« 星野ジャパンVSセ・リーグ選抜 | トップページ | 小林宏之8月連勝ストップ »

2008/08/09

木更津総合、悔しい逆転敗戦

Osk200808090082_2
智弁和歌山 010030100 5
木更津総合 020000000 2
【智】岡田―森本
【木】田中、淡路―地引
観衆 29000人

最初の見せ場は、自らのバットで勝ち越した直後の3回にやってきた。木更津総合(東千葉)の田中は1死満塁で、評判の4番、坂口に挑んだ。「絶対に抑える」。胸元を真っすぐでえぐってから、自慢のスライダーで空振り三振にしとめる。その決め球で次打者も遊飛に切ってとった。
手応えはあった。だが、配球パターンを変え、直球で押そうとした5回は、ことごとく真芯ではじき返される。4連続長短打などでひっくり返された。
春の関東大会優勝の立役者となった左腕は7回までに15安打を浴びた。「智弁和歌山打線は振りが鋭かった。すごい。全国制覇を狙っていたので悔しい」。泣きはらした目は真っ赤だった。
(画像ともにアサヒコムより)
7回表よりラジオ観戦していたので、5回の集中打はわからん。
智弁和歌山の4番ファースト・坂口真規を2打席連続三振も、その後2安打。
ずっと流れていた智弁和歌山のヒッティングマーチがどこかで聞いたことがある…。
と思っていたら、プロ野球ニュースの「今日のホームラン」の時に流れるBGM
(曲目はジェームスラストバンド「バイブレーション」)だった。
もし、坂口がドラフト指名され、プロ入りすればヒッティングマーチに使われるのか!?
火災で亡くした斉藤優太投手の無念を晴らすことはできなかったが、とにかく
明日だ明日!千葉経大附の打線が浦添商・伊波翔悟を攻略することを!
にほんブログ村 野球ブログ

|

« 星野ジャパンVSセ・リーグ選抜 | トップページ | 小林宏之8月連勝ストップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木更津総合、悔しい逆転敗戦:

« 星野ジャパンVSセ・リーグ選抜 | トップページ | 小林宏之8月連勝ストップ »