« 年末年始プロ野球選手出演番組2010 | トップページ | 1/4 ミニニュース »

2010/01/03

2010年のマリーンズを占う

20100103
(スポーツニッポンより)
週べ新春合併特大号に各球団の戦力分析が掲載されていますが、マリーンズに関してはコーリー・マーフィー両投手のマリーンズ入り以前に書かれたものであり、今岡誠が加わることも考慮して大幅修正が必要でしょうが、どこにでも優勝のチャンスがあるパ・リーグのこと。今季のマリーンズを管理人は考えてみた。
投手…久保康友、清水直行がトレードで去り、後述する通り小林宏之が抑えに回るため、
成瀬・俊介・晋吾・唐川・大嶺祐太と先発ローテションが空いた形になり、
週ベの戦力分析によれば、「6番目のカードを巡り、09年イースタン最多勝の香月、
2年目の上野、3年目の服部あたりが試されそう」として、香月弟・上野弟の名があるが、
木村雄太を推したい。コーリー・マーフィーの新外国人起用法はいかに?
中継ぎば、キャリアのある薮田・伊藤・川崎・荻野忠寛をはじめ、橋本健太郎、移籍の
川越・那須野、ルーキー大谷智久らがひしめき、コバヒロにつなぐ。
捕手…里崎のフル出場が求められるが、橋本将がFA移籍、新里賢が現役引退
スカウト就任もあってか、的場をテスト入団させ、田中雅彦は内野手が板についてきた
ことから、金澤・宮本にもチャンスあり。
内野手…福浦・井口・西岡・今江で固く、金泰均はDHでの起用が濃厚だが、
ファーストでの起用の可能性もあり。30本塁打100打点を!
今岡獲得となれば情勢は変わるだろうが、
堀・渡辺正人・根元・塀内らが代打・代走・守備固め起用の可能性も。
外野手…早坂が内外野守れることと、早川移籍もあるが、何といっても、
ドラフトで荻野貴司・清田を獲得したことが大きく、荻野貴司がいきなり
センターのレギュラーポジション獲得の可能性が出てきた。
レフト・大松、ライト・サブローとて安泰ではないはずで、
ムニス・竹原・角中・神戸あたりも捨てがたい。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« 年末年始プロ野球選手出演番組2010 | トップページ | 1/4 ミニニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/47191856

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年のマリーンズを占う:

« 年末年始プロ野球選手出演番組2010 | トップページ | 1/4 ミニニュース »