« すぽるとで石垣島キャンプ特集 | トップページ | プロ野球選手名鑑について考える »

2008/02/06

2/6 ミニニュース

ロッテ 石垣島がようやく晴れた(スポーツニッポン)
ロッテの石垣島春季キャンプに、ようやく晴れ間が広がった。キャンプ初日など午後から一時的に太陽が顔を出すことはあったが、朝から晴れるのは今キャンプ初めて。時折、雨もぱらついたがグラウンドでのウオーミングアップ、フリー打撃も初めてで、通常の屋外メニューに関係者も安どの表情。今江が「やっとスパイクを履いて練習できた」と話すなど、選手も晴れやかな表情で汗を流した。
西岡“ボビーの機嫌取り”で?初特打
ロッテの西岡が、今キャンプ初の特打を行った。1日にはバレンタイン監督から練習の姿勢に苦言を呈されたが「僕は僕のペースでやる。きょうは(背番号7に合わせて)777球打ちました。今後の目標?ボビーの機嫌取りです」。ちゃめっ気たっぷりにリップサービスする裏には大阪桐蔭の後輩、日本ハム・中田の存在がある。「いつも新聞に載って刺激になる。中田君に負けない記事、お願いします」とアピールしていた。
ロッテのアブレイユが得意球のスライダーを初披露(サンケイスポーツ)
ロッテの新外国人右腕のアブレイユが6日、ブルペンでスライダーを初披露した。最速160キロという速球とともに三振を狙う時の大きな武器だ。身長188センチでリーチが長く迫力は十分だったが、日本の公式球には「少し違うと感じている」ということで、本来の真横に曲がる切れ味はなかった。
小林雅(インディアンス)に代わる抑え候補。ここまでは制球もいまひとつだったが「終盤の1回を抑えられるように準備していきたい」と徐々にペースを上げることを誓った。
ロッテの両外国人、初の屋外フリーで快音(時事通信)
天候が回復したこの日、野手陣は今キャンプで初の屋外フリー打撃を行った。左から右に強風が吹いていたにもかかわらず、選手たちは鋭い振りを見せた。特に目を引いたのは両外国人で、ズレータが51スイング中12本、オーティズは40スイング中10本の柵越え。
千葉マリンを思わせる強風の中、持ち前のパワーで快音を響かせた二人は「外で気持ちよくできた」と上機嫌。バレンタイン監督も「いいスイングをしていた」と褒めていた。
-----------------------------------------
雨にたたられ沖縄県下でキャンプを張る球団はどこも大打撃だそうですが、
サブローらの願いが天に通じたのか、つかの間の晴れ間であっても
フリーバッティングやシートバッティングなどひろびろと練習ができますし。
クローザーの有力候補・アブレイユがついにベールを剥がしましたねえ。
ウォーレン級の働きができるかどうかは神のみぞ知るところですが。
週ベ選手名鑑号はあす7日発売!(都内ではすでにきょう早売りも)

|

« すぽるとで石垣島キャンプ特集 | トップページ | プロ野球選手名鑑について考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/40021094

この記事へのトラックバック一覧です: 2/6 ミニニュース:

» 2/6-1 Camp : ウインストン・アブレイユのすべらない話 [コヤマリンスタジアムまで徒歩15分]
 強風吹き荒れる石垣島で、ズレータが51スイング中12本、オーティズは40スイング中10本の柵越え、なんていう外国人勢の景気の良い話が出てきた中、注目のこの方のお話も出てきましたよ。  やっぱり凄いやつだぜ、アブレイユ!{/kaeru_fine/} ロッテのアブレイユが得意球のスライダーを初披露 (サンスポ)    ロッテの新外国人右腕のアブレイユが6日、ブルペンでスライダーを初披露した。 最速160キロという速球とともに三振を狙う時の大きな武器だ。 身長188センチでリーチが長く迫力... [続きを読む]

受信: 2008/02/07 00:36

« すぽるとで石垣島キャンプ特集 | トップページ | プロ野球選手名鑑について考える »