« あぁ、首位陥落・・・ | トップページ | 6月28日現在の一軍登録メンバー »

2007/06/26

管理人的交流戦感想2007

マリーンズのV3ならず…。で幕を閉じたパ・セ交流戦。
前半戦はファイターズに付かず離れずの10勝2敗のハイペースも、それ以後は3勝8敗1分と失速。マリンでのホームゲームは7勝4敗1分と勝ち越したものの、DHの使えないビジターゲームでは甲子園・広島・尾道・横浜と5連勝のあと、横浜・ナゴヤドーム・東京ドーム・神宮と6連敗が響いて最後の最後で2年連続の里崎逆転グランドスラムで一矢報い6勝6敗とタイスコア。投手陣の打撃成績でも成瀬、直行、宏之が各1安打のみで、ピッチャーの打順になると代打攻勢をかけてきたこともありますが。ズレータ・今江・TSUYOSHI(西岡)などけが人が多かったのが痛かったですね。
対戦したい選手、見たい選手が見られないのはローテーションの都合上など、毎年のことですが、何といってもおととし、昨季と3試合づつの36試合でおこなわれてきたのが、今季は2試合づつの24試合に減らされたのが大きいですね。11月の日程発表時に懸念していたことですが、月・木、火・金と予備日・移動日=試合のない日が週に2日あってつまらなかったり、月曜イコール野球のない日という規定概念があるためか、マンデーパ・リーグがあったときでもラジオですらほとんど中継しなかったのが、月曜日(5月28日,6月11日)の試合は地元球団のある地域しかラジオ中継がなかったり、土日移動の件もマリーンズの例ではマリン→甲子園、横浜→ナゴヤドームはサブローグによればいずれも試合終了後ただちに当日移動だったそうで、雨天中止の順延試合は最小限で済みましたが、マリンのカープ戦など雨天強行試合もあったりして問題点を数えたらきりがありません。
おととしの失速を交流戦のせいにしたくらい、交流戦を苦手とするドラゴンズ・落合監督が「お客さんは飽き飽きしてんじゃない。つまらない試合があるということ。見たくない人は来なくていいんじゃない」と言っていたのが一転、「2試合のメリットはあったと思う。昨季よりお客さんは入ったんじゃないか。そういう意味では成功だと思う」とコメントしましたが、確かにマリンでも土日デーゲームはよく入ったし、初の週末開催となったタイガース戦は両日共満員札止めの3万人超でしたが、オールスター明けの7,8月の夏休みの書き入れ時にやるべし、ホームビジター隔年開催、3連戦づつにもどし、DH制&予告先発全面採用、タイガース主催試合は地方開催(グリーンスタジアム神戸、倉敷マスカット、松山坊っちゃんスタジアムなど)にすべきだと管理人は考えます。
セ・リーグ球場のチケット料金の高さには依然として変わりなく、マリンをはじめとするパ・リーグ本拠地球場にてラッキーセブンに対戦相手のセ・リーグ球団歌も流したりするのとは対照的に、セ・リーグ本拠地球場にてラッキーセブンに対戦相手のパ・リーグ球団歌を流してもらえず、神宮など一部除きヒーローインタビューの音声を流してもらえないなどセ・リーグ球団のビジターファン冷遇も変わらず、パ・リーグファンに温かいファンサービスを心がけるべきではないかと。
(管理人的交流戦感想はおととしはこちら。昨季はこちら。)

|

« あぁ、首位陥落・・・ | トップページ | 6月28日現在の一軍登録メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/15571272

この記事へのトラックバック一覧です: 管理人的交流戦感想2007:

» 2007年交流戦 [厩戸王子の独り言]
<プロ野球交流戦>動員数はセ3.1%増、パは15.7%増 2007年6月27日(水) 20時25分 毎日新聞  セ・パ両リーグは27日、前日に終了した交流戦の観客動員数を発表した。計144試合で368万7050人で、1試合平均では2万5605人となり、交流戦導入3年間で最多となった。試合数が1チーム36試合から24試合に減ったことで日程に余裕ができ、過去2年間よりも土・日曜に開催する試合の割合が増えたことが影響したとみられる。  リーグ別に見ると、セ主催は194万9050人、パ主催は173万8... [続きを読む]

受信: 2007/06/27 21:33

» 2007年交流戦総括 [FREE TIME]
プロ野球もセ・パ交流戦も昨日で終了。 今日・明日と試合はなく、明後日から通常のリーグ戦が再開します。 今回は今年のセ・パ交流戦を自分なりに総括したいと思います。 [続きを読む]

受信: 2007/06/27 23:23

» プロ野球版IWGPの開催を! [しっとう?岩田亜矢那]
今年の交流戦は北海道日本ハムファイターズの優勝で幕を閉じた。 (正確には雨で流れた試合が26日まで残っているが) 今年はこの後、のべ3球団の優勝チームが誕生する。 パ・セそれぞれのリーグ優勝 そして日本シリーズの覇者。 問題は今年のルールでいくと この4つの優勝、総て違う球団である可能性があるという事 「ゴチャゴチャ言わんと、誰が一番強いのか決めたらええんや!」 と前田日明も言ってる通り、それならこの4球団で戦えば良い。 4つのチャンピオンが一同に集い、真の最強王者を争う プロ野球版IWGPを... [続きを読む]

受信: 2007/06/28 09:11

« あぁ、首位陥落・・・ | トップページ | 6月28日現在の一軍登録メンバー »