« 年末年始のプロ野球選手番組について | トップページ | ファームゲームを千葉県下で開催? »

2007/01/04

今季のマリーンズを占う

週べ新春合併特大号に各球団の戦力分析が掲載されていますが、マリーンズに関してはズレータのマリーンズ入り以前に書かれたものであるため、大幅修正が必要でしょうが、他球団をのぞいてみれば、ズレータが抜けても松中・小久保・多村でクリーンアップが組めるホークスと互角にシーズン1位争い、新庄・小笠原・岡島(セギノールも?)が抜け戦力が大幅ダウンしたファイターズ、松坂が抜けたライオンズがAクラス=クライマックスシリーズ出場権争い、イーグルスと合併球団が最下位争いとパ・リーグは三極分化するのではないか?いま清水直行のエキスタ聴きながらこれ打っているわけで。
今季のマリーンズを管理人は考えてみたわけで。
投手・・・直行・俊介・宏之・晋吾・久保の先発ローテション、あとの1枠を成瀬・呉偲佑の左腕があらそい、プラスアルファで康介・手嶌を入れたいが、課題とされる藤田・薮田神・コバマサの勝利の方程式につなぎたい中継ぎとして左は高木・川崎。右は神田・内、ルーキーの荻野でいきたいところ。敗戦処理専門?のコミーはともかく、ジョニーとか浅間敬太リング、柳田ドスコイ君にもチャンスをあげたいが。
捕手・・・里崎&橋本のツイン正捕手が定着したものの、
辻を出した以上青松・金澤にもチャンスを。
内野手・・・福浦・西岡・今江まではカタイが、セカンドのレギュラーポジションをめぐって堀・青野・渡辺正人・根元・早坂・塀ちゃんとホットそのもの。前出の週ベ戦力分析によれば「打力なら青野、守備力と走力なら根元」がリードしているようだが…。
西岡からクリーンアップにつなげるべく2番打者をどうするか?
外野手・・・ボビーの起用法にもよるが、DHズレータ・レフトベニーが望ましく、DHが使えない交流戦ビジターゲームはズレータ外野守備はやむをえない選択か。ほかはサブローが一歩リードしているが、大塚アキラはともかく、大松&竹原の3年目コンビの起用が増えるのは確実で、諸積の後釜ともいうべき早川もしくは代田も捨てがたい。あとは垣内か井上純がやっていた代打の切り札的存在が欲しいところだ。

|

« 年末年始のプロ野球選手番組について | トップページ | ファームゲームを千葉県下で開催? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/13332064

この記事へのトラックバック一覧です: 今季のマリーンズを占う:

« 年末年始のプロ野球選手番組について | トップページ | ファームゲームを千葉県下で開催? »