« 7月21日現在の一軍登録メンバー | トップページ | コバヒロ1000投球回達成も・・・ »

2008/07/21

手作りの弁当まで持ち込み禁止とは、ねぇ・・・

Kスタ・楽天戦 飲食物持ち込み規制強化に不満の声(河北新報)
プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地、仙台市のクリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)で行われる東北楽天の試合で、飲食物の持ち込み規制が強まり、観客から不満の声が出ている。外で買った食べ物だけでなく、手作りの弁当やおにぎりも締め出す徹底ぶり。球団は「売店の売り上げを確保するために仕方ない」と理解を求めるが、一部のファンは「もうけ主義が強すぎる。手作り弁当ぐらい大目に見てもいいのでは」とぼやいている。
「場内で買った食べ物以外は外で食べるか、お預かりします」。7月の公式戦。係員が入場口で持ち込み禁止を呼び掛け、客の手荷物検査をしていた。おにぎりやスナック菓子などが引っ掛かり、預かり品の台に置かれた。
妻、孫と3人で観戦に来た塩釜市の無職高木伸也さん(65)は妻の手作り弁当が見とがめられ、試合前、妻と交代で球場を抜け出し、外周の一角で弁当を食べた。
「中の店で買うと高いので弁当を持ってきたが、駄目と言われてがっかり。手作り弁当を食べながら家族で観戦する楽しみに水を差され、興ざめする」と嘆いた。
持ち込み禁止は初年度の2005年度から定められているが、実際は手荷物検査をせずに黙認していた。翌年度からテロや危険物持ち込みの防止を理由に検査を強化。場外で買った飲食物をまずシャットアウトし、今季から手作りの食べ物もご法度にした。
阪神と巨人、横浜、広島、ロッテ、オリックスは食べ物の持ち込みを制限していない。ヤクルトと日本ハム、西武は規制はあるが、事実上黙認している。中日、ソフトバンクは比較的厳しく統制しているが、入り口で預かることはしない。
サッカーJリーグ2部(J2)ベガルタ仙台の本拠地ユアテックスタジアム仙台(泉区)の試合でも、食べ物の持ち込みはオーケーだ。
楽天野球団によると、持ち込み禁止の理由は場内売店の売り上げ確保とごみ分別の徹底。堀江隆治球場長(39)は「売店の売り上げは貴重な収益で、健全経営のためにやむを得ない」と説明する。
球場には計約50の飲食店と売店がある。1店の1試合の平均売り上げは約40万円で、1年間で約2億円が球団に入る。
全球団の試合観戦経験があり、8日のKスタ宮城での東北楽天対オリックス戦を見た大阪市の自営業長谷川靖弘さん(33)は「楽天は規制が最も厳しく、評判が悪い」と指摘。「缶や瓶の飲み物は選手に危害が加わる可能性があって規制は仕方ないが、過度な統制は商業主義の印象を強め、球団にとって逆効果になる」と語っている。
-----------------------------------------
先週末、Kスタ宮城球場に行ってきたばかりの者として、聞き捨てならないわけで。
管理人も、ゲートでの所持品検査の際「飲食物は入ってないんでしょうね?」
と訊ねられたもので。ヤフトピに載っていたため反響が拡がり、イーグルス初年度に、
「建前上、食中毒を防ぐためということになってますが、もちろん、観客自身が
持ち込み弁当で食中毒にでもなったら球団・球場の責任がとれないことはわかり
ますが、本音をいえばやたら持ち込まれると球場内の売店の売り上げが減る。
ということではないでしょうか」などと、こちらで書いたことがありますが、
ついに本音を言い出したのか…。実際問題として、宮城球場のほかに、
札幌・ナゴヤ・福岡ドームくらいなものでしょ?持ち込み禁止の球場は。
マリンがビール600円、ジュース類220円(ビアスタジアム時除く)などに対し、
宮城球場はビール650円、ジュース類250円など。(東京ドームビール800円は論外)
夏休みの時期だけに、家族連れとか、学生などは大金ですわね。
球場の飲食物の価格はねぇ…。それだけに、マリンはいい球場だよ。
缶・びん・ペットボトルだけ持ち込めないだけで。
(7/26追記 河北に続報として池田敦司・楽天野球団副社長インタビューが。)
Kスタ・ルールの「?」楽天・池田副社長に聞く(河北新報)
プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する楽天野球団は本拠地クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城、仙台市)で行う公式戦で、観客に対し、外で買った食品だけでなく、手作りの食べ物の持ち込みも禁じている。野球団は「観戦の安全性や収益確保などのために規制は必要」と理解を求めるが、一部のファンは「手作り食品の締め出しは行き過ぎ」と疑問視している。この問題について、野球団の池田敦司副社長に聞いた。
―手作りの食べ物の持ち込みも規制する理由を聞かせてください。
「第一に安全で快適な観戦空間を保つため、手荷物の持ち込み規制は必要。次に球団は企業として、収益を上げなければならず、それには飲食物の販売収入が欠かせない。3番目の理由はごみの排出抑制だ」
「しかも、球場の外で飲食できる休憩所を設け、飲み物は紙コップに移し替えれば持ち込みを認めている。摂取できる飲食物が限られている人には事前申請があれば許可している」
―観客が場外で食べるとすると、その間は野球観戦できません。
「場外でもアトラクションを企画し、総合的には十分なサービスを提供していると考えている」
―ごみの抑制は観客にごみの持ち帰りを促せば克服できませんか。
「持ち込み規制の3つの理由は一体で、ごみの問題だけを切り離すことはできない」
―球団は家族連れや女性を球場に呼び込む運営を進めていますが、そうなれば、「手作りの食べ物を持ち込ませてほしい」という声が必然的に高まりませんか。
「そうした観客にも場内で販売する飲食物を楽しんでもらえる努力をしている」
―食べ物の持ち込み禁止が観客の理解を得ていると思いますか。
「ご理解をいただいていると考えている」
―規制の一因に挙げているごみの抑制についてはどんな取り組みをしているのですか。
「場内にごみ分別回収コーナー『エコステーション』を設け、ボランティアの協力を得て分別を徹底したり、場内で売る飲食物の容器を再利用可能な紙製にしたりし、47%のリサイクル率を上げている」
―観客が回収コーナーに持って来ず、いすの下などに放置するごみの量は排出全体のどれぐらいの割合なのですか。
「約20%を占める。エコスタジアムを目指しており、観客に協力をお願いしたいと思う」
-----------------------------------------
持ち込み制限するくらいなら、飲食物の販売価格が著しく高くならないようにするなど観客によりおいしいものを提供するような努力をしているのはわかるけれども、ウ~ン…。
にほんブログ村 野球ブログ

|

« 7月21日現在の一軍登録メンバー | トップページ | コバヒロ1000投球回達成も・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手作りの弁当まで持ち込み禁止とは、ねぇ・・・:

« 7月21日現在の一軍登録メンバー | トップページ | コバヒロ1000投球回達成も・・・ »