« 8月6日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 久保ひさびさの先発も・・・ »

2007/08/07

石垣島でファンクラブ結成、その一方で・・・

「1SHIGAKI26」ファンクラブ名称決まる(八重山毎日新聞)
千葉ロッテマリーンズの八重山限定公式ファンクラブは名称が「1SHIGAKI26」(いしがき26)に決まり、8月1日から会員を募集することになった。千葉ロッテマリーンズを石垣島へ呼ぼう会(大城文博会長)と球団が立ち上げる、八重山在住者に限ったファンクラブ。球団担当者によると、プロ野球で地域限定ファンクラブの設立は初めてといい、さまざまな入会特典を用意している。
球団事業部の島田達人、光本圭佑の両担当者が設立準備のため来島しており、大城会長の案内で28日、八重山毎日新聞社を訪れた。両氏は「キャンプ期間中は会員参加のイベントも企画している。会員になればメルマガを配信し、例えば、きょうの大嶺投手の画像など会員限定の情報を考えている」と会員特典をPRした。
ファンクラブ名は大嶺投手の背番号「1」を「I」に見立てて、頭文字にした。26は球団独自のファン用背番号。1軍ベンチ入りメンバーが25人までとなっていることから、ファンを26番目の戦士・選手と位置づけている。
ファンクラブ立ち上げ日の1日はA&W東側の特設会場でセレモニーを行ったあと、午前11時から午後5時まで入会受け付けを行う。大城会長は「立ち上げ日に、応援用のぼりを一斉に掲げてほしい」と呼びかけている。
入会受け付けは2日以降は呼ぼう会事務局で。募集期間は11月30日まで。この間の入会者から抽選で10人に大嶺投手サイン入りのユニホームをプレゼントする。会員になると会員証の交付、メルマガの配信が受けられるほか、入会記念品としてユニホームシャツかオリジナル帽子を選ぶことができる。
入会金は大人2000円、子ども(15歳以下)1000円。本来ならそれぞれ3500円,3000円だが、八重山限定ということで安くした。会員は八重山に住民登録をしている人に限定する。
ロッテ1軍鹿児島キャンプ 市など受け入れ拒否(南日本新聞)
鹿児島市、県などでつくる「ロッテ受入関係団体連絡会」は7日、プロ野球千葉ロッテマリーンズが打診していた鹿児島市での来春の1軍2次キャンプについて「地元の関係団体の総意として受け入れない」と発表した。事務局の同市が球団に伝え、ロッテ側も了承した。
ロッテは6月28日、沖縄県石垣市で3週間程度の1軍キャンプを行うと発表。鹿児島市に対して「受け入れ可能なら、練習試合とオープン戦を中心に5日間程度の2次キャンプをしたい」と申し入れていた。
申し入れ後、県、市のほか観光関係団体や鹿児島後援会などでつくる同連絡会は対応を協議。「短期間ではキャンプの意味がなく、受け入れ側の負担も大きい」「鹿児島でのキャンプを再開する可能性は薄い」などの意見が出され、8月3日に全会一致で受け入れ拒否を決定した。
オープン戦の実施について、鹿児島市観光振興課は「球団と興行主が決めること。今回の決定にかかわらず、鹿児島で開催される可能性はある」と説明。今春、同市と薩摩川内市で約1カ月間実施した2軍のキャンプ地は「今のところ未定」としている。
ロッテは1972年から鹿児島市でキャンプを続けてきた(96年は中止)。昨年、サブグラウンドの整備や防球ネットの設置など施設改善を要望。県と同市はサブグラウンドについては整備困難、ネットは来年以降のキャンプに間に合うよう検討すると説明していた
心から感謝している
千葉ロッテマリーンズ・瀬戸山隆三球団社長球団代表
「鹿児島のみなさんには長い間、本当に多くの方々にお世話になり心から感謝している。大変残念だが、今後もいろんな形で応援していただければと思っている」
-----------------------------------------
こちらでも既報しましたが、管理人的にはキャンプ地=準フランチャイズという考えですから、石垣島が新キャンプ地となったことで地元から盛り上げようとする動きは歓迎に値します。その一方で30数年続いていた鹿児島キャンプが事実上撤退というのは、ねぇ…。せめて鴨池球場でのオープン戦、一軍公式戦ぐらいはやってもらいたいのですが

|

« 8月6日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 久保ひさびさの先発も・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/16041800

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島でファンクラブ結成、その一方で・・・:

» 鹿児島県に「ロッテ受け入れん会」発足 チームは敗戦 [Flower that blooms in snow]
今日(7日)、「スカイマークスタジアム」にて開催された 「オリックス・バファローズvs千葉ロッテマリーンズ」の 一戦は、バファローズの先発・平野佳寿投手が最終回まで 1人で投げ抜き、マリーンズ打線を「5安打無四球無失点」に 封じ込めて「3-0」でバファローズが勝利しました。そして、 マリーンズの連勝は「4」で止まりました。(ニッカン式スコア) 今日はマリーンズにとって「マイナス材料」になりそうな ことが明らかになりました。鹿児島県や市などで作られた 「ロッテ受入関係団体連絡会」が... [続きを読む]

受信: 2007/08/07 23:23

» おかえり久保、さようなら鹿児島。 [千葉ロッテマリーンズ どーでもよさげなトピックス]
あっさりと完封されました…。 とはいえ、復帰の久保の投球は評価できると思いますし、 藤田が1イニングをピシャリと抑えて、 調子が上向きっぽいのはプラス材料でしょう。 というわけで、明日は気持ちを切り替えてほしいもんです。 さて、試合の話題もあっさりとここまで..... [続きを読む]

受信: 2007/08/08 07:47

« 8月6日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 久保ひさびさの先発も・・・ »