« あのルーキーが入団内定!22日に正式契約へ | トップページ | 1/19 ミニニュース »

2010/01/18

中田翔は西岡剛の取り組む姿勢を学ぶべきでは?

雄星ファンひきつける“大器の条件” 中田翔の目を覚まさせる?(夕刊フジ)
今季の日本プロ野球界を背負って立つと期待される、西武のゴールデンルーキー・菊池雄星が素朴な魅力で話題を独占している。オシャレに敏感な今どきの高校生らしくなく、私服を持っておらず、先輩たちにプレゼントされたという話。競輪トレーニングでは、サドルを盗まれたのに、そのまま自転車に乗って立ちこぎで帰宅した高校時代のエピソードが取り上げられる。若者の活字離れが問題視されている時代に、珍しい読書家で入寮時には30冊もの本を持参したという。
どの話を聞いても心が温まる。しかも、人一倍練習熱心だというのだから、言うことはない。スーパースターになるには、ファンをひきつけ、応援したくなる魅力を持っていることが最大の条件だ。73歳の巨人・長嶋茂雄終身名誉監督、69歳のソフトバンク・王貞治球団会長が、永遠のスーパースターといわれるのも、ひたむきに野球一筋で生きてきて、支持してくれるファンとマスコミを大事にしてきたからだ。
長嶋氏の巨人監督時代からの秘蔵っ子、ヤンキースからエンゼルスに移籍した松井秀喜も、ルーキー時代からその言動は光っていた。野球に取り組む姿勢はもちろんのこと、ファン、マスコミへの丁寧な対応はON流だった。「ルーキーなのに松井はたいしたもんですね。監督が松井に対してグラウンド外の対応の仕方も教育したんですか?」と聞くと、長嶋監督はこう否定した。「オレはなにも言ってないよ。親御さんの教育が良かったんじゃないか」と。
スーパースターになるような選手は、教えられなくてもファン、マスコミへの対応もきちんとできるものなのだ。素朴な魅力を振りまく、西武・菊池を見ていると期待がふくらんでくる。宮崎キャンプからはグラウンドで20年に1人という逸材ぶりを披露してくれるだろう。それに対して、世界の王がその素質に惚れ込み、後継者として期待していた日本ハム・中田翔は、3年目の今季もいきなり話題になったのは虎ヘア。石の上にも3年、雌伏3年、いろいろな言い方はあるが、そろそろ肝心の本業で注目されないと、話題先行だけのただの人で終わってしまう。
ONは終生ライバルとして切磋琢磨してきている。菊池に中田の目を覚まさせてもらうのが一番効果的か。
-------------------------------------------------------
Yahoo!ニュースを見ていたらこんなニュースがあったわけで。
マリーンズはドラフトで菊池雄星を1位指名することは可能だったし、
石川副代表があれほど美辞麗句を並びたてて絶賛していたにもかかわらず、
西村監督が俊足かつ右打ちの外野手が欲しいという願望に押し切られた形に
なったが、すでに成瀬・唐川・大嶺祐太がいるし、来年は斎藤佑樹が来る予定?
という打算的な考えで獲らなかったのだろうが、確かに逃がした魚は大きかった。
どちらかといえば唐川のイメージに近いのではないだろうか?
マリーンズはボビーの影響もあってどちらかといえばファンにフレンドリーな
球団といえるが、監督が代わる今季はどうなるのだろうか?
その点で唐川と同じBIG3のひとりである中田翔は、西岡剛らと合同自主トレを
やっているのだから、西岡の取り組む姿勢を学ぶべきではないだろうか?
「子丑寅卯辰巳金魚バッタセキセイインコ」ヘキサゴンで珍回答したのは昔の話で、
今季から里崎に代わりキャプテンに就任するなどチームへの思い入れというか、
「スタンドの歓声を聞いて大人になったらこういう所でプレーをしたいと思って頑張っている子供達もいます。その子達の夢を崩さないでください…このチームをもっともっと強くしたいと思うし、そのためにはファンの皆さんの応援もすごい必要となるので、本当にマリーンズを愛してるのであれば明日から横断幕を下げてほしいと思います」と
ヒーローインタビューでやって拍手喝さいを浴びたのは記憶に新しいし。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« あのルーキーが入団内定!22日に正式契約へ | トップページ | 1/19 ミニニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中田翔は西岡剛の取り組む姿勢を学ぶべきでは?:

« あのルーキーが入団内定!22日に正式契約へ | トップページ | 1/19 ミニニュース »