« イースタンリーグ優勝争いのなか、横須賀スタジアムに行ってきました | トップページ | 小林宏之復活登板も・・・ »

2009/09/20

小宮山悟 18年間おつかれさまでした

小宮山が引退、ボビー今季限り退団で決断(日刊スポーツ)
ロッテ小宮山悟投手(44)が今季限りでの現役引退を決意したことが19日、明らかになった。小宮山に近い関係者によると、04年にバレンタイン監督の強い要望でロッテに復帰した経緯があることから、今季限りで退任する同監督とともに自らも身を引く決意を固めた。今後は未定だが、プロアマ問わず球界の発展に尽くしたい考えを持っているという。ロッテ、横浜、大リーグのメッツ、浪人を経て再びロッテに戻った波瀾(はらん)万丈の野球人生についに終止符を打つ。
「投げる精密機械」といわれ、長年ロッテを引っ張ってきた背番号「14」がついにユニホームを脱ぐ時がきた。今季1軍では1勝0敗。5月16日に約3年ぶりに1軍登録抹消された時は防御率が10・13まで膨らんだ。その試合後「投げろと言われれば投げるけど、結果が目に見える状況なのでしょうがない」と、もどかしい胸の内を吐露していた。その後2軍で11試合に登板したものの、1軍に上がることはなかった。
バレンタイン監督とのきずなが、パ・リーグ最年長右腕を支えていた。メッツを戦力外となり事実上の「引退」に追い込まれた03年に、あくまで現役続行にこだわり1人で練習を続けていた時、「力を貸してくれないか」と声をかけてくれたのがバレンタイン監督だった。1年間の浪人生活を経て異例の復帰を果たした。
恩人であり師でもある同監督が今季限りで退団することが、決断に至らせた。小宮山に近い関係者によると「バレンタイン監督が球団から必要とされずにチームを去るのであれば、監督の力になれなかった小宮山本人も身を引く、というのが理由のようだ」と話した。チームは2年連続クライマックスシリーズ(CS)進出が絶望的な状況で、監督が期待した中継ぎの役割をまっとうできなかった責任も感じていた。
20年間の現役生活に別れを告げる。2浪して早大野球部に入部し、エースとして20勝をマーク。89年ドラフト1位でロッテ入りするとトレードマークのサングラスと、顔の前にグラブを持ってくる独特のノーワインドアップ投法で人気を博した。93年には開幕戦から6試合連続完投勝利というプロ野球記録を樹立。当時のチームメートだった牛島から投球術を学び、打者との駆け引きを習得して97年には最優秀防御率賞も獲得した。
通算117勝を挙げてロッテの一時代を築いた男は、その言動も注目された。03年から05年まで早大人間科学部の科目履修生として、学生と二足のわらじをはいた。06年には早大スポーツ科学部大学院学術部に進み、投球フォームに関するバイオメカニクスを専攻。07年に修士課程を修了した幅広い知識は、ロッテでも数字では測れない影響力を与えた。
今後については未定だという。浪人時代に評論活動を通じて養った分析力や視野の広さに加え、日米球界にも精通している。さらに数学の教員免許も取得していることから、プロだけでなく早大を含むアマ監督にも支障はない。関係者によると「プロアマ問わず野球界発展に尽くしたいという意向を持っているようだ」と話した。これまで培った野球哲学を第2の野球人生でも発揮するに違いない。
-----------------------------------------
横須賀スタジアムへ向かう途中の京浜急行の車内で読んでいる人がいたので
おもわず日刊スポーツ買ってしまいましたよ。小宮山投手引退のお知らせ
「今シーズン限りでユニホームを脱ぐことを決めました。ここまでの野球人生で、お世話になった方々に深く感謝をしております。詳しくは明日、記者会見を行いますので、その場で話をさせてください。」
横須賀スタジアムへ行った価値がありましたよ!!
「あぶさん」で、ホークス関東遠征の度の行きつけの居酒屋「酒の店」に
景浦安武が飲んでいるところにコミーがふらっと来店し、俺今ファームだから
引退が決まっているあぶさんと対戦できないのがもどかしいと。ついに対戦の機会が
与えられ、マリンスタジアムで。唐川と大隣の先発という設定で8回マリーンズ3点リード
2アウト1,2塁で代打景浦。レフトへ飛んだ打球が同点3ラン!が強風に押し戻され
レフトフライに終わるという水島漫画にありがちなオチであったが。
オリオンズ・マリーンズをつうじてエース的存在も負けが多過ぎ、アクの強い一面も。
一度は追われベイスターズで2年、ニューヨーク・メッツで1年。ボビーとともに
マリーンズに復帰し、すすんで敗戦処理とかシエイクなる謎の魔球も。
10月6日ボビーラストゲームに投げるかどうか?(スポニチによれば、
「引退試合は25日からのオリックス3連戦(千葉マリン)で予定されている。」)
色んなおもいではあるけれど、18年間おつかれさまでした。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村・千葉ロッテマリーンズ
ひと押しお願いします!

|

« イースタンリーグ優勝争いのなか、横須賀スタジアムに行ってきました | トップページ | 小林宏之復活登板も・・・ »

コメント

ここらが潮時だったのかもですね。
バレンタイン監督が退任ということがけっこうな割合を占める理由だと思います。

リンクはありがとうございます。

投稿: 薩摩魂 | 2009/09/21 13:28

>薩摩魂さん
今晩は。
引退会見の内容みましたが、
自分の限界を感じたといいますか、
野球人生はボビーとともにあったというのが
切ないものを感じますねぇ。

投稿: マリンライナー | 2009/09/21 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/46264587

この記事へのトラックバック一覧です: 小宮山悟 18年間おつかれさまでした:

» はじめてのスカスタ(小宮山投手が登板しました) [マリーンズじゃなきゃいられない]
横須賀スタジアムって「スカスタ」って言うんですね♪先週の「ジャイ球」に続く、ファーム・プチ遠征(笑)。着いて、入場列に並んでいると、お友達が見せてくれたのは、スポーツ紙面いっぱいの「小宮山引退」の文字。うそでしょ・・・。球場に入ると、タケが打撃練習...... [続きを読む]

受信: 2009/09/21 02:01

» 小宮山が現役引退を発表 [オリオン村]
長らくロッテ投手陣の皇帝として君臨をしてきた小宮山が、今年限りの現役引退を発表しました。小宮山枠と揶揄をされるような晩年ではありましたが、力のあるうちに身を引くのも一考、ぼろぼろになるまで続けるのも一考、とにかく本人にとって満足のいく野球人生であったと納得をした上での決断であることを願っています。 小宮山が現役引退 (9/20 スポーツ報知) ロッテは20日、パ・リーグ最年長選手の小宮山悟投手(44)が今季限りで現役を引退すると発表した。球団には残らない。小宮山は球団を通じ「ここまでの野球人生で... [続きを読む]

受信: 2009/09/21 02:13

» 今こそ小宮山教授の力が必要だ! [鴎色センチメンタル]
小宮山が引退、ボビー今季限り退団で決断 ロッテ小宮山悟投手(44)が今季限りでの現役引退を決意したことが19日、明らかになった。小宮山に近い関係者によると、04年にバレンタイン監督の強い要望でロッテに復帰した経緯があることから、今季限りで退任する同監督... [続きを読む]

受信: 2009/09/21 11:30

» 小宮山悟投手が引退表明 [雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」]
ついに小宮山教授が引退です。なんとか仕事の都合をつけて、マリン最終戦(10月6日)に足を運ばないと。 小宮山が引退、ボビー今季限り退団で決断(2009年9月20日)バレンタイン監督とのきずなが、パ・リーグ最年長右腕を支えていた。メッツを戦力外となり事実上の「引退」に..... [続きを読む]

受信: 2009/09/21 20:23

« イースタンリーグ優勝争いのなか、横須賀スタジアムに行ってきました | トップページ | 小林宏之復活登板も・・・ »