« 2009パ・セ交流戦日程 | トップページ | 11/14 ミニニュース »

2008/11/12

サムライジャパン始動!加藤康介ベイスターズへ!

2008111200000028jijpspoview000
WBC初戦は中国 愛称はサムライ・ジャパン 松井秀らリストアップ
(産経新聞)
 “侍ジャパン”が始動-。日本プロ野球組織(NPB)は12日、来年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表の監督、コーチを正式に発表した。監督は巨人の原辰徳監督が務め、前中日監督の山田久志投手コーチをはじめ、6人のコーチが代表入りした。
この日は第1回のスタッフ会議を行い、代表候補選手を48人に絞り込んだ。優勝した第1回大会の中心だったイチロー外野手(マリナーズ)や、前回は出場を辞退した松井秀喜外野手(ヤンキース)らがリストアップされた。45選手の暫定代表候補は、1月20日に発表予定。
アジア予選にあたる東京ラウンド(東京ドーム)は、3月5日に開幕。日本は同日、WBC全試合の最初の試合となる中国戦でスタートを切る。韓国、台湾を含めた4チームの上位2チームが2次予選にあたるサンディエゴラウンドに進出する。今大会は、2敗した時点で敗退が決まる「ダブルエリミネーション方式」と呼ばれるトーナメント方式が採用される。
加藤良三コミッショナーは、日本代表の愛称を「SAMURAI・JAPAN」とすると発表した。
横浜がオリ戦力外左腕加藤を獲得(日刊スポーツ)
横浜は、オリックスを戦力外となった加藤康介投手を獲得することが決まった。シート打撃では打者4人に投げ1安打されたが、視察した村上チーム運営部門統括は「変化球も投げられていたし、現場が欲しい左投手」と評価した。来季の巻き返しには投手陣の底上げが急務で、通算24勝左腕に白羽の矢を立てた。トライアウト終了後、編成担当者が加藤に連絡を取り、合意。年俸など条件面が整い次第、発表される。
---------------------------------------------------------
原辰徳監督、伊東勤総合コーチ、山田久志・与田剛投手コーチ
篠塚和典打撃コーチ、高代延博・緒方耕一守備走塁コーチ

前回のワールド・ベースボール・クラシックは、王貞治監督、大島康徳打撃コーチ、
武田一浩・鹿取義隆投手コーチ、辻発彦・弘田澄男守備走塁コーチだった。
今回の顔ぶれは、原監督はともかく、伊東さん・山田さんは人格的に良いとしても、
与田さんは解説者としてのキャリアは十分。高代さんは山本功児監督最終年に
法政閥の絡みでマリーンズヘッドコーチをやったことがあって、篠塚さんは
同県人だけにケチつけられないが、68年会メンバー緒方耕一。
“マイクを持った盗塁王”は、ねぇ…。すくなくとも星野ジャパンのような
仲よし&お友達内閣でないだけまだましだけど。前回のように
マリーンズから8選手も出場させるようなことはやめてほしい。
せいぜい成瀬&西岡、サブローくらいにしとけ。
康介がベイスターズへ!?はぁ~ すくなくとも5億円男那須野とか高宮よりは
使えるし、ハマのオジさん工藤公康は日本シリーズ解説で好印象あるし。
せめて晋吾を獲り損ねたことで俺が記者だったらスポーツ紙にこう書くね。
小野獲り失敗 横浜落胆
ロッテの小野がFA宣言をせず残留することを表明したことで、調査に乗り出す可能性を示唆していた横浜の落胆ぶりは隠せなかった。村上チーム運営部門統括は「こちらの片思いというか、一方的なラブコールに過ぎなかった。まぁ、縁がなかったということ」
にほんブログ村 野球ブログ

|

« 2009パ・セ交流戦日程 | トップページ | 11/14 ミニニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サムライジャパン始動!加藤康介ベイスターズへ!:

» ≪WBC≫愛称はサムライ・ジャパン! [局の独り言。]
「サムライジャパン」誕生!伊東氏らがWBCコーチに決定 11月12日17時25分配信 サンケイスポーツ 「サムライジャパン」のロゴマークを掲げる(左から)王貞治相談役、原辰徳監督、加藤良三NPBコミッショナー=東京都文京区(写真:サンケイスポーツ) http://headlines.... [続きを読む]

受信: 2008/11/14 07:15

« 2009パ・セ交流戦日程 | トップページ | 11/14 ミニニュース »