« 対韓国ロッテ練習試合 その1,2 | トップページ | 大嶺、フリー打撃登板! »

2007/02/22

対韓国ロッテ練習試合 その3

22日 鴨池球場
韓国・ロッテジャイアンツ 0010000 1
千葉ロッテマリーンズ  100000X 1
M:小野-高木-加藤-神田
------------------------------------------
(このエントリーは2/23,AM0時30分に書いています)
ショートTSUYOSHI(西岡)、センター早川、DH福浦、ファーストズレータ、レフトベニー、キャッチャー里崎、ライトワトソン、サード今江、セカンド塀内のスタメンで臨んだが、中盤から降り出した雨が7回に強くなり、7回表終了後に中断。結局そのまま雨天コールドゲームとなり、1対1の引き分けと韓国ロッテ・ジャイアンツとの練習試合を2敗1分で終わり、また、大嶺・黒滝・呉偲佑がフリー打撃に登板も。
大嶺にとっても打者との対戦がないままオープン戦登板するのもしゃくですからね。
「南のユウタVS北のマー君」まであと2,3日!
------------------------------------------
ロッテ大嶺、ボビー指令でサイン会(日刊スポーツ)
ロッテのドラフト1巡目・大嶺祐太投手(八重山商工)が21日、ボビー指令で“休日返上”サイン会を行った。薩摩川内市総合運動公園野球場で、韓国ロッテとの2軍練習試合を視察したバレンタイン監督に急きょ呼び出され、200人のファンにサインした。
「大嶺はどこだ?」という監督の一声で、ラーメン店で昼食中だった大嶺の携帯電話が鳴り、サイン会開催が伝えられた。ファンサービスを第1に考える監督だけに、平日にもかかわらず集まった多くの人を喜ばせようとする強権発動?にも、笑顔で駆け付けた。
1つ1つ丁寧にサインしてペンを置くと「監督や1軍の選手は(プレーだけでなく)こういうのを含めてすごいと思う」と感心し、プロとしての貴重な仕事を学んだ。夜には2軍選手と同市内の名湯・高城(たき)温泉で疲れを癒やし、25日の「プロ初登板」へ向け、充実の休日を過ごした。
小野が2回無失点と好投
ロッテ小野晋吾投手が22日、韓国ロッテとの練習試合に先発登板。変化球の感覚などを確かめながら2回を投げて被安打1、無失点と好投した。例年苦しめられている腰痛も出ておらず順調だが、「何球か反省しないといけないボールがあった」。試合は7回表終了後に雨が激しくなり、1-1の降雨コールドで終了した。

|

« 対韓国ロッテ練習試合 その1,2 | トップページ | 大嶺、フリー打撃登板! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/14013877

この記事へのトラックバック一覧です: 対韓国ロッテ練習試合 その3:

« 対韓国ロッテ練習試合 その1,2 | トップページ | 大嶺、フリー打撃登板! »