« 今季のマリーンズを占う | トップページ | 東京VS名古屋 生観戦! »

2007/01/05

ファームゲームを千葉県下で開催?

ロッテ球団社長あいさつ「優勝奪回」 (共同通信)
ロッテの瀬戸山球団社長は4日、千葉マリンスタジアムでの年頭あいさつで「優勝奪回」「ふるさと球団化」「ファンサービス充実」「経営改革」の4つの柱を新年目標に掲げた。
今季は毎週火曜日を「花火ナイト」にするなど、曜日ごとにテーマを決めてファンサービスを実施するほか、2軍の試合を千葉県内の球場で3~5試合開催する構想も明らかにした。瀬戸山社長は「今年のスローガンはAll Hands to The Flag。チーム、ファン、フロントが三位一体で一つの目標を目指したい」と言葉に力を込めた。
-------------------------------------------------------
小林雅、小宮山が始動(時事通信)
小林雅、小宮山両投手らが4日、千葉マリンスタジアムで自主トレを開始。ランニングやキャッチボールなどで汗を流した。小林雅は「1カ月半ボールを握らず、肩やひじを休められた。いいスタートが切れた」と満足そうな表情。「目標は優勝。個人の数字は意識していない」とV奪回を誓った。
9月で42歳になる小宮山も、「頑丈な体をつくって、ファンがすごいなと思える仕事をしたい」と話していた。
-------------------------------------------------------
瀬戸山さんが掲げた目標は結構なことですが、イースタンリーグ主催試合は昨年すべてロッテ浦和球場でおこなったものの、サインをもらいやすいなどファンと選手の距離が近い反面、スタンドの狭さなど問題点がいろいろあってふるさと球団である以上、個人的には4年前にやって好評だった成田市大谷津球場とか、袖ヶ浦球場とか、天台県野球場などでやってほしいのですが。
清水直行のエキスタですが、後半の赤坂6スタ劇場で9代目林家正蔵師匠、というよりこぶ平師匠が出演され、自宅から通える東京スタジアムへよく通っていたことと、仮住まいにしていたマンションに現在住んでいる小野晋吾投手と知り合いとかでマリーンズファンを自称し、マリーンズファンの芸人といえば、林家まる子師匠とか、マグナム小林師匠しか思いつかないが。

|

« 今季のマリーンズを占う | トップページ | 東京VS名古屋 生観戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/13337624

この記事へのトラックバック一覧です: ファームゲームを千葉県下で開催?:

» 涙の浦和と [やまだ書点の万葉Blog]
澤井良輔「澤井と喜多と、澤井と喜多と、 [続きを読む]

受信: 2007/01/07 09:47

« 今季のマリーンズを占う | トップページ | 東京VS名古屋 生観戦! »