« 12/13 東京VS名古屋@マリン | トップページ | マリーンズ2008入団発表 »

2008/12/14

12/14 ミニニュース

ロッテ・里崎、マリンをディズニーに(サンケイスポーツ)
ロッテの里崎智也捕手が13日、千葉マリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、1000万円増の年俸1億5000万円でサインした。交渉の席では、自身の今季のプレーぶりではなく、グッズ販売など、ファンサービスについて1時間以上も熱弁。ロッテの“東京ディズニーランド化”構想も披露した。
2年契約の2年目とあって、あっという間に話し合いは終わるはずだったが…。30分、1時間。里崎が交渉の部屋から出てこない。報道陣の前に姿を現したのは、なんと1時間半後だった。
「いろいろと言いました」とニヤリ。交渉難航!?と思いきや、野球の話はわずか10分程度で、すんなりサイン。ほとんどの時間は、「どうすれば収益が上がるか」という『里崎プロデューサー』による球団への提案に費やされていた。
11月にはディナーショーを開催するなど、球界きって(?)のエンターテイナー。バレンタイン監督もファンサービスに力を入れるが、ボビーだけじゃない!!とばかりに力説した。
目をつけたのが、グッズ販売だ。「僕の理想はディズニーランドのグッズ売り場。寄らないで帰る人は、まずいない」。ハロウィーンやクリスマスなどイベントごとに限定グッズが登場。同じ千葉にある東京ディズニーランドは今、25周年で大盛り上がりだ。方やロッテはといえば、ショップは「たまに行っても、あまり代わり映えがしない」とがっかり。来季の球団創設60周年記念グッズや季節限定グッズなど、購買意欲を刺激するアイデアを進言した。
今季は92試合で打率.261、15本、45打点。決して納得の1年ではなかったが、来季について「けがをしなければ、いい成績を残せると思う」と自信を見せた。グラウンド内外で、里崎がファンのハートをがっちりつかむ。(金額は推定)
22 里崎 智也 15000←14000
WBC出場改めて否定
来年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について、第1回大会に出場したロッテの里崎は13日、辞退の意向を示した。今季は右ひじの故障に苦しんだこともあり「ボールが変わると肩、ひじに負担がかかる。リスクを背負って出る自信がない」と話した。15日に発表される暫定メンバーにリストアップされていないが、この日の会見で改めて出場を否定した。
成瀬、一戸建て贈呈の申し出を辞退(スポーツ報知)
ロッテ・成瀬善久投手が13日、チームスポンサーである千葉の建築会社「君津住宅」から提案されていた一戸建て贈呈の申し出を辞退した。今年6月、林起津雄社長が北京五輪での勝利を条件にプレゼントを提案。1次リーグ・カナダ戦で勝利投手となったものの、チームでは昨季の半分の8勝(6敗)に終わったため、丁重に断った。
この日、千葉市内で同社主催の野球教室に参加した左腕は「自分だけいい思いはしたくない。キチッとした成績を残してからもらいたい」とキッパリ。林社長も来季への持ち越しを快く了承した。
成瀬が希望しているのは建坪60坪(約198平方メートル)の平屋。見積もりでは約2~3000万円程度かかる。土地は自分で用意する必要があるが、実現した暁には栃木・小山市で団地住まいをしている両親に贈るつもりだ。孝行息子は「最低でも2ケタ勝利して、チームも2位以上を狙う」と、自ら設定したノルマの達成を誓った。
新入団選手施設見学 ドラ1木村「実感わく」(スポーツニッポン)
新入団選手がさいたま市の室内練習場、合宿所など施設見学。横浜への入団拒否、栄養費問題を経て入団するドラフト1位・木村(東京ガス)は「いい施設。プロになった実感がわいてきた」。社会人でしのぎを削ったドラフト2位のホンダ・長野(ちょうの)が入団拒否したことには「本人が決めたことだし僕がどうこういうことはない。もう少し落ち着けば連絡を取りたい。来年、頑張ってほしい」とエールを送った。
------------------------------------------
新入団選手発表会はきょう18:30から、
ぱるるプラザ→千葉市文化交流プラザ→京葉銀行文化プラザにて!
きのう日経の夕刊を読んでいたら、こんな記事が。ご参考までに。
宮城出身・小坂 楽天へ「Uターン」に感慨 野村野球で再生誓う
来季、創設5年目を迎える楽天に、初めて地元宮城県出身選手が加わる。今オフ、山元町出身の小坂誠内野手が巨人から金銭トレードで移籍した。
11月14日、Kスタ宮城で行われた記者会見で小坂は「球界再編で球団ができた時から、近い将来お世話になりたいと思っていた」と打ち明けた。「Uターン」に、感慨もひとしおの様子だ。
宮城・柴田高-JR東日本東北を経てドラフト5位で1997年にロッテ入り。2度の盗塁王、4度のゴールデングラブ賞受賞と俊足と堅実な守備が持ち味でチームの主力になった。だが、2005年オフの契約更改予定日に急きょ東京都内のホテルに呼び出され、巨人へのトレード通告。寝耳に水の出来事に、一時は「ロッテに捨てられた」との思いに駆られた。この時から、小坂の心の中に仙台への思いが芽生えたのかもしれない。
巨人移籍1年目の開幕戦では「2番二塁」で先発出場。だが、右肩の故障などもあり、ここ2年は出場機会が減った。故郷への思いは止めることができず、球団にその気持ちを伝えた。楽天への移籍が正式に決まった日、これまで世話になった周囲の人に電話で報告する小坂の姿があった。
「野村監督に再生していただきたい」。来季36歳になる小坂にとって、あと何年、現役を続けられるかは分からない。それでも「仙台で野球ができることに喜びを感じている」と、新人選手のように目を輝かせている。
にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ

|

« 12/13 東京VS名古屋@マリン | トップページ | マリーンズ2008入団発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/43414106

この記事へのトラックバック一覧です: 12/14 ミニニュース:

» 里様ぁ~ [千葉鴎人 #26]
 ロッテ・里崎智也捕手(32)が13日、千葉市内の球団事務所で契約更改に臨み、1000万円増の1億5000万円でサインした。会見で里崎は昨オフに2年契約を結んでいたことを明らかにした。  里崎は更改の席で球団に対してグッズ販売について提案。注目のワールド・ベースボール・クラ... [続きを読む]

受信: 2008/12/14 09:44

« 12/13 東京VS名古屋@マリン | トップページ | マリーンズ2008入団発表 »