« 直行でも止められない・・・ | トップページ | イーグルスに3タテ喰らう »

2008/04/03

千葉経大附、よくやった・・・

2008040300000013jijpspoview000
千葉経大附 000000011 2
聖望学園  12000100X 4
【千】斎藤、吉野―谷
【聖】大塚―原茂
観衆 14000人

聖望学園がソツのない攻めと大塚の力投で千葉経大付に快勝した。一回1死、力む斎藤から3連続四球を選んで満塁とし、大塚の二ゴロの間に先制。二回には相手守備の乱れに乗じて2点を追加し、六回にも1死一、三塁から村田の適時打で加点した。大塚はストライクゾーンからボールゾーンへと落ちるカットボールと威力ある直球を巧みに織り交ぜて相手打線をほんろうし、2失点完投した。
千葉経大付は八回に稲葉の適時打で1点を挙げ、九回も無死一、三塁から一塁走者・伊藤の盗塁が敵失を誘ってもう1点返したが、及ばなかった。
千葉経大付・松本吉啓監督「後半の2、3点勝負と思っていたが、一、二回がすべてだった。立ち上がりという斎藤の課題がそのまま出てしまった。」
試合後、何度も同じセリフをつぶやいた。「立ち上がりの制球が自分の課題です」
ブルペンではいつも通りだったが、マウンドに立ってみると違った。「もっと投げ込んでおけばよかった」。ゴロで簡単に1死を取った後、3連続四球で満塁のピンチ。制球が定まらないから、内角を突くのが怖くなる。外角を狙うが、その球がやはり抜ける。これまで見せてきたキレのある速球も際どい変化球も、どこかに消えていた。満塁から内野ゴロで先制点を許し、二回は失策と暴投で2点を失った。
疲れについて聞かれると一切否定した。しかし、2日前に延長11回、188球を投げた影響はあったはずだ。捕手の谷は言う。「腕が振れてなくて、ストライクを取りに行こうとするあまり、ボールを置きにいっていた。直球が走ってないから変化球を要求しても、抜けてしまって……」
前夜、「明日の試合は自分に任せてください」と松本監督に先発を志願していた。それだけに八回、マウンドを吉野に譲らなければならなかったことは辛かった。「最後まで投げたかった」。表情に涙はなく、ただ、本来の球を投げられなかった悔しさだけが浮かんでいた。【辻中祐子】
------------------------------------------
以上、毎日新聞より引用。
確かに春夏ともに以前は準々決勝を丸一日4試合すべてやっていたのが、健康管理のため2試合ずつ分割されたとはいえ、斎藤ひとりに背負わせたのは荷が重かったと思うし、聖望学園の好投手・大塚椋司を攻略できたチャンスはあったのだが。でもよくやったと褒め称えようではないか。斎藤は管理人同様いすみ市の出身でありますが、NPBプロ入り志望かどうかは知る由はありませんが、千葉ロッテマリーンズに入ってくれればこしたことはないが、心ならずも他球団に指名入団されても後援会に入るなどして応援してゆきたい。NPBは過日12球団代表者会議を開き、ドラフト会議は高校生、大学生・社会人を一括開催で行い、1巡目だけ重複抽選制で行い、ことを決めた。現行9年のフリーエージェント(FA)資格取得期間を今年の新人選手から国内移籍は大学生・社会人が7年、高校生は8年に短縮することも決めた。(海外移籍は9年のまま)以前にも書いたが、「地域枠」導入を考えもしないというのは、ねぇ…。地域密着を掲げる球団にしても、どこの地域に住んでも応援する自由はあるのだから、どこの選手でも指名する自由はあるといいたいのか

|

« 直行でも止められない・・・ | トップページ | イーグルスに3タテ喰らう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉経大附、よくやった・・・:

» センバツ高校野球 決勝戦は「聖望学園vs沖縄尚学」 [Flower that blooms in snow]
「第80回センバツ高校野球大会」の第13日は今日(3日)、 「甲子園球場」で「準決勝」の2試合が開催され、「第1試合」では 初出場の「聖望学園高校」(埼玉)が「千葉経済大学付属高校」(千葉) に「4-2」で勝利し、「決勝戦進出」を果たしました。「第2試合」 では「沖縄尚学高校」(沖縄)が「東洋大姫路高校」(兵庫)に「4-2」で 逆転勝利し、同じく「決勝戦進出」を決めています。「決勝戦」は 明日(4日)の午後0時30分に開催されます。(参照記事) 千葉経大付は、エースの斎藤圭祐投手は... [続きを読む]

受信: 2008/04/04 00:04

» 9年ぶりの晴舞台 [FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜]
第80回選抜高校野球大会準決勝 聖望学園4−2千葉経大付 東洋大姫路2−4沖縄尚学 記念大会の決勝は聖望学園VS沖縄尚学となった。 沖縄尚学は9年ぶり2度目の決勝進出。 前回は初優勝したんだよねぇ。 そして当時のエースが現監督。 9年の歳月を経て、選手から指導者へと立場を変えてもまた優勝がすぐそこへ。 なんとか優勝して欲しいものですね。 準々決勝で負傷したエース東浜の志願の先発が実りましたな。 8安打を喫するも、2失点に抑えゲームを作る。 エースの力投に打線が応え、8回に逆転! なんとなく沖縄... [続きを読む]

受信: 2008/04/04 00:42

» 選抜高校野球 聖望学園が決勝進出! [日刊魔胃蹴]
第80回記念選抜高校野球は3日、準決勝が行われました。埼玉から出場している聖望学園は、準決勝で千葉経済大学附属高校と対戦し、4−2で勝利して決勝進出を果たしました。 試合は初回に聖望が3連続四球で1死満塁のチャンスに、5番・大塚の2塁ゴロの間に先制。2回にはヒットと相手のエラーで無死1,3塁と追加点のチャンス。ここで9番・高山の場面で、1塁走者・村田が盗塁敢行。ここで千葉経大付の捕手が悪送球してしまい1点追加。さらに千葉経大付の先発・斎藤の暴投でもう1点追加。この回2点追加で3−0とリードします... [続きを読む]

受信: 2008/04/04 01:23

» センバツ決勝は沖縄尚学×聖望学園&清峰春季大会でコールド勝ち。 [<徳島早苗の間> ~紆余曲折~]
 ようやく当ブログでも2008年第80回センバツ大会の話題。  準決勝第1試合、心情的には千葉経大付を応援していた。  【第1試合】:聖望学園(埼玉)4-2千葉経大付(千葉)  千葉経大付は2年前の夏1回戦で八重山商工と対戦していて6-9で敗れているのだが、6番で主将の内藤大樹君は当時1年生投手で延長10回の死闘の中打たれても打たれても健気に投げ続けた姿が印象に残っている。  「やあ、また会ったね」。 あどけなかった顔に精悍さが加わっていて、準決勝でも4打数2安打と重責を見事に果... [続きを読む]

受信: 2008/04/04 02:31

» センバツ決勝は沖縄尚学×聖望学園&清峰春季大会でコールド勝ち。 [振り向けばブログ。]
 ようやく当ブログでも2008年第80回センバツ大会の話題。{/pc2/}  準決勝第1試合、心情的には千葉経大付を応援していた。{/face_fight/}  【第1試合】:聖望学園(埼玉)4-2千葉経大付(千葉){/face_fight/}  千葉経大付は2年前の夏1回戦で八重山商工と対戦していて6-9で敗れているのだが、6番で主将の内藤大樹君は当時1年生投手で延長10回の死闘の中打たれても打たれても健気に投げ続けた姿が印象に残っている。{/face_yaho/}  「やあ、また会ったね」... [続きを読む]

受信: 2008/04/04 03:04

« 直行でも止められない・・・ | トップページ | イーグルスに3タテ喰らう »