« 11/23 契約更改 | トップページ | 直行ストッパープラン浮上 »

2007/11/24

11/23,24のマスターズリーグ結果

札幌 105100322 14
福岡 000000100  1
札:○川口-津野-藤城-佐藤-新浦-横田-橋本
福:●北別府-若田部-今井-永射-加藤
[ホームラン]福:松永1号[ソロ]
鹿児島県営鴨池球場 観衆6500人

「鹿児島が誇る200勝投手北別府に赤い手袋&青い稲妻が挑む!!」
と銘打ったものの、松本匡史さんは出場したが柴田勲さんは出場せず。
札幌が24安打、14得点の猛攻で福岡を圧倒。
初回に1点を先制すると3回にも5点、中盤以降も着々と追加点。今季初勝利。
ことしまでのマリーンズキャンプ地・鹿児島開催とあって、マリーンズOB多数出場。
福岡は横田真之、福澤洋一、市場孝之、浜名千広が。
札幌は有藤道世、高橋雅裕、鮎川義文、津野浩、横田久則、松沼博久、
そして86年に1年だけ在籍した藤城和明・高知ファイティングドッグス前監督。
前日、高知のファンに別れのあいさつをしたという。
「支えてくれたファンには心から感謝します。選手たちも自分の納得いくまでプレーしてプロを目指してほしい」と語り、選手やファン一人ひとりと握手や抱擁。「今までありがとう」などと温かい言葉をかけられると目を潤ませていた。(毎日新聞より)高知からマリーンズに3人もの選手を送り出した手腕はさすがというほかなく、今後の人生に幸あれ!
試合詳細記事はこちら
-------------------------------------
大阪  000010030 4
名古屋 00141000X 6
阪:●山崎-山田-村田-野田-佐野-柴田-小林
名:鈴木-○小野-小松-稲葉-鹿島-小島-S野中
ナゴヤドーム 観衆 18771人

「昨年の覇者エイティーデイザーズが地元名古屋に登場!!」
中日ドラゴンズのファン感謝デー終了後にプレーボールのせいか、サンデーモーニング週刊御意見番によればファン感謝デー帰りのドラゴンズファンが多く入っていたらしい。
名古屋は3回に先制すると4回に4点を追加して序盤で大量リード。終盤、大阪の反撃をかわして逃げ切り、11安打の猛攻で大阪を破り、連勝で首位東京と並んだ。
試合詳細記事はこちら
12/2に東京ドームにて東京VS札幌戦がありますが、ナイター…。
北京五輪予選 星野ジャパンVS韓国戦と同じ時間帯じゃん。
で、1/2東京VS札幌戦(バックネット裏一塁側)チケット入手できたので観戦予定。
-----------------------------------
名古屋逃げ切り連勝 マスターズリーグ(中日スポーツ)
プロ野球OB選手によるマスターズリーグの名古屋エイティデイザーズは24日、地元ナゴヤドームに大阪ロマンズを迎えて“地元開幕戦”を行い、6-4で逃げ切った。リーグ開幕戦に続く2連勝で、東京とともに首位をがっちりキープ。2連覇へ向けて一歩前進した。
“元祖ミスタードラゴンズ”の高木守道が健在ぶりを猛アピールだ。大阪・山田久志投手との名球会対決でマスターズリーグの最年長長打記録となる右中間への二塁打を放ち、名古屋打線を一気に勢いづかせた。
この日一番の盛り上がりは4回だった。1死から指名打者の大島に変わって「代打・高木」が告げられると、場内は割れんばかりの拍手と歓声。そのコールに大阪ベンチもすかさず反応。山田へ投手交代する粋な計らいをみせ、対決が実現した。
「振ったら当たったよ。後から思ったんだけど、サードまで行きたかったね」2ボールからの3球目を右中間へはじき返した好打もさることながら、66歳4カ月での“健脚”ぶりも十分にアピール。このプレーで名古屋ナインも発奮し、この回一挙4点を奪って試合を決めた。「エイティデイザーズは強いね。連覇いけるよ」。試合後のお立ち台では早くも連覇宣言するなど、終始、ご機嫌だった。

|

« 11/23 契約更改 | トップページ | 直行ストッパープラン浮上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/17162125

この記事へのトラックバック一覧です: 11/23,24のマスターズリーグ結果:

« 11/23 契約更改 | トップページ | 直行ストッパープラン浮上 »