« 2010 マリーンズ選手の駅 | トップページ | 年末年始プロ野球選手出演番組2010 »

2010/01/02

プロ野球OBオールスターアスリートカップ 生観戦!

Img_3353
セ:阿波野秀幸(1)-遠藤一彦(1)-大川章(1)-中田良弘(1)-
●斉藤明夫(1)-増本宏(1)-橋本清(1/3)-石毛博史(2/3)-前田幸長(1)
パ:山田久志(1/3)-野中徹博(2/3)-河野博文(1)-松沼博久(1)-
佐野慈紀(1)-○村田兆治(1)-山崎慎太郎(1)-尾崎行雄(1/3)-
村田辰美(2/3)-岩本勉(2)
球審:村越茶美雄 一塁:山本文男 二塁:岡田功 三塁:前川芳男
観衆 21121人

(右) 若松 勉 三ゴ
右   長嶋清幸      遊失   二ゴ
捕  達川光男                      右安
捕  市川和正
(遊中)高橋雅裕 三ゴ   右飛   二安       左2 
(三) 鈴木 健 中飛   三振   右安       右犠
(一) 駒田徳広    中飛   右安遊ゴ       遊ゴ
(二遊)福井敬治    右2    左飛三振
(中) 屋舗 要    遊ゴ   三振
打二 佐藤 洋                   一ゴ
(左) 後藤孝志      左飛右安
打左 石井雅博                  中安
(捕) 杉山直樹      遊ゴ遊ゴ
打右 川又米利                  遊併
(指) 川藤幸三      遊安
打指 亀山つとむ            中2
打指 柴田 勲                      左飛
(指名代走 松本匡史)

          1回 2回3回 4回 5回    6回 7回
(遊) 石毛宏典 左2中飛   右飛
打中 小関竜也               中飛
(二) 本西厚博 右2   三ゴ    右2    三振
二   高代延博
(三) 松永浩美 中飛   二ゴ    左2    中3
(捕)吉永幸一郎 二ゴ   一安    右安
捕  有田修三                   三ゴ
捕  大宮龍男
(中遊)村上隆行 中飛   左飛    左飛   左2
(一) 藤本博史    中安    一飛右安   一ゴ
一  村上真一
(指) カズ山本    二安    中安右3      右飛
(左) 高橋 智    左飛    左2左飛      左飛
(右) 大塚光二    中飛
打右 平野 謙           二ゴ左安
打右 竜太郎                       二ゴ
Img_3343
(左から坪内千恵子アナ=場内アナウンス 中田秀作アナ=スタジアムDJ
梅田淳アナ=総合司会・生ベンチリポーター)
Img_3348
Img_3349
Img_3350
ただいま、東京ドームより帰ってきました。
おととし昨年に続き、7年連続“東京ドームでの1月2日新春野球ナイター”
のナマ観戦。箱根駅伝もいいけど野球もネ!
(元ネタは“おせちもいいけどカレーもね!”という、ククレカレーのCMコピー)
周知の通り、プロ野球マスターズリーグは12月6日に東西対抗戦の1試合
おこなっただけで今オフのリーグ戦開催を断念したため、それに代わるものとして、
プロ野球OBオールスターアスリートカップが昨年11月21日、きょうと2度にわたって
開催され、前回は札幌に行っていたので見ずじまいだったが、マリンでの初売りに
行かず、初詣を済ませたあと開始1時間前の17時半頃東京ドームへ。
マスターズリーグとの相違点は、40歳未満のサポートプレーヤーの出場制限など
独自のルールが適用されなかったり、独自の派手なユニフォームで臨んでいたが、
こちらは出場選手の現役当時のユニフォームで臨んでいたので、そのほうが
わかりやすいかも。ただし一部選手が現役当時の所属球団の現バージョンを着ていた
のはいかがなものかと。振る舞い酒やランサーズの踊りがなかったことなど。
いずこの所属だった球団の選手として、誰が決めているのか知らんが、
例として阿波野秀幸がバファローズじゃなくてベイスターズ。鈴木健が
ライオンズじゃなくてスワローズの選手として出場したというのは、ねぇ…。
ただし、試合前の牛嶋木遣会による木遣りを披露したり、選手の現役時代の実績を紹介するスタジアムDJ役のアナウンサーがいたり、出場選手のほとんどがマスターズリーグでおなじみの顔ぶれだったり、ある程度マスターズリーグテイストはあったのではないかと。しかし、過去の東京ドームでの1月2日新春野球ナイターが07年を除き3万人超えだった客の入りがいまひとつで、あちこちに空席が目立ったのが心残りだった。
大熊忠義・日本女子プロ野球京都アストドリームス監督の君が代独唱。
山田久志、高代延博サムライジャパンコーチとWBCつながりなのか?(違)
亀田興毅チャンピオンの始球式(亀田大毅挑戦者が立ち会い)のあと、
山田久志vs若松勉の名球会一打席対決(結果はサードゴロ)で幕開け。
確認しただけでも、オリオンズ・マリーンズOBは、全パから得津高宏コーチ以下、
村田兆治・河野博文 ・平野謙・本西厚博・高代延博・松沼博久が、全セから
黒江透修コーチ・長嶋清幸・高橋雅裕・若生智男・前田幸長と総勢12人。
1回。全パは石毛・本西連続ツーベースで先制!
4回。佐野重樹、もとい、佐野慈紀ピッカリ投法キタ━(゚∀゚)━!!
5回。満を持して村田兆治登板!!
亀山つとむツーベース、マサ隊長同点タイムリー内野安打など3被安打。
MAX130km止まりで物足りなかったが、輝きをいつまでも保ち続けたいものです。
その裏、全パは本西・松永連続ツーベース、吉永ライト前タイムリー安打、
カズ山本ライトオーバータイムリースリーベース!平野謙レフト前タイムリーなど
一挙5点猛攻!6回も村上隆行レフトタイムリーツーベースと追加点。
7回裏終了時点で帰りの特急わかしお乗車の都合もあってドームをあとにしたが、
そのまま全パが逃げ切り、カズ山本MVP!!
石毛宏典・後藤孝志・村上隆行と守備でファインプレーが出るなど、
(石毛さんの二度にわたる、松沼兄やんを苦笑させた珍プレー連発もあった。)
2010年初の野球観戦にしては純粋に楽しめたものと思います。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 2010 マリーンズ選手の駅 | トップページ | 年末年始プロ野球選手出演番組2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球OBオールスターアスリートカップ 生観戦!:

« 2010 マリーンズ選手の駅 | トップページ | 年末年始プロ野球選手出演番組2010 »