« ラストスリーイニングで10失点・・・ | トップページ | 5月19日現在の一軍登録メンバー »

2008/05/18

2008パ・セ交流戦プレビュー

(おととしはこちら。昨季はこちら。)
3年間の通算成績60勝34敗2分と12球団では首位!
交流戦の達人というほどのことはある千葉ロッテマリーンズ。V奪還がかかっているが、
セ・リーグ各球団も年々戦力が大きく変わってきており、
イマイチ調子の上がらないチーム状態を交流戦で浮上させるかどうか?
予告先発がないので試合前日もしくは前々日に管理人による先発予想を掲載します。
Giants2
読売ジャイアンツ
(20~21日千葉マリン,6月6~7日東京ドーム
昨季2勝2敗,通算13勝3敗)
ラミレス・グライシンガー・クルーンと飽くなきまでの大型補強も、上原浩治・イスンヨプ・二岡智宏・高橋由伸と成績不振&けがに起因する戦線離脱もあって一進一退のチーム状態にあるが、亀井義行・坂本勇人・隠善智也・脇谷亮太などといった若手のブレークでカバーしているだけに侮れない。
内海哲也・高橋尚成・木佐貫洋・グライシンガー・野間口貴彦の先発ローテ、藤田宗一・山口鉄也・豊田清・西村健太朗・門倉健といった中継ぎ、そしてクルーンと勝ちパターンはつくれているが、クルーンにしても劇場癖というか、リリーフ失敗が多発。打線にしても亀井&坂本の1,2番コンビから小笠原道大・ラミレス・ゴンザレス・阿部慎之助。
小坂誠・谷佳知が控えに回るものの一発頼みはぬぐい切れない。
藤田の「ボビーを見返す」発言はともかくとして、登板チャンスはあるのか?!
おととしのような全勝は無理でも五分五分の戦いが望みたい。
Swallows2
東京ヤクルトスワローズ
(23~24日千葉マリン,6月8~9日神宮
昨季2勝2敗,通算7勝9敗)
古田敦也兼任監督が引退、石井一久・藤井秀悟・ラミレス・グライシンガーが他球団に移籍するなど戦力流出は毎度のことだが、石川雅規・リオス・館山昌平の先発ローテに村中恭兵・増淵竜義の若手が加わり、右のサイドから155kmの速球を繰り出すクローザー林昌勇(イム・チャンヨン)はリリーフ失敗がないのも頼もしい。
青木宣親(戦線離脱中だがいずれ復帰する)&川島慶三の機動力野球を象徴する1,2番コンビ、田中浩康・ガイエル・宮本慎也・飯原誉士・福川将和と続く打線。畠山和洋・川端慎吾の若手もからめ、リグス・宮出隆自らが控えに回る。開幕戦でジャイアンツを3タテした勢いも波に乗り切れていないのでそこを衝きたいところだ。
Carp2
広島東洋カープ
(25~26日広島,6月11~12日千葉マリン
昨季4勝,通算13勝3敗)
黒田博樹&新井貴浩のエース&4番が去ったダメージはぬぐい切れないものの、
ルイス・高橋建・大竹寛・宮崎充登・ルーキー篠田純平の先発ローテは悪くない。
コズロースキー・梅津智弘・横山竜士・林昌樹ら中継ぎの顔ぶれが一定しておらず、
クローザー永川勝浩がやや不安。
赤松真人が不動の一番、栗原健太・シーボル・アレックスを中軸に、
東出輝裕・梵英心ら打線に当たりが出ず、前田智徳の出番はあるのか?
Tigers2
阪神タイガース
(28~29日甲子園,6月14~15日千葉マリン
昨季2勝1敗1分,通算6勝8敗2分)
安藤優也・杉山直久・下柳剛・ボーグルソン・岩田稔と先発ローテは福原忍・アッチソンの故障離脱を感じさせないくらい強力かつ安定しているうえ、江草仁貴・渡辺亮ら中継ぎ、
JFKリレーは出遅れていたジェフ・ウィリアムスがようやく戦列復帰、ストッパー藤川球児は今季も相変わらず好調を維持し、久保田智之は劇場癖づいているのでそこを衝きたい。
赤星憲広&平野恵一の1,2番コンビ、新井貴浩&金本知憲の中軸から鳥谷敬・関本健太郎・矢野輝弘へ続く打線も強化され、今岡誠&ルー・フォードが打ててないくらいで、ある程度打てる打線になっているのでセ・リーグ首位チームを独走させないためにも要警戒。
Baystars2
横浜ベイスターズ
(31~6月1日千葉マリン,6月17~18日横浜スタジアム
昨季2勝2敗,通算11勝5敗)
借金14という不良債権処理が課題だが、ジャイアンツに2試合連続サヨナラ勝ちしたり、岩瀬を攻略して勝つなどやればできるチームであるだけに、“ハマのオジさん”工藤公康とか土肥義弘・加藤武治・吉見祐治らが戦線離脱またはシーレックスにて調整中。三浦大輔・那須野巧・マイク=ウッドだけでは先発ローテが足りないので、小林太志&佐藤祥万のルーキーが入り込めるかどうか?クルーンの後継ストッパーとしてマットホワイト、ヒューズらをとっかえひっかえ試用したものの、結局開幕投手だった寺原隼人を充てたが長続きするかどうか?
打線は仁志敏久を突破口に、村田修一&吉村裕基が中軸なのは変わらないが、
石井琢朗・金城龍彦・内川聖一・相川亮二・大西宏明ら顔ぶれが一定せず、
鈴木尚・佐伯貴弘が代打で、ビクビー&ジェイジェイも外国人枠もあって、
シーレックスと行ったり来たりで、ビジョンがイマイチな感じ。
Dragons2
中日ドラゴンズ
(6月3~4日千葉マリン,21~22日ナゴヤドーム
昨季1勝3敗,通算10勝6敗)
真打ち登場!かつて佐藤充・鈴木義広・浅尾拓也・パーフェクター山井大介ら、オレ流采配の十八番(おはこ)ともいうべき若手投手の抜擢は健在で、今季は吉見一起・川井進を先発で抜擢。川上憲伸・山本昌の左右大エースの出遅れをカバーし、朝倉健太・中田賢一らも健在。岡本真也が去った中継ぎ陣は平井正史・チェン・小林正人・高橋聡文ら。ストッパー岩瀬仁紀でしめくくり、一時は防御率1点台をキープした強力投手陣。
荒木雅博&井端弘和のアライバコンビにタイロン・ウッズ&イ・ビョンギュの外国人、
パの手の内を知る中村紀洋&和田一浩など野手陣が充実。
ロースコアに持ち込まないと互角での戦いは無理だろう。

|

« ラストスリーイニングで10失点・・・ | トップページ | 5月19日現在の一軍登録メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/41249553

この記事へのトラックバック一覧です: 2008パ・セ交流戦プレビュー:

» 絶対に負けられない戦いがそこにはある [マリーンズじゃなきゃいられない]
{/晴れ/} 今週の参戦計画5/21(水) vsジャイアンツ @マリン5/23(金) vsスワローズ  @マリン5/24(土) vsスワローズ  @マリン5/25(日) vsカープ     @広島{/音符/}{/音符/}{/音符/}交流戦キタ━━━(゚∀゚)━━━!!セ・リーグのローテ調べてないですけど、...... [続きを読む]

受信: 2008/05/19 23:40

» 交流戦 [TEAM7~絶対西岡主義!!~千葉ロッテ西岡剛応援計画                  <先憂後楽>]
得意の交流戦と呼ばれてますが、年々各チームとも変わるので、大してアレはないですが、苦手意識を植え付けたことはいいことだと思います。 過去3年の交流戦成績は・・・ 1:千葉ロッテ 60勝32敗2分け 2:福岡ソフト 54勝41敗1分け 3:東京ヤクル 54勝43敗 4:阪神タイガ 51勝42敗3分け 5:北海道ハム 47勝46敗3分け 5:横浜ベイス 48勝47敗1分け 7:小坂・・・ 46勝46敗4分け 7:中日ドアラ 47勝47敗2分け 9:埼玉西武ラ 46勝49敗... [続きを読む]

受信: 2008/05/19 23:54

» 交流戦がスタート [オリオン村]
明日から交流戦が始まります。開幕を飾るのはメシア唐川になると思われますが、天候が微妙です。午前中まで降水確率は100%なのですが、18時までは60%、18時以降は10%と急速に回復に向かうようです。個人的には明後日にSS席で観戦予定なので明日は中止で明後日にスライド登板が希望なのですが、こればっかりはお天道様のご機嫌次第でしょう。 ところで唐川について、調整方法についての希望があります。登板日前日からは1軍に帯同する必要があるでしょうが、それまでは2軍で調整させて欲しいと思います。他の先発投手と同... [続きを読む]

受信: 2008/05/20 00:33

« ラストスリーイニングで10失点・・・ | トップページ | 5月19日現在の一軍登録メンバー »