« 西武ドーム ビジター応援席がライト&一塁側へ移動! | トップページ | 12/27 名古屋VS東京 »

2008/12/27

12/27 ミニニュース

小林宏之 ファッションも日本一目指す(東京中日スポーツ)
ロッテは26日、ファッションブランド「DKNY」とスポンサーシップ契約を結んだと発表。この日、東京都内で行われた記者発表に出席した小林宏と西岡のイケメンコンビは、来年のファッション界を代表するタイトルを独占する野望を燃え上がらせた。
長身右腕の小林宏はジーンズを愛用しているだけに、標準を定めたタイトルは「ベストジーニスト賞」だ。同賞にはスポーツ選手部門が設定されており、今年はフェンシングの北京五輪銀メダリスト・太田が受賞した。
「スポーツ部門があるので取れるよう頑張ります」と声を弾ませた。
おしゃれ通の西岡も「スポーツ選手なのでまずは本業で結果を出して、そういう賞もついてきたらいい。頑張ります」とギラリ。「ベストドレッサー賞」や「ベストフォーマリスト賞」など選択肢は満載だ。「DKNY」のオフィシャルスーツを粋に着こなし、無数のフラッシュを浴びた両選手。来オフ、野球界を飛び越えたタイトル奪取でスポットライトを浴びることができるか
ボビー“全面降伏” 球団が警告
球団がバレンタイン監督にイエローカードだ。同監督は前日(25日)、来季年俸の返上を球団に訴えていたと自身のブログにて公表。その事実を完全否定する石川球団副代表は「球団批判に類似することがあれば注意していく」と明言。米国に帰国中のお騒がせ指揮官に対し、年明けにもメールなどで厳重注意する方針だ。
対して、渦中のバレンタイン監督はこの日のブログで“全面降伏”を表明。「誤解があるようなので単にその誤解を正そうとしており、繰り返し説明しているだけ」とした上で「もし僕が今まで迷惑をかけることがあったのであれば、謝罪します」と自身の非を認めた。
しろたんと合体!ロッテ・唐川、抱き枕完成(サンケイスポーツ、写真も)
ロッテ・唐川侑己投手がアザラシのキャラクター『しろたん』と“合体”し、抱き枕として商品化された。全長約60センチで、1個2800円(税込み)。来年1月4日に千葉マリンスタジアムのグッズショップでお披露目される。
寮の部屋で、知人にもらった『しろたん』をぎゅっと抱きしめて寝ていた唐川。千葉・成田高からプロ入りし、1年目に5勝(4敗、防御率4.85)を挙げる原動力になった抱き枕の唐川バージョンが完成した。
「愛用しているので、ありがたいです。めったにやってもらえるものじゃないですから」
抱き枕の企画、製造元『クリエイティブヨーコ社』の関係者は「商品を増やしていく中で、唐川選手自身をモデルにできれば」と意気込む。2年目の活躍次第では、右腕のキャラクター化も実現しそうだ。
Gsi0812280503000p1
ライオンズはNEWYORKER,ファイターズはメルボ紳士服とそれぞれ提携しており、
メーカーのダナキャランジャパンの親会社・オンワードホールディングスの
プレスリリースはこちら
マリーンズは、プロ野球aiの人気投票上位常連選手が多いだけに要注目!
「僕がこの場で秘密でも暴露しようと試みた事は一度も無いということをご理解ください。すでに日本の新聞記事に書かれて、世間一般に知れ渡っていたと思った事について、最近のブログで僕は述べようとしただけです。どの出来事がどういった順序で起こったかについて誤解があるようなので、僕は、単にその誤解を正そうとしており、すでに新聞などに書かれたと思われる内容について繰り返し説明をしているだけです。僕のたった一つの望みは球団がベストな状態であることで、もし僕が今まで迷惑をかけることがあったのであれば、謝罪します。僕はこういった事に悩みすぎず、チームの監督として働きたいだけなのです」
読めば分かることなのに、これくらいのことがわからんのかといいたい。
1月4日の11:00から千葉マリンスタジアムにて新春初売り&初投げイベントがおこなわれ、5000円ナリ?個限定のマリーンズ福袋販売会、唐川侑己投手のトークショーも。、マリーンズストアプラザ店で『しろたん』抱き枕を購入された方に唐川投手サイン会参加のチャンスも。マリーンズ公式サイトの案内はこちら
にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ

|

« 西武ドーム ビジター応援席がライト&一塁側へ移動! | トップページ | 12/27 名古屋VS東京 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/43546969

この記事へのトラックバック一覧です: 12/27 ミニニュース:

« 西武ドーム ビジター応援席がライト&一塁側へ移動! | トップページ | 12/27 名古屋VS東京 »