« 久保康友、またも見殺し! | トップページ | 今江が決めた!川崎ユースケとともにヒーインへ »

2008/09/04

JFE東日本、サヨナラ勝ちでベスト8!

東京都セガサミー) 310101001 7
千葉市JFE東日本) 200002004 8
【セ】谷田部、渡邉、成田、上津原
【J】福井、土谷、川崎
[ホームラン]セガサミー:照屋[2ラン][ソロ],久保[ソロ],佐藤俊[ソロ]
20080904k0000e050068000p_size5(画像ともに以下毎日新聞より)
JFE東日本が終盤の粘りで、セガサミーに逆転サヨナラ勝ちして8強一番乗り。3点を追う9回、内野安打と敵失で1点を返し、金森、佐藤、田浦の3連続二塁打でこの回一気に計4点を上げた。セガサミーは照屋の2本を含む4本塁打で試合を有利に進めながら、最後にエースの上津原が打たれた。
JFE東日本・蔵元修一監督「9回は、相手にも『これで勝てる』という変な雰囲気があったのではないか。あきらめずにつなげば、何かが起こる」 
追いつめられ見事な力を発揮…
逆転劇のJFE東

千葉市の蔵元監督は3点を追う九回の攻撃に入る際に「1、2点取れば立場は逆転する」と、選手に声をかけた。敵失に乗じて1点を返し、なお2死二塁。「立場逆転」とまではいかないが、試合の流れは分からなくなった。そして、東京都のマウンドには上津原がいた。千葉市の打線にとって、逆転にはおあつらえ向きの状況だった。
千葉市は、東京都の先発を、1回戦を完封した上津原と予想。その試合の映像を繰り返し見ていたチームは、相手右腕のスライダーを攻略することが必要と見て「右打者は右翼方向に、左打者は左翼方向へ」という作戦の徹底を図った。
ところが東京都の先発は36歳のベテラン右腕・谷田部。しかも、一回に3点を先制される嫌な展開となった。しかし、千葉市はすぐに佐藤、田浦の連続的適時打で2点を返した。打線はその後、無得点が続いたが、三、四、五回と先頭打者を安打で出すなど相手投手陣を継投策へと導いた。
とはいえ、九回2死まで追いつめられた土壇場で打席に立った金森は「気負ってもできることは知れている」。無心で挑んだ結果、外角のスライダーに素直に反応して左中間に運んだ。続く佐藤はスライダーを意識していたところに、曲がりの悪い変化球。思い切りたたいた。サヨナラ打を放った田浦は「直球だったと思う」と話したが、上津原は「スライダーが抜けた」と振り返った。徹底した千葉市打線のスライダー攻略が、最後に好投手の指先を狂わせた。
今季の千葉市は攻守にわたる粘り強さが特徴だ。派手さはなかった打線が、追いつめられてから見事な力を発揮し、チームに劇的な勝利をもたらした。【吉見裕都】
千葉市のベテラン29歳、川崎の好投がチームにサヨナラ勝ちを呼び込んだ。六回途中から登板。八回には1死三塁でスクイズをファウルさせて無失点。九回には野手が打球を見失う不運な二塁打から1点を失ったが「スクイズも警戒しながらカウントを整えなければならない難しい場面。割り切れた部分があった」と、きっちり最少失点で切り抜けた。昨年からコーチを兼任する川崎は「ウチはずばぬけた選手がいない分、全員でカバーする。その姿勢が『ミラクル』につながった」と、チームに勢いを感じていた。
2回戦サヨナラ勝ちでベスト8って、おととしを思い出すが。
次の試合(準々決勝)は第9日(9月6日)第3試合で、
横浜市新日本石油ENEOSと対戦します。
ぶっちゃけ、好投手田澤純一擁する新日石に勝てるとは思えませんが…。
にほんブログ村 野球ブログ

|

« 久保康友、またも見殺し! | トップページ | 今江が決めた!川崎ユースケとともにヒーインへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JFE東日本、サヨナラ勝ちでベスト8!:

« 久保康友、またも見殺し! | トップページ | 今江が決めた!川崎ユースケとともにヒーインへ »