« 山田秋親&的場直樹 マリーンズへようこそ/サブロー選手会長に就任 | トップページ | U-26NPB選抜vs大学日本代表 大嶺&唐川が好投! »

2009/11/21

マリーンズファン感謝デー2009

Pb210017
Pb210021
Pb210023
(筆者注・これは23日15時にカキコしています)
2005年の様子はこちら。2006年の様子はこちら
おととしの様子はこちら。昨年の様子はこちら
92年以降17年連続(93年は雨天中止)となるマリーンズファン感謝デー来場。
10時開場とのことで、着いたのが9時30分頃。
11時。DJKOUSAKU総合司会&開会宣言のあとイベントがはじまり、
突如として、マリーンズの選手ではなくなったはずの清水直行投手が登場。
-------------------------------------
11月20日 セ・リーグ公示
支配下選手登録 横浜 清水直行投手
支配下選手登録抹消 横浜 那須野巧投手
                  斉藤俊雄捕手
パ・リーグ公示
支配下選手登録 千葉ロッテ 那須野巧投手
                  斉藤俊雄捕手
支配下選手登録抹消 千葉ロッテ 清水直行投手
-------------------------------------
ほんらいならこの場に来るべきではないのだが、ベイスターズ球団の許可を
得たとはいえ、いきなり「横浜ベイスターズの清水です」とやって、
マリーンズファンに対する謝意をのべたあと、交流戦でマリーンズに勝ちたいと。
ホームベースあたりでおこなわれたものまね選手権を見物(画像上)。
左から細谷、小林宏之、竹原、田中雅彦。
わざわざ遠方から来てくれた子供たちが多かったようだが、
いい思い出になったんじゃないかとおもいます。
ついでにドリンク立売選手権もみようと覗いたら植松優友投手だったので、
購入に協力。後述の紅白戦でもタフィ・ローズのまねのフォームで。
競争相手も多くなるだろうがイースタンでもっと登板機会を!(画像中)
そして、メーンイベントともいうべき究極の草野球紅白戦!
バックネット裏で見てましたが、試合は5イニングないし14時までに強制終了、
同点の場合は引き分け、専門のポジションは原則守らないとか、
投手は捕手ポジションにつかないなど特別ルールのもとでおこなわれ、
スタメンは画像下参照。本職のパ・リーグ審判員がジャッジ。
初芝清&立川隆史さんが解説、西村新監督がゲスト解説。元日テレアナの
トゥエルビでおなじみ、山下末則さんが実況とマジ本気。
公式タンでも試合さながらのテキスト速報があったのでこちらを参照のこと。
-------------------------------------
紅組 30120 6
白組 14001 6
紅:西岡-サブロー-福浦-田中-南-西岡
白:今江-大松-里崎-塀内-根元-清水直
球審・山口義治、一塁・山路哲生、二塁・鈴木章太、三塁・栄村隆康
観衆 24000人
-------------------------------------
1回。大松のライトへの2ランで先制!今江デッドボールで
あわや乱闘寸前。その裏宏之が得意のバッティングで
レフト前タイムリーで1点返したが、晋吾が左打席に立ったり、
サブローが2ストライク取られたことに西岡が激高して退場。
2回裏。交流戦で2安打の俊介、林啓介、唐川とタイムリー。
一挙4点猛攻!唐川にとって翌日のU-26NPB選抜vs大学日本代表に
向けていい気付け薬になったはずだ。3回表。この試合に出る根元が
ツーベースを放ったところで子供ファンが飛び入り参加って、いいのか!?
伊藤がタイムリーを放ち1点差、4回表。筆者が期待している岡田幸文。
タイムリー、悪送球の間ホームインとついに逆転!
5回裏、佐藤賢治・角中と連打、直さんがマリーンズの選手として
最後のマウンドに立ち、西岡が同点タイムリーを放ったが、
ホームインするランナーを直さんが立ち塞がったりするなど、
わざとらしい引き分けで究極の草野球紅白戦を終えたわけだが、
サイン会は入場時に配られるラッキーカードの抽選で当選した人のみという、
おととしまでの方式にもどり、5人に1人の割合じゃ当たるはずがなく、
昨年の方式のほうがよかったというのが唯一の不満だったが、
カレンダー&DVDも買えたし、面白かったのは事実でした。

-------------------------------------
「ロッテに勝ちたい」…清水、古巣ファンに宣言(スポーツニッポン)
ロッテのファン感謝イベントが21日、千葉マリンで行われ、今オフに横浜にトレードで移籍した清水直行投手が特別参加した。
ロッテのユニホーム姿で登場し「横浜ベイスターズの清水です。交流戦でここに戻ってくるときにはロッテに勝ちたい」と別れのあいさつ。エース、選手会長としてチームを支えた背番号18に、2万4000人のファンから大きな拍手が送られた。紅白戦にも登板した。20日間ほど投げていなかったというものの、慣れ親しんだマウンドで打者5人に対して14球を投げ、同戦の最優秀選手にも選出された。最後はユニホームを脱がされながら3度の胴上げ。「ロッテの温かさを感じる。これから恩返しできれば。将来、縁があれば、どんな形でも力になりたい」。球団では将来、指導者で戻ってきてほしい考えがあり、清水も“復帰”の可能性を示した。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村・千葉ロッテマリーンズ
ひと押しお願いします!

|

« 山田秋親&的場直樹 マリーンズへようこそ/サブロー選手会長に就任 | トップページ | U-26NPB選抜vs大学日本代表 大嶺&唐川が好投! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/46838116

この記事へのトラックバック一覧です: マリーンズファン感謝デー2009:

» 2009年ファン感 その2(非日常的な光景・前編) [マリーンズじゃなきゃいられない]
紅白戦。ファン投票で決まるスタメン。中間発表は白組タケは5位でしたから安全圏と思っていました。訳あって来れなくなったお友達から頂いた貴重な1塁FWS。うそ~ん・゚・(。´Д⊂)・゚・試合直前。直さんから挨拶があります、とのアナウンスに、わ~!という歓声と、直後に静...... [続きを読む]

受信: 2009/11/23 21:11

» 2009年11月21日 千葉ロッテマリーンズ ファン感謝デー [to go somewhere, to be something]
ファン感謝デーに行ってきました。 今年は、去年に比べて非常に楽しいものでした。欲を言えば、1時間程度にいろいろなイベントをやったため、いろいろなイベントを見て回れなかったことですが、これは紅白戦を行う以上仕方がないですね。その紅白戦は、とても面白かったです。 選手のみなさん、スタッフのみなさんありがとうございました。 試合前にあいさつをする清水直投手。あいさつ程度の参加と思っていたので、正直びっくりでした。 ショート:早川選手とサード:里崎選手。サード里崎は、見た感じでは有りです。... [続きを読む]

受信: 2009/11/23 21:51

» ファン感に行って来ました [小馬太郎兵衛@タコのイカ踊りぃっ!!]
ちっ、違うんだからっ! ファン感が目的なんじゃなくて、直行が最後の挨拶に来ると言うから千葉マリンに出かけただけなんだからっ!! [続きを読む]

受信: 2009/11/23 23:08

« 山田秋親&的場直樹 マリーンズへようこそ/サブロー選手会長に就任 | トップページ | U-26NPB選抜vs大学日本代表 大嶺&唐川が好投! »