« 6月15日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 由規好投とか、2ラン4本とかやられっ放し・・・ »

2009/06/16

とことんパ・リーグに福浦の記事が

14日付スポーツニッポンの渡部節郎さんの連載コラム「’09とことんパ・リーグ」に、
表題の記事が。スポニチアネックスには掲載されていないので引用します。
-------------------------------------------------------
―引用はじめ―
福浦なら・・・1イニング3安打見逃した
プロ野球新記録となったロッテの1イニング15得点を目撃した。長年の野球取材で「打者1巡の猛攻…」と何度書いたことかは忘れたが、打者2巡攻撃を見るのは初めてだった。この回の先頭打者だった福浦和也が2安打目を放って打者1巡。19人目からとなる2巡目で惜しかったのは福浦に代走が出てベンチに下がっていたこと。福浦なら実現したと思う1イニング3安打の不滅の記録を見逃した気分だ。そして、3打席に立ったただ1人の大松尚逸は二塁打とアウト2個を記録した。
12安打にはいわゆるポテン、カンチャン(野手の間に落ちる安打)もあった。飛ぶコースに恵まれないと、こんな記録はできないが、そけだけでもない。分析すると、なかなか理屈に忠実な攻撃なのだ。半分の6本はセンター返しだった。さらに左前打2本は左打者が逆らわずに打ったもの。残り4本は左打者が右投手から打った右への痛打。それに四死球がうまく絡んで理想的なマリンガン打線復活となった。
その前夜は13三振の零敗。タイムリー欠乏症がウソのような展開になったのはなぜ?完投した清水直行の証言が多分正しいと思う。「だんだん、みんな(打者は自分が)アウトになりたくない(意地)というのが出たようだ」。そういう意地は大いに結構。全員がその気になれば優勝した05年の粘り強い打線に戻れる。
―引用終わり―
-------------------------------------------------------
福岡ソフトバンクホークス、石川県立野球場で交流戦連覇を決める!
最初からジャイアンツ(7-6)ライオンズ@宇都宮清原球場を眼は日テレG+,
耳は文化放送ライオンズナイター(解説・笘篠賢治さん、実況・上野智広アナ)
石井一久がキムタク&小笠原にホームラン打たれ、8回レオ打線が1点差にまで
追い上げ!“雷神”越智大祐から3点を取る!終盤はドラゴンズ(3-4)ホークスへ。
眼はJSports2,耳はKBCホークスナイター(解説・前田幸長さん!
実況・島村俊治アナ) 9回憎っくき森野ツーベース、ワイルドピッチ2つで同点に
追いつかれるという馬原劇場。10回城所ツーベース、森本学決勝タイムリーという
岩瀬劇場。その裏ファルケンボーグがシメ、ライオンズが敗れ交流戦連覇と相成った。
タイガース4-3ファイターズ 久保康友2勝目!
ベイスターズ0-1合併球団 6回降雨コールド。
パ・リーグ 59勝57敗7分(16日現在)
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村・千葉ロッテマリーンズでひとつ上へランクアップへ向けてひと押しお願いします!

|

« 6月15日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 由規好投とか、2ラン4本とかやられっ放し・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/45363051

この記事へのトラックバック一覧です: とことんパ・リーグに福浦の記事が:

« 6月15日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 由規好投とか、2ラン4本とかやられっ放し・・・ »