« サブローデー?で何とか勝った! | トップページ | 一発攻勢で今季最後のKスタ勝利! »

2008/08/31

JFE東日本、福井完封で初戦突破!!

P8310446
P8310448
伯和ビクトリーズ:●石丸和樹(3 2/3)-三谷大介(4 1/3)
JFE東日本:○福井良輔(9)
球審:森本 一塁:藤野 二塁:青木 三塁:川島
観衆 推定20000人くらい

(左) 生野好容  左飛     左安   右安     遊ゴ
(遊) 山本信宏  三振     投ギ   一飛     中安
走  内山孝起
(二) 中野 学  二ゴ      二飛   左飛     中飛
(一) 石本泰志     三ゴ   遊ゴ      右飛  三振
(右) 平岡隆裕     三振      四球    三振
(中) 岡本圭悟     三飛     投ギ    二ゴ
(指) 西川 貢        投ゴ   三振
指  遠矢義治                     三振
(捕) 宮田孝也        遊飛   三振
打  永田雅史                     三振
捕  野田明弘
(三) 永森達也        左飛     三振  二ゴ
            1回 2回3回4回5回6回7回 8回9回
(右) 落合成紀  一ゴ      遊失右本     左飛
(三)大河原悠之  中飛      中2一ゴ     遊ゴ
(中左)金森宏徳  三飛      左飛  二ゴ    
(一) 佐藤毅明     遊ゴ   四球  中安
(指) 田浦英仙     三振   左安  三併 
(左) 竹内友宏      二ゴ   三ゴ     二ゴ
中  尾張友紀
(遊) 津留侑士        三振   右安  投ゴ
(捕) 岡崎祥昊        三振   三振
打  大澤裕介                   三振
捕  藤岡 剛
(二) 中西健太        中飛   投ギ
打  浦野智義                      三振
二  市川正美
(注)伯和ビクトリーズの三谷は倉敷オーシャンズから、中野・平岡は
三菱重工広島からの補強選手。JFE東日本は補強選手なしの単独チーム。
P8310436
P8310437
管理人的にはJFE東日本というより、NKKとの経営統合以前の旧称・川崎製鉄千葉の方が通りがよく、97,01年と東京ドームに応援に行ったことがあるので、7年ぶり。JFE東日本になってからはじめてですが、かつて応援団コンクールで最優秀賞を受賞した応援団はパワーあふれるというか、何せ溢れたファンがレフトスタンドを埋め尽くしなおかつ2階席まで溢れたくらいなのだから(応援うちわゲットするの忘れた)。
4回2アウト1,2塁から田浦。ファウルで粘りに粘った甲斐あって、
レフト前へ先制タイムリー! 5回。東海大で大松尚逸とともに中軸バッターだった
落合成紀。ライトへ2ランを放ち貴重な追加点!
高校球児ばりにガッツポーズしながらダイヤモンド一周したのが印象的だった。
JFE東日本先発・福井良輔 9奪三振3安打完封!!
高校の後輩成瀬ばりのフォームというか、低目をついたピッチングという印象だった。
管理人的には夏の甲子園&都市対抗野球千葉代表応援勝率10割キープ!
次の試合(2回戦)は第7日(9月4日)第1試合で、東京都・セガサミーと対戦します。
決勝戦クイズでJFE東日本と日本通運が決勝進出と予想応募したが結果はいかに?
P8310447
JFE東日本・蔵元修一監督「少ないチャンスをものにできた。
福井は制球が良く、ボールに切れもあった。」
(以下毎日新聞より)
30歳の5番・田浦、先制打で試合の流れ決める
30歳の粘りが、千葉市の活路を開いた。四回、無死一塁を盗塁失敗でつぶした後、大河原の二塁打などで2死一、二塁とし、5番・田浦。フルカウントから、東広島市のエース石丸に食らいついた。
ファウル、またファウル。外のスライダーの後は内角高めの速球と、ストライクゾーンぎりぎりを狙ってくる球をフルスイングでカットするたび、千葉市のダッグアウトはわいた。
「これだけ盛り上げたら、ヒットにしないと格好がつかない」。冗談めいた考えも浮かぶ余裕が生まれた14球目。スライダーが真ん中に来た。三回まできっちり3者凡退に仕留めてきた石丸が「唯一の失投」と嘆いた1球。左前への先制打が、試合の流れを決めた。
「不動の4番」だった南関東2次予選で、田浦は14打数1安打と振るわなかった。昨年は予選で敗退しただけに、「なんとしても勝ちたい気持ちが、プレッシャーになった」と気付いた。
「悔しい思いをして、つらい練習をしてきた。だから、試合は楽しく」。ベンチの雰囲気を一変させた、フルカウントからのファウル8本を振り返って言う。「チームも自分も、泥臭い野球が本来の姿」。予選の苦闘と、この日の決勝打で、原点を確認した。 
千葉市の左腕・福井が東広島市を散発3安打に抑え込んだ。社会人2年目で初の完投を、完封で成し遂げた。蔵元監督は「五回まで持ってくれたら」と送り出したが、思わぬ好投に「球の切れがよかったね」と絶賛。スライダー、シンカーなど変化球がさえ、内外角に速球が決まった。横浜高時代の後輩、成瀬(千葉ロッテ)が北京五輪で好投し「刺激を受けた」とドームに乗り込んだ。「最後は疲れて制球ミスも多かった」と言うが、大舞台での完封に「自信が付きました」と満足げだった。【藤倉聡子】
にほんブログ村 野球ブログ

|

« サブローデー?で何とか勝った! | トップページ | 一発攻勢で今季最後のKスタ勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JFE東日本、福井完封で初戦突破!!:

« サブローデー?で何とか勝った! | トップページ | 一発攻勢で今季最後のKスタ勝利! »