« 1,2,3,シロー!! | トップページ | プレーオフ第1ステージまとめ »

2006/10/09

諸積選手想い出話し

Morozumi「極私的・惜別球人スペシャル」最終回・
諸積兼司。
判る範囲内で箇条書きで想い出話しを。
1.プロ入り翌年95年のアリゾナ・ピオリアキャンプの最中に父を亡くす。開幕まもないゴールデンウィーク。風疹が流行り主力選手の欠場が相次ぎモロに試合出場のチャンスが。ゴールデンウィーク明けの宮城球場。殊勲打を放ってのヒーローインタビューで「おやじが打たせてくれた」言ったとか言わないような…。
2.その年の七夕のホークス戦。
プロ入り初ホームランを現タイガースの下柳剛から放ったのをナマで見ていた。
3.同年オフの好珍プレー集でモロのコーナーが!!
ルーキーだったジョニーが生出演していた。
4.96年6月8日のホークス戦。当時のライトスタンドは殺伐とした雰囲気が漂い、前日の大敗で「江尻・広岡出て来い」とがなり立て、なんと応援ボイコット。ジョニーVS工藤の投手戦で2点先制されたが仁村徹(のちドラゴンズ復帰、現スカウト)2点タイムリーで追い付き、9回酒井さんのツーベースで突破口、モロがサラナラタイムリー!!
5.2000年4月23日の宮城球場のブルーウェーブ戦。10-6と大勝したが、カルロスの投球を顔面デッドボール。近くの国立仙台病院(現・国立病院機構仙台医療センター)の方角から聞こえてくる救急車のサイレンをライトスタンド芝生席にて悲痛な気持ちで聞くほかなく、頬あご骨折で全治5週間もゴールデンウィークのマリンでは頬ガードつきヘルメットをかぶりマリサポの前に元気な姿をみせていた。
6.2002年8月9日のマリンのファイターズ戦。2-1リードのまま9回コバマサ劇場で同点で延長戦へ。10回裏芝草宇宙が登板し、福浦・メイが連続フォアボール出塁のあとボークで2死2,3塁からモロの打席でサヨナラワイルドピッチ!!モロがお立ち台に立つ資格がないといわんばかりお立ち台に立つことなくそのままヒーローインタビューを決行!!
7.2003年のファン感謝デー。フリートークコーナーで
「一、二軍を3往復したことが悔いに残ります」。
8.2005年4月19日の札幌ドームのファイターズ戦。今江が決勝タイムリーを放ち、ラストイニングコバマサ。石本(現スカウト)のセンターフライになるはずが捕り損ねスリーベースに。稲葉をレフトフライに打ち取って何とかなったが、取れる打球だったのだから取ってほしかった…。
9.同年5月27日のベイスターズ戦。8回金城の打球をファインプレー!!後日スポーツ魂の光るプレーなどで取り上げられる。
10.同年8月23日のホークス戦。「ガンバレ日本プロ野球!?」で放送された「始球式をもう一度」の角佳樹くんが登板するはづだったが(結局9月21日の同カードで実現)
30分待って雨天中止。とくれば楽しみはモロの雨中ヘッドスライディングショーしかないわけで、これが最後になろうとは…。
11.そして、まだ記憶に新しい引退試合

いうまでもなく、「記録より記憶に残る選手」・諸積兼司。
球団に残るとすればGyaoマリーンズ中継で澤井さん・原井さんに続く第3の解説者とか、ライオンズで高木大成さんがファンサービス担当をやっているのに倣って類似職種を用意するとか。これからの人生に幸あれ!!

|

« 1,2,3,シロー!! | トップページ | プレーオフ第1ステージまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/12214031

この記事へのトラックバック一覧です: 諸積選手想い出話し:

« 1,2,3,シロー!! | トップページ | プレーオフ第1ステージまとめ »