« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/30

俊介完投!今江サヨナラ打!

P9300404
F:武田勝-●金森
M:○渡辺俊
観衆 17123人

目前胴上げを決められたマリサポの涙雨というべきか、ハマスタは中止だというのに、
11時15分頃に海浜幕張駅に着いてみたら中止の表示がなかったので、シャトルバスでマリン入りし、売店通路は雨よけで人大杉状態!!寒かったのでうどん2杯、ホットコーヒー1杯口に入れたが。前夜の興奮そのままに一晩飲み明かして試合ができない状態になっているのを恐れてか、鎌ヶ谷ファイターズともいうべきスタメンで固めてきた模様。「昨夜美酒に酔いしれ二日酔いのファイターズに大勝といきたいところ」(テキスト速報文より)だったが、降りしきる雨のなか試合開始が遅れに遅れ、1時間45分遅れの
14時45分プレーボール。昨年の神宮でも1時間遅れだったし、最近の広島では1時間半遅れの例もあったことだし。なんだか、早く試合を終わらせようと言わんばかりの淡白とした試合展開で、早打ちが目立ったような。
先発渡辺俊介。6回まで1安打好投!武田勝となかなかの投手戦。
7回川島にツーベースを打たれ、代打田中賢介が送り、工藤隆人敬遠で歩かし、
陽仲壽のファーストゴロをズレータが押さえ込んだが、その間川島ホームイン。
紺田ショートゴロをTSUYOSHI(西岡)はじいてエラーも、三塁封殺であーしんど。
5回まで武田勝にノーヒットに抑えられていた打線は、
6回。TSUYOSHI(西岡)に初安打が出たが、早川の打席で飛び出しアウトorz
8回。橋本たすく安打で出塁も、TSUYOSHI送りバント失敗のあと、早川安打、
代打大松起死回生のライトへ同点タイムリーツーベース!!
そして9回。オーティズ内野安打、今江右中間へサヨナラスリーベース!!
センターひちょり(DHで出場)じゃなかったことと、オーティズが欽ちゃん走りよろしく
一塁から長駆全力疾走したことがよかったのか!?俊介&今江のヒーローインタビュー前にボビーがトレイ・ヒルマンとともに場内一周して両チーム応援団がエールの交換。
トレイ・ヒルマンのボビーに対する心暖まる別れのあいさつだったのかどうか。俊介が雨男と言う通り、雨によるスライド登板にはじまり、シーズンラスト登板は雨による試合開始遅れと最後まで雨にほんろうされたわけだが、2位で終えてマリンでクライマックスシリーズがやりたいと口をそろえていたのが印象的だった。かくいう管理人もクライマックスシリーズチケット第1ステージ第1戦(10月8日)を引き換えたわけで、
マリーンズ2位確定マジック2。
P9300398_2P9300400P9300407

| | コメント (0) | トラックバック (24)

V2ファイターズにエールを

0709292121272Img_1686
いま、CSプロ野球ニュースでファイターズのビールかけを
千葉マリン遠征宿舎・ホテルグリーンタワー幕張(おそらく?)にて。
森本ひちょりあたりが「栄町で撮られちゃってください」などとほざいてるかもしれん。
(元ネタはマリーンズ優勝時の清水直行の「中洲で撮られちゃってください」発言)
当ブログで書くのもナンですが、マリーンズにとってファイターズ戦は開幕戦引き分けからはじまり、7月の札幌ドームで3タテ喰らったが、8月のマリンで3タテ返し、中旬の札幌ドームで3点差からひっくり返し、メークドラマだと息巻いたとたん、9月中旬のマリン4連戦での1勝3敗が結果的に響いた。(11勝11敗2分)
そして、交流戦優勝につながった怒涛の14連勝が序盤の低迷を帳消し!
武田久&マイケル・ナカムラの勝利の方程式が磐石であったが、コバマサ・馬原・小野寺・福盛・加藤大輔などパ・リーグ他球団のストッパー炎上は武田久&マイケル・ナカムラも例外ではなく、打ち込まれて落とした試合は枚挙にいとまがないことを考えても昨季のような絶対的な強さではなかったが、ダルビッシュが絶好調で、武田勝・グリン・吉川光夫らの先発陣もよかったし、江尻・押本の中継ぎもね。
小笠原&新庄の穴が気掛かりだったが、ひちょり&田中賢介の1,2番コンビ、稲葉・セギ様・金子誠・坪井・高橋信二は元気いっぱいだったし、小谷野栄一・鶴岡慎也に稲田直人・紺田敏正・工藤隆人などといった若手も出てきたことで見事に小笠原&新庄の穴埋めに貢献したといってもいいのではないだろうか。
マリーンズをはじめパ・リーグ諸球団はどこも決定点に欠け、結果として一歩抜きん出たファイターズ・マリーンズ・ホークスがクライマックスシリーズ出場を果たし、ライオンズは松坂メジャー移籍などで戦力が小粒化し、最下位脱出のイーグルス、最下位確定の合併球団を比較して監督の資質、戦力の育て方などの点で差がついたとおもう。マリーンズとしては2位で終えてクライマックスシリーズはマリンでホークスで対戦して札幌ドームではリベンジして日本シリーズへ!「サッポロへイキマショー」!

| | コメント (1) | トラックバック (15)

2007/09/29

あぁ、目前胴上げ・・・

ファイターズ 000001206 9
マリーンズ  000000100 1
F:○スウィーニー-武田久-マイケル・ナカムラ
M:●久保-藤田-小宮山-小林雅-高木-荻野
観衆 30014人

今季から優勝の定義が改められ、昨季まではパ・リーグにおいてはプレーオフを制した者=優勝であったが、セ・リーグでもプレーオフ改めクライマックスシリーズが実施されることになり、レギュラーシーズン1位イコール優勝であって、クライマックスシリーズ覇者は日本シリーズ出場権を得るだけに過ぎず、イコール優勝ではないのだ。
大一番だけあって、は17時15分チケット完売!満員御礼!
トレイ・ヒルマンinマリン胴上げ断固阻止の大任を背負うかたちで久保康友先発。
6回まで6安打1失点となかなかのピッチング。
4回サブロー・里崎連打も、大松ショートゴロとスウィーニーを打てない。
7回ひちょりに犠牲フライを打たれたところで久保がマウンドをおり、
藤田登板も田中賢介にタイムリースリーベースを打たれ、稲葉三振。
その裏サブロー安打、里崎フォアボール!大松サードゴロが進塁打となり、
ズレータサードゴロでサブローホームイン!
8回コミー登板も1死1,3塁と大ピンチも、一軍復帰小林雅英ひさびさの登板!
飯山ライトライナー、稲田ピッチャーゴロに打ち取り、復活をアピール!
しかし9回ノーアウト1,3塁のあと高木登板も田中賢介・稲葉とタイムリー、
荻野登板も陽仲壽(ヨウ・チョンソ)タイムリー。中嶋の打席で気がついたが、もし高木を引っぱっていれば、高木晃次VS中嶋聡という、NPBにおいて絶滅危惧種とされる阪急ブレーブス生き残り対決が見れたのに…。
飯山犠牲フライ、稲田2点タイムリーツーベース、金子誠ショートゴロで、あーしんど。
その裏マイケル・ナカムラ登板も、サブロー・里崎意地の連打!
大松の打席で懐かしの垣内哲也ヒッティングマーチが。開幕第2戦の里崎以来か?
しかし、大松・ズレータと連続空振り三振で試合終了…。
北海道日本ハムファイターズ2年連続4度目のパ・リーグ優勝が決定!
屈辱のトレイ・ヒルマンinマリン胴上げ…。
その瞬間チバテレビ中継が終了したため、スカパー中継で節丸裕一アナが触れていたが、ボビーは、選手たちに「みんな、ちゃんと見とけよ」と言わんばかりに胴上げをみせたとか。
ヒルマン監督の退任表明でボビーは「日本の野球界にとって素晴らしい人物を失うことになる。家族との時間を大切にしたいのだろう。すべてがうまく運ぶように祈る」とエールを送ったという。ファイターズ優勝自体のエール文は別エントリーで書きますが、
残り5試合で今季終戦…。最後まで優勝の可能性があったと思えばここまでよくがんばったのではないかと。ただそれだけに残念で悔しいわけで。昨季から勝利数&勝率がアップしたとはいえ、過去ここまで辛い目にあってきたのですから、せめて2位で終えてマリンでクライマックスシリーズがやれるよう、日本シリーズ・アジアシリーズに行けるよう、最後の最後まで選手にはがんばってもらいたい。

明日の予告先発 マリーンズ:渡辺俊介
            ファイターズ:武田勝
JSports1(306ch)12:45~(解説・大塚光二、垣内哲也)
HBCラジオ(1287)12:50~(解説・岩本勉)
STVラジオ(1440)12:55~(解説・高橋雅裕)

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2007/09/28

早川が決めた!2位浮上!

マリーンズ 1000000001 2 
ホークス  0000010000 1
M:小野-○川崎-薮田-S藤田
H:杉内-水田-●馬原
[ホームラン]M:早川5号[ソロ]
観衆 31425人
Img_1684
前半戦まで成瀬と防御率を争っていた杉内相手では苦戦が予想されたなか、
早川がレフトポール直撃先制アーチを放つ!
しかし4回1死満塁のチャンスも、
ベニー三振、オーティズファールフライに打ち取られてしまうorz
前回ホークス相手にマリンで好投した小野晋吾先発。
5回まで4安打。が、6回的場ツーベース、川崎ムネリンに同点タイムリー…。
しかし、川崎雄介が大村を瞬殺すると、9回まで好リリーフ!
延長10回馬原登板。マリーンズ戦でも延長突入のたびに馬原を出され、
前回マリンでは馬原を打てず、逆に田上に決勝犠牲フライを打たれたり。
24日のファイターズ戦では、4イニング投げて引き分けに持ち込んだ疲れからか、
オーティズツーベース!今江が送り、TSUYOSHI(西岡)サードゴロも、
早川センター前へ決勝タイムリーを放つ!
その裏薮田神降臨!本多雄一に安打を打たれたが、
藤田が川崎ムネリンをショートゴロに打ち取り、3連勝&2位浮上!!
福岡ドーム&北九州市民球場で今季6勝6敗1分と互角の戦い。
クライマックスシリーズは福岡ドームよりマリンでやるにこしたことはないが、
西武ドーム今季最終戦&投げる金剛力士像・石井貴引退試合だというのに、
ライオンズはファイターズに逆転敗戦。マリーンズがマジック対象チームということになり、優勝マジック2。マリーンズが目前胴上げを許したのは93,03年くらいなもので、
かの88.10.19をはじめとして、95年ブルーウェーブ胴上げを阻止した神戸大決戦、2000年初芝さんが活躍してホークスのマリン胴上げを阻止するなど、
目前胴上げ阻止には自信を持っている!
いざ、久保康友でトレイ・ヒルマンinマリン胴上げ断固阻止だ!

明日の予告先発 マリーンズ:久保康友
            ファイターズ:スウィーニー
JSports1(306ch)17:45~(解説・橋本清)
チバテレビ 18:15~21:25(解説・初芝清
NHKBS1 18:05~(解説・大島康徳)
TBSラジオ(954)17:50~(解説・盛田幸妃)
文化放送(1134)17:50~,STVラジオ(1440)17:57~
(解説・片岡篤史)*ネット局 茨城放送、栃木放送、KBS京都
ニッポン放送(1242)17:30~(解説・関根潤三)
NHKラジオ第1(北海道のみ)18:05~(解説・与田剛)
HBCラジオ(1287)17:50~(解説・金石昭人)

| | コメント (0) | トラックバック (23)

2007/09/27

成瀬完封&竹原2発!!

マリーンズ 100500000 6 
ホークス  000000000 0
M:○成瀬
H:●和田-竹岡-ニコースキー-藤岡
[ホームラン]M:竹原7,8号[いずれもソロ]
観衆 31143人
0709280045261
(画像はすぽるとより)
プレーボール前の防御率は、成瀬1.81,ダルビッシュ1.82と僅少差。
7月18日から2ヶ月以上パ・リーグ防御率No.1を守り続けてきた成瀬にとって、
なにがなんでも失点できないというプレッシャーがかかったのは事実。
すでにホームラン6本中2本(ほかにオープン戦でも)を
先発・和田毅から放っている竹原!
早くも初回レフトスタンドへ先制アーチを放つ!
4回にもライトスタンドへ2本目を放ち、

すくなくとも和田・帆足をカモにしていることに。
安打で出塁したサブローが二盗・三盗を決め、ズレータフォアボール。
ベニー犠牲フライ、今江2点タイムリーツーベース、
TSUYOSHI(西岡)タイムリーで追い討ち!
成瀬5安打完封!!防御率も1.81→1.71とダルビッシュに水をあけたが、

成瀬、ダルビッシュともに来週がレギュラーシーズン最終登板となるので、
防御率争いは最後の最後まで気が抜けなさそう。
ファイターズ2夜連続逆転勝ちで優勝マジックが5→3へ。
ここまできたら29,30日のマリンは意地で連勝することで目前胴上げ阻止を!

明日の予告先発 マリーンズ:小野晋吾
              ホークス:杉内俊哉
JSportsESPN(300ch)17:45~(解説・藤本博史)
TOKYO MX 19:00~21:55(解説・若田部健一)
テレビ西日本 19:00~20:54(解説・池田親興)
RKBラジオ(1278)17:58~(解説・浜名千広)
KBCラジオ(1413)17:57~(解説・西村龍次)

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2007/09/26

今江執念の決勝打でクライマックスシリーズ出場決定!!

マリーンズ 0300000012 6
ライオンズ 2001010000 4
M:小林宏-荻野-○川崎-S薮田
L:涌井-三井-グラマン-●山岸
[ホームラン]M:ズレータ15号[3ラン]
観衆 13260人

(これは9/27AM1時~2時頃に書いてます)
クライマックスシリーズチケットの抽選結果だが、管理人が応募した
第1ステージ第1戦(10月8日),第2ステージ第1戦(13日)第2戦(14日)
すべて一塁側特別内野指定席オール当選!!
ただし、このチケットを生かすも殺すも選手たちの戦いぶりにかかってくるわけで、
すべての可能性を賭けて戦っているつもりですが、3位で終わってほしくない。
先発小林宏之の立ち上がりはよくない。
1回和田ベンちゃんの2点タイムリースリーベースで先制されたが、
2回サブロー安打、里崎ショートナカジのフィルダースチョイスでそれぞれ出塁し、
ズレータ西武ドームで4本目となる幕張ファイヤー逆転アーチ!!
しかし、4回おかわり君の打席でワイルドピッチで同点。
6回ナカジタイムリーツーベースで逆転され、このイニングで宏之マウンドを降りる。
荻野7回好リリーフも8回2死満塁のピンチを川崎が封じると、
9回オーティズフォアボール、早川安打でチャンスをつくり、
福浦起死回生の同点タイムリー!!延長戦へ。
10回ベニー安打をはさんで里崎・たすくフォアボールで1死満塁から、
今江執念の決勝タイムリー!!TSUYOSHI(西岡)タイムリーで追い討ち!!
川崎続投で2アウトまでこぎつけたが、和田ベンちゃんに安打を打たれ、
薮田神降臨!江藤をセンターフライに打ち取り、
マリーンズクライマックスシリーズ出場決定!!
ライオンズ26年ぶりのBクラス確定。というわけで、文化放送ライオンズナイターも
今季は28日で終了。かわのをとやさん、今季はありがとうございました。
松坂メジャー移籍はもちろんのこと、頼みの先発も涌井・西口・岸孝之くらいなもので、
小野寺は抑えに向いてなかったし、打線もカブレラ・ナカジにおんぶにだっこで、
森監督時代の常勝ライオンズの面影もなく、放って置くと低迷が続くのではないだろうか。福岡ドームでは、加藤康介移籍後初先発も、小久保・川崎ムネリンにタイムリーを打たれ6イニング3失点。札幌ドームでは、ダルビッシュが田中将大とのガチンコ対決にまたも勝ち、防御率1.82と、あす先発の成瀬にプレッシャーがかかるかたちになったわけだが、マリンで胴上げさせませんぞ!!
--------------------------------------------------------------
千葉ロッテマリーンズは、この日の勝利で今季の勝率上位3位以内が確定しました。マリーンズが残り8試合に全敗すると最終69勝68敗7分の勝率.504。現在4位以下の3チームが残り試合に全勝した場合の最終勝率はライオンズ.500,イーグルス.493,合併球団.468となりマリーンズに及ばないため。
--------------------------------------------------------------
明日の予告先発 マリーンズ:成瀬善久
              ホークス:和田毅
JSportsESPN(300ch)17:45~(解説・若田部健一)
TOKYO MX 19:00~21:55(解説・浜名千広)
テレビ西日本 19:00~20:54(解説・池田親興)
NHKラジオ第1 18:00~(解説・大野豊)
RKBラジオ(1278)17:58~(解説・島田誠)
KBCラジオ(1413)17:57~(解説・藤原満)

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2007/09/25

9月25日現在の一軍登録メンバー

     登録      抹消
9.16 神田 義英  渡辺 正人  
9.18 藤田 宗一  小林 雅英
9.21 吉井 理人  神田 義英
9.22 中郷 大樹  吉井 理人

投手 荻野、藤田、小宮山、久保、清水直、薮田、小野、渡辺俊、中郷、小林宏、
高木、川崎、成瀬
捕手 里崎、橋本
内野手 オーティズ、堀、TSUYOSHI(西岡)、今江、福浦、塀内
外野手 サブロー、大松、大塚、竹原、ズレータ、早川、ベニー

明日の予告先発 マリーンズ:小林宏之
            ライオンズ:涌井秀章
JSportsPlus(308ch)17:30~(解説・内藤尚行)
テレ玉 18:00~21:30(解説・松沼雅之)*最大延長22:00 
チバテレビ 18:15~21:30(同上)
群馬テレビ 19:00~21:30(同上)
文化放送(1134)17:50~(解説・山崎裕之)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/24

あぁ、直行、コミー・・・

合併球団  002143000 10
マリーンズ 020001000 4
Bs:○金子-山本-大久保-加藤大-平野佳
M:清水直-高木-●小宮山-中郷-藤田-荻野-川崎
[ホームラン]Bs:後藤9号[ソロ]10号[3ラン]
M:今江7号[2ラン]
観衆 25316人

2回タイムリーエラーで先制、今江ライトスタンド目がけて2ランアーチを放ったまではよかった。が、3回ゲッツーくずれ、ラロッカタイムリーで1点差に追い上げられ、4回後藤同点アーチ、2アウト取ったところで直行降板、高木がしのいだものの、
5回から登板のコミーが大乱調。6失点。
中郷・藤田も猛攻を止められず、荻野・川崎でようやくまともになったが、
6回代打竹原タイムリーで1点返すのが精一杯であった。
ファイターズがホークスと引き分けたため、優勝マジック6。
ファイターズに続きホークスのクライマックスシリーズ進出が確定し、
ライオンズが連敗したため、クライマックスシリーズマジック2とひとつ減ったので
最短26日にもマリーンズがライオンズに勝てば、
マリーンズのクライマックスシリーズ進出が決まるが、
残り9試合でファイターズと4ゲーム差、ホークスと1.5ゲーム差では、ねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (22)

2007イースタンリーグ最終勝敗表

浦和マリーンズ 101030300 8 
戸田スワローズ 010001010 3
M:○黒滝-黒木-小林雅-浅間
S:●村中-山田裕-河端-ラミレス・ジュニア-伊藤-坂元
[ホームラン]M:南3号,田中雅1号[いずれも2ラン]
S:武内7号[ソロ]
-----------------------------------------
優勝 川崎ジャイアンツ  53勝40敗3分 .570
2位 鎌ヶ谷ファイターズ 52勝41敗3分 .559 1
3位 湘南シーレックス  51勝42敗3分 .548 1
4位 戸田スワローズ  47勝45敗4分 .511  3.5
5位 山形イーグルス  46勝46敗4分 .500  1
6位 所沢グッドウィル  44勝51敗1分 .463  3.5
7位 浦和マリーンズ 31勝59敗6分 .344 10.5
-----------------------------------------
浦和マリーンズは、きょうの戸田スワローズ戦(ヤクルト戸田球場)をもって今季の全日程終了。同時にイースタン・リーグの今季の全日程が終了しました。
盗塁王 早坂圭介 22個

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/23

俊介会心の完封勝利!

P9230387
M:○渡辺俊
Bs:●川越-香月-高木
[ホームラン]M:オーティズ7号[2ラン]
観衆 27694人

シーズン最終戦に行きたくて、かもめの窓口にて
1枚だけ残っていた一塁側S席前売りチケットを購入。
ちょうど1週間前の同一カードとおなじ先発顔合わせとなったわけだが、
19日に2/3イニング中継ぎ登板していた渡辺俊介先発。
5月2日以来の4安打完封勝利!!

合併球団は、クライマックスシリーズ可能性消滅・最下位濃厚なうえ、
タフィ・ローズが帰国したことなど、モチベーションが低下していることを割り引いても、
1週間前よりは格段に投球内容はよかったと思う。
あずましい平下が移籍後マリン初登場、1週間前とおなじスタメン7番ライト!
空気を読んでか、3打数ノーヒット。
1回TSUYOSHI(西岡)ピッチャー強襲安打で出塁。早川が送り、
ズレータの打席でTSUYOSHI三盗のあと、フォアボール。
里崎の打席でダブルスチール先制!!
2回ベニーツーベースのあと大松送りバント失敗も、
オーティズレフトへ2ランアーチ放つ!
5回TSUYOSHIライト前安打のあと、早川タイムリーツーベース!
ズレータフォアボール、サブロータイムリーツーベース!
里崎犠牲フライ、ベニー・大松とタイムリーが出て、一挙5点!!

ファイターズがホークスに敗れ、優勝マジックは7のまま。
ライオンズの連勝がストップしたため、クライマックスシリーズマジック3
試合中にNack5で聴いていたが、決勝タイムリーの草野大輔選手、ありがとう!
というわけで、あすクライマックスシリーズチケット抽選が当たりますように…
P9230395
明日の予告先発
P9230386P9230385
JSportsESPN(300ch)12:45~(解説・本西厚博)

| | コメント (0) | トラックバック (24)

2007/09/22

ズレータサイクル安打!

マリーンズ 000202401 9
イーグルス 100000100 2
M:○久保-荻野-高木-小宮山-中郷
E:●朝井-永井-渡邉恒-川岸-有銘
[ホームラン]M:ズレータ14号[3ラン]
観衆 18622人

宮城球場にも、ジャイアンツ球場(浦和マリーンズ12-1川崎ジャイアンツ。ちなみにきのう川崎ジャイアンツが7年ぶり22度目のイースタンリーグ優勝を決め、ウエスタンリーグ優勝のナゴヤドラゴンズとファーム日本選手権=9月29日・山形県野球場=を争う)にも行きたかったが、諸事情(謎)で行けず、あすのマリンしか3連休は観に行くことができませんが、個人的にはいい意味でもったいない試合でした。
久保康友。1回リック・ショートのタイムリーで先制されたが、
6イニング1/3を11安打。確かに打たれ過ぎだが、
イーグルスの拙攻にも助けられたわけで。
表題のズレータのサイクル安打は、
4回福浦フォアボール、里崎レフト前安打のあと、逆転タイムリーツーベース!
6回サブローライト前安打のあとタイムリースリーベース!
大松タイムリーツーベース!
7回TSUYOSHI(西岡)ツーベースを早川が送り、福浦犠牲フライ!
サブローフォアボール、里崎ピッチャー強襲安打のあと、
センターバックスクリーンへ幕張ファイヤー!!
9回にもだめ押し点となるセンター前タイムリーシングル安打を放ち、
NPBプロ野球において65度目61人目となるサイクル安打達成となった。

ファイターズもホークスも敗れたので、結局ファイターズの優勝マジックが8から7へ減るということになった。クライマックスシリーズマジック5

明日の予告先発 マリーンズ:渡辺俊介
            合併球団:川越英隆
JSportsESPN(300ch)12:45~(解説・橋本武広)

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2007/09/21

吉井理人奇襲先発は失敗

マリーンズ 000001200 3
イーグルス 00212003X 9
M:●吉井-高木-小宮山-藤田
E:○一場-山村-小山
[ホームラン]E:草野8号、山崎武司42号[いずれも2ラン]
観衆 15843人

5月6日に雨天中止になった対イーグルス戦(千葉マリン)の順延試合というか、すなわちシーズン最終戦は、10月5日18時15分試合開始でおこなわれます。前売りチケットはTEAM26会員先行発売は22日10時より、一般向けは23日9時よりそれぞれ発売。くわしくはこちら。また、9月7日に台風接近中止になった対イーグルス戦(宮城球場)の順延試合は、10月4日18時試合開始でおこなわれます。前売りチケットは26日10時より発売。くわしくはこちら
吉井理人奇襲先発も、2回までは確かによかった。が、4イニング2/3を5失点…。 
っていうかさ、イーグルスは16日のライオンズ戦で2回ホセ・フェルナンデス、嶋基宏タイムリーを最後に36イニング無得点だったのだから、武田勝&ダルビッシュの前に無策だった東京ドーム2連戦に9点すべて回してほしかったのは管理人だけではないはず。
6回宮城球場でゲンのよい大松タイムリー、
7回塀ちゃん、TSUYOSHI(西岡)とタイムリーを放ったし、
不振のサブローひさびさのスタメンでマルチ安打。

クライマックスシリーズマジック6はそのままだが、
ファイターズ優勝マジック8点灯…。
せめてでも29,30日のマリンでの最後の直接対決は、
マリーンズ得意の目前胴上げ阻止できないものか!?

明日の予告先発 マリーンズ:久保康友
            イーグルス:朝井秀樹
スカイ・A(285ch)13:45~(解説・西崎幸広)
TBCラジオ(1260)13:55~(解説・秦真司)

| | コメント (1) | トラックバック (17)

2007/09/20

晋吾好投&ベニーハワイアンパンチ2発!

ホークス  000000100 1
マリーンズ 07000010X 8
H:●大隣-ニコースキー
M:○小野-藤田-小宮山-神田
[ホームラン]M:ベニー12号[3ラン]13号[ソロ]
観衆 16128人
Img_1549Img_1550
きょうのプロ野球公式戦はここマリンだけで、NRNネットワークを通じて初芝さん解説のニッポン放送ショウアップナイターが全国のラジオ局で放送(自社製作のKBCラジオ除く)されたため、スカパーだけでなく、ラジオで応援されたマリサポが多いかと存じます。(事実、管理人は画面はスカパー、音声はニッポン放送で観戦&応援していた)
小林雅英登録抹消以上にサプライズだったのが、前夜スタメンからはずれた
松中信彦、右ふくらはぎの張りのため登録抹消!
コバマサにもいえるが、クライマックスシリーズへ向けて休養ということか?
小野晋吾。みずからヒーローインタビューで語った通り、1回内野安打で出塁した川崎ムネリンをけん制アウトにしてからエンジンがかかり、完投はできなかったが、6イニング2/3を1失点8安打。初芝さんいわくゴロ性の打球が多く、6回まで無四球(7回柴原に唯一のフォアボール)だったのが好投の要因とか。おとといの小林宏之、きのうの成瀬にも言えるが、被安打数が多くてもホームインさせなければ好投といえるのではないでしょうか。
2回ズレータフォアボールを突破口に、里崎ライト前安打を竹原が送り、堀幸一フォアボールで1死満塁から、オーティズレフト前先制タイムリー!今江サードゴロも、
TSUYOSHI(西岡)押し出しフォアボール、早川ライト前2点タイムリー!
ベニーレフトへ3ランアーチ放ち一挙7点!

7回本多雄一タイムリーで失点もその裏、ベニー2発目をレフトへ放つ!
中継ぎ陣連日の登板で疲労を極めているだけに、晋吾に完投させたかったが、
藤田、コミー、ラストイニングはひさびさの登板となる神田で締めくくった。
クライマックスシリーズマジック6
あす一部で噂されていた吉井さんが先発で、大阪ドーム遠征時に手にした大スポ(東スポ)に偶然吉井さんのインタビュー記事があり、いつでも先発で行く用意はできていたとのこと。宮城球場で馬鹿試合ではなく、ひと花咲かせてやってほしいものだ。

明日の予告先発 マリーンズ:吉井理人
            イーグルス:一場靖弘
スカイ・A(285ch)17:45~(解説・西崎幸広)
TBCラジオ(1260)18:00~(解説・秦真司)
NHKラジオ第1(東北6県のみ)18:00~(解説・与田剛)

| | コメント (0) | トラックバック (22)

2007/09/19

成瀬は神の子か?!

ホークス  001000000 1
マリーンズ 10040000X 5
H:●スタンドリッジ-竹岡-藤岡
M:○成瀬-渡辺俊-川崎-S荻野
観衆 22849人
Img_1548
週刊ベースボール最新号に成瀬が巻頭カラーでインタビュー記事が
掲載されたので、是非お買い求めください。
その成瀬だが、昨季2試合登板して以来のホークス戦登板だけに、
ぶっちゃけ、苦しいピッチングだったと思う。
11被安打のほとんどが4回までに集中しており、解説の初芝さんが、
「球が高くイッていて上ずっていた。いい時の成瀬ではなかった」
というくらいで、特に3回。川崎ムネリン・田上と連打、小久保同点タイムリー、
スペランカー多村にも打たれ無死満塁の大ピンチ。
「無死満塁でも点が入らないということがある」初芝さんの予言通り、
大村レフトフライ、松田宣浩ファールフライ、本間三振!!
4回も2死満塁の大ピンチ。スペランカー多村をセンターフライに打ち取り、
横浜高校の可愛い後輩を気遣ったのか?
その裏里崎・大松と連打のあと、オーティズタイムリーツーベース!
TSUYOSHI(西岡)2点タイムリー!福浦もタイムリー!!

7回1アウトから小久保に安打を打たれたところでボビーが出てきて、
なんと渡辺俊介が登板!初芝さんろれつが回らず、ボビーの真意は?!
スペランカー多村サードゴロ、大村フォアボール、松田セカンドゴロと
好リリーフ!!8回川崎雄介が登板し、柴原にツーベース、
川崎対決は一塁内野安打でムネリンに軍配も、荻野が田上を打ち取り、
ラストイニングも続投。三者凡退と打ち取り、初セーブ!
成瀬15勝目。クライマックスシリーズマジック7
節丸裕一アナがヒーローインタビューで触れたように、
ナイター12連勝、マリン8連勝、パ・リーグ公式戦14連勝!!
東京ドームでは、ダルビッシュが田中将大に投げ勝ったので1.97→1.89。
その田中将大をノムさんが 「“マー君”、神の子、負けない子」 とほめたことがあったが、
11被安打でも勝ってしまう成瀬も神の子ではないのか?!
成瀬は1.82→1.81とパ・リーグ防御率No.1を死守したが、
成瀬、ダルビッシュともにあと2試合登板すると思われるので、
防御率争いは最後の最後までもつれこむのではないだろうか。

明日の予告先発 マリーンズ:小野晋吾
              ホークス:大隣憲司
JSportsESPN(300ch)18:00~(解説・橋本清)
テレビ西日本 19:00~20:54(解説・池田親興)
TBSラジオ(954)17:50~(解説・栗山英樹)
*ネット局 HBCラジオ、CBCラジオ、ABCラジオ、RBCiラジオ
ニッポン放送(1242)17:30~(解説・初芝清
*ネット局 STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、秋田放送、山形放送、TBCラジオ、ラジオ福島、茨城放送、栃木放送、新潟放送、信越放送、山梨放送、北日本放送、北陸放送、福井放送、静岡放送、東海ラジオ、KBS京都、和歌山放送、MBSラジオ、山陽放送、山陰放送、RCCラジオ、山口放送、西日本放送、四国放送、南海放送、高知放送、長崎放送、熊本放送、大分放送、宮崎放送、南日本放送、ラジオ沖縄
RKBラジオ(1278)17:58~(解説・浜名千広)
KBCラジオ(1413)17:57~(解説・西村龍次)

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2007/09/18

コバマサ登録抹消は・・・

ホークス  010010000001 3
マリーンズ 010010000000 2
H:和田-水田-○馬原-S柳瀬
M:小林宏-川崎-荻野-藤田-小宮山-●薮田
[ホームラン]M:竹原6号,堀2号[いずれもソロ]
観衆 20485人

小林雅英登録抹消!!今季はやけにリリーフ失敗大杉で、
10日間を利用してリフレッシュさせる意味だったろうが。
直行といっしょにアテネ五輪に出場していた時期は
薮田神がストッパーだったので、何とかなるでしょうが。
2回ワイルドピッチで先制された直後、竹原が同点アーチを放つ!
5回松中犠牲フライで勝ち越されたあと、堀幸一同点アーチ!
小林宏之。さすがに苦しいピッチングであったが、
5回ベニーのサブロー顔負けのレーザービームで川崎ムネリンをホームアウトにしたり、6回そのベニーがエラーで1死3塁から井手正太郎のスクイズをはずしゲッツーなどの好プレーで救われた面も。
7回途中から川崎・荻野。ひさびさ登板の藤田と好リリーフ。
9回福浦・堀幸一連打、代打大松敬遠で歩かされ
サブローサヨナラ犠牲フライになるはずが、柴原好返球で延長戦へ…。
10,11回とコミーが好投し、12回薮田神降臨も、
川崎ムネリン・松中連打を小久保が送り、大村敬遠で満塁策も、
田上決勝点となる犠牲フライ…。
きのう4時間38分、きょうが4時間23分という試合時間。94年まであった、4時間経過したら新しいイニングに入らない延長戦の規定を復活させてほしいという気持ちは管理人だけではないはず。

明日の予告先発 マリーンズ:成瀬善久
              ホークス:スタンドリッジ
JSportsESPN(300ch)18:00~(解説・内藤尚行)
チバテレビ 18:15~21:30(解説・初芝清
RKBラジオ(1278)17:58~(解説・稲尾和久)
KBCラジオ(1413)17:57~(解説・西村龍次)
*長崎放送、熊本放送、大分放送(ラジオ)にネット

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2007/09/17

粘りに粘って結末は・・・

マリーンズ 110000011000 4
合併球団  000400000001 5
M:清水直-高木-小宮山-荻野-川崎-薮田-●小林雅
Bs:中山-小松-菊地原-加藤大-本柳-○高木
[ホームラン]M:今江6号,ベニー11号[いずれもソロ]
観衆 20015人

1回里崎タイムリーで先制、2回今江レフトへアーチ!
清水直行。3回までノーヒット好投も、

4回ラロッカデッドボール、大引フォアボールをはさんで5連打で4失点。
あとを受けた高木、コミー、荻野と好リリーフ!
8回ベニーレフトへアーチ!1点差!
9回代打橋本たすく同点タイムリーツーベースでついに追い付く!!
延長戦へ。9,10回川崎、11回薮田神好投し味方の援護を待ったが、
12回コバマサ登板も2アウト満塁にこぎつけたが、木元サヨナラタイムリー…。
クライマックスシリーズマジック1つ減って8も、
勝って7,自力優勝復活としたかったが…。(ファイターズが連敗しただけに)

今季は8勝7敗(大阪ドーム4勝4敗、グリーンスタジアム神戸1勝2敗、甲子園2勝、
明石でのオープン戦1勝)と勝ち越しましたが、関西マリサポのみなさん、日本シリーズがおととしの鴎虎決戦再現となれば話は別ですが、今季の(地元の球場での)応援ありがとうございました。まだ残り試合&クライマックスシリーズはありますが、来季もよろしくおねがいします。

明日の予告先発 マリーンズ:小林宏之
              ホークス:和田毅
JSportsESPN(300ch)18:00~(解説・黒江透修)
チバテレビ 18:15~21:30(解説・倉持明)
TVQ九州放送 18:30~20:54(解説・藤本博史)
RKBラジオ(1278)17:58~(解説・稲尾和久)
*長崎放送、熊本放送、大分放送(ラジオ)にネット
KBCラジオ(1413)17:57~(解説・西村龍次)

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2007/09/16

お祭り男・里崎が決めた!

マリーンズ 0100030012 7
合併球団  0100000401 6
M:渡辺俊-薮田-○川崎-S小林雅
Bs:川越-山本-●加藤大-本柳
[ホームラン]M:ズレータ13号,里崎13号[いずれも2ラン]
観衆 19753人
Img_1543Img_1545
(管理人注・これは17日午前10時にカキコしています)
というわけで、サンデーモーニングご意見番、走れ!ガリバーくんじゃなくて旅っきり!ふれあい紀行を見てからホテルを出て、今里筋線に乗りに行ったり、なんばパークスに行ったりしたが、南海ホークスメモリアルギャラリーが7Fから最上階の9Fに移転されたうえ、展示品が半減されていたのは驚き。難波から市バスで大正橋で降り、大阪ドームの開門に間に合ったが、開門前のレフト10番ゲートの列の長さは前日とほぼおなじ。
地元の某応援仲間と約束したため、最初から2階席へ。
移籍したあずましい平下がスタメン7番ライト!空気を読んでか、2打数ノーヒット。
2回大松タイムリーで先制も、その裏木元犠牲フライで同点。
6回里崎タイムリー、ズレータひさびさの幕張ファイヤー!!
何せ、2階席にいる管理人の目の前までホームランボールが
飛んできたくらいの特大アーチだったのだから。
渡辺俊介。7回まで4安打1失点好投!しかし、8回。
木元安打、日高ファーストゴロをゲッツー取れず、村松ファーストゴロを今度こそゲッツーにしようとして福浦が焦って悪送球エラーで1死1,2塁で井上コーチがマウンドへ行ったので川崎に代えるのだろうと思ったが、ボビー動かず。坂口にタイムリーツーベースを打たれ2点差。薮田神降臨もラロッカデッドボールで満塁。ローズに同点タイムリー、北川犠牲フライで勝ち越され、後藤レフトフライで、あーしんど。結果論だが、坂口の打席で川崎に代えていたのならその後の悲喜劇はなかったと思うのだが。
9回当然のごとく加藤大輔を出されたが、それにもめげず、
大松ツーベースを今江が送り、代打ベニー起死回生の同点タイムリーを放つ!
早川ファーストゴロもエンドランがかかっていたためゲッツーさせず走者入れ替わり、
オーティズの打席で盗塁、三振も振り逃げで出塁できたのに走らずアウト…。
その裏川崎が好リリーフで延長戦へ。
10回サブローがフォアボールで出塁し、里崎。
打球が目の前へ飛び込んでキタ━(゚∀゚)━!! 決勝2ラン!!

その裏コバマサ登板も、2死1塁にこぎつけたものの、ローズフォアボール、北川タイムリーで1点差。こんなはずではなかったのだが。後藤の打球がライト前へ抜け目の前が一瞬真っ白になったが、サブローレーザービームで里崎のタッチで(ローズの代走)前田をホームアウト!球審小寺のアウトジャッジの瞬間、喜びのあまりシリコンバンド、応援フラッグを紛失してしまったが、コバマサ劇場がこんなあっけない形でフェードアウトするとは。里崎のヒーローインタビューの音声が聞き取れず、ラジオ越しに聴いたが、
それにしても里崎のヒーローインタビューを流してくれたMBSラジオは神!
(というより、ニッポン放送ショウアップナイターでもやっていたのは知らなかったが)
「みんなで勝ち取った勝利だと思います」
「レフトスタンドが呼んでくれたホームランだと思います」

(前田にタッチをした瞬間)「いや、ほんとうにホッとしましたね。」
三塁側内野自由席に塀ちゃんの母校の中学か高校だったか、修学旅行生が来ていて一緒に応援していたし、某応援仲間と勝利のよろこびをわかちあえたことが大きく、クライマックスシリーズマジックもついに9とひとケタ。大阪駅桜橋口22時50分発「プレミアムドリーム82号」を東京駅でわかしお1号に乗り継ぎ帰宅することができました。

明日の予告先発 マリーンズ:清水直行
↑というより、今日の 合併球団:中山慎也
JSports2(307ch)12:45~(解説・橋本清、加藤秀司)
テレビ大阪 14:30~16:00(解説・栗橋茂)

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2007/09/15

久保突発性炎上、11安打ムダ打ち・・・

P9150383
M:●久保-高木-小宮山
Bs:○デイビー-大久保-菊地原-加藤大
観衆 18372人
P9150381
ただいま、大阪市内某ホテルにてカキコしています。
10時21分発わかしお10号で出発、新幹線で14時半頃新大阪に到着。
大阪ドームに15時半頃着いたとたん、甲子園の龍虎決戦は、
濱中おさむ2ランアーチキタ━(゚∀゚)━!!(そのまま2-0でタイガース勝利)
レフト10番ゲートの階段下のかごの屋の裏まで列ができていて、
16時開門も入場に15分以上もかかり、レフトスタンド1階席があっという間に埋まり、
2階席へ。ビジター応援デーということで、ピンバッジ&来場ポイントゲット!
プレーボール直前に地元の某応援仲間と会うことができました。
3回里崎タイムリーで先制!
先発久保康友。4回まで2安打のみと好投していたが、魔の5回。
後藤ツーベース、アレンサードゴロを今江魔送球エラー。
日高同点タイムリー、村松をなんとか打ち取ったが、
坂口、ラロッカとタイムリーを打たれ、高木登板もローズに打たれ、
そのあとバースデー登板のコミーが北川を打ち取って以降好投を続け、
2回1死満塁のチャンスをTSUYOSHI(西岡)、今江と打ち取られ、
7回1死1,2塁、8回2死1,2塁のチャンスをことごとくつぶすなど、
大拙攻デーをビジター応援デーでわざわざやらなくとも…。
あす俊介が好投して、打線が奮起することで勝って帰りたい。

明日の予告先発 マリーンズ:渡辺俊介
            合併球団:川越英隆
JSports2(307ch)17:45~(解説・橋本清)
MBSラジオ(1179)17:45~(解説・太田幸司)
ニッポン放送(1242)17:30~(同上)

| | コメント (2) | トラックバック (15)

2007/09/14

9月14日現在の一軍登録メンバー

     登録      抹消
9.10 渡辺 正人  中郷 大樹

投手 荻野、小宮山、久保、清水直、薮田、小野、小林雅、渡辺俊、小林宏、高木、
川崎、成瀬
捕手 里崎、橋本
内野手 オーティズ、堀、TSUYOSHI(西岡)、今江、福浦、渡辺正、塀内
外野手 サブロー、大松、大塚、竹原、ズレータ、早川、ベニー
(管理人注・15,16日と大阪ドームへ応援遠征のため、15日分は試合終了後
大阪市内の宿舎ホテルにて、16日分は17日朝帰宅後それぞれ更新します)
明日の予告先発 マリーンズ:久保康友
             合併球団:デイビー
JSports2(307ch)17:45~(解説・山崎慎太郎)
MBSラジオ(1179)17:45~(解説・安藤統男)
ラジオ大阪(1314)18:00~21:30(解説・村田辰美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/13

あぁ、自力1位消滅・・・

ファイターズ 004000000 4
マリーンズ  001000000 1
F:グリン-○金森-江尻-武田久-Sマイケル・ナカムラ
M:●小野-小宮山-川崎-荻野
観衆 18236人

チバテレビの中継で倉持さんがおっしゃるとおりで、
先発・小野晋吾。1,2回のピッチングは確かによかった。が、
3回金子誠安打のあと送りバントをはさみひちょり、田中賢介連打で先制され、
稲葉敬遠で満塁策も小谷野押し出しデッドボールが響いたわけで、
セギ様に2点タイムリーを打たれてしまう。
5回途中からコミー、7,8回と川崎、9回荻野が好リリーフをみせたこと、
オーティズのファインプレーがあったことが救いか。
3回今江ツーベースのあと、早川内野ゴロの間にホームインだけで、
現時点で自力1位消滅…。
15,16日と大阪ドームに行きますが、(ビジター応援デー!)
自分の目の前で恥じることのない戦いを!
といいつつ、
クライマックスシリーズチケットの申し込みをするぢぶんがいたりするわけで。

| | コメント (3) | トラックバック (13)

浦和マリーンズ、四国アイランドリーグに1勝1分け

浦和マリーンズは、昨夏に引き続き、11日に四国アイランドリーグ愛媛マンダリンパイレーツと、12日に四国アイランドリーグ選抜チームとそれぞれ松山・坊っちゃんスタジアムにて交流戦をおこない、11日は勝利、12日は惜しくも引き分けました。
SPORTS COMMUNICATIONSに,(11日分はこちら,12日分はこちら),
四国アイランドリーグ公式サイトなどで詳細記事あり。
四国アイランドリーグ選抜チームは、秋季教育リーグ・宮崎フェニックスリーグに参戦することがきまり、浦和マリーンズとは、10月9日に宮崎サンマリンスタジアムにて、
同月21日にライオンズキャンプ地・南郷スタジアムにてそれぞれ対戦します。

9月11日
浦和マリーンズ       101040000 6
愛媛マンダリンパイレーツ 000110000 2
M:○三島-末永-浅間-中郷-内
愛:浦川-●梶本-木谷-宇都宮-森-高木
観衆 1145人
9月12日
浦和マリーンズ       000501000 6
四国アイランドリーグ選抜 012020001 6
M:林-江口-相原-呉偲佑-田中良平-中郷-内
四:亮寛(香川。元マリーンズ)-西川(高知)-渡邊(徳島)-山隈(高知)-
片山(徳島)-小山内(愛媛)-松尾(香川)-天野(香川。元カープ)
観衆 1357人
[ホームラン]M:定岡

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/09/12

防御率1,2位対決は成瀬に軍配!

ファイターズ 020000000 2
マリーンズ  03000000X 3
F:●ダルビッシュ
M:○成瀬-S薮田

[ホームラン]M:里崎12号[3ラン]
観衆 19624人

心配された雨野投手が登板回避されたため、表題通りの投手戦が。
ダルビッシュの今季マリーンズ戦登板は、マリンでの開幕戦はいうまでもなくズレータの同点グランドスラム被弾。札幌ドームでは4月26日が2安打、7月6日は1安打いずれも完封と難敵にはちがいない。
2回金子誠2点タイムリースリーベースで先制され、嫌なムードも、
その裏オーティズ、ズレータと安打が飛び出し、お祭り男・里崎!
ライトスタンド目がけて逆転3ランアーチを放つ!

その後8回TSUYOSHI(西岡)の安打のみで手も足も出なかっただけに、
貴重な一発となった。これでリードをもらった成瀬は6回まで3安打好投も、
7回高橋信二安打、川島のセンターフライを早川エラー、金子誠フォアボールと
1死満塁の大ピンチ。代打・田中幸雄がすわ!同点スクイズ!のはづが、
成瀬から一塁への送球が当たったとかで、球審秋村が守備妨害のアナウンス。
マリン大歓声。ひちょりをファールフライに打ち取ったが、
いやぁ、2000本安打男・田中幸雄にスクイズさせるとは、ねぇ…。
それとも、前夜の早川のプレーをめぐり、前川審判部長は「セーフ、アウトの微妙な判定があった場合、4審判が協議すべきだった。運用に不手際があった。申し訳なかった」と瀬戸山球団社長・代表に謝罪のうえ、球審中村ら4審判に対して厳重注意したためか、ファイターズ筋から袖の下を審判団が断ったのか?!
8回薮田神降臨!稲葉に、今江捕れずバウンドした打球が転々としてアンラッキーなツーベース、小谷野ライト前へすわ!同点タイムリー!を、サブローレーザービームで稲葉をホームアウト!セギ様には果敢に勝負に行き、空振り三振!
ラストイニングも続投!三者凡退に打ち取り、貴重な一勝!
クライマックスシリーズマジック11
成瀬1.79→1.82
(ダルビッシュ1.91→1.97)
とパ・リーグ防御率No.1を揺るがないものにしたのは大きい。
0709122114400_000
明日の予告先発 マリーンズ:小野晋吾
            ファイターズ:グリン
JSportsESPN(300ch)18:00~(解説・本西厚博)
JSports2(307ch)翌日12:30~(同上)
チバテレビ 18:15~21:30(解説・倉持明)
BS朝日 18:15~20:54(同上)最大延長21:54
HBCラジオ(1287)17:57~(解説・盛田幸妃)
STVラジオ(1440)17:57~(解説・西崎幸広)

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2007/09/11

日本代表候補、成瀬&サブローが追加

全日本野球会議は10日、12月の北京五輪アジア予選決勝リーグ(台湾)に向けた日本代表候補に、マリーンズの成瀬善久投手、サブロー外野手ら計10選手を追加しました。長谷部康平投手(愛知工大)がアマチュアからただ1人加わっています。26日のスタッフ会議で40人に絞られ、10月12日に最終候補30人が発表されます。
成瀬善久投手「代表まで選ばれたら、いい勉強になると思うし、自分にとってもプラスになる。力になりたいしアピールしたい」
サブロー外野手「まだ70人。最後まで残って初めてよろこべます。でも声をかけてもらえるだけうれしいです」
-----------------------------------------------------
マリーンズ以外の他球団候補選手は以下の通り(1次発表分はこちら。)
ファイターズ…武田勝投手
ホークス…川崎宗則内野手
合併球団…加藤大輔投手
イーグルス…高須洋介内野手
ドラゴンズ…朝倉健太投手、中村紀洋内野手
タイガース…渡辺亮投手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天は我々を見放した!

ファイターズ 000000013 4
マリーンズ  100100100 3
F:武田勝-○押本-マイケル・ナカムラ
M:小林宏-●小林雅
[ホームラン]F:セギノール21号[3ラン]
M:里崎11号[ソロ]
観衆 14216人

1回、ズレータ先制タイムリー!
4回にも32分間の雨天中断のあと里崎タイムリーを放ち、
7回にもその里崎がレフトへアーチを放つ!
小林宏之。8回まで3安打1失点好投!
にもかかわらず、何故負けてしまったのか?
9回無死1,2塁の大ピンチにコバマサあわててマウンドへ…。
またも雨天中断!倉持さんが「そのまま雨天コールドでしょう」
というねがい通じず23分間の中断後試合再開…。
※雨天コールドでゲームセットのはずだったが、
そのままゲームセットにすればいいものを、
ファイターズ筋から袖の下を審判団が掴まされた
(そのせいか?6回ズレータのセンターフライで早川の帰塁うんぬんで、
アウトの判定にボビー猛抗議、場内大ブーイング)
※雨野投手がなんらかの違和感を訴え逃げてしまった
せーの、サブロー!じゃなかった。倍率ドン!by大橋巨泉
あんのじょう、セギ様に決勝3ラン…。
これで、クライマックスシリーズチケット申し込みに二の足を踏むマリサポ多数?
いよいよ、成瀬VSダルビッシュの防御率1,2位対決があすありますが、
雨野投手緊急登板か、それとも登板回避か、倍率ドン!さらに倍!!
(ここまでクイズダービーネタ引っ張るか!)
話は変わりますが、15,16日と管理人大阪ドームへ遠征することになりました。
(行きは新幹線、帰りはドリーム号)両日ともビジター応援デーですし。

明日の予告先発 マリーンズ:成瀬善久
            ファイターズ:ダルビッシュ有
GAORA(302ch)18:00~(解説・秦真司)
JSportsESPN(300ch)翌日1:00~(同上)
JSports2(307ch)翌日6:00~(同上)
チバテレビ 18:15~21:30(解説・初芝清
HBCラジオ(1287)17:57~(解説・槙原寛己)
STVラジオ(1440)17:57~(解説・高橋雅裕)

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2007/09/10

大一番初戦は大敗・・・

ファイターズ 005121000 9
マリーンズ  000002001 3
F:○スウィーニー-金森-橋本
M:●清水直-高木-小宮山
観衆 14835人

きょうは5月1日雨天中止分が組み込まれ、来週・再来週と3連休
ハッピーマンデーのため、3週連続でマンデー・パリーグが復活することに。
大一番4連戦の初戦は「やるしかないねん!」清水直行で意気込んだものの、
3回6安打も打ち込まれ、高木にかわったところで
早川のファインプレーはあったものの、焼け石に水…。
5回からコミーが登板し、6回満塁からの押し出しがあった以外は好投した。
スウィーニーの前に5回まで2安打と抑え込まれていた打線は6回、
早川タイムリースリーベースなどで2点をかえし、
7回満塁のチャンスはあったものの、一本が出ず、
9回今江タイムリーがやっとであった。
これで、クライマックスシリーズチケット申し込みする気が萎えた、ねぇ…。

明日の予告先発 マリーンズ:小林宏之
            ファイターズ:武田勝
JSportsESPN(300ch)18:00~(解説・橋本清)
JSports2(307ch)翌日12:30~(同上)
チバテレビ 18:15~21:30(解説・倉持明)
HBCラジオ(1287)17:57~(解説・川口和久)
STVラジオ(1440)17:57~(解説・西崎幸広)

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2007/09/09

もったいない逆転敗戦

マリーンズ 000012000 3
イーグルス 00200101X 4
M:渡辺俊-荻野-●川崎-薮田
E:朝井-渡邉恒-○山村-S小山
観衆 17908人

声優でアニヲタ、アニラジファンにとっておなじみの、
バズーカ山寺、もとい、山寺宏一さん来場!
2点先制されたあとの5回。塀ちゃんタイムリーで1点差とし、
6回大松犠牲フライ、里崎併殺崩れでついに逆転!
もつかの間、
その裏ホセ・フェルナンデス同点タイムリーで俊介がマウンドをおり、
荻野・川崎が好リリーフしたものの、8回今江のエラーで山崎武司が二塁へ。
薮田神降臨も、ホセ・フェルナンデスに決勝点となる犠牲フライを打たれることになり、
ちょうど1週間前のマリンと似たような、
薮田神が打たれ川崎に黒星が付くとは何だかねぇ。
ファイターズ、ホークスが敗れただけに、ワンガリ・マータイさん
ではないが,MOTTAINAI,もったいない逆転負けであった。

あすからのマリンでの対ファイターズ4連戦は大一番になるわけですが、
10日 清水直行VSスウィーニー
11日 小林宏之VS武田勝
12日 成瀬善久VSダルビッシュ有
13日 小野晋吾VSグリン
の登板予定ではないでしょうか。4戦全勝するつもりで!

明日の予告先発 マリーンズ:清水直行
            ファイターズ:スウィーニー
JSports2(307ch)18:00~(解説・高橋雅裕)
HBCラジオ(1287)17:57~(解説・栗山英樹)
STVラジオ(1440)18:00~(解説・千藤三樹男)

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2007/09/08

19安打猛爆!!久保完投勝利!

マリーンズ 102120220 10
イーグルス 000200000 2
M:○久保
E:●一場-永井-川岸-小倉-山村
[ホームラン]M:大松5号[2ラン]
観衆 17727人

昨年木興拓哉投手・三島輝史投手・川崎雄介投手・林啓介投手・青松敬鎔捕手が派遣されたハワイ・ウインターリーグですが、今季は田中良平投手・内竜也投手・
古谷拓哉投手・神戸拓光外野手
の参戦が決まりました。
6日に仙台への移動を済ませていたマリーンズに対し、福岡からの新幹線乗り継ぎ
長距離移動を強いられた疲れから、イーグルスの苦戦は予想されたとおりで、
先発・久保康友。8安打2失点完投勝利!!
22日のマリンとおなじ顔合わせになったわけだが、
1回サブロー先制タイムリー!3回大松・ズレータ連続タイムリーで一場を殲滅!
4回TSUYOSHI(西岡)タイムリーに続き、
5回大松が相性のいい宮城球場でライトへ2ランアーチを放つ!
7回ズレータタイムリー、8回オーティズ犠牲フライ・大松タイムリーと、
先発全員19安打10点猛爆!!
8月田中将大を攻略しながら、
成瀬好投もいずれもサヨナラ負けの悪夢を払拭するかのような大勝であった。
クライマックスシリーズマジック13
ファイターズ・ヒルマン監督退任表明!2000本安打田中幸雄現役引退!
シーズン1位争奪戦に影響はあるのか!?

明日の予告先発 マリーンズ:渡辺俊介
            イーグルス:朝井秀樹
スカイ・A(285ch)12:55~(解説・阿波野秀幸)
TBCラジオ(1260)13:00~(解説・佐々木信行)

| | コメント (2) | トラックバック (18)

2007/09/07

きょうの宮城球場は中止

フルキャストスタジアム宮城で予定されておりました千葉ロッテマリーンズ戦は、悪天候と、それに伴う公共交通機関の麻痺によりご来場のお客様の安全を配慮し試合中止といたします。(東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイトより引用)
14時中止決定とは早杉!サブローグによれば前夜のうちに仙台入り。「今日は台風で19:30ゲーム開始予定なので」とあったし、また、岩手佳代子さん情報によれば、「チームは朝6時台の新幹線で博多を出て(中略)10時間の移動で疲れているとは思うのですが、それを感じさせず、黙々と練習していました」「意地でも帰って今夜試合します!」ともあったんですケド、仙石線をはじめとする仙台近郊のJR各線が「上下線で運転を見合わせています」「運転を再開しましたが遅れと運休がでています」ではしゃあないわな。(クライマックスシリーズマジック15)
岩隈&田中将大をもってしてもホークスに連敗したところへ追い討ちしたかったが…。
JSportsESPNでホークスVS合併球団戦か、GAORAでファイターズVSライオンズ戦を観戦するほかないので、とりあえづ、涌井きゅんがんばれ!(謎)

明日の予告先発 マリーンズ:久保康友
            イーグルス:一場靖弘
スカイ・A(285ch)13:45~(解説・阿波野秀幸)
TBCラジオ(1260)13:55~(解説・新浦寿夫)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007/09/06

クライマックスシリーズチケット

ロッテ早すぎ?10日からCS切符販売(スポーツニッポン)
ロッテは3日、ファンクラブ「TEAM26」の有料会員向けに、クライマックス・シリーズの千葉マリン開催チケットを先行抽選発売することを発表した。期間は10日から21日まで。このチケットはレギュラーシーズン1位または2位での進出を想定したもので、3位進出の場合はビジター開催のため払い戻しするが、球団関係者は「これで選手も発奮してもらえれば」と説明した。チケット購入やファンクラブ入会も球団公式ホームページ内の「TEAM26」専用サイトで受け付ける。
2位通過の場合は第1ステージが10月8~10日、リーグ優勝での第2ステージは10月13~16日、同18日でいずれも千葉マリンで開催。ロッテはおきて破りの“たら・れば発売”とともに、シーズン終盤へ向けた球場演出、新グッズ発売など「結束キャンペーン」を実施。ファン、選手、球団が三位一体となって、05年以来の日本一を目指す。
-------------------------------------------------------------
くわしくはこちら
わたしなど、マリーンズがレギュラーシーズン1位通過、クライマックスシリーズはマリンで第2ステージから戦うことを確信していますが、第1ステージから戦いだと10月8日。第2ステージから戦いだと10月13日か14日と行く心づもりですが、おととしは内野1階指定席3000円、内野2階応援席・外野応援席各1500円という破格の価格設定でしたが、今回はさすがにあの時ほどの破格の価格設定とまではいかないまでも、特別内野指定席・フィールドウィングシート4000円, 1階内野指定席3000円, 2階内野1塁側応援指定席2000円,2階内野指定席2000円, 外野応援指定席1500円とお安く価格設定してあることと、TEAM26有料会員向けの先行抽選販売を採用したことが大きな変化でしょうか。 チケットを何枚も取ってネットオークションで転売するチケットゲッターどもを排除するというねらいはあるでしょうが、管理人は先述の日取りで申し込みますが、あくまでも抽選ですから、チケットゲットできるかどうかは神のみぞ知るところ…。
このほか、パ・リーグ理事会において、交通機関の遅延でチームの球場到着が遅れる場合でも、極力試合を実施することで合意。当日移動の際には、目的駅や空港に試合開始4時間前までに到着する交通機関を使うこととしたり、午後7時30分まで開始を遅らせることを可能とするなど、パ・リーグのアグリーメントを改定しました。
-----------------------------------------
明日の予告先発 マリーンズ:久保康友
            イーグルス:ドミンゴ
スカイ・A(285ch)17:45~(解説・阿波野秀幸)
TBCラジオ(1260)18:00~(解説・新浦寿夫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/05

晋吾粘りのピッチングが勝利につながる

ライオンズ 000000100 1
マリーンズ 00000020X 2
L:●西口-山崎-山岸
M:○小野-薮田-S小林雅
観衆 8861人
0709052114090_000
TSUYOSHI(西岡剛)選手は、8月度JA全農Go・Go賞
(8月度のテーマは最多二・三塁打賞)を受賞しました。おめでとうございます。
台風接近で降りしきる雨のなか、先発・小野晋吾。
7イニングを9安打打たれながら好投とはいえなかったが、
ライオンズナイターでかわのをとやさんが絶賛した通りの粘りのピッチング。
7回。栗山アンラッキーな内野安打のあと、細川送りバント、ひさびさの出場となった代打・キャプテン赤田のセカンドゴロで2アウトにこぎつけたが、福地のショート内野安打が、これまたアンラッキーな先制タイムリーにされたが、石井義人の打席でその福地が盗塁し、ワイルドピッチで一気にホームインしようとしたが里崎がベースカバーにはいった晋吾に間一髪送球アウト!
その裏大松がレフト前へワンヒットワンエラーで二塁へ!ズレータフォアボール、
オーティズ同点タイムリーツーベース!たすく打ち取られたが、
TSUYOSHI(西岡)フォアボール、早川決勝タイムリー!!
前夜同様、8回薮田神、ラストイニングコバマサが打ち取り、
2年ぶりライオンズ戦勝ち越し決定!クライマックスシリーズマジック16

ダルビッシュ大阪ドームで好投したため防御率1.91と成瀬との差はわずか。

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2007/09/04

成瀬好投&竹原3ラン!

ライオンズ 000000200 2
マリーンズ 00030000X 3
L:●帆足-岩崎
M:○成瀬-薮田-S小林雅
[ホームラン]M:竹原5号[3ラン]
観衆 18523人

ライオンズは、本拠地・西武ドームでファイターズ・マリーンズとたたかったあと、宮城球場で田中将大ふたけた勝利を献上したり、頼みの涌井きゅんが打たれたりするなどイーグルスに3タテ喰らい5位陥落、そこへ先週に続き、レオキラー・成瀬、である。
6回まで1安打好投!!内野へ打たせて取る打球が多く、
7回3連打にナカジ犠牲フライと2失点は悔いが残るピッチングであった。
その裏竹原の打席で雨が強まり25分間中断。おかげであとすこしでチバテレビ・テレ玉中継時間帯に収まらなかったが、4回サブロー・里崎連打のあと、堀幸一セカンドゴロが3塁走者サブローホームで封殺、ベニーレフトフライと嫌な流れを払拭するかのように、その竹原がレフトへ貴重な3ランを放つ!
管理人の目の前で放って以来のアーチであった。
8回薮田神降臨!代打石井義人にセンター前安打を打たれたが、佐藤トモアキの送りバントを薮田神が二塁へ送球!指示した里崎も勇気が要ったとおもうが、その勢いで片岡、和田ベンちゃんを連続三振!ラストイニングコバマサが三者凡退に斬って取り、
成瀬13勝!最優秀投手(最高勝率)の必要とする勝ち星をクリア!
パ・リーグ防御率No.1を堅持(1.79)
したものの、ダルビッシュと根くらべか。
ヒーローインタビューで負けない投手をめざすと言い放ったとおり、
最後まで負けなしで!クライマックスシリーズマジック18

Img_1520_2Img_1521_2
明日の予告先発 マリーンズ:小野晋吾
            ライオンズ:西口文也
JSports2(307ch)18:00~(解説・本西厚博)
チバテレビ、テレ玉 18:15~21:30(解説・初芝清
文化放送(1134)17:50~(解説・大塚光二)

| | コメント (1) | トラックバック (13)

2007/09/03

9月3日現在の一軍登録メンバー

    登録      抹消
9.2 塀内 久雄  根元 俊一

投手 荻野、小宮山、久保、清水直、薮田、小野、小林雅、渡辺俊、中郷、小林宏、
高木、川崎、成瀬
捕手 里崎、橋本
内野手 オーティズ、堀、TSUYOSHI(西岡)、今江、福浦、塀内
外野手 サブロー、大松、大塚、竹原、ズレータ、早川、ベニー

明日の予告先発 マリーンズ:成瀬善久
            ライオンズ:帆足和幸
JSportsPlus(308ch)18:00~(解説・大塚光二、垣内哲也)
チバテレビ、テレ玉 18:15~21:30(解説・倉持明) 
文化放送(1134)17:50~(解説・松沼雅之)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/02

里崎同点アーチも・・・

合併球団  000201011 5
マリーンズ 001000200 3
Bs:川越-○カーター大久保-S加藤大
M:小林宏-●川崎-薮田-荻野
[ホームラン]Bs:ローズ40号[ソロ]*通算400号
M:里崎10号[2ラン]
観衆 24114人
P1010361
…ということで、ただいま、マリンより帰ってきました。
穴吹工務店サーパスファミリーGAME with bjリーグデーということで、東京アパッチ埼玉ブロンコス高松ファイブアローズのスター選手がマリンに乗り込み、ダンクショットなどを披露、合併球団のファームチーム・サーパス神戸&高松ファイブアローズのマスコット サマー&シルキーが来ていたが、あなぶきんちゃんは来なかった(謎)というか、
サマー&シルキーがマリーンズを応援するって何だかねぇ。
先発小林宏之は好投したとはいえないというか、いまひとつの内容で、
6イニングで117球。7安打4四球3失点は、ねぇ…。
山本功児、もとい、ラジオ日本の当日解説・星野ジャパン守備走塁コーチ山本浩二さんいわく、上体だけで投げているというか、フォークを多投しすぎというわけで、
いいときのコバヒロではなかったし。
3回オーティズレフト前安打、ベニーツーベースのあと、
今江前夜の勢いそのままに先制犠牲フライ!
そのあとのTSUYOSHI(西岡)スクイズ失敗は、ねぇ…。
7回川越からカーターにピッチャーがかわったことで、
お祭り男・里崎レフトへ同点アーチを放つ!
前のイニングで好投していた川崎が8回後藤安打で薮田神降臨も、
2アウトから日高に決勝タイムリーを打たれてしまう。
試合展開に拘らず、21時18分発の蘇我行き(蘇我で特急わかしお27号に接続)で帰る予定だったので、8回裏終了後にマリンを後にして、海浜幕張駅行きのシャトルバスに乗ろうとしたら、タフィ・ローズ通算400本目となるホームランが!
まぁ、見たくないモンを見なくてよかったという気がしないでもないが。
管理人は
大阪ドームでタフィ・ローズの200号だか250号だか300号だかを見た記憶はあったんだか。眠いので明日調べよう。おやすみなさい。区切りの1000記事目だったんだケドねぇ。クライマックスシリーズマジック19

| | コメント (2) | トラックバック (14)

2007/09/01

1イニング7点!直行ひさびさの好投勝利!

合併球団  010001002 4
マリーンズ 00000700X 7
Bs:●デイビー-菊地原-小松
M:○清水直-S小林雅
[ホームラン]Bs:後藤7号[ソロ]
観衆 29938人
Img_1517
どうです、このゴリスマイル!!
きょうはテレビ画面はスカパー(JSports),音声はラジオ日本マリーンズナイターで。
解説の須藤豊さん、実況の小林幸明アナとのやりとりがよかったわけで。
3回までDJ KOUSAKUがゲスト出演。マリーンズの選手がツーベースを放つと、
1名様に千葉県産幸水梨のプレゼントがあったそうで。
1回後藤被弾、6回ラロッカタイムリーであきらめムードも、
その裏今江安打,TSUYOSHI(西岡)フォアボールでそれぞれ出塁し、
早川送りバントかセーフティバントだったのか、三塁へ転がした打球が
デイビー捕れず無死満塁!ズレータ同点犠牲フライ!
今江ホームインの瞬間キャッチャー日高を突き飛ばす好走塁!

春先の北九州市民球場で早川の本塁突入をほうふつとさせるものであった。
さらにTSUYOSHI(西岡)までもがホームインし、これだけでは終わらない。
サブロー・オーティズとレフトへそれぞれタイムリー!ショート大引のエラーで
打ったオーティズが一気にホームイン!
まだある。
打者一巡、今江・TSUYOSHI(西岡)もタイムリーで続き、1イニング7点!
直行8回まで7安打。9回いきなりローズ三振とあって完投勝利の勢いだったが、
北川・後藤と連打、下山セカンドゴロで2アウトにこぎつけたものの、
大引に2点タイムリーを打たれ、あわててコバマサを引っ張りだされ、
代打水口をショートゴロに打ち取り、連敗ストップ!
クライマックスシリーズマジック20
左手有鈎骨骨折による2ヶ月もの戦線離脱。復帰後も不振の淵をさまよっていた今江だったが、8月2日以来の勝利投手となった直行ともども、反攻へのきっかけになったとおもう。あす管理人マリン行きます!といっても、あすのラジオ日本の解説は星野ジャパン守備走塁コーチの山本浩二氏が!山本功児前監督の誤植かとおもった。
前田智徳2000本安打達成!つぎは金本アニキ、そして堀幸一は無理か?

明日の予告先発 マリーンズ:小林宏之
             合併球団:川越英隆
JSports2(307ch)17:45~(解説・橋本清)
ラジオ日本(1422)17:40~(解説・山本浩二)
岐阜ラジオ(1431)17:55~(同上)

| | コメント (0) | トラックバック (20)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »