« 1イニング15点猛爆!!カープ戦スイープまぬがれた! | トップページ | 23点圧勝の勢い止まらず!13安打9点で虎狩り! »

2009/06/13

あれから5年・・・ノーモア6.13!

8月15日の終戦記念日のごとく、毎年6月13日になりますと、
表題の発言をせずにいられないわけで。
ノーモア6,13!
いま一度、ノーモア6,13!
今年もノーモア6.13!
今年もまた、ノーモア6.13!
4たび、ノーモア6.13!
2004年6月13日。日本経済新聞の衝撃のスクープ
「近鉄、オリックスと合併へ」あれからちょうど5年。
ファン、選手会が決起しての署名活動、ストライキなどを経て、
いまおこなわれている交流戦の実施、観客動員数の実数発表などが実現した。
長年の近鉄バファローズファンであった佐野正幸さんが、最近「パ・リーグどん底時代」を出版された。舞台は1973年。ロッテ・オリオンズは本拠地・東京スタジアムを失い、川崎球場を本拠地とするまでの5年間、宮城球場などを転戦するジプシー暮らしを強いられても金田正一監督のもと人気も実力もあったこと、西鉄→太平洋クラブライオンズ、東映→日拓ホームフライヤーズと2球団身売り、前後期2シーズン・旧プレーオフ実施。ファンも選手会もパワーがそれほどなかった時代にパ・リーグ球団のオーナーたちはリーグを残そうという底力はあったことなどを描いているが、球界再編問題が勃発するや「ところがそこに経営陣の計算できない抵抗勢力が現れる。それが選手会であり、またパ・リーグをこよなく愛するファンのスクラムであった。特にパ・リーグの存続を訴えるファンがかなりの数いるとは予想もできなかったのである」(同書より)
福岡からライオンズが去り、ホークスが移転するまでの10年間、関東・関西3球団ずつが固まっていたのが、いまでは札幌・仙台・千葉・埼玉・関西・福岡とうまく分散し、地元球団を心から応援するブロガーも多く、CS放送やネット中継で見たい時に見れるなどハンディキャップはなくなったし、ワールド・ベースボール・クラシックなどの日本代表もパ・リーグ球団の主力選手が多数を占めるなど時代は変わった。
しかし「だからこそ、2009年になってから、本拠地問題などできな臭い風聞が流れているのが気になっている。たとえばロッテが千葉から離れるとか(重光オーナーは否定)、オリックスが大阪と神戸とのダブルフランチャイズをやめて大阪のみになるとかである。大局的に見た発展的改革なら歓迎だが、過去に何度か見受けられたファン無視の一方的な行動に走られる事はごめんである。苦闘のパ・リーグの歴史が今変わりつつあるのは、ファンあってのことだということを経営陣には今一度認識して欲しいものだ」(同書より)
佐野さんの言わんとすることは筆者も同感だ。
「金で割り切れない野球への情熱」。経営陣はファンに支えられていることを身をもって球団を運営すべきではないのか。と同時にファンも経営陣が今何をやろうとしているのかを監視し続ける必要はあるのではないだろうか。
重ねていう。ファンも「喉もと過ぎれば暑さ忘れる」のではいけないのだし、
「おかしいものはおかしい」と声をもっとあげるべきなのだから。

にほんブログ村 野球ブログへ

|

« 1イニング15点猛爆!!カープ戦スイープまぬがれた! | トップページ | 23点圧勝の勢い止まらず!13安打9点で虎狩り! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/45321414

この記事へのトラックバック一覧です: あれから5年・・・ノーモア6.13!:

» 2004年6月13日。あれから5年。。。 [KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中)]
 5年前のこの日・・・。  ただいえるのは、このことがなかったら、今の状態にはなっていなかった。  おそらく、交流戦すらもなかっただろう。 [続きを読む]

受信: 2009/06/13 23:47

» 5年前の6月13日は日曜日だった [day by day]
忘れられないその日 [続きを読む]

受信: 2009/06/15 12:30

« 1イニング15点猛爆!!カープ戦スイープまぬがれた! | トップページ | 23点圧勝の勢い止まらず!13安打9点で虎狩り! »