« プロ野球マスコット回顧&小ネタ2006【手羽元折れてもダブルピース】 | トップページ | 初芝日曜劇場 »

2006/12/03

12/2 大阪VS札幌

札幌 000000000 0
大阪 00104240X 11
札:●津野-川崎-池谷-阿波野-新浦-八木沢-橋本
阪:○山崎-野田-村田-小林-中田
高松・オリーブスタジアム 観衆 5100人

好プレーに5000人大歓声-プロ野球マスターズ(四国新聞)
プロ野球マスターズリーグの大阪ロマンズ―札幌アンビシャスが2日、香川県高松市生島町のオリーブスタジアムで行われた。県内初開催とあって、強い風雨と寒さの中で約5100人のファンが観戦。往年の姿がよみがえるような選手たちの好プレーに拍手や声援を送った。試合は大阪が11―0で快勝、通算1勝2敗とした。
大阪は18安打。打線が活発だった。1―0で迎えた五回、村上隆行(元近鉄)村上真一(元オリックス)らが4安打して一挙4点。七回にも5安打を集めて4点を奪った。守りでは強力な札幌打線を5投手の継投で完封した。
スタンドでは、子供からお年寄りまで幅広い年齢層が見守った。夫婦で観戦した同市牟礼町の大城隆敬さん(66)は「どの選手も昔のままのプレー。思わず当時を思い出した」と満面の笑み。学童野球チームのリトル庵治に所属する横井翔太君(4年)は大半の現役時代を知らないが、「プロを辞めた選手とは思えないくらい上手。とても参考になった」とあこがれのまなざしで見詰めていた。
試合前には大阪の選手による野球教室があり、小中学生ら約700人がプロの技術を教わった。

試合詳細記事はこちら

|

« プロ野球マスコット回顧&小ネタ2006【手羽元折れてもダブルピース】 | トップページ | 初芝日曜劇場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/2 大阪VS札幌:

« プロ野球マスコット回顧&小ネタ2006【手羽元折れてもダブルピース】 | トップページ | 初芝日曜劇場 »