« パウエル獲得の言い分、どちらが正しい? | トップページ | 浦和マリーンズ2008教育リーグ日程表 »

2008/01/30

続・海老沢さんのコラムを読んで

トーチュウ&中スポ29日付の、海老沢泰久さんのセブンアイより引用。
-------------------------------------------------------
―引用はじめ―
姑息
ジャイアンツのことを書くのはもうウンザリなので、できるだけ触れないようにしているのだが、なりふりかまわぬ外国人選手補強につづいて、こんどはクライマックスシリーズでリーグ覇者に1勝のアドバンテージを与えろと主張しているというので、仕方がない。
先週につづいてまた触れる。
去年クライマックスシリーズをはじめるときは、ドラゴンズやタイガースがパ・リーグにならってアドバンテージに賛成していたにもかかわらず、ジャイアンツが反対してアドバンテージなしになり、パ・リーグもそれに合わせてアドバンテージを廃止したのに、いったいどういうつもりなのだろう。それ以前は、前オーナーがつぎのようにいってパ・リーグのクライマッマスシリーズそのものにも反対していた。
「3位のチームが勝ちあがってきたら、それとジャイアンツは日本シリーズをやるのか。バカバカしい」
しかし、それが興行的に成功したと見るや、たちまち追随してまねをしたのであった。
定見のなさもここに極まったというほかないが、じつをいうと、去年アドバンテージ与えることに反対したときは、ジャイアンツもたまにはいいことをいうなと思ったのである。試合もしていないのに、あらかじめ一方のチームが1勝していることにするなどという試合方式はバカげているからだ。とても正常な試合方式とはいえない。どうしてもアドバンテージが必要なら、たとえばサッカーがアウエーチームの得点を2倍に計算するように、ほかにいくらでも方法があるだろう。
しかし、1年でその正常な考え方を放棄してしまった。きっと今年もリーグ優勝して去年の二の舞いは踏みたくないと思っているからなのだろうが、あれだけの巨大戦力を持っていてどうしてこうも姑息なことしか考えられないのだろう。この戦力でアドバンテージが欲しいとはいえないと笑っていれば、すこしは筋が通るのに。
―引用終わり―
-------------------------------------------------------
前回「それどころか、クライマックスシリーズで敗れた腹いせに第2ステージで1位通過の優勝チームに1勝のアドバンテージを与えろというのは、ねぇ…。」と一部触れましたが、海老沢さんがその続きを述べてくれたわけで、プレーオフ―クライマックスシリーズも昔の前後期からはじまり、2004年以降は第1ステージ3試合2勝、第2ステージ5試合3勝制、5ゲーム差以内1勝のアドバンテージ制、ゲーム差に関係なく1勝のアドバンテージ制、1勝のアドバンテージ廃止とめまぐるしく変わりましたが、あくまでもレギュラーシーズン1位にこだわるのは、優勝の定義そのものがシーズン1位イコール優勝であって、クライマックスシリーズ覇者は日本シリーズ出場権を得るだけでイコール優勝ではないのだから。特定球団の意向にかかわらず制度が毎年のように変わるのはいかがなものかと思うが。

|

« パウエル獲得の言い分、どちらが正しい? | トップページ | 浦和マリーンズ2008教育リーグ日程表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・海老沢さんのコラムを読んで:

« パウエル獲得の言い分、どちらが正しい? | トップページ | 浦和マリーンズ2008教育リーグ日程表 »