« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/30

最終候補24人決まるも、俊介外れる

これが星野ジャパン24人衆だ
マリーンズ…成瀬善久投手、小林宏之投手、里崎智也捕手、
TSUYOSHI=西岡剛内野手、サブロー=大村三郎外野手

ファイターズ…ダルビッシュ有投手、稲葉篤紀外野手
ホークス…川崎宗則内野手
イーグルス…長谷部康平投手(愛知工大。ドラフト1巡目指名)
ライオンズ…涌井秀章投手、和田一浩外野手
ジャイアンツ…上原浩治投手、阿部慎之助捕手
ドラゴンズ…川上憲伸投手、岩瀬仁紀投手、荒木雅博内野手、井端弘和内野手、
森野将彦外野手
タイガース…藤川球児投手、矢野輝弘捕手、新井貴浩内野手(カープよりFA移籍)
ベイスターズ…村田修一内野手
スワローズ…宮本慎也内野手、青木宣親外野手
-----------------------------------------------------
最後の最後で渡辺俊介投手をはじめ、ジャイアンツ・高橋尚成投手、
ベイスターズ・相川亮二捕手がベンチ入りメンバーから外れました。
ナイター練習終了後、星野監督が3選手に直接通告したという。
俊介いわく「メダルを取るために、監督が決断されたこと。後は応援したい」。
俊介自身、マリーンズ入り直前にシドニー五輪メンバー経験あり、
国際試合経験豊富にしては意外でしたが、星野監督は、
一発勝負にアンダースローの技巧派はいらないのか!?
そもそも3試合ある以上、あすのフィリピン戦は川上、あさっての韓国戦はダルビッシュ
3日の台湾戦は成瀬と踏んでいるのですが、先発投手その3人だけで、クローザーは岩瀬・上原・藤川球児だけで事足りるので、中継ぎは右2枚(宏之・涌井)左1枚(長谷部)でよいのか?宏之はWBCメンバーに選ばれてはいたが、故障で1度も登板することはなく、その後イオン日米野球2006のメンバーに選ばれて好投(の部類に入る)していたので、国際試合の経験を積ませるため残したのか?
台中インターコンチネンタル球場(洲際棒球場)での
北京五輪予選・アジア野球選手権。
優勝することにこしたことはないが、2,3位は来年3月の世界最終予選に回ることになり、WBCの二の舞になりかねないので全勝優勝で北京五輪出場を決めたい。
テレ朝が地上波の放映権を全部取るくらいなら、サッカー国際試合でよく使う 
“絶対に負けられない戦いがそこにはある”
キャッチコピーは野球でも使えないことはないのだが…。
-----------------------------------------------------
テレビ朝日 18:30~(解説・東尾修、栗山英樹、大塚光二
ゲスト・古田敦也、中居正広)*ネット局 北海道テレビ、青森朝日放送、岩手朝日テレビ、秋田朝日放送、山形テレビ、東日本放送、福島放送、新潟テレビ21、長野朝日放送、北陸朝日放送、あさひテレビ、メ~テレ、ABCテレビ、広島ホームテレビ、山口朝日放送、瀬戸内海放送、愛媛朝日テレビ、KBCテレビ、長崎文化放送、熊本朝日放送、大分朝日放送、鹿児島放送、琉球朝日放送
JSports1(306ch)23:00~(解説・橋本清)*中継録画
TBSラジオ(954)19:00~(解説・青島健太)
文化放送(1134)18:30~(解説・渡辺久信)
ニッポン放送(1242)19:00~(解説・板東英二、アキ猪瀬)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/11/29

薮田安彦、ロイヤルズへ!

ロイヤルズ薮田誕生!正式にサイン(日刊スポーツ)
ロイヤルズ薮田が正式に誕生した。ロッテからFAとなった薮田安彦投手が28日(日本時間29日)、米ミズーリ州カンザスシティでロ軍と2年契約を結んだ。3年目は球団側が契約更新の選択権を持つ。年俸総額は地元紙などによると、500万ドル~600万ドル(約5億5000万~6億6000万円)と見られている。
前日27日にカンザスシティ入りしていた薮田は、すでにロ軍と基本合意には達していた。この日、身体検査を問題なくクリアし、正式にサインを交わした。マック鈴木以来となる、ロ軍史上2人目の日本人選手になった薮田に対し、ムーアGMは「薮田は救援陣に安定感をもたらしてくれる、非常に重要な投手になってくれるだろう」と、喜びを表した。
薮田は29日にカンザスシティ市内のホテルで、ヒルマン監督同席のもと、記者会見に臨む予定だ。
薮田「今の自分があるのは、バレンタイン監督とロッテ、そして熱く応援してくれたファンのおかげだと思っている。今までの12年間で培ってきたことを忘れずに、アメリカで精いっぱい頑張る」。
ボビー・バレンタイン監督「薮田は今のような素晴らしい投手になるまで、たゆまなく努力してきた。あらゆる幸運が彼に訪れることを願っている。彼はアメリカで高い評価を受けるに値する選手と確信している」
-------------------------------------
小林雅英投手のクリーブランド・インディアンス入り決定に続き、
薮田安彦投手のカンザスシティー・ロイヤルズ入りが正式決定した。
これをもって、YFKリレーは終焉を迎えることとなったわけだが、
コバマサ同様、メジャーリーガー・薮田神を引き続き応援してゆきたい。
TEAM26MAGAZINEの表紙は、新勝利の方程式を担うこととなった、
荻野忠寛&川崎雄介。2人のインタビューつきでして、直行ストッパーは未知数だが
-------------------------------------
ボビー 石垣島で「パーフェクト!」 (スポーツニッポン)
ボビー・バレンタイン監督が28日、来春の1軍1次キャンプ地となる沖縄・石垣島を訪れ、練習施設に「パーフェクト!」と合格点を与えた。台風23号が接近し、悪天候の中での視察。しかし、総工費2億5000万円を費やした“新拠点”に指揮官は終始ご機嫌だった。
「気に入った。最高だ」。もともとあった市営球場はサブグラウンドとして使用し、新たに両翼95メートル、中堅120メートルのメーン球場を建設。グラウンドには鹿児島から甲子園と同じ土を運び入れた。ブルペン、内野守備練習場なども設置し、人工芝の屋内球技場もモデルチェンジした。
石垣島キャンプは、地元・八重山商工出身で、06年の高校ドラフト1巡目・大嶺の指名あいさつ時に球団の「誠意」として発案。昨年はオーストラリアのジーロングで1次キャンプを行ったが、今年6月28日に石垣市と正式合意した。1月15日に工事は終了する予定で、地元はキャンプ誘致の経済波及効果を4~5億円と見込んでいる。
視察後は地元のイベントにも参加したバレンタイン監督。「来春は石垣の息子(大嶺)とロッテナインが島の一部になり、みなさんと一緒にV奪回を目指したい」と呼びかけた。
“主役”大嶺「工事の進み具合が心配」
来春ロッテキャンプ“主役”の大嶺は、千葉県市原市内で選手会主催ゴルフに参加した。バレンタイン監督の故郷訪問を気にかけ「工事の進み具合が心配です。キャンプにはしっかり体をつくっていい形で臨みたい」と話した。島の中心部の美崎大通りには至るところに大嶺のポスターが張られ、島内は早くも地元のヒーロー一色。今季わずか1試合登板の右腕が、島民約4万7000人の期待を一身に背負ってキャンプに臨む。
西武来年6月27日に大宮でロッテ戦(各紙速報)
西武は28日、埼玉・大宮で初開催する公式戦が来年6月27日のロッテ戦に決まったと発表した。ロッテ2軍が同じ埼玉の浦和を本拠地とするため、このカードを選んだ。
リーグ全体の日程は後日、パ連盟から発表される。
-------------------------------------
ハエ異常発生、水不足、猛暑など異常気象に悩まされたジーロングとちがい、
本土からのキャンプ見学&取材客も期待できるし、
八重山毎日新聞によれば協力会が発足された模様。
こちらこちら)大嶺もこのチャンスをモノにするかたちで開幕一軍を!
“埼玉西武ライオンズ”元年に懸案となっていた県営大宮球場開催は、予感していた通りマリーンズ戦にきまり、金曜ナイターですが、西武ドームとちがい交通アクセスはよく、新幹線停車駅なので、仙台・新潟・長野ならその日のうちに帰れますし。1試合といわず1カード1試合の割合でやってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/11/27

11/26 契約更改

1  大嶺 祐太 1000←1000
69 江口 亮輔 500←500
38 中郷 大樹 890←840
56 木興 拓哉 470←460
53 相原 勝幸 730←760
36 黒滝 将人 510←500
39 田中 雅彦 950←900
62 金澤  岳 490←470
70 定岡 卓摩 500←500
65 南  竜介 800←800
00 代田 建紀 1080←940
61 角中 勝也 550←400
57 佐藤 賢治 600←600
(金額は推定 単位万円)
-----------------------------------
成瀬が故郷・小山市で徒歩パレード(スポニチ速報)
ロッテの成瀬が、12月15日に故郷の栃木県小山市でパレードを行うことが27日、決まった。JR小山駅西口から市役所庁舎まで約800メートルを徒歩でパレードする予定。成瀬は球団を通じ「最初はとてもびっくりした。照れくさいが、地元の人が企画してくれたイベントなので、精いっぱい頑張りたい」とコメントした。パレードには同市出身のヤクルト・飯原も参加する。 (成瀬、飯原選手ともにスポーツ、文化活動の功績を表彰する市民賞を授与されることが決まったため)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/26

2008パ・セ交流戦日程

5/20(火) ジャイアンツ (千葉マリン) 
5/21(水) ジャイアンツ (千葉マリン)
5/23(金) スワローズ (千葉マリン)
5/24(土) スワローズ (千葉マリン)
5/25(日) カープ (広島市民)
5/26(月) カープ (広島市民)
5/28(水) タイガース (甲子園)
5/29(木) タイガース (甲子園)
5/31(土) ベイスターズ (千葉マリン)
6/1 (日) ベイスターズ (千葉マリン)
6/3 (火) ドラゴンズ (千葉マリン)
6/4 (水) ドラゴンズ (千葉マリン)
6/6 (金) ジャイアンツ (東京ドーム)
6/7 (土) ジャイアンツ (東京ドーム)
6/8 (日) スワローズ (神宮)
6/9 (月) スワローズ (神宮)
6/11(水) カープ (千葉マリン)
6/12(木) カープ (千葉マリン)
6/14(土) タイガース (千葉マリン)
6/15(日) タイガース (千葉マリン)
6/17(火) ベイスターズ (横浜スタジアム)
6/18(水) ベイスターズ (横浜スタジアム)
6/21(土) ドラゴンズ (ナゴヤドーム)
6/22(日) ドラゴンズ (ナゴヤドーム)
(6月23日~26日共通予備日)
-----------------------------------
月・木、火・金と予備日・移動日=試合のない日が週に2日生じたり、
マリーンズの例をとれば土日移動が伴うのはマリン→広島市民球場くらいなもので、
5/25はおそらくナイターでしょうが、地方球場がひとつもないのは、ねぇ…。
6/8の神宮はデーゲームでしょうが、スワローズはその前にいわき・ひたちなかでライオンズ戦があって、ことしのイーグルス戦みたく16時試合開始は個人的にも困るんですけど。予告先発なし、ビジターゲームでDH制がないのはやむをえませんが、セ・リーグの球場でもラッキーセブンにパ・リーグ球団歌を流すこととヒーローインタビュー音声を流すこと、ファンクラブ割引で入れてくれ(セ・リーグのフランチャイズ球場のチケット料金は概ね高めなので。)とか、根本的課題は解決されてないんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

直行ストッパープラン浮上

ロッテ清水、来季抑え候補に(スポーツ報知)
ロッテの清水直行投手が来季の抑え候補に挙がった。7年間抑えを務めてきた小林雅英投手がFAでメジャー移籍。その後任として球団が打診した。今季6勝の元エースが新境地で復活を目指す。
抑えについて、ロッテの本多球団部部長は「配置転換もある」としてきた。清水も「誰かが(小林雅の)穴を埋めなければいけない」と危機感を感じている。候補は昨年まで5年連続2ケタ勝利の清水。球威とフォークを持ち、セットアッパーの経験がある。条件は合う。
清水にとってもメリットはある。毎年ポスティングでのメジャー移籍を求めてきた。今オフは希望を封印しているが、夢は捨てていない。岡島(レッドソックス)、斎藤(ドジャース)らの成功で日本のリリーフ投手の評価は上昇。抑えの適性が証明できれば、メジャー移籍の可能性も広がる。FA権の取得は09年。清水の決断がチームを救い、メジャーへの道を開く。
2人抜けても優勝デス…納会でボビーあいさつ
24日行われたロッテ納会の席上、バレンタイン監督は「来年は薮田、小林雅両選手が抜け、大きな課題が残ります。しかし、偉大な両選手が去った後でも日本シリーズ、アジアシリーズを優勝できると信じている」とあいさつした。選手会長の清水も「目指すのは優勝奪回しかない」と、今季2位に終わった雪辱を誓っていた。
-----------------------------------
納会は勝浦市内のホテルでおこなわれ、メジャーへ旅立つコバマサ&薮田神が別れのあいさつをしたらしい。別な報道で、「今季は2位に終わったが、経営状況は上向き。球団納会に出席した重光オーナー代行が、02年は17億円程度だった球団の売り上げが、今季は約80億円になったと明かした。5年間で5倍増。『優秀なスタッフがいて経営が改善されてきた。仮に試合で負けても経営で勝つのがうちの方針』と説明した」(サンスポ)「今年は10数億円の赤字が改善されたことを報告した」(スポニチ)など。
TBSラジオ「荒川強啓・デイキャッチ」の「プロ野球特ダネ情報」で
永谷脩さんがタイガース・濱中おさむ外野手との交換トレードを予告していたが、
破談になったとみてよろしいですかね?
直行は、ねぇ…。プロ入り当初はセットアッパーをやっていた時期があったので、
上原浩治の成功例からすると、直行ストッパーでも悪くないかと。クライマックスシリーズ最終戦で6回から8回途中好リリーフと感触を得たのではないか。川崎→荻野→直行と、YFK変じてKOSリレーへ!となると、あいた先発枠をめぐって大嶺・唐川・服部など激戦になるのではないだろうか?(以下追記)
1巡目・服部泰卓、社会人野球日本選手権でMVP,胴上げ投手に!
JFE東日本は、日本新薬に初戦敗退したとはうらはらに、
5巡目・下敷領悠太投手は、富士重工戦で好投しながらチーム(日本生命)は惜敗。
服部自身、1回戦(箕島球友会戦),2回戦(JR九州戦),準決勝(王子製紙戦)と好投を完投勝利で飾り、きょう三菱重工名古屋との決勝は、味方打線が逆転したあと8,9回と2イニング好投し、チーム(トヨタ自動車)の優勝に貢献するという最高のかたちでマリーンズへ!マリーンズ入りのあかつきは、久保康友級の活躍を!

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2007/11/24

11/23,24のマスターズリーグ結果

札幌 105100322 14
福岡 000000100  1
札:○川口-津野-藤城-佐藤-新浦-横田-橋本
福:●北別府-若田部-今井-永射-加藤
[ホームラン]福:松永1号[ソロ]
鹿児島県営鴨池球場 観衆6500人

「鹿児島が誇る200勝投手北別府に赤い手袋&青い稲妻が挑む!!」
と銘打ったものの、松本匡史さんは出場したが柴田勲さんは出場せず。
札幌が24安打、14得点の猛攻で福岡を圧倒。
初回に1点を先制すると3回にも5点、中盤以降も着々と追加点。今季初勝利。
ことしまでのマリーンズキャンプ地・鹿児島開催とあって、マリーンズOB多数出場。
福岡は横田真之、福澤洋一、市場孝之、浜名千広が。
札幌は有藤道世、高橋雅裕、鮎川義文、津野浩、横田久則、松沼博久、
そして86年に1年だけ在籍した藤城和明・高知ファイティングドッグス前監督。
前日、高知のファンに別れのあいさつをしたという。
「支えてくれたファンには心から感謝します。選手たちも自分の納得いくまでプレーしてプロを目指してほしい」と語り、選手やファン一人ひとりと握手や抱擁。「今までありがとう」などと温かい言葉をかけられると目を潤ませていた。(毎日新聞より)高知からマリーンズに3人もの選手を送り出した手腕はさすがというほかなく、今後の人生に幸あれ!
試合詳細記事はこちら
-------------------------------------
大阪  000010030 4
名古屋 00141000X 6
阪:●山崎-山田-村田-野田-佐野-柴田-小林
名:鈴木-○小野-小松-稲葉-鹿島-小島-S野中
ナゴヤドーム 観衆 18771人

「昨年の覇者エイティーデイザーズが地元名古屋に登場!!」
中日ドラゴンズのファン感謝デー終了後にプレーボールのせいか、サンデーモーニング週刊御意見番によればファン感謝デー帰りのドラゴンズファンが多く入っていたらしい。
名古屋は3回に先制すると4回に4点を追加して序盤で大量リード。終盤、大阪の反撃をかわして逃げ切り、11安打の猛攻で大阪を破り、連勝で首位東京と並んだ。
試合詳細記事はこちら
12/2に東京ドームにて東京VS札幌戦がありますが、ナイター…。
北京五輪予選 星野ジャパンVS韓国戦と同じ時間帯じゃん。
で、1/2東京VS札幌戦(バックネット裏一塁側)チケット入手できたので観戦予定。
-----------------------------------
名古屋逃げ切り連勝 マスターズリーグ(中日スポーツ)
プロ野球OB選手によるマスターズリーグの名古屋エイティデイザーズは24日、地元ナゴヤドームに大阪ロマンズを迎えて“地元開幕戦”を行い、6-4で逃げ切った。リーグ開幕戦に続く2連勝で、東京とともに首位をがっちりキープ。2連覇へ向けて一歩前進した。
“元祖ミスタードラゴンズ”の高木守道が健在ぶりを猛アピールだ。大阪・山田久志投手との名球会対決でマスターズリーグの最年長長打記録となる右中間への二塁打を放ち、名古屋打線を一気に勢いづかせた。
この日一番の盛り上がりは4回だった。1死から指名打者の大島に変わって「代打・高木」が告げられると、場内は割れんばかりの拍手と歓声。そのコールに大阪ベンチもすかさず反応。山田へ投手交代する粋な計らいをみせ、対決が実現した。
「振ったら当たったよ。後から思ったんだけど、サードまで行きたかったね」2ボールからの3球目を右中間へはじき返した好打もさることながら、66歳4カ月での“健脚”ぶりも十分にアピール。このプレーで名古屋ナインも発奮し、この回一挙4点を奪って試合を決めた。「エイティデイザーズは強いね。連覇いけるよ」。試合後のお立ち台では早くも連覇宣言するなど、終始、ご機嫌だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/23 契約更改

11 神田 義英 1450←1500
13 浅間 敬太 520←540
15 柳田 将利 670←700
17 手嶌  智 1100←1300
27 古谷 拓哉 900←1000
35 三島 輝史 480←470
37 林  啓介 600←600
45 松本 幸大 780←840
66 末永 仁志 500←500
99 田中 良平 590←590
63 青松 敬鎔 470←470
95 新里  賢 730←760
59 細谷  圭 510←500
68 早坂 圭介 630←600
55 神戸 拓光 1060←1200
(金額は推定 単位万円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/23

オーストラリア戦まとめ

オーストラリア 000000000 0
日本代表    10010004X 6
日:○川上-高橋尚-小林宏-長谷部-岩瀬-上原
(22日)福岡ドームにて日豪親善野球日本代表最終強化試合をおこなった
星野ジャパン。過日亡くなられた稲尾和久さんの告別式がこの試合にあわせて
福岡市内で執り行われ、星野監督以下若干名が参列したという。
サッカー=反町ジャパンがひと足お先に北京五輪出場を決めたので
星野ジャパンも続け!といきたいところではありますが。
国際規格球に慣れる必要があったとか、ストライクゾーンが広かったり。
驚いたのは、1回。TSUYOSHI=西岡がフォアボールで出塁したのに、
けん制アウト。ほんらいならボークとして取られるべきなのに。
西岡、里崎、サブローとマリーンズの3野手全員がスタメン。
日本代表試合において、サブローではなく、大村三郎の本名で出場している。
小林宏之が6回1イニングのみ好投。来季からイーグルスの一員となる長谷部康平は、アジア選手権後に入団交渉のため、まだ「ただ1人のアマチュア選手」扱いとはいえ、7回1イニングのみ好投。手ごわい存在となりそうだ(笑)。
8回川崎ムネリン、里崎タイムリーなどで一挙4点。以降はテレ朝中継終了後だったので、ノーカット放送されたJSports中継録画で確認(解説・藤本博史、実況・島村俊治アナ)あとは岩瀬・上原リレーでしめくくり、星野ジャパン完勝!!
Img_1806
日本代表    003200000 5
オーストラリア 100000000 1
日:○ダルビッシュ-成瀬-渡辺俊-藤川-上原
(23日)きのうに続きサブローがスタメン。
アライバコンビの1,2番。アベシンマスクなので、里崎、TSUYOSHI=西岡は
出ていなかったが、いろいろ試すのは良いことだ。
サブローグで「俺がしょうもないプレーをしてしまい迷惑をかけてしまいました。本番では
こんな事がないように頑張ります」とあったように、1回取り損ねたツーベースのあと、
2アウトから唯一の失点。
青木がセンター、ライトツナ稲葉なんで、慣れないレフトなのは分かるんだけど…。
3回青木犠牲フライ、アベシンタイムリー!
4回アライバコンビでチャンスメークのあと、青木ライトオーバー2点タイムリー!
ダルビッシュのあとを受けた成瀬、俊介が好投したものの、またもテレ朝中継終了。
JSportsノーカット中継録画で確認(解説・若菜嘉晴、実況・節丸裕一アナ)
*画像は成瀬投手。JSports中継画面より。
星野ジャパン連勝でしめくくり、いざ台湾へ!
現状31人から24人にそぎ落とされるわけだが、
(ファイターズ・武田久、武田勝、合併球団・加藤大輔投手が除外。
ホークス・多村仁外野手が腰痛で辞退により現状27人)
マリーンズ6人衆全員残ってアジア選手権をたたかいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (16)

TB企画・プロ野球マスコット回顧&小ネタ2007【プロ野球のマーくんと言えばカモメだろ?】

P8140273
やなっちさんが企画しましたマスコット版ですが、今季もまた、回答することにしました。
ちなみに、管理人の回答は、おととしはこちら。昨季はこちら
【マスコット編】
01.今シーズン、「出会えてよかった!」と思う球団マスコットは?

(回答2つまで)
カビー
こちらにくわしいですが、7月の鎌ヶ谷でやっと会いました。
02.今シーズン、球団マスコットに関する事で一番印象深かったのは?
(回答1つまで)
ドアラフィーバー
03.来シーズン、「ぜひ見てみたい!」と思うマスコットは?
(回答2つまで)
ピーマンボンジョルノ。
なぜなら、宮城球場に行けなかったからであります。
ついでに仙台まるごとパス片手に仙台空港鉄道に乗ってみたい。
04.今まで球場外で、球団マスコットを見かけた事がありますか?
※"はい"と答えられた方は、どのようなイベント等で見かけましたか?
なし
05.今シーズン、一番よく頑張った!球団マスコットMVPは?
(回答1つまで)
そりゃドアラだがや。
06.あなたにとって、球団マスコットとはどのような存在ですか?漢字一文字で表現してください
(回答1つまで)
愛。
【観戦編】
07.今シーズン、合計で何回球場で観戦をされましたか?

注)プロ野球に関する観戦(オープン戦・ファーム・ポストシーズンも含む)に限ります
オープン戦を入れると35試合。フューチャーズ戦を除き、
すべて千葉ロッテマリーンズ戦。
08.今シーズン、観戦をされるのに何箇所球場を訪れましたか?
注)プロ野球に関する観戦(オープン戦・ファーム・ポストシーズンも含む)に限ります
千葉マリンスタジアム・西武ドーム・神宮球場・横浜スタジアム・長生の森公園野球場・
ファイターズスタジアム鎌ヶ谷・大阪ドーム 7球場。
09.今シーズン、一番印象の良かった球場は?
(回答1つまで)
長生の森公園野球場
【その他】
10.あなたが好きな野球解説者(評論家)は?
(回答1つまで)
当然、初芝清さん。
11.あなたが好きなスポーツ実況アナウンサーは?
※ラジオ・地上波・CSなど特に問いません

(回答1つまで)
当然、節丸裕一アナウンサー
12.今シーズン、プロ野球全般に関して一番印象深かった出来事は?
(回答1つまで)
優勝していないチームがクライマックスシリーズを制したばかりに、
日本一に!山井大介投手の完全試合未遂をめぐって大論争!
13.プロ野球以外に注目しているスポーツは?
(回答2つまで)
サッカー、アメリカンフットボール
※下記の課題のみ集計対象外です
【自由課題】
■"今年のプロ野球&世相回顧"を題材に川柳を作成して下さい
(皆様の感性をフルに活かした作品をお待ちしております)
うーん…。川柳は苦手なもので、ここでは答えかねます。
(11/27追記 やなっちさんからのコメントはこちら。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/11/21

小林雅英、インディアンスへ!

小林雅がインディアンスと2年契約!(日刊スポーツ)
ロッテからFAとなった小林雅英投手がインディアンスと2年契約を結んだ。20日(日本時間21日)イ軍が発表した。3年目の2010年の契約は球団が選択権を持つ。AP通信によれば2年総額625万ドル(約6億8750万円)。背番号はロッテ時代と同じ30。ちなみに今季推定年俸は2億5000万円。
小林雅は通算36勝34敗227セーブ。インディアンスはア・リーグ中地区所属で、今季は地区優勝を果たした強豪。クローザーには今季45セーブを挙げたボロースキがいるため、まずは中継ぎとなる見込み。
「非常にうれしく興奮しています」
インディアンスとの2年契約が決まった小林雅英投手は本拠地クリーブランドのジェイコブスフィールド内で記者会見。「素晴らしいチームと契約することができて、非常にうれしく興奮しています。これまで9年間、支えてくれたマリーンズの関係者、ファンの皆さまに感謝しています。ロッテでストッパーをやらせてもらっていたという誇りを忘れずに、メジャーのマウンドで頑張りたいと思います」。背番号「30」のユニホームにも袖を通し、うれしそうに語った。
小林雅メジャー行っても銚子電鉄支援(スポーツニッポン)
ロッテからFA宣言し、メジャー移籍も視野に入れる小林雅が、渡米後も経営再建中の千葉・銚子電鉄支援を続ける。「1年で終わらせるつもりで動いたわけじゃない。継続するつもり」と関係者に続行の意思を伝えているという。
今年1月、支援団体「銚子電鉄サポーターズ」の会員第1号となった。オークションに参加するなど広告塔として活動し、同団体は会員数4000人を突破。夏には集まった寄付金約1370万円で枕木2000本を寄贈した。この日は千葉マリンに現れず、自主トレに励んだ小林雅には複数のメジャー球団からオファーが届いている。同団体からは夏に熱烈な残留コールを受けたが、海を渡っても第2の故郷・千葉を愛する気持ちは変わらない。“幕張の防波堤”の異名は失っても、“銚子の電車男”の看板は守っていく覚悟だ
-------------------------------------
このほか、薮田安彦投手が、トレイ・ヒルマン監督が就任したカンザスシティー・ロイヤルズと契約濃厚と報じられているが、まだ正式決定ではない。ともあれ、伊良部秀輝投手(ニューヨーク・ヤンキースほか),小宮山悟投手(ニューヨーク・メッツ)につぐマリーンズが生んだメジャーリーガー誕生ということになった。
確かに、コバマサ劇場だなんだと言われていたが、いざ渡米となると、うーん…。
マリーンズのクローザーとして6年半。通算227セーブの実績を引っさげてクリーブランド・インディアンスの一員に。映画「メジャーリーグ」のモデルとなったチームであり、
ファイターズ1巡目多田野数人投手、カープ・マリーンズで活躍した
ネイサン・ミンチーさんが日本担当スカウトとして在籍している。
いすみマリーンズにおいて、来季の企画として不定期に
「今週のコバマサ&薮田神」コーナーでもやりますかねぇ。
流出などというケチくさい考えではなく、潔く送り出したと解釈したい。
小林雅英のメジャーでの活躍に幸あれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2007/11/20

里崎&TSUYOSHIベストナイン

         パ・リーグ             セ・リーグ
最優秀選手 ダルビッシュ有(ファイターズ) 小笠原道大(ジャイアンツ)
(MVP)  
最優秀新人 田中将大(イーグルス)     上園啓史(タイガース)
(新人王) 
ベストナイン
投手     ダルビッシュ有(ファイターズ) 高橋尚成(ジャイアンツ)
捕手     里崎智也(マリーンズ)    阿部慎之助(ジャイアンツ)
一塁手    カブレラ(ライオンズ)      タイロン・ウッズ(ドラゴンズ)
二塁手    田中賢介(ファイターズ)    田中浩康(スワローズ)
三塁手    ラロッカ(合併球団)      小笠原道大(ジャイアンツ)       
遊撃手    TSUYOSHI(マリーンズ) 井端弘和(ドラゴンズ)
外野手    稲葉篤紀(ファイターズ)    青木宣親(スワローズ)
        森本稀哲(ファイターズ)    ラミレス(スワローズ)
        大村直之(ホークス)      高橋由伸(ジャイアンツ)   
指名打者   山崎武司(イーグルス)
----------------------------------------------------------------
おととしはこちら。昨季はこちら
パ・リーグだけでもファイターズ4人、マリーンズ2人、
ホークス・イーグルス・ライオンズ・合併球団各1人とみごとに分散され、
セ・リーグは田中ヒロヤスがアライバコンビの牙城を崩す!
里崎は2年連続。TSUYOSHIはおととしについでそれぞれ2度目で、
ゴールデングラブ賞に続き、ライバル川崎ムネリンから奪取!!

新人王は北のマーくんでノー文句!荻野、岸孝之はしゃあない。
セは上園・金刃憲人の一騎打ちと思われたが金刃がケガに泣いたのが響いたというか、クライマックスシリーズでも先発した上園に軍配。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2007/11/19

マリーンズ・2007大学&社会人&育成ドラフト指名選手

1巡目 服部 泰卓 投手 トヨタ自動車(←駒大←川島高)
3巡目 根本 朋久 投手 横浜商科大(←帝京安積高)
4巡目 伊藤 義弘 投手 JR東海(←国学院大←東福岡高)
5巡目 下敷領悠太 投手 日本生命(←法大←上宮高)
育成枠
1巡目 池田  健 投手 青藍泰斗高

2巡目 宮本 裕司 捕手 四国アイランドリーグ・高知ファイティングドッグス
                       (←摂南大←御坊商工)
3巡目 小林 憲幸 投手 四国アイランドリーグ・徳島インディゴソックス
                       (←全浦和野球団←城西国際大中退←川口高)
4巡目 白川 大輔 内野手 四国アイランドリーグ・高知ファイティングドッグス
                        (←尽誠学園高)
5巡目 大谷 龍次 外野手 日立製作所厚木軟式野球部(←樟南高)

720071120k0000m050122000p_size5 
(左は服部。右は下敷領。毎日新聞より)
大学&社会人ドラフト指名選手全員一覧はこちら
スカイ・Aのドラフト中継録画したものを見ていましたが、長谷部は無理だと思っていたから。ドラゴンズをはじめ、カープ・ライオンズ・イーグルス5球団との競合となり、
順番からみて、島田さんに先に当たりくじを持っていかれたからそりゃ無理だわな。
島田さんはやり手だねぇ。古田さんに佐藤由規の当たりくじを奪われたリベンジを果たしたわけで、これで、結果的には星野ジャパンにイーグルスから唯一選出されたことになる。加藤幹典はスワローズが一本釣りしたので、大場翔太はその他6球団の競合となり、ホークスの手に。王さんが当たりくじをひいたのは寺原隼人以来か?それにしても同一リーグだもんで、えらいこっちゃで(汗)
多田野数人(八千代松陰時代に夏の甲子園出場。立大時代に神宮大会でナマで見たことあり)ファイターズが指名するとは聞いていたがはずれのはずれ1位とは、ねぇ…。
はずれ1位で、トヨタ自動車・服部泰卓投手をめぐってライオンズ・ファイターズとの競合となったが、ここでボビーの強運が発揮されたかたちで、素質という点では長谷部には負けないものを持っているだけに、よくぞ引き当てた!
「良い左投手を獲得できた。指名できたことにワクワクしている」。
大阪ドームで開催中の社会人野球日本選手権で好投しており、藤田の後は任せた!
根本も服部と同じ左腕。伊藤は右腕。そして下敷領。アンダースローということで、
管理人が法大時代から注目していたが、下敷領を指名する球団はなかった。
社会人(日本生命)入りしたものの、どこか指名してくれないものかと思っていたら、
マリーンズキタ━(゚∀゚)━!!渡辺俊介というアンダースローの超お手本たりえる存在がいるので、大嶺祐太とのWユウタコンビで、徹底的に応援します!!
服部同様、社会人野球日本選手権で好投。YFKの穴が埋まったとは行かなくとも、
既存戦力とのかねあいでなんとかやって行ってほしい。
むしろ育成枠が注目だったが、池田はMAX146kmの速球が武器。育成枠で獲るのがもったいないくらい。大谷は過日おこなわれた入団テストで合格したということか?
宮本・小林・白川は昨年の角中につぐ四国アイランドリーグからの指名。
ほかに四国アイランドリーグからの指名選手は、香川オリーブガイナーズ・三輪正義内野手がスワローズから6巡目。大学&社会人ドラフトで唯一指名され、あとは育成枠で、愛媛マンダリンパイレーツ・梶本達哉投手が合併球団から、高知ファイティングドッグス・小山田貴雄捕手がスワローズからそれぞれ指名され、北信越BCリーグでは唯一、石川ミリオンスターズ・内村賢介内野手がイーグルスから育成枠で指名されただけで、マリーンズの入団テストに参加していた愛媛マンダリンパイレーツ・松坂恭平内野手らは指名されなかった。
SPORTS COMMUNICATIONS(こちらこちら)に,四国新聞(こちらこちら徳島新聞に詳細記事あり。(根本については福島民報福島民友新聞も)
大学&社会人&育成ドラフト合計でおととし2人、昨年3人、今年6人とNPB入り選手が増えつつある四国アイランドリーグ。「NPBプロ野球選手を目指している若者たちに夢を追いかけるチャレンジの場を提供する」を存在理由とし、「野球事業を通じた地域の活性化」を存在理由とする北信越BCリーグとは相違点はあるものの、期待してほしい。管理人としては、マリーンズの選手である以上、支配下選手と育成選手とは差別するつもりはしないし、育成選手とはいっても、ファームの試合(フューチャーズを含む)しか出られない制約はあるが、支配下選手への昇格めざしてがんばってほしい。
育成選手まめ知識・・・支配下登録選手が65人以上いるチームなら何人でも登録可。公式戦はファームゲーム・オープン戦のみ出場でき、1チーム5人まで。3けたの背番号を着け、契約金に相当する支度金が300万円まで、最低年俸は240万円。6月末までに限り支配下登録選手に昇格することができる。

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2007/11/18

マリーンズEXPO2007

Img_1799
Pb180483
1
おととしの様子はこちら。昨年の様子はこちら
92年以降15年連続(93年は雨天中止)となるマリーンズファン感謝デー来場。今回もサイン会は入場時に配られるラッキーカードの抽選で当選した人のみとのことで、ちなみに管理人ははずれ。8時開場とのことで、着いたのが9時30分頃でしたが、内野1階席はほぼ埋まり、2階席や外野席(レフト&ライト寄り部分)まで開放していたのは意外
節丸裕一アナの総合司会、清水直行選手会長の開会宣言のあとイベントがはじまり、
周知の通り、成瀬善久・渡辺俊介・小林宏之・里崎智也・TSUYOSHI・サブロー選手が星野ジャパンの一員として宮崎合宿参加中でこの場にいないため、ビデオメッセージが。きのうライオンズ(1-1),きょうホークス(4-2),あすジャイアンツと練習試合のあと、22,23日と福岡ドームにて日豪親善野球日本代表最終強化試合、
12月1~3日北京五輪予選・アジア野球選手権に臨むことになる。
ちなみにきょうのホークス戦は、成瀬&俊介が好投。TSUYOSHIがホームランを含む2安打と、遠く宮崎サンマリンスタジアムにおいてファン感謝デーの役割を果たせたのではないだろうか。
グラウンド・スタジアム内・スタジアム外と3つに分かれ、グラウンドにおいてはベースボールチャレンジ。スタジアム内において野球クリニック、スピードガンコンテスト、ファンミーティング。スタジアム外においてはバッティング指導、トークショー、チャリティーオークション、マリーンズ歴史入門、前述のサイン会などがおこなわれました。
管理人が参加したのはファンミーティング。3階のカンファレンスルームに100人くらい集めておこなわれ、マリサポからマリンを満員にするために意見を募るというもので、
ファン歴も居住地も多種多様。
「TEAM26会員特典の内野自由席招待券は遠方のファンにとって
使いたくても使えないので別の特典に変えることができないものか?」
「試合開始に間に合わないので遅くできないものか?」
「ビジター球団のファンが来やすい環境に」
「宮城球場などでやっているごみの分別を」
「食べ物、交通アクセスの充実」など。
マリーンズミュージアム内でのマリーンズ歴史入門は、東京スタジアム・川崎球場と以前の本拠地の思い出とか、毎日オリオンズ以来のチームの生い立ちなどご存知応援団出身の球団職員横山氏が解説するというもので、ファン歴の浅いマリサポにとってもためになる企画であった。ベースボールチャレンジの決勝大会で、ランニング部門は早坂・代田・根元が参加したものの対戦したファンが全勝。コントロール部門は南・荻野が参加し、荻野が唯一勝ったという。
昨年、ボビーが「企画の段階から私のアイデアは何も入っていない」と苦言を呈したことである程度改善されたのか、選手とファンが触れ合えるイベントが多かったような気が。最後はボビーのしめのあいさつで15時前に終わりました。
あすの大学・社会人ドラフトは、星野ジャパンの一員である愛知工大・長谷部康平投手を指名することにきまり、地元ドラゴンズをはじめ、ベイスターズ・カープ4球団との競合になるが、ボビーがくじを引くでしょうが、唐川の時とちがって自信がないので、人事を尽くして天命を待つ!(スカイ・Aで13:30~16:30中継あり)
-------------------------------------
ファン感今年はボビー満足!!(スポーツ報知)
千葉マリンでファン感謝デー「マリーンズエキスポ2007」を開催した。紅白戦を眺めるだけで、バレンタイン監督が「もっとファンと触れ合うべき」と激怒した昨年とは一変。サイン会や野球教室などスタジアムをいっぱいに使い、選手が特製の名刺をファンに配るなど16000人が大満足。「楽しい1日が過ごせた」と指揮官。総額200万円相当のニューヨーク旅行もポケットマネーでプレゼントした。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007/11/17

11/17 福岡VS東京

東京 010100001 3
福岡 000101000 2
東:増本-大川-森山-五月女-河野-○石毛
福:北別府-山内-長富-加藤-●若田部
[ホームラン]東:初芝1号,本西1号 福:福澤1号[いずれもソロ]
福山市民球場 観衆 9751人

カープが年に1度のオープン戦・公式戦をここでおこない、
マリーンズのビジターゲームもここでやったことがあった福山市民球場。
東京が接戦を制し、連勝!
2回に初芝の先制アーチのあと、同点の9回。これまた
マリーンズOBの本西決勝アーチで勝ち越し、逃げ切った。
福岡は過日亡くなった稲尾和久監督への手向け勝利はかなわなかった。
試合詳細記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あすは我が身か・・・FAメジャー移籍について考える

…のこころだぁー(by小沢昭一的こころ)
昨年のいまごろ、「ポスティングに異議あり!」でも書きましたが、
今オフは、小林雅英・薮田安彦投手のFA宣言、メジャー移籍で騒がれているが、実現すれば伊良部秀輝投手以来のマリーンズ出身のメジャーリーガーということになる。
まぁ、伊良部はいろいろ問題はあったのだけれど、当時はFA権がまだなく、
パドレスではなく、なぜヤンキースだったのかはともかく、一時期夢を持たせたのは事実で、帰国後阪神タイガースの2003年優勝に貢献したあと引退、現在は実業家らしい。
管理人的には、Jリーガーが欧州など海外リーグに移籍しても流出などといわれないのに、NPB→MLB移籍が流出などと言われなきゃいけないのか?との観点から、週ベ最新号の「豊田泰光のオレが許さん」でも書いてある通りで、メジャーに行きたいという選手の気持ちは抑えられんのだから、気持ちよく送り出して、何年かのちにかれらに恩返ししてもらう。今回の例で言えば、コバマサ&薮田神には、いったんメジャーに行かせて、数年後にはコーチとしてマリーンズに復帰し、若手投手陣をビシビシ鍛えてもらう、ということだ。
ポスティングだと球団に売却益が入るものの、選手は行きたい球団を選ぶことができない。FAだと選手(代理人)は行きたい球団を選べるが、球団には補償金は入らない。
ひいきのマリーンズ選手がかれらに続く形でメジャー行きを希望したら、
いったい、どうなってしまうのか!?
もっとも、NPBは、7月のオーナー会議でNHKに対し、大リーグ中継より、日本のプロ野球をもっと扱ってくれるように要望したらかったが、プロ野球選手会との肖像権訴訟を出すまでもなく統一契約書とか野球協約を選手&ファン本位に改めるなどシステム再構築をしないといけないのでは?
以下の最新ニュースを聞けばごもっともに思えるのだが、
内竜也・新ストッパー案は以下の事態により撤回。
ウォーレン&シコースキー級の外国人ストッパーはいるかどうか…。
-------------------------------------
バレンタイン監督が日本開催を批判 (スポーツニッポン)
ロッテのバレンタイン監督が16日、客員教授を務める千葉商大で講演し、来年3月25、26日に日本で開催される米大リーグ、レッドソックスの開幕戦を批判した。
来年3月20日にはパ・リーグが開幕する。同監督は「日本の野球を一番面白いものにしようとしない人々が下した、悪い決断だ」とばっさり。
日本選手の海外流出が続く現状にも「年金や給料、労働環境など、大リーグの方がいいと思われないシステムをつくらないと。これは監督レベルではなく、オーナーレベルで決まること。私は提案しているだけ」と経営者側の努力を求めた。
内が右肩手術無事終える
ロッテは15日、内竜也投手が横浜市内の病院で右肩の内視鏡手術を受け、無事成功したと発表した。退院は1カ月後の予定だが、本格的な投球までには時間を要するため、来季の開幕には間に合わない見込み。
内はハワイでのウインターリーグに参加していたが右肩の痛みを訴え、帰国していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/16

【TB企画】 Claps&Flags!~千葉ロッテマリーンズ2007~

今季もまた、やまだ書点さんのエントリーに賛同する形で回答します。
(おととしはこちら。昨季はこちら。)
1.今シーズン、一番印象深かった試合(勝ち負け問わず)3試合まで
3/24 VSファイターズ戦 4-4
ズレータ同点グランドスラムを放った開幕戦。
9/12 VSファイターズ戦 3-2
成瀬がダルビッシュとのガチンコ対決に勝つ。
10/10 クライマックスシリーズ第1ステージ第3戦 VSホークス戦 4-0
成瀬スペシャルともいうべき好投、サブロー決勝タイムリースリーベース。
2.よく頑張った!と思う投手3名まで
成瀬善久
書くまでもないが、まさにエース級の活躍。
荻野忠寛
川崎雄介
新・勝利の方程式を担う左右セットアッパー。
3.よく頑張った!と思う野手3名まで
サブロー
視力回復手術が功を奏して、9打席連続安打など好成績。
守りでもレーザービームを連発し、ゴールデングラブ賞。
早川大輔
トレードは人を変える、環境を変えるということを体現。
打撃&守備において自己最高の好成績。TSUYOSHIとの1,2番コンビも。
里崎智也
神宮球場での2年連続逆転満塁弾、ダルビッシュからの3ランなど
打においては記憶に残る活躍。
4.もうちょっと頑張れよ…と思う選手3名まで
ズレータ
想定外の故障など3ヶ月の欠場が響いた。
青野毅
前半戦は10本塁打と好成績も、けがで後半戦を棒に振った。
今江敏晃
2年連続大スランプは、ねぇ…。
5.「来年楽しみだなぁ」と思う選手3名まで
大嶺祐太・唐川侑己・角中勝也
投手陣の再構築という面を考えても2人とも一軍から出てこないといけない。
竹原&大松は期待に応えたので角中もかれらに続く存在に。
6.今年、マリーンズに起きたもっとも印象的な出来事・名言・珍言・事件は?
ボビーがドラフトで2年連続当たりくじをひいたこと。
7.2007年マリーンズのMVPは?
成瀬善久
8.千葉マリンスタジアムでかかる選手の出囃子(登場テーマ)の中で一番好きな曲は?(わからないという方は、他球団でも結構ですのでお気に入りの選手の出囃子を教えてください)
サブロー 栄光の架け橋
9.今年特に目立ったフラッグを使った応援、あなたはどう感じましたか?
目障りには感じなかったが、いいのでは。
10.マリーンズ以外で讃えたい!と思う選手・チーム各1
中日ドラゴンズ 中村紀洋
優勝でないチームが日本一&アジア一というのは違和感を感じるが、
落合監督、よくぞここまでといいたい。
中村ノリの再チャレンジがシリーズMVPにつながるとはねぇ。
------------------------------------------------------------------
TB企画・千葉ロッテマリーンズ2007~Claps&Flags~
●企画の主旨●
健闘しながらも、あと一歩のところでチャンピオンの座を逃してしまった我らが千葉ロッテマリーンズ。
その2007年をファンの皆さんで振り返っていきましょう!
●参加方法●
下掲の「テーマ」に答えた記事を作成し、元記事にTBして下さい。
受付確認替わりにTBを返させて頂きます。
・元記事 やまだ書点の万葉パ・リーグ (管理人:やまだ書点):
http://blog.goo.ne.jp/marine_yamada
・トラックバックping-URL:
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/a41cfe5b545d18532d9e8233c816fea8/10
回答期限は12/7(金)23:59:59とし、それまでいただいたTBの内容で集計いたします。
もちろんこれ以降のTBも歓迎しますが、集計には反映されませんので予めご了承下さい。
集計結果はできるだけ速やかに企画元にて発表させていただく予定です。
●テーマ●
「振り返る」のが目的ですので、極力「理由」もお書き添え下さい。
0.(他球団ファンでご参加の方へ)好きな球団はどこですか?
1.今シーズン、一番印象深かった試合(勝ち負け問わず)3試合まで
2.よく頑張った!と思う投手3名まで
3.よく頑張った!と思う野手3名まで
4.もうちょっと頑張れよ…と思う選手3名まで
5.「来年楽しみだなぁ」と思う選手3名まで
6.今年、マリーンズに起きたもっとも印象的な出来事・名言・珍言・事件は?
7.2007年マリーンズのMVPは?
8.千葉マリンスタジアムでかかる選手の出囃子(登場テーマ)の中で一番好きな曲は?
(わからないという方は、他球団でも結構ですのでお気に入りの選手の出囃子を教えてください)
9.今年特に目立ったフラッグを使った応援、あなたはどう感じましたか?
10.マリーンズ以外で讃えたい!と思う選手・チーム各1
その他今年のマリーンズに一言などお書き添えいただけるとなお嬉しいです。
●注意事項●
・自虐ネタは笑える範囲内でお願いします。
・単なる誹謗中傷にあたる内容、著しく他人を傷つけたり不快にさせる内容、質問の答えとは逸脱した内容の回答はご遠慮下さい。マリーンズだけでなく他球団、選手、ブロガーの方いずれを対象にしたものでも、企画元管理人が違反と判断した場合予告なくTBを削除させていただく可能性がありますので予めご了承下さい。
・自分のブログを持っておられない方はコメント欄を利用してご参加下さい。内容の注意事項に関してはTBと同様でお願いします。また違反時の対処も同様に予告なしで削除させて頂きますのでご注意下さい。
・他球団ファンの方のご参加も大歓迎いたします。
・どなたにも気軽にご参加いただけるようテンプレートをコピーして文末に貼り付けて下さるようお願いします。
企画元:やまだ書点の万葉パ・リーグ (管理人:やまだ書点)
http://blog.goo.ne.jp/marine_yamada

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007/11/15

11/14 東京VS大阪

大阪 000000000 0
東京 200000000 2
阪:●山田-村田-中田-佐野-山崎-小林-柴田
東:江夏-○西崎-河野-増本-川尻-石毛-S阿波野
東京ドーム 観衆 15900人

周知の通り、稲尾和久・福岡ドンタクズ監督がお亡くなりになり、試合前に追悼セレモニーが行われ、オーロラビジョンに稲尾さんの映像が映し出され、左胸に喪章を着けた両チームナインがベンチ前に整列。1分間の黙祷を捧げた。中田秀作アナが「稲尾さんは湿っぽいことが嫌いでした。故人の遺志を継いでマスターズリーグは明るく楽しくやっていきます」と話すと場内から拍手が起こっていたという。(スポニチより)
昨季から東京の一選手として参戦している初芝清さんが2月に40歳になったことで、4回以降でないと出られないサポートプレーヤー扱いからはずれ、5番サードスタメン出場。結果は3打数ノーヒット(タイムリーエラーで1打点)だったが、12月26日から3日間札幌ドームで開催されるNPB12球団ジュニアトーナメントにて3年連続マリーンズジュニア監督を務めることになり、優勝という悲願達成なるか?
マリーンズOBでは、大阪から東京に移籍した本西厚博は先制タイムリー。
初参戦の垣内のおいやんは代打出場も安打を打てず、
大物ルーキー?伊東勤・前ライオンズ監督は特大のファウルも三振であった。
試合詳細記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/14

ドラフトに地元枠を導入すべき

「韓国などで保護地域出身の選手を優先的に指名できる縁故地ドラフトを導入すべきだという声がドラフト改革で全く出ないのはいかがなものかと思うが、これについては後日別エントリーで」としながらも、大学・社会人・育成ドラフトまであと5日とせまってきたので、表題の記事を。
ホークスファンの「たれぱんだ号が行く!」にて主張していたのを共感するかたちで。
来季からドラフトは高校生、大学・社会人の分離開催をやめ、一括開催にもどすそうだが、ドラフト制度検討委員会で根来コミッショナー代行は以下のような独自案を披露したという。「会社への就職と同じ。希望を聞かないのは今の時代にそぐわない」として、
高校生や大学生が志望届を提出する際、希望する球団を12球団(全球団)OK,または6球団(うち、3球団はシーズン4位以下が条件)を挙げさせ、重複した場合は入札抽選制を採用、希望以外の球団に入団したときは、FA取得期間を短縮して救済する、というもの。これに対し、カープは希望を3球団程度に絞らせ、その球団を最優先した入札抽選を唱え、ジャイアンツ・タイガース・ホークスが同調。他球団は完全ウェーバー制を主張し、マリーンズの瀬戸山球団社長代表は「各球団が(根来案を)持ち帰って検討するが、たたき台にしなければならないという認識ではない」という。管理人は、基本的には完全ウェーバー制&FA取得期間6~7年に短縮なんですが、
根来案には一理あり、さらにいえば、「保護地域枠」を希望枠にかわって導入すべきだと思うが、地域密着がいわれているプロ野球界において、なぜか、保護地域枠を導入すべきだという声がドラフト制度検討委員会でまったくといっていいほどなかった。新人補強は地域に拘らず全国から広く選手を集めるべきだといいたいのか。
TBSラジオなど全国ネット「日本全国8時です」にて永谷脩さんも地域枠導入すべしと言っていたし、たまたま、きょう発売の週ベ最新号に「ドラフトに地元枠を盛り込んではどうか」という投稿が掲載された。全文引用するのもあれなので、要旨のみかいつまんで書くと、すくなくとも純粋に地元球団に入りたいという気持ちは尊重するべきであり、それにこたえてあげることで球界のイメージアップに貢献し、できることなら地元出身のスター選手を待ち望んでいるのではないだろうか。地元枠を導入すれば選手発掘や獲得のためにより地方進出、地域密着が進度化すれば先行きは明るい、というもの。
管理人案として、高校生・大学生・社会人・独立リーグ問わず一定の期間を設け、保護地域もしくはそれに準ずる都道府県(イーグルスは東北6県、在京5球団は関東1都7県、ドラゴンズは東海3県、タイガース・合併球団は関西2府4県、カープは中国5県、ホークスは九州沖縄全域)に出身もしくは在学中の選手と最低1名「保護地域枠契約締結内定選手」として強制的に指名し、ただし、地元球団は嫌だという選手もいるので、そういう選手は除外し、ウェーバーで指名する。
今回のドラフトにあてはめれば、(一例)
唐川侑己 →マリーンズ
中田翔  →タイガース、合併球団、カープ(広島出身のため)
佐藤由規 →イーグルス
長谷部康平 →ドラゴンズ
加藤幹典 →ベイスターズ
大場翔太 →ジャイアンツ、スワローズ(東京出身のため。
ただし、八千代松陰OBでもあるので、マリーンズも可)
ということになるのですが。
唐川はボビーの強運なればこそ夢はかなったのであって、
大学・社会人ドラフトは、ねぇ…。ハンカチ王子・斎藤佑樹擁する早大を2-0で破り、
神宮大会を制した大場翔太の当たりくじを!といいたいところだが、
夢は夢で終わってほしくない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/12

ぜひ松坂恭平をマリーンズ戦士に!

松坂弟 育成ドラフトでロッテ入りも(スポーツニッポン)
松坂兄弟でプロの世界に――。ロッテの入団テストが11日、千葉マリンスタジアムで行われ、レッドソックス・松坂大輔投手の弟・恭平内野手(愛媛マンダリンパイレーツ)が受験。1次選考を突破して最終メンバーに残った。これにより、19日に実施される育成ドラフトで指名される可能性が出てきた。偉大な兄の背中を追って、兄弟でプロ入りという夢が現実味を帯びてきた。 遠かった兄の背中に少しでも近づきたい。夢だったプロの世界への扉。自身初となる入団テストを終えた恭平は「力を出し切った?そうですね。自分の実力も分かると思って受けたんですけど、やっぱり野球は楽しい」と笑顔で話した。
テストは計81選手が受験。恭平は所属する他の四国アイランドリーグ(IL)勢とともに、フリー打撃などのメニューに臨んだ。フリーでは打撃投手、マシンを相手に計14スイング。安打性の打球は6本で、左翼越えの豪快な一打もあった。三塁に入った守備でも軽快な動きを披露。この時点で1次選考を突破、37人に絞られた最終メンバーに残った。2次選考のシート打撃では投ゴロに終わったが、プロへの大きなチャンスをつかんだことは確かだ。
「育成でもいい。プロで勝負したいという気持ちはあります」。そう力を込めた恭平は、「プロを目指して野球をやるのはこれが最後かも…。踏ん切りをつけるために挑戦したという部分もありますね」と続けた。常に兄・大輔と比較されてきた野球人生。都篠崎から法大に進んだが、手術した右足首や右肩、右ひじ痛など故障に泣き、03年9月には投手から野手に転向。卒業後はクラブチームを経て、昨年から四国ILの愛媛で大好きな野球を続けてきた。
今季の成績は88試合で打率・220、1本塁打、32打点。生活費を切り詰め、野球だけに打ち込む日々。「貯金を切り崩してたんですけど、なくなっちゃって…。でも、さまざまな社会勉強ができた」。10月には米コロラドで兄が世界一になった試合を観戦。「凄いなあと思いました」と刺激を受けた。同じプロの舞台に立ちたい。その思いを兄には内証で受けたテストにぶつけた。
育成部門の充実を目指す球団は、ドラフトで6~8人を指名予定。12年ぶりの入団テストを終え、松本尚樹スカウティングスーパーバイザーは「合格、不合格は言っていない。松坂君も頑張っていたし、全員に(指名の)チャンスがある」と明言した。注目の19日のドラフト。兄弟プロ誕生へ、恭平は吉報を待つ。
ロッテ入団テスト、四国ILがレベルの高さ示す(読売新聞大阪本社)
千葉マリンスタジアムが「独立リーグ色」に染まった。プロ野球ロッテの入団テストが11日、千葉で行われ、独立リーグの四国アイランドリーグ(IL)の27選手が参加。37人の1次選考突破者のうち、22人を占めるなど、レベルの高さを存分に示した。
テストの参加者は81人。投手は20球の投球、野手は10球の打撃の1次選考に挑んだ。四国IL勢は、投手は9人中4人、野手はレッドソックス・松坂大輔の弟で、愛媛の松坂恭平内野手ら18人全員が、最終の2次選考へ進んだ。
強豪の社会人チームの選手らもいる中で“活躍”できたのは、貪欲なうえに、プロで活躍した監督、コーチの熱心な指導を受けているから。ロッテの担当者は「発足3年でレベルは確実に上がっている」と高く評価した。
交通、宿泊費は個人負担。それでも、香川の主将・井吉信也外野手は「チャンスは逃したくない」と前日から千葉入りし、テストに備えた。
四国ILからは、過去2年で育成選手を含めて5人がプロ入りした。育成選手の獲得に力を入れるロッテのスカウト陣は「できれば何人か取りたい」と語る。合格者は、19日に行われる大学・社会人、育成ドラフトで指名される。
-------------------------------------
マリーンズは、四国アイランドリーグと積極的に交流戦をおこない、その効果が
角中勝也獲得につながり、わずかながら一軍でも活躍したので、角中に続けとばかりに
アイランドリーガーの大量受験につながったのではないでしょうか?
松坂弟も、話題性が先行するのはやむを得ないとしても、内野手としての実力というか、魅力はありますし、松本スカウトの評価は高いものがありましたから、
支配下選手だろうが、育成選手だろうが、指名されればモチロン応援しますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/11

マスターズリーグ、名古屋開幕飾る

名古屋 501000000 6
札幌   300000000 3
名:○西本-小野-小島-鹿島-S野中
札:●与田-横田-有沢-佐藤-松沼兄-新浦
札幌ドーム 観衆 15500人

というわけで、日本シリーズが終わると、マスターズリーグの開幕。
そう詳しくは試合結果は書けませんが、管理人が行けるのは…。
東京ドームでの4試合。すべてナイターじゃん!!
5年連続“東京ドームでの1月2日新春野球ナイター”となる、
東京VS札幌戦だけは管理人自身、初詣のついでに生観戦予定ですが、テレビ中継が
民放系BSが4試合くらい、スカイ・Aが大阪ドーム3試合、JSportsが1試合のみと、
おととしまでスカパーでやっていたのがウソのよう。
“日本シリーズの雪辱を札幌ドームで晴らせるか!?”
昨年優勝の名古屋が開幕戦を飾ることができた。
試合詳細記事はこちら
試合日程は11月分はこちら。12月分はこちら。1月分はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/10

福浦和也FA宣言せず残留決定!

2008年千葉ロッテマリーンズコーチングスタッフ
一軍
監督 ボビー・バレンタイン
ヘッド兼外野守備走塁コーチ兼三塁ベースコーチ 西村徳文
投手コーチ 井上祐二
打撃コーチ 高橋慶彦
バッテリーコーチ 袴田英利,吉鶴憲治
ブルペン担当コーチ  成本年秀
打撃兼内野守備兼ベンチコーチ ランペン
バント兼一塁ベースコーチ 諸積兼司
ヘッドコンディショニングコーチ 立花龍司
一・二軍巡回コーチ 佐野嘉幸
二軍
二軍監督 レン・サカタ
ヘッドコーチ 古賀英彦
投手コーチ 荘勝雄
打撃兼外野守備走塁コーチ 高沢秀昭
バッテリーコーチ 定詰雅彦
内野守備走塁コーチ 上川誠二
投手コーチ兼コンディショニング担当 イエーツ

-------------------------------------
福浦,FA宣言せずに残留(時事通信)
ロッテの福浦和也内野手は10日、千葉マリンスタジアムで「球団と1年契約で合意した。フリーエージェント(FA)宣言はしない」と話し、昨季取得したFA権の行使をせずに残留することを明言した。合意した契約内容は3000万円減の1億5000万円プラス出来高。福浦は「3年以上の複数年契約を希望していたが、2年でダウン提示だった。納得できる成績を残せなかったし、(提示を)受け入れることにした。これを発奮材料にして来年頑張りたい」などと話した。
福浦は14年目の今季、右脇腹痛や左足首ねんざなどのけがに悩まされ、自己ワーストの打率2割5分8厘に終わった。首位打者を獲得した2001年から続けていた3割は6年連続で途切れ、規定打席にも8年ぶりに達しなかった。(金額は推定)。
-------------------------------------
レン・サカタさんは、95年に二軍監督を1年だけやって、その後3年間
守備走塁コーチをやっていたので、10年ぶりにマリーンズ復帰!
モロさんが一軍コーチに昇格。既報通り成本コーチも8年ぶりにマリーンズ復帰。
福浦はFA宣言しうる成績を残せなかったこともあるが、
野球人生をマリーンズで全うしたい心意気は感じられた。
いっぽう、ジョニーはいまだオファー球団なし。
「現状は変わらない。急に投げろと言われてもいいように練習するだけ」「(合同トライアウトを)受けなかったのは自分が決めたことなので後悔はない。話がなければ来るまで待ち続ける」(スポニチより)
マット・ワトソンが退団!コバマサ&薮田神FA移籍濃厚なだけに、ボビーがウインターリーグ視察に行ったと報じられたが、マリーンズに在籍した外国人投手で抑え・中継ぎといえばウォーレン、シコースキーしか思いつかない…。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007/11/08

三井ゴールデングラブ賞 マリーンズから5選手

     パ・リーグ              セ・リーグ
投手  ダルビッシュ有(ファイターズ)  川上憲伸(ドラゴンズ)
捕手  里崎智也(マリーンズ)     谷繁元信(ドラゴンズ)
一塁手 福浦和也(マリーンズ)     シーツ(タイガース)
二塁手 田中賢介(ファイターズ)     荒木雅博(ドラゴンズ)
三塁手 今江敏晃(マリーンズ)     中村紀洋(ドラゴンズ)
遊撃手 TSUYOSHI(マリーンズ)   井端弘和(ドラゴンズ)
外野手 森本稀哲(ファイターズ)     青木宣親(スワローズ)
     稲葉篤紀(ファイターズ)     高橋由伸(ジャイアンツ)
     サブロー(マリーンズ)     金城龍彦(ベイスターズ)
----------------------------------------------------------------
マリーンズからのゴールデングラブ賞はおととし福浦・西岡=TSUYOSHI・今江・小坂・サブロー。昨年里崎・今江が選ばれて以来3年連続で、パ・リーグは優勝したファイターズとの2チームで独占。ドラゴンズから5人選ばれるなど日本一&優勝したことによる余禄で受賞できたのもいえなくはないわけで、TSUYOSHIは川崎ムネリンからようやく奪い取って遊撃手では初受賞(受賞自体は二塁手での05年以来2度目)という感じで、里崎は2年連続、今江は3年連続、福浦は03,05年についで3度目。サブローは05年以来の受賞。おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007/11/07

薮田安彦もFA宣言へ

ロッテ薮田がFA宣言でメジャーも視野(日刊スポーツ)
ロッテ薮田安彦投手が7日、千葉マリンで会見を行い、FA権の行使を宣言した。申請に必要な書類を球団側へ提出し「(ドジャース斎藤らの活躍もあって)僕に対する評価を聞いてみたい。メジャーにはWBCぐらいから興味を持った」と話し、海外移籍も視野に入れていることを明かした。また、野茂や伊良部をメジャー球界へ送り込んだ団野村氏と代理人契約を結んだことも公表した。
巨人藤田を獲得
巨人は7日、ロッテを戦力外となった藤田宗一投手と来季の契約を結んだ。東京・大手町の球団事務所で会見した藤田は「パ・リーグからセ・リーグへ移籍するので、来年は新人のつもりで新しい自分を見せたい」と抱負を語った。背番号は37に決まった。
---------------------------------------------------------
このほか、12球団合同トライアウトがジャイアンツ球場でおこなわれ、マリーンズを戦力外となった山崎健、藤井宏海、土居龍太郎。元マリーンズの河本育之、田中充、丸山泰嗣、亮寛が参加(総数52名)ジョニー黒木知宏投手はスポニチ既報通り「トライアウトは受けません。オファーが来るのを待つだけです」と参加しなかった。
コバマサだけじゃなくて、薮田神も…。んー…。
ここまできた以上、残留は考えづらいし、メジャー移籍は何ともいえませんが、
福浦は宣言残留でしょうが、移籍するとしてもえちうらが許さないでしょうから(謎)
藤田は、ねぇ…。かつてマリーンズで活躍し、メジャー挑戦するという、
前田幸長の穴埋めか?小坂誠、イ・スンヨプともども交流戦で待ってろ!
マリーンズが提案していた四国アイランドリーグへの選手派遣は
却下された模様。プロ野球実行委員会もアタマが固い、ねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

唐川侑己、マリーンズへようこそ

Pn2007110601000583ci0002_2
(共同通信より)
ロッテ、唐川と契約=「将来日本を代表する投手に」(時事通信)
ロッテが高校生ドラフトで1巡目に指名した千葉・成田の唐川侑己投手は6日、千葉県成田市内で球団と入団交渉を行い、契約金9000万円、年俸1000万円で契約した。
地元出身、181センチの長身右腕で、148キロの速球と安定した制球力が持ち味。記者会見で「あこがれの球団の一員になれてうれしい。将来はプロ野球はもちろん、日本を代表する投手になりたい」と抱負を語った。球団も将来先発ローテーションの一角を担える投手にと大きな期待を寄せ、同席したバレンタイン監督は「落ち着きのある投手だ。先発として成長し、投手陣を引っ張っていく存在になってほしい」と語った。 
--------------------------------------------------------
4巡目の大牟田・阿部和成投手は31日に契約金3000万円、年俸500万円(金額はいずれも推定)で契約していたので残るは3巡目の金光大阪・植松優友投手だけとなったわけだが、マリーンズの来季のテーマが投手陣の再構築である以上、大嶺祐太とともに次世代の主力投手へ!
19日の大学・社会人ドラフトはまだ指名見込み選手がわからないが、競合覚悟で東洋大・大場翔太投手が本命だと思うが、高校時代に内竜也のライバルだった慶大・加藤幹典投手も可能性があるが、ボビーのことだから意外な選手に行き着くかも?あと、育成枠で何人か指名するか楽しみ。
元・守護神!成本年秀&上川誠二コーチ マリーンズに復帰!
あと復帰してもらわなければいけない選手は…。
「巨人・小坂誠内野手が3日、FA権を行使せずに残留する意思を表明した。ロッテから移籍して2年目の今季は56試合出場、打率1割2分5厘に終わった。「FAは『使えない』です。成績を残してませんから。今は来年のキャンプを目指して肩を治すことだけ」と説明。まずはシーズン終盤に痛めた右肩痛のリハビリに励み、再起を目指す。」
(スポーツ報知より)脇谷亮太にレギュラーポジションを奪われていた事情はあったにせよ…だめだこりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/06

千葉県勢3年連続優勝ならず

第60回秋季関東地区高校野球大会(栃木・宇都宮清原球場栃木県総合運動公園野球場)は、千葉県からは秋の県大会で優勝した千葉経大附高校、準優勝した安房高校が出場しました。
1回戦(10月28日)
千葉経大附 301101203 11
矢板中央   000002001 3
【千】斎藤、吉野―谷
【矢】清水、松本―高橋、吉永
千葉経大附打線16安打猛攻!
マリーンズ・金澤岳捕手の母校・矢板中央に大勝!
新エース斎藤圭祐11奪三振好投!
1回戦(10月29日)
安房  000000000 0
霞ヶ浦 00100000X 1
【安】佐野―鹿嶋
【霞】大塚、岡本―池田
夏から続いていた安房旋風も、散発8安打完封される。
準々決勝(10月30日)
千葉経大附 110001000 3
横浜     30000110X 5
【千】斎藤―谷
【横】土屋―小田
千葉経大附のエース・斎藤完投も、6回に同点に追いついたが
そこまでで、あった。
その試合では横浜高の左腕エース・土屋健二が決勝タイムリーを放ち、
その勢いで決勝進出し、慶応高校を3-2で破り3度目の関東大会優勝。
97年の時は松坂大輔、02年の時は成瀬善久&涌井秀章がいた。
松坂擁するボストン・レッドソックスがワールドシリーズを制した直後であり、
松坂の名前が記事中にも何度か出て、管理人だったら「成瀬先輩、やりましたよ!」と見出しをつけるだろうが、成瀬には申し訳ないのだが、松坂と成瀬とでは役者が違いすぎる。成瀬は言わずもがな。涌井最多勝、多村仁ともども星野ジャパン選出と横浜高OBが輝いた一年だっただけに、名将・渡辺元智監督も感無量だったろう。
関東大会では横浜高のほか慶応高校、水戸商、聖望学園がベスト4なのでここらへんがセンバツ出場当確ではないかと。ベスト8にとどまった千葉経大附、霞ヶ浦、宇都宮南、花咲徳栄などにもセンバツ出場可能性がありますが、千葉経大附の2年連続センバツ出場は難しいのではないかと。しかし、ことし甲子園に出場した千葉県勢3校(成田・千葉経大附・市立船橋)からすべて高校生ドラフト指名選手が出たことで、マリーンズが指名したのは成田・唐川侑己投手のみにとどまったので、韓国などで保護地域出身の選手を優先的に指名できる縁故地ドラフトを導入すべきだという声がドラフト改革で全く出ないのはいかがなものかと思うが、これについては後日別エントリーで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/05

マスターズリーグ2007 オリオンズ・マリーンズOB一覧

プロ野球マスターズリーグ2007~08に参戦するオリオンズ&マリーンズOBは次の通り。( ) 内は毎日・大毎・東京・ロッテオリオンズ、千葉ロッテマリーンズに在籍した年度
札幌アンビシャス
コーチ 有藤道世 (69~86,監督87~89)
選手 松沼博久 (コーチ95~99)
    藤城和明 (86)
    津野浩 (95~97)
    八木沢荘六 (67~79,監督92~94)
    横田久則 (01)
    上川誠二 (78~93,コーチ94~95,08~)
    高橋雅裕 (97~99, コーチ00~02)
    鮎川義文 (97~00)
東京ドリームス
コーチ 徳武定祐 (コーチ77~91)
    黒江透修 (二軍監督96)
    張本勲 (80~81)
    若生智男 (56~63,コーチ87)
選手 村田兆治 (67~90)
    河野博文 (00)     
    初芝清 (89~05)!
    本西厚博 (00~01,コーチ02) 
    垣内哲也 (03~06)!
名古屋エイティーデイザーズ
監督 杉下茂 (61)
コーチ  与那嶺要 (コーチ67~69)
選手 小野和幸 (94~95,コーチ96~03)
    内藤尚行 (95~96)
    小島弘務 (98~99)
    田野倉利男 (85~88)
    酒井忠晴 (96~02)
    長嶋清幸 (93)
    秦真司 (00)
大阪ロマンズ
コーチ 山本一義 (監督82~83)
選手 南淵時高 (90~97)
    福間納 (79~80)
    長池徳士 (コーチ97~98)
福岡ドンタクズ
監督  稲尾和久 (監督84~86)
コーチ 中西太 (コーチ94)
選手 福澤洋一 (89~03,コーチ04) 
    浜名千広 (04)
    市場孝之 (92~93)
    横田真之 (85~92)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/04

2007シーズン総括・野手編

投手陣に続き今回は野手陣。
ホームラン数は昨季111本から今季は107本と微減であり、
「満塁で点が取れない病」が少なくなったような気がしないでもないが。
今季補強の最大の目玉であったズレータはデッドボールに起因する左手小指骨折でシーズン半分の3ヶ月も棒に振り、右わき腹痛でクライマックスシリーズに出られず、「厳しくがっかりしたシーズンだった。野球人生で、けがでこんなにチームを離れたのは初めて」という帰国の弁がすべてを物語っていたように、267,15本。来季の巻き返しはあるはずだ。ほかの外国人はどうかというと、7月からマリーンズの一員となったオーティズは.284,7本。39打点は意外に多く、チャンスに強かったような気が。守備もブルーウェーブ時代と較べ格段に上手く、残留を!ベニー(.281,17本→.272,13本。昨季と今季の比較。以下同じ)は可もなく不可もなく、ワトソン(.274,5本→.203,4本)は無理か?外国人はこれくらいにして、
なんといっても、早川大輔の好成績に尽きるだろう。
133試合出場 .283,5本,44打点という数字は過去自己最高のものであり、TSUYOSHIと1,2番コンビを組めるとかスイッチヒッターというメリットもありましたし。まさしく、トレードは人を変える、環境を変えるということを体現したといっていいのではないか?サブロー(.218,9本→.269,7本)も、球団新記録となる9打席連続安打をたたき出すなどチャンスに強く、守備でもレーザービームを連発してホームアウト捕殺に追い込むなど好成績を残し、TSUYOSHI=西岡剛(.282,4本→.300,3本)は盗塁数が41→33→27と減少の一途をたどり、盗塁王を逃がしたのは気になるところであるが、改名効果はともかくとして3割に乗せたということで。 
首位打者を獲得した2001年以降連続3割が途絶えた福浦和也(.312,4本→.258,4本)、今江敏晃(.267,9本→.249,8本)は故障による戦線離脱が響いてかスランプが続いた時期もあり、青野毅(.275,6本→.247,10本)は好調だったところへ故障で後半戦を棒に振ったのが痛かった。
里崎智也(.264,17本→.270,14本)は及第点といったところで、リーグを代表するキャッチャーとして、お祭り男を揺るがないものとし、大松尚逸(.217,8本→.300,5本)、竹原直隆(246,8本)と一応期待に応えたので来季以降更なる活躍を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/03

2007シーズン総括・投手編

昨季はプレーオフ出場権を逃したため、「敗因追及」という手厳しいお題でしたが、
管理人的には“優勝に限りなく近い2位”ということで、
「シーズン総括」というお題で、まず投手陣から。
なんといっても、成瀬善久の飛ぶ鳥落とす勢いというか、実質デビューイヤーの昨季5勝5敗,3.45から今季16勝1敗,1.817という好成績に尽きるだろうか。防御率&勝率の2冠。最多勝&沢村賞は惜しくも逃したが、オールスターゲーム出場といい、
7,9月の月間MVP受賞といい、星野ジャパン選出と野球人生最良の年であった。
見逃せないのは27という与四球の少なさで、これは規定投球回到達者では、チームでは直行39,宏之38,俊介34に比べ最少。リーグでも武田勝の17に次ぐもので(ちなみに田中将大は68とリーグワースト、ダルビッシュ有は49)特筆にあたいする。
ただし来季のリバウンドが恐いので最低でも2けた勝利、防御率2点台を!
渡辺俊介は昨季の5勝11敗,4.15→今季9勝6敗,2.44。
久保康友(7勝13敗,4.55→9勝8敗,4.00)とそれぞれ回復基調をみせ、
久保は打球直撃による骨折という戦線離脱はあったとはいえ、あとひと息の活躍。
小林宏之は10勝7敗,2.78→13勝3敗,2.69と昨季以上の好成績。
小野晋吾(7勝7敗,2.66→7勝9敗,3.25)は左わき腹痛のによる出遅れが
響いてか、6連敗と4ヶ月近く勝てない時期があったが、
夏場以降はぐんと調子をあげ、来季の好成績につなげたい。
逆に誤算だったのが清水直行(10勝8敗,3.42→6勝10敗,4.78)。被本塁打数も9から15と悪化し、2けた勝利も5年連続で途切れるなどいいところがなく、トレードが噂されるが難しいところ。
再生を期待された吉井理人はマリーンズの一員となった7月以降だけとっても
4試合先発で未勝利3敗,13.14では戦力外も無理もないが。
呉偲佑一軍未登板というのは、ねぇ…。
なにはともあれ、一部の例外を除き前記の6投手で先発ローテをまかなったことを称えたい。中継ぎは明暗が分かれ、終焉を迎えることとなったYFKリレーから見ていくと、
藤田宗一は昨季あたりから打たれるシーンが多くなり、後述する通り川崎という後継者ができたことと、契約更改でもめることが多かったことも球団から好感を持たれず戦力外として見切りをつけたのではないだろうか?ホークス、スワローズあたりがオファーを考えているというが、見返すほどの活躍をされては困るのだが…。
薮田安彦もそこそこがんばったといえるし、小林雅英は34セーブ,2.68→27セーブ,3.61と、衰えたまでとは言わないまでも勢いを落としていったのは残念というよりほかならず、FA宣言するにせよ残留か、最悪メジャー移籍というのが管理人的心情であるが、商品価値に魅力を感じる球団はあるのか?
万が一、マリーンズを去るということになれば、後継ストッパーに内竜也を推したい。
ファームにおいて3勝8セーブ,3.05。ハイディさんが嘱望して起用しているならば、
内をコバマサの後を継ぐクローザーに!劇場癖までは後継するのは困る。
ルーキー荻野忠寛は中継ぎのみで1勝3敗1セーブ,2.21。川崎雄介も4勝2敗,1.65とセットアッパーとして好成績をあげ、新・勝利の方程式を担う可能性は大きく、
高木晃次(1勝,3.79)、小宮山悟(3勝1敗,4.00)の両ベテランも
リリーフでいい味出していた。
大嶺祐太は例の1試合のみの一軍登板は何とも言えず、ファームでは2勝7敗,4.35という数字は浦和マリーンズがひどい投壊状態であったことを考えてもまあまあで、74奪三振も浦和マリーンズにおいて最多。石垣島キャンプは大嶺ひとりで呼び寄せたのではなく、地元民の誘致活動が実を結んだのであったのだから、来季のスタートを出身地・石垣島で胸を張って迎え、期待を持たせたいところだ。そして、来季こそファイターズと1,2を争うリーグ屈指の投手陣の面目躍如の見せ付けたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/02

小林雅英がFA宣言へ

ロッテ小林雅、メジャーも視野に=球団は慰留(時事通信)
ロッテの小林雅英投手は2日、千葉マリンスタジアムで記者会見し、「フリーエージェント(FA)の申請書を球団に提出した。国内全球団はもちろん、米メジャーも含めて関心を示してくれたところの話を聞いてみたい」と述べ、今季取得したFA権を行使することを正式に表明した。球団側は「残留してもらいたい。決断するまで誠意を尽くして話し合いたい」(本多球団部部長)と慰留に努める。
小林雅は「年齢面を考えて決めた。(宣言を)保留して来年となると、年を取ってパフォーマンスも落ちる。気持ちを高めるためにも早く宣言したいと思った」と説明。あと23と迫った通算250セーブには「行使に当たって考えないようにした。ストッパーにある程度こだわりはあるが、それしかないという考えはない」などと話した。
小林雅は今季27セーブを挙げ、自らが持つシーズン連続20セーブのプロ野球最長記録を7年に伸ばした。通算成績は9年間で36勝34敗227セーブ、防御率2.79。
---------------------------------------------------------
薮田神、福浦がFA宣言をほのめかすなか、大本命ともいうべきコバマサがFA宣言を予告したことで、管理人は残留は当然のことであって、福浦32,薮田神34,コバマサ33の年齢面から考えても売り込み時と判断したのでしょうが、FA移籍に踏み切った後のケースも考えないといけないわけで、
管理人的には来季のテーマはズバリ「投手陣の再構築」。
大嶺の一本立ち、荻野&川崎を軸とした新・勝利の方程式が課題ですねぇ。
マリーンズのファン感謝デーですが、11月18日に、
『マリーンズエキスポ2007』~All About Marines,2007~
と題してマリンスタジアムにて開催されることが決まりました。詳細はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2007/11/01

2007日本シリーズまとめ

日本シリーズ第1戦
ドラゴンズ  000001000 1
ファイターズ 30000000X 3
D:●川上
F:○ダルビッシュ
[ホームラン]F:セギノール[3ラン]
観衆 40616人
日本シリーズ第2戦
ドラゴンズ  100302200 8
ファイターズ 000100000 1
D:○中田-石井-クルス-高橋
F:●グリン-吉川-押本-菊地-山本-萩原
[ホームラン]]D:イ・ビョンギュ、森野[いずれも2ラン]F:セギノール[ソロ]
観衆 40770人
日本シリーズ第3戦
ファイターズ 010000000 1
ドラゴンズ  72000000X 9
F:●武田勝-スウィーニー-建山-押本-萩原
D:○朝倉-久本-平井-鈴木-岡本
観衆 38068人
日本シリーズ第4戦
ファイターズ 000110000 2
ドラゴンズ  20001100X 4
F:●吉川-押本-武田久
D:○小笠原-鈴木-平井-岡本-S岩瀬
観衆 38059人
日本シリーズ第5戦
ファイターズ 000000000 0
ドラゴンズ  01000000X 1
F:●ダルビッシュ-武田久
D:○山井-S岩瀬
最高殊勲選手(MVP) 中村紀洋(D)
敢闘選手 ダルビッシュ有(F)
優秀選手 山井大介、荒木雅博、森野将彦(D)
観衆 38118人
---------------------------------------------------------
もし、パ・リーグの出場チームがファイターズではなく、マリーンズだったら…。
という想いで日本シリーズをテレビ観戦し続けたわけですが、

日本シリーズのテレビ中継ゲスト解説は、27日がTSUYOSHI(西岡剛),
28日里崎、31日の文化放送ラジオ中継はジョニーが出ていました。
ダルビッシュ13奪三振好投、セギ様の、明らかに成瀬から打ったやつの再現というべき3ランで決めた第1戦。グリン自滅がすべてだった第2戦。武田勝、スウィーニー初回すら持たなかった第3戦。石井一久以来高卒ルーキー先発となった吉川光夫が意外と好投し、金子誠タイムリー&押し出しと同点に食い下がりながら、森野・中村ノリタイムリーで押し切られた第4戦。ダルビッシュ11奪三振好投を上回る山井大介&岩瀬ノーヒッターを超越したパーフェクトリレーという最高のハッピーエンドで落合監督感無量胴上げにつながった第5戦。
*ラストイニングで山井から岩瀬にかわった瞬間、テレビ東京の中継4人衆(阿波野秀幸さん、駒田徳広さん、川崎憲次郎さん、植草朋樹アナ)が凍てついたと自己表現した通り、確かに山井投手個人の名誉よりはチームの栄誉という落合監督の論理といい、クローザーというかストッパーに胴上げ投手をやらせるのは当然というのもわからなくもないが、管理人的には難しいところ、である。ウーン…。
クライマックスシリーズ勢いそのままにというドラゴンズの戦いぶり。マリーンズを破った勢いがウソであったかのようにツキがなかったファイターズの戦いぶり。パ・リーグ球団5連覇を阻止したのが、かつてのパ・リーグのサムライ的存在であった落合博満&中村紀洋というのがなんとも皮肉なことであり、日本シリーズ出場を決めただけであって
優勝ではないのだから、とクライマックスシリーズを制した時にやらず、
とっておいた落合監督の胴上げが!(ビールかけも)
ファイターズにとってみれば、クライマックスシリーズで激闘を演じたマリーンズに顔向けできない恥ずべき結果というか、日本シリーズの直前にトレイ・ヒルマン監督のカンザスシティー・ロイヤルズ監督就任発表、梨田昌孝新監督就任会見はやるべきではなく、あれでモチベーションが下がったのではないかと。まして、リーグ優勝でもないチームが日本一などというのは前代未聞であり、マリーンズやライオンズの時はリーグ2位でもプレーオフを勝ち上がった優勝のあと日本一だったのだから許容範囲内ですが、
「制度がよくない。あれじゃリーグ優勝が何の意味もない!オレがオーナーだったら絶対に反対した。だれがどうしたのか知らんが、こんなくだらん制度を作って。制度だから仕方ないが、落合君のほうが(原監督より)頭がよかったんじゃないの」ナベツネ球団会長の怒りを出すまでもなく、クライマックスシリーズの存廃論議に拍車がかかるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (37)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »