« 井口に3年6億 破格の条件提示! | トップページ | 1/9 ミニニュース »

2009/01/08

これでいいのか!?井口資仁獲得戦略

ロッテ誠意の初交渉 井口に“監督手形”(スポーツニッポン)
ロッテの瀬戸山隆三球団社長が7日、フィリーズからFAとなった井口資仁内野手と自主トレ先の沖縄・名護市内のホテルで初交渉を行った。1時間半の交渉で瀬戸山社長は最長3年までの複数年契約を提示。年俸は1億8000万円。昨季の385万ドル(約3億6200万円)からは半減となるが「チームリーダーとしてやってもらい、将来監督も含めて指導者としてずっと一緒にやってもらいたい」と“監督手形”まで振り出し、誠意を示した。
同席した石川副代表も井口とはダイエー時代から旧知の間柄。球団挙げて迎え入れる態勢は整っており、同社長は井口と同じ青学大出身の重光オーナー代行をはじめ、サブロー、西岡、小林宏ら主力選手の入団を熱望するメッセージも伝えた。交渉後には夕食も共にした。井口も「長期的に考えてもらっているし、非常にいい条件でありがたい。誠意を感じた」と感謝し、優勝した場合の特別ボーナスも瀬戸山社長から確約を取り付けた。
今後は日米の複数球団からのオファーが出そろう今月中旬をメドに移籍先を決める。井口の希望は「自分が一番必要とされる球団」。好条件も含めて最大の誠意を示したロッテが最有力であることは間違いない。
自主トレ公開
井口はロッテとの交渉前に自主トレを公開。ノック、ティー打撃などで汗を流した。テーマはスピード及びパワーアップ。8日からはマシン打撃も開始する予定で「(入団する球団から)いつ呼ばれてもいいように早めに体をつくっておきたい」。昨年はパドレスで右肩を痛めて故障者リスト入り。その影響から戦力外通告されて9月にフィリーズに移籍しただけに「今年は絶対ケガをしたくない」と語気を強めた。
-------------------------------------------------------
「井口『ロッテ3年5・4億円』に前向き」(日刊スポーツ)
「井口、ロッテ入りへ前進 初交渉好感触、3年6億円提示」(スポーツ報知)
「ロッテ、井口に仰天オファー!将来は監督も」(サンケイスポーツ)
「井口 ロッテにグラリ 年俸2億円で最長3年の複数年契約+監督手形」
(東京中日スポーツ・中日スポーツ)
「井口 ロッテ破格オファーにグラリ」(デイリースポーツ)
などと、あたかも井口マリーンズ入りが既成事実化したような報道。
なかでも、スポーツ報知は、
「1月中旬にも『ロッテ・井口』が誕生する可能性が浮上した」であって、
「井口ロッテ入り濃厚」と断定調ではないだけまだましですが。
バレンタイン監督の高額年俸が球団経営を圧迫していると指摘しておきながら、
井口をVIP待遇での好条件については知らん顔ですかそうですか。
マリーンズの選手のラブコールは社交辞令なのは当然だが今江を例にとれば、
「キャリアがすごい。ロッテにくることがあれば、
取り組み方とかを近くで見られるので楽しみですね」

とのたもうたが、セカンドのレギュラーポジションを争う立場にある
堀幸一・根元・渡辺正人・早坂・塀ちゃんの心中はいかばかりか。
ボビーを切ることによって起こりうるファン離れを井口獲得・ジョニー黒木監督構想で
流出阻止するのは、まさに誤読宰相が画策する定額給付金政策と同じである。
自民党支持層が民主党などへ大量流出で選挙で惨敗するのは確実というので
定額給付金などという人気取り政策を掲げるのとおんなじじゃないのか。
…などという抵抗勢力の叫びもむなしく井口獲得となれば応援するよ。
にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ

|

« 井口に3年6億 破格の条件提示! | トップページ | 1/9 ミニニュース »

コメント

結論は管理人さんと同じなのですが、
わざと意地悪く揚げ足取りをさせていただきます。
(スミマセン)

>>堀幸一・根元・渡辺正人・早坂・塀ちゃんの心中はいかばかりか

そういうことを言っていたら、小野や久保、大塚や竹原の立場を慮って、先発投手や右の外野手を獲得することも出来なくなってしまいます。
どんな選手がこようと、今居る選手は実力でポジションを守ってみせる見せるという根性を見せて欲しいです。

>>バレンタイン監督の高額年俸が球団経営を圧迫していると指摘しておきながら、
井口をVIP待遇での好条件については知らん顔ですかそうですか

球団経営を成立させるために人件費を削るパターンは
①監督のコストを下げ、選手のコストは維持
②監督のコストは維持し、選手のコストを下げる
③どちらも下げる

球団は、上記の①をやろうとしています。それを批判するということは、管理人さんは②あるいは③を支持しているのでしょうか。私の個人的な意見では①であって欲しいです。


投稿: sanriofever | 2009/01/09 08:24

>sanriofeverさん
今晩は。
引用記事にもありましたが、
「井口さんとはタイプが違うので、自分はやることをやるだけ」
と言ってますし、とてつもないライバルが出現することによって、
根元の眼の色が変わることを期待しております。
>>球団経営を成立させるために人件費を削るパターンは
①監督のコストを下げ、選手のコストは維持
②監督のコストは維持し、選手のコストを下げる
③どちらも下げる
うーん、わたしの考えは基本的には①ですが、
③もありうるのではないかと。
球界再編問題で選手の高年俸が球団経営を圧迫している、
といわれてきたことが喉元過ぎれば・・・で、
指摘された事実だけは忘れてほしくないですからね。

投稿: マリンライナー | 2009/01/09 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/43679822

この記事へのトラックバック一覧です: これでいいのか!?井口資仁獲得戦略:

« 井口に3年6億 破格の条件提示! | トップページ | 1/9 ミニニュース »