« マリーンズ・2009ドラフト指名選手 | トップページ | 2009シーズン総括・投手編 »

2009/10/30

ドラフトのつぎは新外国人探しだ

ロッテ来年1位指名は佑ちゃんで決定!!(スポーツニッポン)
ロッテが来年ドラフトの目玉、早大・斎藤佑樹投手の1位指名を12球団最速で決定した。石川球団副代表は「来年は斎藤を1位でいきます。他にもいい選手は多いけど、ぜひ欲しい。投球がうまいし、雰囲気がある。すぐ先発ローテーションに入れる」と明言。既に全スカウトの意見を集約し、早大・応武監督に1位指名の方針を伝えたことも明かした。
花巻東・菊池の指名は直前で回避したが、斎藤は譲れない。石川副代表は06年夏の甲子園で激闘を繰り広げた楽天・田中とのライバル対決にも期待を寄せる。「マー君と同じパ・リーグで対戦を実現させたい。ファンも喜ぶでしょう。それにロッテは名前に“ユウ”がつく選手に縁があるからね」。昨年までの3年間、1位指名で獲得した選手は大嶺「祐太」、唐川「侑己」、木村「雄太」の“トリプルYU”。大嶺と唐川は競合の末に交渉権を獲得しており、複数球団での競合が確実な斎藤に関しては一歩も引くつもりはない。菊池「雄星」では実現しなかった“クワトロYU”を来秋、結成させる。
ロッテ1位・荻野「3拍子そろった選手に」
ロッテから1位指名されたトヨタ自動車の荻野は「期待されて1位指名された。裏切らないようにやっていく。まずはレギュラーを獲りたい」と言葉に力を込めた。セールスポイントは50メートル走で6秒を切る俊足だ。目標とする選手に田口(前カブス)の名前を挙げ「3拍子そろった選手になりたい」と活躍を夢見る。ロッテのイメージを聞かれると「若くて勢いのあるチーム。熱いファンがバックアップしてくれる」と目を輝かせた。
ロッテもドラ1荻野、ドラ2大谷にあいさつ
ロッテの瀬戸山隆三球団社長らは30日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターを訪れ、ドラフト1位で指名した荻野貴司外野手と、2位指名の大谷智久投手(ともにトヨタ自動車)に指名のあいさつをした。西村新監督の強い意向で1位指名された荻野は「驚いたが実感がわいてきた。少しでも早くロッテの勝利に貢献したいが、まずは日本選手権に力を全部出したい」と意気込んだ。
ロッテ来季4番候補に韓国の主砲・金東柱
ロッテが韓国代表の元4番、斗山の金東柱内野手の獲得を目指す。球団は右の大砲と左腕を今オフの補強ポイントに挙げて、新外国人をリストアップ。その中で強打の金東柱が浮上した。韓国で通算233本塁打。00年シドニー五輪、06年WBC、そして金メダルを獲得した昨年の北京五輪で韓国代表の主軸を打つなど実績は申し分ない。昨オフも獲得に向け調査を進めたが、バレンタイン前監督が球団への報告なしに身分照会の手続きを行ったため獲得が見送られた経緯もある。西村新監督も4番候補の補強を公言。金東柱ならば条件に合致する。
球団は8月下旬に石川球団副代表を韓国へ派遣。ハンファの金泰均もリストに残っているが、石川副代表が「韓国人選手は金額が高い」というようにネックは金銭面。FA権を保有し今季年俸約5600万円の金東柱を獲得する場合、1億円以上が必要となる。だが、日本球界移籍を熱望する金東柱は昨オフ「金額にはこだわらない」としており、大幅に譲歩する可能性もある。今後は条件面を調整しながら獲得を目指す。
ロッテ 新助っ人にベネズエラ代表バスケス
ロッテがベネズエラ代表左腕、マーリンズ傘下3Aのカルロス・バスケス投手を獲得する方針を固めた。球団関係者は「球も速いし変化球もいい」と高く評価。補強ポイントである左のセットアッパーとして期待している。
バスケスは落差の大きいフォーク、145キロ前後の鋭く沈むシンカーが武器の技巧派左腕。要所で150キロを超える速球も威力を発揮する。主に中継ぎとして02年からの8年間でマイナー通算36勝34敗、防御率3・91。ベネズエラ代表として出場した今春のWBCではすべて中継ぎで6試合に登板し、0勝0敗ながら4ホールドをマークして防御率3・86。同国の4強入りに貢献した。
球団は27日、元巨人投手の西本聖氏の1軍投手兼バッテリーチーフコーチ就任を正式発表。現在、ベネズエラのウインターリーグに参加しているバスケスのチェックに西本コーチを派遣し、獲得を正式決定する方向で調整中だ。もう一つの補強ポイント、右の大砲は斗山・金東柱についても石川球団副代表が「リストに残っている。獲れるなら欲しい選手」と明言した。
プロ野球:ドラマティック・サヨナラ賞に亀井と井口(毎日新聞)
セ、パ両リーグは27日、今季最もインパクトのあるサヨナラ本塁打を放った選手を表彰する「ドラマティック・サヨナラ賞」を発表し、セは巨人の亀井義行外野手、パはロッテの井口資仁内野手が受賞した。それぞれトロフィーと賞金200万円が贈られる。亀井は4月25日の中日戦で、代打逆転サヨナラ3ラン。井口は同16日の楽天戦で、サヨナラ満塁本塁打を放った。代打逆転と満塁は、いずれも今季両リーグ通じて唯一の記録。
---------------------------------------------------------
ドラマティック・サヨナラ賞はスカパーが今季から制定しているもの。
韓国の大砲と言えばいうまでもなくイ・スンヨプですけど、2年間活躍のあと、
ジャイアンツに移籍後も良かったり良くなかったりで、日本シリーズ出れるのか?
金東柱といい、WBCで松坂大輔から2ラン放った金泰均といい、どちらでもいいが、
ズレータ復帰、シコースキー退団の可能性があるのでバスケス獲得を!
菊池雄星は何とかニッポンに残ったが、ライオンズが早期にポスティングでMLBに
行かせる可能性もあり、ハンカチ王子も直接MLB行きの可能性もなくもがなで、
「野球に限らず、若い世代が海外のトップリーグでプレーを望む時代。逆指名の復活など、ドラフト制度の見直しだけで、流出が止まるとは考えにくい。菊池に代わる先駆者は、近い将来に現れるだろう。プロ野球界がメジャーリーグに劣らぬ魅力を身につけなければ、日本球界の空洞化は避けられそうにない。」(産経新聞より)というが、帰国時の契約制限(高校生は3年間、大学生・社会人は2年間契約できない)をすくなくとも1年に短縮するなどシステム改革、ドラフト会議にファン1000人を入れたのが好評だったので「もっと面白いドラフト会議にしてはどうか」などファンの声を積極的に受け付けるべきではないのか?
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村・千葉ロッテマリーンズ
ひと押しお願いします!

|

« マリーンズ・2009ドラフト指名選手 | トップページ | 2009シーズン総括・投手編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/46625870

この記事へのトラックバック一覧です: ドラフトのつぎは新外国人探しだ:

» 2010ロッテのドラフトを考える(その1) [雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」]
昨日2009年のドラフト会議が終わったばかり。なのにもう、来年のドラフトの1位指名が決定しました。 早稲田大学の斎藤佑樹投手です! 「1位は菊池君。競合覚悟」 「ハズレ1位は左腕投手」 こういった前歴があるロッテが言っても、信憑性があまり感じられませんね。... [続きを読む]

受信: 2009/11/01 20:45

» 斎藤佑樹が100代目主将に 背番号10 早大野球部 [ネット社会、その光と影を追うー ]
早大野球部は6日、新主将にエースの斎藤佑樹21(早 [続きを読む]

受信: 2009/11/07 11:24

« マリーンズ・2009ドラフト指名選手 | トップページ | 2009シーズン総括・投手編 »