« クライマックスシリーズ・パ第2ステージまとめ | トップページ | クライマックスシリーズ・セ第2ステージまとめ »

2008/10/24

やっぱ、ボビーをWBC監督に!

コミッショナー、星野氏のWBC監督断念=最有力候補消え、混迷深まる
(時事通信)
来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表監督の人選をめぐり、有力候補だった星野仙一氏が要請があっても固辞すると表明したことについて、プロ野球の加藤良三コミッショナーは23日、「残念なことではあるが、これを受け入れざるを得ない」との談話を発表し、星野氏の擁立を断念する意向を示した。
難航するWBC監督問題は、人選を一任された加藤コミッショナーが前回優勝監督の王貞治特別顧問を中心に、楽天の野村克也監督、星野氏らによる体制検討会議を設け、15日の第1回に続き、27日に2度目の会合を開催する。しかし、北京五輪を指揮した星野氏が候補から消えたことで、今月中とされた監督決定が、日本シリーズ後にずれ込む可能性が出てきた。
王特別顧問はこの日、「一番文句が出ないのは日本一チームの監督だろうが、12球団の足並みがそろっていない」との認識を示し、「監督は健康な人がやらなければ選手に神経を使わせてしまう」と自身の再登板の可能性を否定した。現役監督の就任が可能かどうかも含め、根本的な部分から再検討が必要な情勢となった。
オレやろうか?ボビー WBC指揮にまだ意欲(スポーツニッポン)
ロッテのバレンタイン監督は23日、星野仙一氏がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督就任を固辞する意向を再度明らかにしたことに「力量があると思われている人がどうして断ることができるのか」と疑問を呈した。
一方で、バレンタイン監督は以前から示していた自らのWBC日本代表監督就任への意欲を失っていないことを強調。さらに、迷走する選考過程にも言及し「前回大会は現役監督だった。なぜ違うことをしないといけないのか」と現役監督を候補に加える私案を披露した。
ただし、日本シリーズを制したチームの監督を充てる案には「(アジアシリーズのある)11月中旬まで仕事をさせ、またWBCのために活動させると負担がかかる」と否定的だった
-----------------------------------------
「再度、わたし自身は変わらずWBCの日本代表監督就任を固辞するつもりでいる―ことをあえて再度、このホームページで表明しておきたい。仮にも、たとえ万が一にもわたしがお引き受けすることはありませんと、重ねてそうお伝えしておきたいと思う。」
本人公式サイトで発表した通り。最強のチームをつくるという一方で現役監督から選ぶのが難しいのであれば、本気で最強チームをつくろうとしているとは思えないというイチロー発言も追い討ちをかける形となった。現役監督うんぬんというのは、始めに(星野監督の)結論ありきを前提としたものとしか思えないし、
管理人的には王だろうが落合だろうがノムさんでもダメなもんはダメ。
ボビー・バレンタインしかいないじゃん!
サッカーA代表監督でもフィリップ・トルシエとかジーコとかイビチャ・オシムとかね。
功罪はともかくとして、加藤コミッショナーにはボビーも選択肢に入れて欲しい。
にほんブログ村 野球ブログ
にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ

|

« クライマックスシリーズ・パ第2ステージまとめ | トップページ | クライマックスシリーズ・セ第2ステージまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/42886218

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ、ボビーをWBC監督に!:

« クライマックスシリーズ・パ第2ステージまとめ | トップページ | クライマックスシリーズ・セ第2ステージまとめ »