« トリプルユーの活動スタート! | トップページ | 俊介 127球投げ込み! »

2009/02/06

西岡 井口の取り組む姿勢に学べ

アライバに対抗?ロッテにはイグニシ(スポーツニッポン)
ロッテの二遊間新コンビ“イグニシ”が息ピッタリの軽快プレーを見せた。石垣島キャンプ初の投内連係。二塁ベース付近のゴロを逆シングルで捕球した二塁・井口がそのまま遊撃・西岡にグラブトス。西岡が一塁に転送して併殺完成のシーンに感嘆の声が漏れた。
中日の「アライバ」にも負けない名コンビ。好守を繰り返した西岡は「二遊間2人でゴールデングラブ賞を獲りたい」。井口も「どの球団より、いい二遊間になりたい」と言った。守備だけではない。フリー打撃で井口は45スイング中、140メートル超の特大弾を含む今キャンプ最多4本のサク越え。西岡と並んで行った初の特打では98スイングで場外2発&4連発を含む19本のサク越えを放った。「まだ全然駄目。バテバテでした」の言葉が頼もしい。負けじとサク越えを連発した西岡もコーンロウをやめ、禁酒を続けるなど野球漬けの日々。“イグニシ”が攻守で球界の顔になる。
井口、メジャーのパワー発揮
ロッテ・井口資仁内野手が元メジャーリーガーのパワーを見せつけた。沖縄・石垣島キャンプ第2クール初日。中堅から本塁方向への強い“逆風”が吹く中、フリー打撃で45スイング中、140メートル超の特大弾を含む今キャンプ最多4本のサク越えを放った。
第1クールは持ち味の右打ちを徹底したが、引っ張る打撃も“解禁”してサク越えは右翼と左翼へ2本ずつ。うち1本は左翼席後方の高さ約15メートルの最上部にライナーで突き刺さる推定飛距離140メートル超の特大弾だ。「練習で左方向に打っても仕方ないんですけどね。今はできるだけ振り込む時期。(打撃フォームの)型をつくるためにガンガンいっているだけ」とサラリと振り返った。
体の前でさばくのではなく、手元まで引きつけて打つのが井口流。ミートポイントが体に近い分、右方向への打球は自然と増えるが、それも「右に引っ張るイメージ」という。内角の球を強く叩けば、自然と引っ張る形になる。左翼への特大弾はスイングスピードが上がってきた証拠だ。
これだけでは終わらない。今キャンプ初の特打では98スイングで場外2発&4連発を含む19本のサク越えを放った。一発以外もライナー性の打球を連発。ソフトバンクの加藤スコアラーは「えげつない打球ばかり。逆風なのに、関係ないぐらい打球が速い」とうなった。「調子は全然良くない。バテバテでした」。全開はまだ先と言わんばかりの言葉が頼もしい。
43歳・小宮山が頭痛全快!51球(スポーツ報知)
ロッテの小宮山悟投手が第2クール初日の5日、練習に復帰した。3日に片頭痛で、リタイア第1号となったが、復帰初日にいきなりブルペン入り。アクシデントの影響を感じさせなかった。
石垣島の太陽が、パの最年長男を照らした。今キャンプ3度目のブルペンで51球。精密機械のニックネーム通り、直球とチェンジアップをコーナーに投げ分けた。「全く問題ない」3日ぶりの投球を終え、全快宣言が飛び出した。
悪夢の1日だった。第1クール最終日。「この世の終わりというぐらい痛い」という片頭痛に突如、襲われた。しかし、プロ20年目の大ベテランには意地がある。休日の4日は宿舎で英気を養うと、この日は全体練習の約1時間前に球場入り。「逆に寝過ぎて体が痛いくらい」と、練習後もウエートトレーニングに励むなど、通常のメニューを順調にこなした。
---------------------------------------------------
第2クールに入って、井口が本領発揮!baseball
ハマのオジさん・工藤公康がリタイヤしても、コミーはただでは転ばないというか、
キャンプイン以降、石垣島はお天気も順調なことだし。sun
いま、チバテレビニュースCマスターで鴨川キャンプの模様が放送中!tv
(これを知ったのは、マリーンズ鴨川後援会のサイトであって、
球団公式サイトのメディア掲載情報ではないところがミソ。)
一方で久米島では、オソロシイ動きが…。
Bsh0902062033008p2
楽天首脳陣、大麻禁止を“あえて”通達(サンケイスポーツ)
楽天は5日、相撲界を揺らしている大麻の所持、使用の禁止を首脳陣があえて選手に通達した。「選手は遠い世界の話だと思っているけど、実はすぐ近くにある話。相撲協会だって、最初は自分たちとは別世界の話だと思っていたはず」と松井2軍監督。危機管理の手法として「あえて口にする」ことで選手の自覚をうながす。
楽天・小坂が1軍に合流「新鮮な気持ち」(同。画像も)
巨人から金銭トレードで移籍し、2軍で調整を始めた小坂が、1軍の練習に合流した。「新鮮な気持ち。緊張してグラウンドに入った」と言いながらも、ノックでは持ち味の軽快な守備を披露した。
若手との競争で生き残りを懸けて争うことになる。「置かれている状況を確認し、一日一日必死でやりたい」と、覚悟のほどを語った。
ノムさん珍指令 小坂よしゃべれ(スポーツ報知=2/7追記)
巨人から金銭トレードで楽天入りした小坂誠内野手が沖縄・久米島キャンプの第2クール初日となる6日、1軍に合流した。野村克也監督は寡黙な名手に「もっとしゃべれ」との珍指令を発令。将来的には指導者として、球界を背負って立つことを希望した。
俊敏な動きが内野の風景を一変させた。守備範囲は広く、グラブさばきはやわらかい。「新鮮な気持ちです。若い選手に元気をもらいながら過ごせた」ノックや打撃練習で躍動し、1軍初日を充実の表情で振り返った。
ところが、野村監督の視線は技術ではなく人柄に向けられた。「無言ぶりは球界屈指か。どの程度の思想、哲学を持っているのか? 黙っていたんじゃ、評価のしようがないよ。35歳なんだから、引退後のことは考えているのかな。野球界で生きていくなら、自分を出さないと道が開けてこない。俺もそうだった」セカンドキャリアにまで気を使い、豊富な野球経験、哲学を自らの口で発信すべきだと助言した。
決して無言ではない。巨人2軍時代は若手へアドバイスを送り、寺内ら信奉者が上昇のきっかけをつかんだ。グラウンドを離れれば、守備の技術論を雄弁に語るだけでなく、大好きな車やバスケについて熱く論じる。たまにつぶやく“小坂流ギャグ”はロッテ時代から報道陣をとりこにした。言葉でアピールすることを好まないだけだ。
内野の定位置争いについても「自分のやることをやってからじゃないと、そういう場に立てない」と謙虚に語った。職人に大言壮語は似合わない。言葉ではなくプレーで故郷・宮城に錦を飾る。
---------------------------------------------------
若ノ鵬、露鵬、白露山、若麒麟…。ウーン…。
毎年3月上旬にプロ野球の新人選手研修会がおこなわれ、当然大麻対策の
講義もあると思われますが、禁煙を説くことも必要では?
「大麻もたばこもダメ!ゼッタイ!」nosmoking
ホークス選手会納会での未成年選手への飲酒強要が明らかになった後だけにねぇ。
小坂誠にとってみれば、マリーンズ時代と環境がちがうことは百も承知。
イーグルスの若手選手達にとって生きた見本となるだけに。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

|

« トリプルユーの活動スタート! | トップページ | 俊介 127球投げ込み! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/43975152

この記事へのトラックバック一覧です: 西岡 井口の取り組む姿勢に学べ:

» 今夜はネタをありがとう [マリーンズじゃなきゃいられない]
いつものようにスポーツニュースをはしご。「報道ステーション」では、井口選手はロッテ選手にモテモテ~♪という話題。グランドに座り、こちらを向いて笑っている井口選手と、手前に座っている選手。その頭は・・・ タケ!(・ω・ノ)ノこっち向いた~めっちゃ笑ってます。...... [続きを読む]

受信: 2009/02/07 02:55

« トリプルユーの活動スタート! | トップページ | 俊介 127球投げ込み! »