« ルーキーカルテットが泡盛作りを体験 | トップページ | 斎藤圭祐、小林雅英、薮田・・・ミニニュース »

2009/02/11

俊介 侍ジャパンコーチ目の前でアピール

全試合出場へ猛デモ!里崎8の7、2発(スポーツニッポン)
ロッテ・里崎が全試合出場へ猛アピールした。沖縄・石垣島キャンプ第3クール初日の10日、ケース打撃でエース清水を相手に6打席連続安打を含む8打数7安打。そのうちサク越え2本と快音を連発した。
「そりゃあ、直球ばかりだから打てますよ。調子はまあまあいい感じ。でもまだまだ。試合で打たんと意味ないから」
4打席目は外角直球に逆らわず右方向へのアーチ、6打席目は左中間ネットを直撃する豪快な一発。それでも、練習では打って当然と言わんばかりの表情に順調な調整ぶりがうかがえた。
昨季は開幕直後に右ひじ痛を発症。その後もケガが重なり不本意な成績に終わった。前回ベストナインに輝いたWBCは治療優先のため早々に辞退して、シーズンに照準を合わせた。球団ではロッテ初年度の69年・醍醐猛夫以来40年ぶりとなる捕手での全試合出場が目標。主力に定期的に休養日を与えるボビー政権下では至難の記録だが「疲れを見せなければいい。めったにない記録と聞くと、が然やる気が出てくる」と前を向いた。
オフはケガの再発防止へ徹底的に筋力トレーニング。キャンプインと同時に筋トレはやめ「運動能力に関連づけられるように筋肉に覚えさせる練習をする」と実戦的な練習を繰り返す。7日にはレギュラー定着後初の1人での特守も敢行。この日も午後6時すぎまで約500球の居残り特打と意欲的な調整を続ける。
今キャンプでは新人を積極的に食事に誘ってコミュニケーションを深め、20万円以上の自腹を切って報道陣との懇親会も開催。周囲への気配りを忘れない扇の要は、自身の体にも細心の注意を払って最後までホームを守り抜く。
アラフォー対決は堀に軍配
ケース打撃に初登板した43歳・小宮山と39歳・堀のアラフォー対決は、堀に軍配が上がった。右越えへの一発を含む8打数4安打して健在ぶりをアピール。4月で40歳を迎える堀は「練習だし小宮山さんが打たせてくれただけ。ありがとうございますって感じ」。同じ二塁手の井口が加入も、残り202本に迫る通算2000安打に向け奮闘を続ける。
井口復帰1号、右打ち130メートル弾(日刊スポーツ)
ロッテ井口資仁内野手が10日、シート打撃で持ち味の右打ちで「初アーチ」を放った。シコースキーの外角直球を逆らわず右中間へ運ぶ推定飛距離130メートル弾。「風に乗っただけ」と謙遜(けんそん)したが、順調な調整ぶりをアピールした。第3クールに突入し体の張りも出てきたが、9日の休日は石垣島名物の海水プールに入り疲労を取り除いた。この日5打数3安打、1本塁打の結果に、「徐々にタイミングがつかめてきたし変化球も見えてきた」と話した。
キャンプ初日から取り組んでいるアーリーワークで筋力トレを毎日行い、全体練習後の居残り特打も欠かさない。前夜はビデオで日本ハムと西武の投手陣を見て研究するなど、5年ぶりリーグ戦復帰への準備は万全だ。「ダルビッシュはやっぱりいいボールを投げてるね。特別に対策を立てるというより、実戦練習の中で自分の状態を上げていくこと」と、あくまでも4月3日の開幕に照準を合わせて仕上げていく。
ジョニーが新加入井口に期待
07年に引退した元ロッテエースの黒木知宏氏(野球評論家)が11日、ロッテキャンプ地の石垣島を訪れ選手を激励した。「天気も良いし選手は最高のパフォーマンスを見せているね」と目を細めた。新加入の井口のフリー打撃を見つめ「アメリカに行って大きくなったね。グラウンドにいても様になる」と期待を寄せた。今後はメジャーも含めてキャンプ地を視察する予定だ。
ロッテ・俊介がシート初登板…井口が絶賛(サンケイスポーツ)
ロッテ・渡辺俊介投手が石垣島キャンプの10日、シート打撃に初登板。WBC大会公式球で、直球に90キロ台のカーブなどを織り交ぜて47球を投げ、2安打に抑えた。
「きわどいところを攻めすぎたかな。打者の練習でもあるのに迷惑をかけたかも」とニヤリ。打席に立ったメジャー帰りの井口が「ああいう投手は(海外に)なかなかいない」と絶賛するように、本人も手応えを感じる内容だった。
松坂(レッドソックス)ら先発陣が豊富な日本。渡辺俊はリリーフでも、チームに貢献する考えで「ブルペンではクイックで多めに投げている」と話す。豪腕揃いの先発陣からの継投となれば、球速60キロ近い緩急をつけることも可能。視察した日本代表の与田投手コーチも「打者を惑わせることができるはず」と、その存在に期待を込めた。
生き残りへ、自身の特徴を最大限にアピールしていく。
0902110005
0902110006
(画像はテレビ東京メガスポ!より)
きのうでも触れましたが、サムライジャパンの伊東・与田両コーチの目の前で
アピールのし甲斐はあったのではないでしょうか。
WBC公式球やロージンバッグに馴染んだことだし、与田投手コーチいわく
「打者を惑わせることができるし、2番手投手という考え方もある」
球数制限の関係上中継ぎでも使えるとのことですが、だからといって
最終メンバー内定を確約してもらえるわけではないけど。
ニッポン放送・トゥエルビ解説者でおなじみのジョニー。石垣島へようこそ。
松本秀夫のショウアップナイターGO!GO!でも伝えていましたが、
今季の期待感を持たせる感想を!
例の15秒ルール。トーチュウによればボビーいわく
「(15秒の)時間自体はサインをみて投げるまで十分だと考えているが、
試合時間を短くすることに固執するべきではない。
時間短縮はファンに対するサービスとして考えないといけない」。

(一部記事増補差し替えました)
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

|

« ルーキーカルテットが泡盛作りを体験 | トップページ | 斎藤圭祐、小林雅英、薮田・・・ミニニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/44024259

この記事へのトラックバック一覧です: 俊介 侍ジャパンコーチ目の前でアピール:

« ルーキーカルテットが泡盛作りを体験 | トップページ | 斎藤圭祐、小林雅英、薮田・・・ミニニュース »