« 豪選抜との練習試合に先勝! | トップページ | 大嶺、ボビーの目の前でピッチング! »

2007/02/15

練習試合は1勝1敗

「左殺し」松本が実戦デビュー (スポーツニッポン)
ロッテは14日、オーストラリア・ジーロング市でオーストラリア選抜と練習試合を行い、左横手投げの大学・社会人ドラフト8巡目、松本幸大投手(デュプロ)が実戦デビュー。2回3安打1失点も、打者10人のうち左打者との3打席は完ぺきに抑え「左殺し」の片りんを見せた。
同点で迎えた8回、まずは先頭の4番・ブライスと対戦。04年アテネ五輪銀メダルの代表選手を外角いっぱいの直球で見逃し三振に仕留めた。四球と中前打で2死一、二塁とされるも、続くデサンミゲルを得意のシュートで三ゴロ。9回には2死一塁で再びブライスを空振り三振に打ち取った。左打者をすべて抑え「意外と楽しめました」と笑顔を見せた。
昨年ドラフトで指名された57選手中、最後に指名された男。それでもバレンタイン監督は「スライダーの切れが良かったので、より効果的だった。ベースの両サイドに投げ分けられる力があった」と期待をかけた。チームは15日に2次キャンプ地の鹿児島へ移動。松本は「里崎さんらにいろいろなことを聞いて修正していきたい」と1軍生き残りへ意欲をみなぎらせた。
1次キャンプ打ち上げ
ロッテはオーストラリアでの1次キャンプを打ち上げた。序盤は寒暖の差が激しい気候により、練習開始時間の変更を余儀なくされたが、バレンタイン監督は「やるべきことはできた。大きな故障者もなく順調に仕上がっている」と手応え。来年以降のオーストラリア開催についてはキャンプ終了後に検討する方針。試合後は球場の地元ボランティアの人々とバーベキューを行い、交流を深めていた。
-----------------------------------------
オーストラリア選抜 000110101 4
マリーンズ      100000200 3
M:成瀬-内-古谷-荻野-松本
[ホームラン]M:竹原

きのうとうってかわってキャッチャー・里崎、ファースト・福浦、セカンド・堀、サード・塀内、ショート・TSUYOSHI(西岡)、レフト・平下、センター・大塚、ライト・南、DH・竹原のスタメンで臨み、打では竹原の2戦連発。投は先発成瀬が好投。呉偲佑が出遅れているだけに実質2年目のジンクスは関係なし!荻野&松本のルーキーコンビはともに1失点といまひとつの出来ではあったが、やまけんが間に合わないようだと荻野にかかる期待大だし、藤田はともかく高木は先はそう長くないので松本の起用も面白いのでは。
猛暑など異常気象に悩まされ、時差練習を強いられた時期はあったものの、全体として意義あるジーロングキャンプであったし、鹿児島入り後は韓国ロッテジャイアンツとの練習試合が3試合組まれ、24,25日の鴨池球場にてイーグルスとのオープン戦となりますが、「北のマー君・田中将大にプロの洗礼を!」

|

« 豪選抜との練習試合に先勝! | トップページ | 大嶺、ボビーの目の前でピッチング! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/13912828

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合は1勝1敗:

« 豪選抜との練習試合に先勝! | トップページ | 大嶺、ボビーの目の前でピッチング! »