« 2009 マリーンズ選手の駅 | トップページ | 2009年のマリーンズを占う »

2009/01/02

東京VS福岡 生観戦!

Img_2776_2
福岡:池永正明(0/3)-東尾修(1)-山内和宏(4)-三浦政基(1)-若田部健一(3)-
●永射保(0/3)
東京:江夏豊(1/3)-斉藤明夫(1 2/3)-若生智男(0/3)-川尻哲郎(1 2/3)-
河野博文(2/3)-山田武史(2/3)-村田兆治(1)-石毛博史(2)-五月女豊(1)-
○阿波野秀幸(1)
球審:前川芳男 一塁:平光清 二塁:岡田功 三塁:村越茶美雄

(遊) 水島新司 遊ゴ
遊  勝呂壽統    二ゴ   中飛   三振   遊ゴ
(一捕)坊西浩嗣 右安   遊安三振   右安   遊飛
(指) カズ山本 左飛   四球   中飛一安   右飛
(三) 藤本博史 左本   左2    二安 投ゴ      左飛
(中右)片岡光宏 二直   三直   右安    三振   三ゴ
(左中)二村忠美   右飛一飛         
打中 市場孝之             遊併   左安   四球 
(右) 西田真二    左2遊ゴ
左  出口雄大                中安中安  四球   
(捕) 達川光男    一ゴ
打一 吉永幸一郎        右安    中2左安
一  若菜嘉晴                        三ゴ
(二) 木下富雄    左安   遊ゴ   二ゴ三振
          1回 2回3回 4回 5回 6回 7回 8回9回
(中) 屋舗 要 右安投ゴ       四球投ゴ
一  佐藤 洋                      投ゴ
(右) 中野佐資 一失  左安    右安二ゴ   中飛
(指) 本西厚博 中安  遊ゴ    中安   二ゴ   右安
(三) 初芝 清 左2   右飛    二併   三振   右飛   
(捕) 伊東 勤 遊安   左2    二安   
捕  大宮龍男                   右安   左安
(一中)安部 理 二併  二ゴ    二ゴ   三振   三振      
(遊) 宮川一彦 投ゴ
二  鈴木 健         遊ゴ    左安   右安遊ゴ
(左) 蓬莱昭彦   二ゴ
打左 垣内哲也         中飛    投ゴ   中安
(二遊)村岡耕一  二ゴ   三ゴ    三失    投ゴ
Img_2768_2
ただいま、東京ドームより帰ってきました。
昨年に続き、6年連続“東京ドームでの1月2日新春野球ナイター”のナマ観戦。
箱根駅伝もいいけど野球もネ!
(元ネタは“おせちもいいけどカレーもね!”という、ククレカレーのCMコピー)
一応、管理人のマスターズリーグ応援のスタンスとしては、
1.贔屓チームは持たない以上どっちもある程度応援する。
2.オリオンズ・マリーンズOBはかならず応援する。というもの。
初詣を終えたあと、プレーボール20分前球場入り。
振る舞い酒はどうでもよかったが、なぜか札幌・藤城和明投手(前高知FD監督)が
マスターズリーグ福袋の売り子をやっていたって、何じゃそりゃ。
「いいプレーには“あっぱれ”下手なプレーには“喝”。
苦境の中、選手たちは一生懸命やっております。
野球で楽しんでいただき不景気風を吹き飛ばそうじゃありませんか。
皆様の健康と繁栄を願いましてあいさつといたします」という大沢親分のあいさつ。
福岡・三浦政基投手の君が代独唱(水岡のぶゆき氏の演奏付き)。
細田博之・自民党幹事長の始球式で幕開け。
なんと初芝清4番サードスタメン!
現役時代は4番打つなどあまり多くなかったが。
江夏監督vsあぶさんこと、水島新司画伯の1打席勝負はショートゴロ。
藤本レフトへ先制2ラン。その裏本西センター前タイムリー、
初芝レフトオーバー2点タイムリーツーベース!

安部ゲッツーの間に初芝ホームイン。
福岡は2回木下タイムリー、3回藤本タイムリーツーベースで同点に追い付くも、
その裏WBCサムライジャパンヘッドコーチ・伊東勤タイムリーツーベースで逆転、
5回本西センター前タイムリーなどで2点を奪うと6回。満を持して
村田兆治登板!!吉永タイムリーツーベース、ワイルドピッチなどで2失点。
カズ山本がライト線へきわどい大ファールを放ち、一塁ベースコーチャーの達川が
あれがファールかといかにも達川さんらしいわざとらしい抗議のあと、
一塁強襲内野安打を放ち塁上でバンザイガッツポーズって、あんた…。
MAX132km止まりで前回登板のマリンに続き物足りなかったが、
マスターズリーグのシンボルとして、これからも見てみたいものです。
東京は7回石毛博史登板も吉永同点タイムリーを打たれて追い付かれ、
8回勝ち越しのチャンスを市場孝之の大ファインプレーで阻止!
9回サヨナラのチャンスをも取れずじまいで、9回終了後帰りの特急わかしお乗車の
都合もあってドームをあとにした。延長10回。福岡が1点勝ち越しもその裏、
東京が2点を入れてサヨナラ勝ち!
三塁側指定席後方に若干の空席があったのを除き内野席はぎっしり。
無料開放の外野席もほどほどの入りで、純粋に野球観戦を楽しめたものと思います。
Img_2766_2
江夏監督先発!“あぶさん”斬り!(スポーツニッポン)
マスターズリーグは2日、09年の初戦が東京ドームで行われ、東京が延長10回、劇的な逆転サヨナラ勝ちで福岡を下して今季2勝目を挙げた。10回に1度は勝ち越しを許したが、その裏に佐藤洋内野手が右越えへサヨナラ2点適時二塁打。福岡は3試合目で初黒星を喫した。
東京 ミラクルサヨナラ
奇跡の一打に東京ベンチが沸き上がった。1点を追う延長10回無死一、二塁。佐藤の打球が前進守備の右翼手のはるか上を越えた。「毎回野手の正面を突いたり、ツキがなかった。やっと活躍できました」と発足元年からの最古参でもある選手会長補佐。チームは2勝4敗で前期日程を終了。初回に福岡の1番に座った登録名“あぶさん”こと漫画家の水島新司氏との1打席勝負を遊ゴロに仕留めた先発の江夏監督は「勝ちにこだわる試合を続ける」と3月からの後期での巻き返しを誓った。
立ち見出た!東京ドーム
外野席が無料開放された東京ドームは立ち見が出るほどのにぎわいをみせ、今季最多
31800人のファンで埋まった。同リーグはスポンサー撤退などで経営危機が表面化しているが、それを感じさせないほどの熱気に包まれた。12日の札幌―福岡で前期日程が終了。3~5月にかけて後期を行い優勝を争う。森田千輝マネジャーは「これからもファンサービスを拡充させ、1人でも多くのファンの方に見てもらいたい」と話していた。
にほんブログ村 野球ブログへ

|

« 2009 マリーンズ選手の駅 | トップページ | 2009年のマリーンズを占う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京VS福岡 生観戦!:

» マスターズリーグ東京-福岡 [雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」]
1回裏、無死1・3塁。4番サード初芝が、東尾修からレフトへタイムリー2ベースを放つ。 新年早々、縁起がいい。 3回裏、1死2塁。4番サード初芝レフトフライ(投手・山内和宏) 5回裏、無死1・3塁。4番サード初芝、初球を打ってセカンドゴロ(投手・山内和宏)。打点1を記..... [続きを読む]

受信: 2009/01/05 22:36

« 2009 マリーンズ選手の駅 | トップページ | 2009年のマリーンズを占う »