« 日本代表1次候補、マリーンズから9人 | トップページ | イーグルスの勢い止められず・・・ »

2008/04/01

千葉経大附、辛勝サヨナラでベスト4!!

2008040100000021jijpspoview000
長野日大   00010051000 7
千葉経大附 23200000001x 8
【長】上村―石川
【千】斎藤―谷
観衆 16000人

千葉経大付がサヨナラ勝ち。序盤の7点リードを追いつかれたが、延長十一回、2死一、二塁から久保田が右前適時打で勝負を決めた。長野日大は七回、打者10人で一挙5点。八回も1点を加え、なお1死一、三塁と勝ち越し機を迎えたが、あと一打が出なかった。
千葉経大付・松本吉啓監督「序盤にいい形で点が取れ、かえって浮き足立った。斎藤は厳しいところを狙った球がボールと判定され苦しんだ。」
長野日大・中原英孝監督「前半で点差が開いたが、選手の頑張りでよく追いついた。それだけに、負けたのは残念。守備であまりに、平凡なミスが出た。」
千葉経大付の斎藤は開口一番、「反省点ばかり。素直に喜べない」。188球を1人で投げ切り疲労困ぱいの表情だった。「コースを狙い過ぎて腕が振れなくなった。置きに行った球を狙われた」と振り返ったのは5失点した七回の投球。守備の乱れにリズムを狂わされたとはいえ、連続4長短打を浴びたショックは大きかったようだ。「きょうのような投球は2度としたくない」と自分に言い聞かせるように話した。
------------------------------------------
以上、毎日新聞より引用。
千葉経大附のベスト4入りはダルビッシュのいた東北を破ったものの、済美に惜敗した04年夏以来。千葉県勢にとってセンバツは、81年の印旛(のちタイガースの佐藤文男―月山栄珠のバッテリー。決勝でPL学園にサヨナラ負けの印象が強烈で、以降高校野球にのめり込むことになる)95年の銚子商(なんといっても主砲・澤井良輔!初戦で福留孝介のいたPL学園を破るとあれよあれよと決勝進出。観音寺中央に惜敗)の2度の決勝進出が最高の成績であり、7-0で勝つべきところを同点にされ、サヨナラ勝ちで何とかなったが、昨年センバツ覇者・常葉学園菊川を破った勢いは本物というべきか。次の試合(準決勝)は第12日(3日)第1試合で門倉健&鳥谷敬の母校・聖望学園と対戦。
相手にとって不足なし!

|

« 日本代表1次候補、マリーンズから9人 | トップページ | イーグルスの勢い止められず・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉経大附、辛勝サヨナラでベスト4!!:

» 「センバツ高校野球」で関東勢2校がベスト4進出! [Flower that blooms in snow]
「第80回センバツ高校野球大会」の第11日は今日(1日)、 「甲子園球場」で「準々決勝」の2試合が開催され、「第1試合」 では初出場の「聖望学園高校」(埼玉)が「8-0」で「平安高校」(京都) を下して「ベスト4」一番乗りを果たし、「第2試合」に登場した 「千葉経済大学付属高校」(千葉)は「長野日大高校」(長野)に 「8-7」でサヨナラ勝ちを収め、関東勢2校が「ベスト4進出」を 決めました。両校は3日に開催される「準決勝」で「決勝戦進出」を 賭けて対戦します。(参照記事) 聖望学... [続きを読む]

受信: 2008/04/02 00:19

« 日本代表1次候補、マリーンズから9人 | トップページ | イーグルスの勢い止められず・・・ »