« 斎藤圭祐、ジャイアンツの一員に・・・ | トップページ | パ・リーグ2009年日程発表 »

2008/11/19

直さんFA宣言せずも残留微妙・・・

清水はFA行使せず 残留交渉は平行線(スポーツニッポン)
今季国内FA権を取得したロッテ・清水がFA申請締め切りの18日、静岡・熱海市の西熱海ゴルフ場で権利を行使しない意向を示した。一方で決定的だった残留について、球団との交渉が不調であることを明かし「残留宣言はしません」と明言。球団への強い不信感をあらわにし、交渉の長期化を示唆した。「交渉にならない。案を出しても断固拒否。第1回交渉から何も進展していない」。来季は国外FA権を取得する。複数年契約を結んだ場合もメジャー挑戦を視野に契約解除権を条項に盛り込みたい清水側と、応じられない球団側の主張が平行線をたどっているとみられる。「選択肢はいくらでもある。サインは(来年)1、2月でもできる」と自費キャンプを含め強硬手段も辞さない構えを示した。
---------------------------------------------------------
公式サイトにおけるコメント
「FA権を行使しないことに決めました。
期日期間ギリギリまで、自分なりにいろいろなことを考え、最後に大切な人と相談しました。その結論として出た答えは、今の時点で自分はマリンスタジアムのマウンドで投げている姿しか想像できないというものでした。今後はFA権の行使期間が切れたということで、この権利にとらわれず、球団とは来季契約に関してしっかりと条件を詰めていけると思います。今年味わったBクラスという悔しさを忘れず、この借りを返すべく来年は千葉ロッテマリーンズの力となるつもりです。宜しくお願いします」
直さん自身はプログにて、
<行使せず>
18日の期日ギリギリまでシッカリと自分のあるべき姿を見つめました。
ロッテ球団とは現在も交渉を続けていますが、国内フリーエージェントの期日が今年は18日締め切りということで、行使をせず今後は例年通りの契約交渉になっていく次第です。
今日まで代理人を含め、たくさんの人と相談しながら意志を固めつつきましたが、最後は大切な人と話をして決断しました。
自分が立つべき場所と、目指す未来を考えつつも、
マリンスタジアムに立っている姿が清水直行らしいと思いました。
まだまだ力不足なところもありますが、昨年の悔しい思いを忘れずマリーンズの力になりたいと思っていますし、初心を忘れずに一つ一つ歩んでいきたいです。
また更新します。
ほな。。。」

いったい、どうなってるの!?
新聞報道と直さん自身のコメントにギャップがあるような気がしてならない…。
---------------------------------------------------------
1月に長嶋ジャパンがイベント(時事通信)
アテネ五輪の野球日本代表によるイベント「長嶋茂雄ドリームプロジェクト2009」が来年1月17日に千葉市の幕張メッセで開催されることが19日発表された。5回目の今回も全国から1000人の小学生を招待し、野球教室などで交流を図る。「大好きな野球」をテーマにした作文も募集し、優秀作品に記念品が贈られる。
---------------------------------------------------------
ということは、コバマサはたぶん帰国しているはづなので、
ことし家族に不幸があって出られなかった直さんも出るんじゃないかと。
にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ

|

« 斎藤圭祐、ジャイアンツの一員に・・・ | トップページ | パ・リーグ2009年日程発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/43164882

この記事へのトラックバック一覧です: 直さんFA宣言せずも残留微妙・・・:

» 難航しているようね [千葉鴎人 #26]
  国内FA権を持つロッテ・清水直行投手(32)は18日、球団との契約交渉が決裂したことを明かした。同日が期限のFA権は行使しなかったが「交渉という交渉をさせてもらえていない。残留宣言はしません」と球団への不信感をあらわにした。  清水は同日午後、静岡県熱海市のゴルフ... [続きを読む]

受信: 2008/11/19 20:48

« 斎藤圭祐、ジャイアンツの一員に・・・ | トップページ | パ・リーグ2009年日程発表 »