマリーンズ」は福浦和也選手&ベニー選手の
一日も早い戦列復帰を願っております。

あすのフレッシュオールスターの予告先発はパ・リーグ選抜が古谷拓哉(浦和マリーンズ),セ・リーグ選抜がジャイアンツ戦でプロ入り初勝利の山口俊(湘南シーレックス)。浦和マリーンズからは古谷のほか、根元俊一が2番ショート、竹原直隆が4番指名打者でのスタメン出場が決まりました。01年の里崎、03年の今江に続く100万円ゲットを! 放送ガイドです。 
スカイ・A(285ch)17:30~,22:50~(解説・木戸克彦)
TBSラジオ(954)17:50~(解説・栗山英樹)
*ネット局 HBCラジオ、CBCラジオ、ABCラジオ、RKBラジオ、琉球放送
文化放送(1134)17:50~(解説・東尾修)
ニッポン放送(1242)17:30~(解説・達川光男)
*ネット局 STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、秋田放送、山形放送、TBCラジオ、ラジオ福島、茨城放送、栃木放送、新潟放送、信越放送、山梨放送、北日本放送、北陸放送、福井放送、静岡放送、東海ラジオ、KBS京都、和歌山放送、MBSラジオ、山陽放送、山陰放送、RCCラジオ、山口放送、西日本放送、四国放送、南海放送、高知放送、長崎放送、熊本放送、大分放送、宮崎放送、南日本放送、ラジオ沖縄

| | コメント (2) | トラックバック (10)

浦和マリーンズ、四国アイランドリーグと交流試合

四国アイランドリーグは、香川オリーブガイナーズが8月14日に、四国アイランドリーグ4チームからの選抜チームが8月15日に、千葉ロッテマリーンズ2軍(通称:浦和マリーンズ)と交流試合をいずれも高松市・オリーブスタジアム(香川県営野球場)、試合開始18時で行う。(四国アイランドリーグ公式でのプレスリリースはこちら。)チケットは全席自由おとな1200円(前売券1000円) 小・中学生700円(前売券500円)。
----------------------------------------------------------
四国選手は希望枠対象外 NPBと四国ILでルール(共同通信)
日本プロ野球組織(NPB)は7日、四国アイランドリーグ(IL)に所属する選手のドラフトの扱いについて決定事項を発表し、希望入団枠の対象としないことが決まった。
ドラフト指名を拒否して四国ILに所属した選手に対しては、抜け道にしないため社会人選手と同様、高卒選手は3年間、大卒選手は2年間指名を受けることができない。また進路調査で進学などを理由にプロ入りを希望しない意向を示しながら四国IL入りした高卒選手も3年間、指名を受けることができない。一方、プロ志望ながらドラフト指名から漏れて四国ILに所属した選手については、高校、大学、社会人いずれも1年後からドラフト対象となり、四国ILの要望を受け入れる形となった。
四国ILの石毛宏典社長は「ほぼ満額の返答をいただいた。いい方向に行きつつある」と語った。
----------------------------------------------------------
以上のニュースにあるとおり、ややこしい解釈ですが、希望枠は認めないことと、不正抑制のために一定の制限を設けながらも四国アイランドリーグで最低1年プレーすればNPBプロ野球入りの道が開けるということで、大賛成です。こちらにもありますが、プロ野球を目指す若者が四国アイランドリーグで実力をつけ、いち早くドラフト指名を受けるというプランを描くことができるのですから。お盆休みの方が多いと思いますが、浦和マリーンズの若手選手が西日本で試合できる機会はめったにないですから、青春18きっぷなどや高速バスなどでお越し頂けるマリサポのみなさんがいましたら、精一杯選手に声援を送りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/18

7月18日現在の一軍登録メンバー

     登録     抹消
7.15 南  竜介  久保 康友
7.16 パスクチ   ベニー

投手 神田、藤田、小宮山、清水直、薮田、小林雅、渡辺俊、小林宏、バーン、
高木、成瀬
捕手 里崎、田中雅、辻
内野手 フランコ、堀、西岡、今江、福浦、塀内、青野
外野手 代田、サブロー、大松、ワトソン、大塚、パスクチ、南
----------------------------------------------------------
ベニー半月板損傷、福浦左手甲骨折=プロ野球・ロッテ(時事通信)
ロッテのベニー外野手と福浦内野手は18日、千葉県船橋市内の病院で精密検査を受け、ベニーは右ひざ半月板損傷、福浦は左手甲の剥離(はくり)骨折とそれぞれ診断された。ベニーは全治4週間で、20日に同病院で内視鏡手術を受ける。オールスターに監督推薦で選ばれている福浦は19日に球宴に出場するかどうかの最終判断を下す。
ベニーは15日の西武9回戦(千葉マリン)の試合後に右ひざをひねり、福浦は16日の同10回戦で左手に死球を受けた。 
----------------------------------------------------------
きょうのマリンでの対イーグルス戦は15時15分雨天中止発表。
あすの予備日に代替試合が組まれ、マリーンズ・成瀬、イーグルス・一場がそれぞれスライド登板となるが、あすも雨の予報のようで、雨天強行でもいいからオールスター前ラストゲームをモノにしてほしいモンですが…。んー、福浦がオールスターに出られないとすれば堀が代替出場すべきですが、福浦の全治が未定というのは、ねぇ…。
さしあたって青野は一塁守れるか?

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2006/07/17

消化不良ともいうべき降雨コールド負け

イーグルス 000400 4
マリーンズ 000000 0
E:○有銘
M:●渡辺俊
[ホームラン]E:フェルナンデス21号[3ラン]
観衆 13574人

2回西岡・パスクチ連打、青野フォアボールで満塁としたが、サブローが放ったセンターへの打球が鉄平のファィンプレー、5回辻・西岡が安打を放って1死1,2塁としたものの、堀ライトフライ、サブローのライトへの打球が礒部のファインプレーに阻まれたりして、逆に俊介は3回まで好投していたものの、4回高須・関川四死球のあとホセ・フェルナンデスのレフトへの打球が無情にもスタンドイン、憲史ツーベース、礒部センター前安打、バレントショートゴロの間に失点と俊介の点の取られ方がいかにもアンラッキーなものでして、1度雨天中断があったため、6回里崎フォアボール、今江三振のあと2度目の中断、30分間待たされたあげく、20時57分雨天コールドゲーム。管理人はマリンに行ってませんが、5回裏終了後の花火が唯一の収穫だったかも。

明日の予告先発 マリーンズ:成瀬善久
           イーグルス:一場靖弘
JSports1(306ch)18:00~(解説・黒江透修)
チバテレビ 19:00~21:30(解説・倉持明)
TBCラジオ(1260)18:00~(解説・盛田幸妃)

| | コメント (0) | トラックバック (29)

2006/07/16

ボビーは勝負を捨てたのか!?

ライオンズ 103000000003 7
マリーンズ 202000000000 4
L:ギッセル-帆足-正津-三井-石井貴-○小野寺
M:清水直-神田-薮田-小林雅-●小宮山-藤田-バーン
[ホームラン]M:サブロー7号[ソロ]里崎11号[ソロ]
観衆 23375人

P7160255P7160256
管理人が観戦した試合はリアルスコアボード画像を出しているのですが、マリンのスコアボードは10イニングまでしか表示できず、11回以降はそれまでの得点経過がリセットされるので画像はありません。
2年連続で真夏の日曜デーゲームですが、これは対戦相手のライオンズがその日のうちに福岡へ移動、翌日ヤフードームでデーゲームのためで、連休なのだから花火ナイター見たかったのですが、そのかわりイーグルスのマスコット・クラッチ&クラッチーナがあすあさっての対イーグルス2連戦来場。(18日はMr.カラスコも!!)
「ベニーロコモコランチボックス」が再発売され、7月のポスターキャラクターになっているというのに、ベニー登録抹消、パスクチ昇格というのは、ねぇ…。ちばぎんデーとあって、ジェフユナイテッド市原・千葉のマスコットジェフィ&ユニティも遊びに来られ、ドイツワールドカップ日本代表・ジェフ千葉のFW巻誠一郎が始球式!
1回ナカジタイムリーツーベースで先制されるが、
その裏ギッセルの立ち上がりの不安につけ込む形で西岡・サブロー連打、
里崎同点タイムリー、ワティ逆転犠牲フライを放つ!
しかし3回片岡易之のセカンドゴロを青野捕り損ねがケチのつけはじめでナカジレフト前安打、和田ベンちゃんフォアボールで1死満塁から栗山走者一掃タイムリーツーベースを打たれてしまうが、それでも直行は平尾・江藤を打ち取ると、
その裏、サブロー&里崎ホームランキタ━(゚∀゚)━!! 
直行6回までピンチはあったものの、うまく打ち取り、特定のイニングでの乱調が出てしまうのが気がかりなのでそこを修正して後半戦に臨みたいところだ。
7,8回神田、9回薮田神、延長10,11回コバマサと中継ぎ陣がピンチをまねくことはあったものの、バックの好守で粘りのピッチングをするいっぽう、6回2死満塁のチャンスをサブローショートゴロ、9回2死から福浦レフト前安打、里崎デッドボールのあとワティに2試合連続サヨナラの期待がかかったが三振で延長戦へ。11回西岡レフト前安打で出塁も盗塁失敗…。
12回コミー登板に首をひねったのは管理人だけではないはづ。
片岡易之スリーベース、ナカジサードゴロ、ベンちゃん敬遠のあと、
藤田にスイッチも栗山の代打が、
イーグルスの福盛からサヨナラタイムリーを放った高山久。
あんのじょう決勝2点タイムリースリーベースを打たれ、ようやくバーンが出てきたが、平尾にだめ押しタイムリーを打たれ江藤併殺打もその裏三者凡退に打ち取られ、疲れの残るぐだくだな痛い一敗であった。
マリサポもよく野球を知っているもので、結果論だが、神田・薮田・コバマサを使い果たしたからといってコミーを出すべきではなかったし、最初から藤田かバーンで行くべきだったのではないかと。ボビーの選択がどうであったかは知る由はないが、高山久の決勝打が出た時点ですくなくとも内野席の大半のマリサポは管理人含めマリンを後にしたのだし、ボビーは勝負を捨てたのかと勘繰らざるをえないのではないか?

あすの予告先発
P7160257P7160258
JSports1(306ch)18:00~(解説・本西厚博)
TBCラジオ(1260)18:25~(解説・松沼雅之)

| | コメント (0) | トラックバック (27)

2006/07/15

マリンで松坂を天誅!!

P7150232P7150226
L:●松坂
M:小林宏-○薮田
観衆 27343人

ただいま、マリンから帰ってきました。
きょう座ったSS指定席は何と最前列から2列後ろというよい席であり、このチケットを購入した時点で松坂が登板するとは思ってもみなかった(長野での右股関節痛の回復具合がわからなかった)ので、ナマ松坂を堪能しつつ、攻略法を探ってみたかったのですが、サンスポ一面に「ヤンキースが西武・松坂獲りに本腰…横浜高先輩とスカウト契約」とやったので松坂の精神状態に影響するかどうか。過去の松坂のマリーンズ戦での黒星はこちら。8年間でわずか5敗というのは、ねぇ…。
予想通り、宏之VS松坂の投手戦となり、1回サブローレフト前安打、ベニーフォアボール、ワティセカンドへの内野安打で2死満塁と先制のチャンスも今江ファーストゴロ。それ以降松坂の前に2回から8回まで3回サブローフォアボールで出塁しただけでチャンスメークすらできず、5三振と策がないというか。
逆に宏之も負けてはいない。
3回赤田キャプテンツーベースのあと福地・片岡易之連続三振!!
4回ナカジレフト前安打のあと盗塁、和田ベンちゃんフォアボール、栗山三振も平尾ライト前安打ですわ先制タイムリーかと思ったが1死満塁の大ピンチを上本三振、細川ズンドコきよしをショートゴロ!
6回ナカジライトフライ、ベンちゃんサードゴロを福浦の捕球が高かったせいかエラー。栗山ライト前安打で1死1,2塁から平尾ピッチャーゴロゲッツー!8回にも片岡易之レフト前安打、ナカジライトフライ、ベンちゃん歩かせて栗山センターフライと8イニング6安打5奪三振と勝ちはつかなかったが宏之の好投に悔いなし!
9回薮田神降臨。上本ファーストゴロのはづが一塁ベースに当たり、イレギュラー内野安打、細川送りバントも赤田キャプテンサードファールフライに打ち取り、
その裏サブロー・福浦打ち取られ、ベニーレフト前安打を放ち、
ワティライトオーバーサヨナラタイムリー!!(^_^)V
代走代田建紀一塁から長駆ウイニングラン!!
って、
ジャイアンツ戦と似たようなシチュエーションじゃん(^_^;
ヒーローインタビューのワティいわく、呼び寄せた家族の前で打ちたかったし、宏之も好投していたし、日本を代表するピッチャー松坂から打てたことがよかったと。
あすも行きますが、直行で「やるしかないねん」!!

明日の予告先発 マリーンズ:清水直行
           ライオンズ:ギッセル
JSportsPlus(308ch)12:45~(解説・内藤尚行)
NACK5(79.5)12:55~16:00

| | コメント (0) | トラックバック (31)

2006/07/14

7月14日現在の一軍登録メンバー

     登録     抹消
7.11 代田 建紀 橋本  将
     田中 雅彦 渡辺 正人
7.12 塀内 久雄 小野 晋吾

投手 神田、藤田、小宮山、久保、清水直、薮田、小林雅、渡辺俊、小林宏、
バーン、高木、成瀬
捕手 里崎、田中雅、辻
内野手 フランコ、堀、西岡、今江、福浦、塀内、青野
外野手 代田、サブロー、大松、ワトソン、大塚、ベニー
----------------------------------------------------------
当ブログ「いすみマリーンズ」がココログメンテナンスの関係で7月8日から1週間近く記事アップしてなかったのですが、本日より当ブログ「いすみマリーンズ」での更新を再開します。この間、別館ブログ「いすみマリーンズ アネックス」において以下の記事をアップしていたので、リンク先は以下の通りです。
7/8 俊介、神戸で涙雨・・・
7/9 今日は何の日
7/9 2年連続バースデー勝利ならず
7/10 予告先発&放送ガイド
7/11 連敗ストッパー晋吾
7/12 3位が遠い・・・
7/12 管理人母校・初戦敗退
たいへん不便をおかけして申し訳ありませんでした。
----------------------------------------------------------
明日の予告先発 マリーンズ:小林宏之
           ライオンズ:松坂大輔
JSportsPlus(308ch)18:00~(解説・鈴木康友)
チバテレビ 19:00~21:25(解説・初芝清
NACK5(79.5)17:55~21:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/08

長期メンテナンス

こちらにありますが、7月11日から約2日間、「データベースソフトおよびオペレーティングシステムのバージョンアップ」メンテナンスがあるそうで、
「今までのメンテナンスでは、メンテナンス延長や終了後に不具合が多発するなどご迷惑をおかけしていました。今回はそのようなことのないよう万全の準備をもってココログをオープンし、ココログの大幅なレスポンス改善を実現していきたいと考えています。」
が口先だけにならなければよいが…。
(7/8補記)
ここ最近、管理画面があまりにも重いので(早朝起きていればなんとかUPしますが)当分の間基本的にココログでの記事アップはしません。避難所「いすみマリーンズ アネックス」にて記事アップさてせいただきます。
(コメント&トラックバックはそちらにておねがいします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

王監督は復帰すべきではない

マリーンズ雨天中止のため、文化放送ライオンズナイターでヤフードームのホークスVSライオンズ戦を聴いていたら、斉藤一美アナが試合終了30分後に王監督が重大会見をするとのこと。その試合は延長12回3-3引き分けになったのだが、「胃に腫瘍が生じた為手術をするべく入院」とは。マリンでも試合開始前のメンバー表交換ではボビーと元気で握手していたというのに、ねぇ…。長嶋さんの脳梗塞とはわけが違うのに、ふと豊田泰光さんの週ベ連載「オレが許さん!」に書いてあったことを思い出した。
川上哲治さんがV10を逃すと長嶋さんに監督を禅譲したことを引き合いに出して、
「自分の地位に恋々(れんれん)としてしがみついているとね、結局、それまでの自分の業績をも軽んじられることになってしまうんです。自分がいつまでも栓になって、後輩が伸びてくるのを邪魔をしてはいけないんだ、というのを分からんと。」
ちなみに、管理人がプロ野球に関心を持った1975年と現在の
プロ野球12球団の監督の年齢は以下の通り。
1975年
ロッテオリオンズ 金田正一 42歳
日本ハムファイターズ 中西太 42歳
阪急ブレーブス 上田利治 38歳
南海ホークス 野村克也 40歳
近鉄バファローズ 西本幸雄 55歳
太平洋クラブライオンズ 江藤慎一 38歳
読売ジャイアンツ 長嶋茂雄 39歳
ヤクルトスワローズ 荒川博 45歳
大洋ホエールズ 秋山登 41歳
中日ドラゴンズ 与那嶺要 50歳
阪神タイガース 吉田義男 42歳
広島東洋カープ 古葉竹識 39歳
(平均年齢 42.67歳) 
2006年
千葉ロッテマリーンズ ボビー・バレンタイン 56歳
北海道日本ハムファイターズ トレイ・ヒルマン 43歳
東北楽天ゴールデンイーグルス 野村克也 71歳
西武ライオンズ 伊東勤 44歳
オリックスバファローズ 中村勝広 57歳 
福岡ソフトバンクホークス 王貞治 66歳
読売ジャイアンツ 原辰徳 48歳
東京ヤクルトスワローズ 古田敦也 41歳
横浜ベイスターズ 牛島和彦 45歳
中日ドラゴンズ 落合博満 53歳
阪神タイガース 岡田彰布 49歳
広島東洋カープ マーティー・ブラウン 43歳 
(平均年齢 51.33歳)
昔と比較して監督の高齢化は進化しており、ボビーはまだ若い部類だと思うケド、現役引退しても解説者とか評論家をやるにしてもメディアは限られるし、視聴ファンの目には厳しいものがあるのでいきつくところは高齢になってもまだ現場にもどりたい、そこにしがみつきたいという思いを捨ててゆっくり余生を過ごすべきだと。長嶋さんの時もそうでしたが、病に臥せた時点で「思う存分休養してください」という心境でありますから、無理やり復帰させるのは大反対でして、いつまでもONではなく、西岡、今江らに目を向けていただきたいのですから。
(7/18追記 17日に王監督の腹腔鏡による胃全摘出手術を受け、成功しました。福岡ソフトバンクホークスのプレスリリースはこちら。マリーンズからはバレンタイン監督や瀬戸山球団代表もお見舞いに駆けつけたそうですが、早期回復&復帰反対という管理人の考えに変わりありません。)
----------------------------------------------------------
明日の予告先発 マリーンズ:渡辺俊介
           合併球団:デイビー
JSportsESPN(300ch)17:45~(解説・加藤秀司)
サンテレビ 18:00~(解説・真弓明信)

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006/07/06

直行で楽勝のはずが、最後はベニーが決めた!

マリーンズ 0040100001 6
イーグルス 0000032000 5
M:清水直-薮田-○藤田-S小林雅
E:一場-有銘-牧野-徳元-河本-●小倉
[ホームラン]M:ベニー11号[ソロ]
E:山崎武司8号[3ラン]
観衆 12239人

水入りの後、ひさびさの連勝を狙うべく直行で「やるしかないねん」!
3回今江センター前安打を突破口に、西岡・堀・ワトソンとタイムリーが出て4点先制!
5回にもベニータイムリーで追加点。
直行5回まで2安打好投も、6回高須フォアボール、リック・ショート安打で1死1,2塁。ホセ・フェルナンデスをライトフライに打ち取るにこぎ着けるのも束の間、山崎武司にライトスタンドへ3ランホームランを放り込まれ2点差。今季の直行は特定のイニングでの乱調が多いのが気がかりなんですケド、7回堀フォアボールで出塁もベニーレフトフライで福浦帰塁できず併殺の直後、カツノリの代打せきさ~んがセンター前安打で出塁すると西村送りバントを里崎捕れずエラー、薮田神降臨も鉄平送りバントを薮田サードへ送球も今江の足がベースから離れてしまいフィルダースチョイス、高須に同点タイムリーを打たれてしまうのだが、リック・ショートサードゴロゲッツーは有り難かった!で流れはマリーンズに。その余勢をかって薮田神が8回、藤田が9回をピシャリと抑えると延長戦へ。10回ベニーがレフトスタンドめがけて決勝アーチキタ━(゚∀゚)━!! 
小倉恒(おぐら・ひさし)。ブルーウェーブ時代は先発にと抑えにと大車輪の活躍で分配ドラフトでやってきたイーグルスで一度戦力外通告で死んでよみがえったセットアッパーだが、札幌ドームで田中賢介にサヨナラアーチを打たれ、きょうのベニーといい、ついてないピッチャーではある。
ラストイニングコバマサ。高須・藤井を打ち取ったが、ホセ・フェルナンデス安打も山崎武司ショートフライと4者凡退で寸止め!6月14,15日のマリンのベイスターズ戦以来の連勝!直行で楽勝と考えていたら、ミス連発で5点リードが吹っ飛んでいただけに、負けていたらただではすまない試合ではあった。
つぎはボーナスステージともいえる檻戦というか、合併球団戦は8日はスカイマークスタジアム(花火ナイト!)9日は京セラドーム大阪でいずれもナイターなのでお間違えのないように!

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2006/07/05

きょうの宮城球場は雨天中止です

表題の通り、16時20分雨天中止発表。
直行がスライド登板で「やるしかないねん」!!

明日の予告先発 マリーンズ:清水直行
           イーグルス:一場靖弘
スカイ・A(285ch)17:45~(解説・村上隆行)
TBCラジオ(1260)18:00~(解説・新浦寿夫)
山形放送ラジオ(918)18:30~(同上)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/07/04

宏之好投&西岡決勝タイムリー!

マリーンズ 000120100 4
イーグルス 100011000 3
M:○小林宏-藤田-神田-S小林雅
E:●グリン-吉田-小倉
[ホームラン]M:ベニー10号[ソロ]堀5号[2ラン]
観衆 9614人

マリンで一場に完投勝利を献上した唯一の敗戦以降7連勝とイーグルスをカモにしているマリーンズであるが、交流戦ですっかり強くなったイーグルスに思う通り勝ち続けられるかは宏之・直行・俊介の表ローテにかかっているわけで、その尖兵として宏之が6月9日以来の白星を掴めるかどうか?
1回ホセ・フェルナンデスに先制タイムリーツーベースを打たれ、先発ライアン・グリンにノーヒットに抑えられていた打線は4回ベニー同点アーチ!5回今江安打、堀2ランホームランで突き放す!も束の間、その裏礒部ツーベース、バレント・藤井連続三振も西村弥(にしむら・わたる。東京情報大出)にタイムリーツーベース、6回山崎武司のセンターへの打球がサブロー追いつけず同点タイムリー打たれるが、それらを除いて惜しくない宏之のひさびさの好投に応えるかのように、7回サブローツーベース、今江・堀打ち取られたが西岡。レフトオーバーの決勝タイムリースリーベースで
ヒーローインタビューへ!

8回藤田が鉄平の代打佐竹を打ち取ると薮田ではなく神田へ。リック・ショート、ホセ・フェルナンデスを打ち取ったが、当分の間神田のほうがいいと思うし、薮田がボビー、マリサポの信頼を取り戻すのにもう少し時間がかかるのではないかと。ラストイニングコバマサ。ロードゲームが続くため川嶋あいの「一秒の光」が流れないのはいたしかたないが、山崎武司フォアボールも礒部ショートゴロゲッツー、バレント三振と三者凡退斬り!
気を緩めることなくあすも直行で確実に勝ちを掴んでゆきたい。

明日の予告先発 マリーンズ:清水直行
           イーグルス:山村宏樹
JSports2(307ch)17:45~(解説・村上隆行)
スカイ・A(285ch)22:50~(同上)
TBCラジオ(1260)18:00~(解説・佐々木信行)
山形放送ラジオ(918)18:30~(同上)

| | コメント (0) | トラックバック (21)

2006/07/03

祝!里崎&今江ファン投票出場

      パ・リーグ            セ・リーグ
先発   松坂大輔(ライオンズ)    川上憲伸(ドラゴンズ)
中継ぎ  菊地原毅(合併球団)    藤川球児(タイガース)
抑え   馬原孝浩(ホークス)      クルーン(ベイスターズ)  
捕手   里崎智也(マリーンズ)   古田敦也(スワローズ)
一塁手  小笠原道大(ファイターズ)  シーツ(タイガース)
二塁手  本間満(ホークス)       藤本敦士(タイガース)
三塁手  今江敏晃(マリーンズ)   小久保裕紀(ジャイアンツ)
遊撃手  川崎宗則(ホークス)     鳥谷敬(タイガース)
外野手  新庄剛志(ファイターズ)   福留孝介(ドラゴンズ)
       柴原洋(ホークス)       金本知憲(タイガース)
       谷佳知(合併球団)      赤星憲広(タイガース)
指名打者 清原和博(合併球団)
(7/16追記 ジャイアンツ・小久保裕紀が右手親指骨折のため出場辞退。タイガース・濱中治が代替選手として出場する)

里崎は“マリーンズが誇るお祭り男”として当確だったようなモンだから、今江は昨年監督推薦でも出場できなかったし、今季は何の実績もない中村ノリに最後まで抜かれなかったのが大きいと思う。
コバマサ、藤田、西岡は選挙でいうところの「次点」ですが、監督推薦で「復活当選」できるかどうか。今回はボビーのことですからコバマサ・西岡。監督推薦で出場する可能性がありますが、他球団でいうと平野佳寿とか八木智哉、一場靖弘などいいピッチャーはいるし、今の成績なら渡辺俊介は無理。清水直行、小林宏之、小野晋吾、久保康友は当落線上じゃなかろうか。外国人はパはファン投票選出はゼロなんで、ホセ・フェルナンデス、ベニー、ズレータあたりではないかと。合併球団は清原まではまだ許せるが、谷・菊地原、ねぇ…。
抑えがコバマサじゃなく馬原って、何考えてるんだか、投票した連中を小一時間(ry 
そもそも事前ノミネートに問題があるのであって、もしセカンド西岡、ショート渡辺正人だったら西岡ノー文句で当確だったし、プロ野球aiの「いま光っているヒーローたち 人気投票」でも2号連続西岡が川崎ムネリンを凌駕しているし。
セ・リーグも古田兼任監督やクルーンらがタイガース独占状況を阻止したのはいいんだケド、イ・スンヨプや小坂は惜しかったねぇ。監督推薦でどうかというと、すでにクルーン、シーツがファン投票選出されたので最後の枠にスンちゃん入るかどうか。
(7/4追記・監督推薦出場選手)
パ・リーグ            セ・リーグ
投手 小林雅英(マリーンズ)     岩瀬仁紀(ドラゴンズ)
    斉藤和巳(ホークス)       朝倉健太(ドラゴンズ)
    涌井秀章(ライオンズ)      三浦大輔(ベイスターズ)
    平野佳寿(合併球団)      石川雅規(スワローズ)
    吉井理人(合併球団)      木田優夫(スワローズ)
    武田久(ファイターズ)      内海哲也(ジャイアンツ)
    八木智哉(ファイターズ)     黒田博樹(カープ)
    福盛和男(イーグルス)     永川勝浩(カープ)
捕手 日高剛(合併球団)     矢野輝弘(タイガース)
                       阿部慎之助(ジャイアンツ)
内野手 西岡剛(マリーンズ)     村田修一(ベイスターズ)
     福浦和也(マリーンズ)    岩村明憲(スワローズ)
     松中信彦(ホークス)      二岡智宏(ジャイアンツ)
     中島裕之(ライオンズ)     イ・スンヨプ(ジャイアンツ)
     カブレラ(ライオンズ)      東出輝裕(カープ)
     ホセ・フェルナンデス
     (イーグルス)
外野手 森本稀哲(ファイターズ)   アレックス(ドラゴンズ)
                       青木宣親(スワローズ)
球団別内訳はパ・リーグはホークス・合併球団各6,マリーンズ・ファイターズ各5,ライオンズ4,イーグルス2。セ・リーグはタイガース7,ドラゴンズ・スワローズ・ジャイアンツ各5,ベイスターズ・カープ各3。
監督推薦としてボビーが選んだのだから文句はいえないし、コバマサ・西岡・福浦の計5人と妥当なところで、ワールド・ベースボール・クラシックに8人も出されたことに懲りたのか、今の成績なら渡辺俊介は無理だったし、直行・宏之も調子がイマイチなんで出すくらいなら平野とか八木とか福盛を出してやったほうがよかったのではないかと。個人的にもホセ・フェルナンデス、イ・スンヨプの選出は心から喜ばしく、元マリーンズということもあるが、パ・リーグの全勝願って応援する管理人としてはイ・スンヨプが敵選手であることに変わりありませんケド、
ボビー不在でも貴重なオールスター休みをチーム建て直し期間に!

| | コメント (3) | トラックバック (5)

7月3日現在の一軍登録メンバー

     登録     抹消
6.30 成瀬 善久 平下 晃司

投手 神田、藤田、小宮山、久保、清水直、薮田、小野、小林雅、渡辺俊、小林宏、
バーン、高木、成瀬
捕手 里崎、橋本、辻
内野手 フランコ、堀、西岡、今江、福浦、渡辺正、青野
外野手 サブロー、大松、ワトソン、大塚、ベニー

明日の予告先発 マリーンズ:小林宏之
           イーグルス:グリン
スカイ・A(285ch)17:45~(解説・村上隆行)
TBCラジオ(1260)18:00~(解説・新浦寿夫)
山形放送ラジオ(918)18:30~(同上)
NHKラジオ第1(東北6県のみ)18:00~(解説・梨田昌孝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

今江3ランで追い上げも・・・

P7020180
H:○神内-吉武-篠原-藤岡-三瀬-馬原
M:●久保-高木-バーン-藤田-薮田-神田
[ホームラン]M:今江7号[3ラン]
観衆 24137人

9回西岡が犠牲フライを放った時点で帰りの電車の都合もあり、画像撮影してからマリンを後にし、ベニー・里崎連続ツーベースでもう1点追加したので7-10のスコア。
約3週間ぶりのマリンということもあり、前売り購入してなかったのでいつもより早く出発。10時半ごろにマリンに着き、交流戦以降チケット売り場が移転したため「かもめの窓口」の数も増え、短めだったので当日券を購入でき、15,16日のライオンズ戦の前売り券も入手したところで11時開門。里崎Tシャツと
マリーンズ応援団写真集「マリーンズ イズ・マイ・ライフ」を入手してSS指定席へ。
2回今江・堀連続タイムリーで先制!
先発久保の立ち上がりはまあまあだったが、3回川崎ムネリンバントヒットのさい1塁へ悪送球、ホルベルト・カブレラタイムリーで1点差。問題の4回柴原・本間・城所・山崎4連打、大村打ち取るも川崎ムネリンタイムリーなどでこのイニング5失点で無念の降板。
6回ベニー・里崎連続フォアボールのあと今江。ジェット風船飛ばし準備を終えたホークスファンをあざ笑うかのごとくレフトスタンド直撃の1点差にせまる3ランキタ━(゚∀゚)━!!
7回1死2,3塁、8回1死1,2塁の逆転のチャンスも点がとれず、中継ぎ陣の粘りのピッチングをみせていたが、9回薮田、神田がつかまり、柴原タイムリーツーベースで2点差となり、無死満塁のピンチで城所・山崎連続三振のあと、大村レフトへ打ち取ったあたりがベニー捕りそこね、満塁の走者がすべて還ったことが後々まで響いた。
その裏冒頭に書いたとおりの追い上げもむなしく、4位陥落と、おとといといい、きょうといい、非常にもったいない試合であったが、15,16日のライオンズ戦までマリンでの試合がなく、フルキャストスタジアム宮城→神戸・スカイマークスタジアム→京セラドーム大阪(7月1日から大阪ドームより正式改称)→東京ドームと長期ロード。最近のイーグルスは急に強くなったり、弱いままかよくわからんが、3つすべてモノにするつもりで!

| | コメント (0) | トラックバック (22)

2006/07/01

晋吾&青野で連敗ストップ

ホークス   000200100 3
マリーンズ 04100020X 7
H:●田之上-佐藤-寺原-三瀬-竹岡
M:○小野-S小林雅
[ホームラン]H:松中15号[ソロ]ズレータ16,17号[ソロ]
M:青野2号[満塁]
観衆 26771人

ツキはじめにツキも変わるというわけで、5,6月に続く月変わり日連勝で連敗ストップすべく、小野晋吾の先発。5月30日のマリンのスワローズ戦で勝ったのを最後に川上、三浦、福原との投手戦もあって勝てずにいたが、
1回西岡安打で出塁、大松も連打で続くが西岡が三塁でアウトになり、福浦デッドボールで1死1、2塁のチャンスをつくったが先制点が取れず、2回里崎フォアボール、マティ・今江連打のあと、青野。マリサポの待つライトスタンドめがけてキタ━(゚∀゚)━!! 6月14日のマリンのベイスターズ戦に続くグランドスラム!!
3回も、マティフォアボールをはさみワトソン・今江に安打が出て1死満塁のチャンスに青野三振、西岡タイムリー安打で追加点!青野満塁弾のあと安打で出塁も盗塁失敗といい西岡の積極さが裏目なのが気になりますが。
マリーンズ6連敗中は2~3点しか取れなかったのがすでに5点も取っているので晋吾も安心のピッチングかというとそうでもなく、4回2アウトまでノーヒット好投!も
松中、ズレータに立て続けに…。
7回もズレータ被弾のあと、本間安打、城所ツーベースであわや1点差…。ではなかった!大松→西岡の中継プレーで本間を里崎好ブロックでホームアウトにした好プレーはすばらしかったし、それにしても、城所龍磨(きどころ・りゅうま)。昨年の稲嶺誉(いなみね・ほまれ)に続いてホークスの難読選手を憶えさせて戴きました。
その裏ベニーフォアボール、ワトソンツーベースのあと
辻・今江だめ押しタイムリー!!
晋吾完投勝利へ!のラストイニング、松中フォアボール、ズレータ安打で1死1、2塁。嫌らしい柴原のところで代打男・大道。晋吾完投をあきらめ、コバマサひさびさの登板で併殺打と料理。青野とともにお立ち台に立った晋吾。
「26番目の選手に支えられているからこそ連敗脱出できました」
その通りです!あすは管理人マリンに行きます。

明日の予告先発 マリーンズ:久保康友
            ホークス:神内靖
JSportsESPN(300ch)12:45~(解説・大塚光二)
福岡放送 13:00~15:25(解説・新浦寿夫)
RKBラジオ(1278)12:59~(解説・盛田幸妃)
KBCラジオ(1413)12:55~(解説・松沼雅之)

| | コメント (0) | トラックバック (30)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »