« 2007 千葉ロッテマリーンズ観戦&応援成績 | トップページ | 日本代表最終候補、マリーンズから6人 »

2007/10/12

クライマックスシリーズ第2ステージ・プレビュー

「クライマックスシリーズ第1ステージ・プレビュー」で「管理人がファイターズとの第2ステージのプレビューをカキコできる日が来ることを!」とカキコしましたが、とりあえづ夢はかなったわけで。先発予想!
     マリーンズ  ファイターズ
第1戦 久保康友   ダルビッシュ有
第2戦 清水直行   武田勝
第3戦 小林宏之   グリン
第4戦 渡辺俊介   スウィーニー
第5戦 成瀬善久   ダルビッシュ有

あすの第1戦の予告先発が久保康友VSダルビッシュ有と決まり、
第2戦以降の先発予想は以上の通りですが。
ファイターズは、なんとまぁ、マリーンズ的には相性の悪い投手ばかりで、ダルビッシュは日本シリーズで中4日登板の前例があるため。マリン開幕戦でズレータ満塁アーチ、9月12日の里崎3ランアーチしか、ダルビッシュから点が取れてないわけで、札幌ドームでは、4月26日の2安打といい、7月6日の1安打しか打ててないので、ロースコアの戦いに持ち込みたいところ。
打線も森本ひちょり・田中賢介の1,2番コンビにセギ様・稲葉。ここらへんまでは要注意というか、警戒してもよいが、高橋信二・小谷野・金子誠・坪井など。ダルビッシュ専用捕手の鶴岡慎也とか、工藤隆人に稲田直人など若手をからめるケースもあり、攻略に気が抜けなさそうだ。しかも、試合勘を保つために札幌ドームで紅白戦を連日おこない、トレイ・ヒルマン監督は「アグレッシブにファイターズの野球に徹するのみ」と構える。
マリーンズはといえば、前出の先発ローテになりそうだが、薮田神につなげるためにも荻野・川崎フル稼働も辞さず、TSUYOSHI(西岡)&早川の1,2番、つなぎの4番サブロー、里崎といったところでワンチャンスをものにして、福浦の復調が大きい。TSUYOSHIがキーポイントであることはファイターズ・谷山チーフスコアラーが「うちの投手はわかっていると思うけど、フォアボールは命取りになる」「セーフティーバントもやるし足でかなり揺さぶってくる。短期決戦では何でも仕掛けてくるので注意しないと」「サブローは勝負強い。打線はどこからでもチャンスがつくれる。切れ目がないね」と分析するほど。(スポニチより引用)
おととしのようにマリンでパプリックビューイング実施が決まり、詳細はこちら
GAORAの中継映像をマリンビジョンに映すかたちで、試合開始2時間前から試合終了30分間まで内野1階席を無料開放。(フィールドウイングシートを除く。混雑時には2階席も開放)「期間中、スタジアムにはマスコットキャラクター、M☆Splash!!が登場します!また、マリーンズ選手の登場曲を試合進行に併せて放送します。場内の飲食売店、グッズショップも営業しますので是非お越しください」(球団公式サイトより)
ケロタンさんをはじめとする地元北海道のマリーンズファンのみなさん、
スカパー・BS・地上波テレビ・ラジオをつうじて応援されるマリサポのみなさん、
精一杯の応援お願いします!!

管理人が日本シリーズのプレビューをカキコできる日?
対戦相手もわからへんのに書けるかいな(苦笑)
---------------------------------------------------------
GAORA(302ch)12:58~,18:00~(解説・光山英和)
NHKBS1 13:05~(解説・与田剛)
テレ玉 13:00~17:50(解説・芝草宇宙)
札幌テレビ 12:25~16;00(解説・西崎幸広)*最大延長18:00
文化放送(1134)12:45~16:00(解説・東尾修)
ニッポン放送(1242)13:00~16:00(解説・川崎憲次郎)
NHKラジオ第1(北海道のみ)13:00~16:00
HBCラジオ(1287)12:50~(解説・金石昭人)

|

« 2007 千葉ロッテマリーンズ観戦&応援成績 | トップページ | 日本代表最終候補、マリーンズから6人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/16734543

この記事へのトラックバック一覧です: クライマックスシリーズ第2ステージ・プレビュー:

» 鍵となる初戦は誰か [オリオン村]
明後日からCS第2ステージ、やはり気になるのは初戦の先発が誰になるかです。第1ステージが第3戦までもつれたために両輪と渡辺俊を使ってしまい、かなり苦しいことは間違いありません。第2ステージは6日間で5試合ですから、基本的には各先発は1回だけの登板となります。6人で回していたロッテは1人を中継ぎに回すことになり、それを誰にするかがポイントになります。 【積極策】13日(小林宏・中3日)14日(久保・中8日)15日(渡辺俊・中6日)16日(成瀬・中5日)17日(休養日)18日(小野・中11日)2回でK... [続きを読む]

受信: 2007/10/12 01:56

« 2007 千葉ロッテマリーンズ観戦&応援成績 | トップページ | 日本代表最終候補、マリーンズから6人 »