« 7月18日現在の一軍登録メンバー | トップページ | またしても打てん中止 »

2006/07/19

浦和マリーンズ、四国アイランドリーグと交流試合

四国アイランドリーグは、香川オリーブガイナーズが8月14日に、四国アイランドリーグ4チームからの選抜チームが8月15日に、千葉ロッテマリーンズ2軍(通称:浦和マリーンズ)と交流試合をいずれも高松市・オリーブスタジアム(香川県営野球場)、試合開始18時で行う。(四国アイランドリーグ公式でのプレスリリースはこちら。)チケットは全席自由おとな1200円(前売券1000円) 小・中学生700円(前売券500円)。
----------------------------------------------------------
四国選手は希望枠対象外 NPBと四国ILでルール(共同通信)
日本プロ野球組織(NPB)は7日、四国アイランドリーグ(IL)に所属する選手のドラフトの扱いについて決定事項を発表し、希望入団枠の対象としないことが決まった。
ドラフト指名を拒否して四国ILに所属した選手に対しては、抜け道にしないため社会人選手と同様、高卒選手は3年間、大卒選手は2年間指名を受けることができない。また進路調査で進学などを理由にプロ入りを希望しない意向を示しながら四国IL入りした高卒選手も3年間、指名を受けることができない。一方、プロ志望ながらドラフト指名から漏れて四国ILに所属した選手については、高校、大学、社会人いずれも1年後からドラフト対象となり、四国ILの要望を受け入れる形となった。
四国ILの石毛宏典社長は「ほぼ満額の返答をいただいた。いい方向に行きつつある」と語った。
----------------------------------------------------------
以上のニュースにあるとおり、ややこしい解釈ですが、希望枠は認めないことと、不正抑制のために一定の制限を設けながらも四国アイランドリーグで最低1年プレーすればNPBプロ野球入りの道が開けるということで、大賛成です。こちらにもありますが、プロ野球を目指す若者が四国アイランドリーグで実力をつけ、いち早くドラフト指名を受けるというプランを描くことができるのですから。お盆休みの方が多いと思いますが、浦和マリーンズの若手選手が西日本で試合できる機会はめったにないですから、青春18きっぷなどや高速バスなどでお越し頂けるマリサポのみなさんがいましたら、精一杯選手に声援を送りましょう!

|

« 7月18日現在の一軍登録メンバー | トップページ | またしても打てん中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/11011308

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和マリーンズ、四国アイランドリーグと交流試合:

« 7月18日現在の一軍登録メンバー | トップページ | またしても打てん中止 »