« 9/5 ミニニュース | トップページ | オーティズが決めた! »

2008/09/06

JFE東日本、ベスト4ならず・・・

千葉市JFE東日本)       000000000 0 
横浜市新日本石油ENEOS) 00000010X 1
【J】松村、三橋、櫻井
【新】木戸、廣瀬、清見、田澤
(以下毎日新聞より)
新日本石油ENEOSは七回、山岡の内野安打や須藤の中前打で1死一、三塁とし、平馬の中犠飛で均衡を破った。七回の窮地で好救援した田沢ら4投手の零封リレーで1点を守り切った。押し気味に試合を進めたJFE東日本は、七回にも1死満塁の場面を作ったが、決定打を欠いた。好投の松村に報いることができなかった。
JFE東日本・蔵元修一監督「継投の点では、相手との層の厚さの差を感じた。
若手には、収穫も多かった。」
新日本石油ENEOS・大久保秀昭監督「1点勝負になるとは思わなかった。
田澤の投入は、予定より早かったが、仕方がない。」
松村幸雄投手=JFE東日本 丸2年ぶりの先発も好投…
指揮官の期待に応える
 
まっさらなマウンドは久しぶりだった。一昨年8月の高山市長杯以来、丸2年ぶりの先発。横浜市打線に左打者が多いことから、前日に言い渡された。投手陣の中でコーチ兼任の川崎と同じ最年長組。「自分のできることは低めに丁寧に集めることだけ」。よけいなことは考えなかった。
指揮官の期待に応えた。スライダーやフォークを低めに集め、時折、力を入れたストレートも緩急を引き出すのに役立った。五回までに5四球を与えたが、一発を警戒して球を散らしたため、球数が増えるのは折り込み済み。何よりも1安打に抑えたことが自分の投球ができたことを物語っていた。
しかし、六、七回と浮いた球を打たれて、先頭打者に安打を許した。「きれいな形で譲りたかった。やはり勝たなければ意味はない」と悔いは残る。6回3分の1、105球の投球は「気持ちがよかった」と言いながらも、「チーム方針があるので、また自分の場所(リリーフ)を務めます」と30歳のベテランは心得たものだ。【百留康隆】
GAORAで見てたけど、7回から登板した田澤純一。やっぱスゴかったですわ。
ソウルでのシドニー五輪予選で五輪出場に導く決勝打を放った平馬淳。
(東芝からの補強選手)犠牲フライがこれまた決勝打に。
2回戦サヨナラ勝ちのあと、準々決勝で神奈川のチームに惜敗って、一昨年と同じじゃん。
初戦突破のときは管理人観戦応援した甲斐あって、まぁ、よくやった…。
にほんブログ村 野球ブログ

|

« 9/5 ミニニュース | トップページ | オーティズが決めた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JFE東日本、ベスト4ならず・・・:

» 大久保秀昭 [れいなの日記]
田沢 ENEOS日本一締め!さあメジャー たアマ球界No・1右腕は11日にもメジ... [続きを読む]

受信: 2008/09/12 19:21

« 9/5 ミニニュース | トップページ | オーティズが決めた! »