« 5回の大量失点のみ悔やまれる | トップページ | 6月30日現在の一軍登録メンバー »

2008/06/29

今週のコバマサ&薮田神 VOL.13

タフネス小林雅3連投で4勝目(日刊スポーツ)
インディアンス小林雅英投手が21日、ドジャース戦で同点の延長10回裏を3人で料理。続く11回、打線が大量6点を勝ち越す猛攻で、チーム最多登板の小林に4勝目がついた。
メジャー初の3連投も体は軽かった。「1点取られたら終わり。極力ランナーを出さないように」とサヨナラ阻止に全力を注ぎつつ、「2イニング以上、投げる腹づもりで」とロング救援を想定した力の配分も計算していた。この日は縦のスライダーを勝負球に配して2三振。6回に同点弾を放った2番ケンプを徹底警戒し、最後はカウント2-2からのボール球を振らせた。
制球が利かないという3連投も、ロッテ時代に6日連続セーブを知る男には序の口。「気付かなかった」と振り返るほど、「マンツーマンでケアしてもらっているので、疲労は意外とない」と乗り切った。36登板はリーグ3位。メジャーで負担の大きい4連投はまずないが、「ないと思っていると、いざというときにスイッチが入らない。中継ぎは毎日投げるのが当たり前」と、コバマサは今日も元気に出番を待つ。
小林雅、失点し1/3回で降板
(24日=サンフランシスコ・ジャイアンツ戦)小林雅英投手は1点ビハインドの9回から3番手で登板したが、1/3回で降板、1安打1四球1失点だった。防御率は3・23。
小林雅1回無失点、サバシアと完封リレー
(27日=レッズ戦)小林雅英投手は6-0の9回に登板。1回を1安打無失点に抑えた。防御率は3・15。先発サバシアが8回を4安打、11三振を奪い零封。完封リレーを完成させた。
薮田も藪も打たれ、そろって乱打戦を演出
(22日=サンフランシスコ・ジャイアンツ戦)ロイヤルズ薮田安彦投手とジャイアンツ藪恵壹投手がリリーフで投げ合ったが、ともに失点を記録するなど、乱打戦を演出してしまった。先にマウンドに上がったのは薮田。3-7の5回表1死一、二塁で登板。四球と二塁打で3-10とリードを広げられてしまった。ロ軍がその裏2点を返し5-10.ここで6回表から藪が登板。しかしいきなり4連打を浴び、1死も取れず降板。この回5点を奪われ10-10の同点になってしまった。
試合は7回裏、ロイヤルズがガスライトの適時打で勝ち越し11-10で勝利。薮田と藪には勝敗は付かなかった。薮田は1回2/3を投げ2安打1失点で防御率5・46。
藪は0/3回で4安打4失点で防御率は2・75。
ロイヤルズ薮田がマイナー降格
ロイヤルズは25日(日本時間26日)、薮田安彦投手にマイナー降格を通告した。
3Aオマハに合流する。
大リーグ1年目の薮田は開幕からメジャー入りを果たしたが、ここまで中継ぎで26試合に登板し、1勝3敗、防御率5・46だった。ヒルマン監督は「下(マイナー)で登板機会を増やして、安定して力を発揮できるようになるため」と、降格の理由を説明した。
-------------------------------------------------------
連載3ヶ月目にして薮田神マイナー降格!!
いつの日かメジャー再昇格を!DL(故障者リスト)入りは困るけど。

|

« 5回の大量失点のみ悔やまれる | トップページ | 6月30日現在の一軍登録メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のコバマサ&薮田神 VOL.13:

« 5回の大量失点のみ悔やまれる | トップページ | 6月30日現在の一軍登録メンバー »